由比ヶ浜「ずっと一緒だからね、ヒッキー!!!」

1: 1 2013/10/30(水) 14:31:20.59 ID:/qvEh18V0
八幡「うっす」トビラ、ガラガラ

雪乃「あら、比企谷くん。来たの?」

八幡「なぁ雪ノ下、ナチュラルに俺をdisるのやめてくんない?」

雪乃「あら、心外ね。私はただあな(ry」

結衣「ねぇ、ゆきのん、なにヒッキーと二人で楽しく会話してるの? あたしは空気の? そもそもヒッキーとゆきのん、付き合ってもいないよね? なのにどうして? どうして夫婦みたいに話てんの?」ニコニコ

雪八「由比ヶ浜(さん)?」

結衣「大体、ヒッキーはあたしの気持ちに気づいてるよね? なのにどうしていつもいつもゆきのんと居るときばっかり楽しそうにしてるの? そんなにあたしって魅力ないかな? 一緒にいて楽しくないかな? そこのまな板よりも楽しくて明るい人間だと思ってたんだけどなぁ。 ねぇ、どうして? どうしてなの? ヒッキー?」ニッコリ

八幡「とりあえず落ち着け、由比(ry」

結衣「あたしは落ち着いてるよ。ヒッキー。ねぇ、ヒッキー答えてよ。ヒッキー。ヒッキー?」ニッコリ

雪乃「少しいいかしら、由比ヶ浜さん?」アセアセ

結衣「大体、……サエ………バ…」ブツブツブツ

雪乃「ゆいが(ry」

結衣「あんたさえいなければ!!!!!!!」ナイフ、ブッサス

雪乃「う、ああ、ゆいが」ガクッ

八幡「雪ノ下、雪ノ下!! おい、なにしてるんだ!!」

結衣「これで邪魔者は消えたね。ヒッキー。」ニコニコ

八幡「なに考えてるんだ、由比ヶ浜! 雪ノ下はお前のともだ」グサッ、ハチマンハ、ナイフヲササレタ

結衣「ヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキー。 むこうの世界で幸せになろ? 」

八幡「な、なにを」ガクッ

結衣「今そっちへいくよ、ヒッキー! ずっと一緒だからね、ヒッキー!!!」 ……グサッ

おしまい









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383111080
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 14:39:45.08 ID:R/PBNbJY0
oh…乙w
3: 1 ◆583qw0SJbiA3 2013/10/30(水) 14:43:28.32 ID:/qvEh18V0
まだ1レスしか使ってないので、ちょくちょく短編書いていきます。

4: 1 ◆583qw0SJbiA3 2013/10/30(水) 15:00:50.53 ID:/qvEh18V0
パターン1 雪乃×八幡


雪乃「比企谷くん、わ、私と付き合ってくれない」カオマッカ

八幡「付き合うって、なにに? 買い物か? 悪いが俺は用事があってな。 荷物持ちなら他をあたってくれ、じゃな」オテテ フリフリ

雪乃「ま、待って! 比企谷くん!! 私が言っている付き合うというのは、だ、男女交際のことよ」モジモジ

八幡「え、なんだって?」

小鷹「いや、それは俺の特権なんで!」

八幡「(こんな怖い不良、総武高にいたか?)そ、そうか。わりぃな。」ヒヤアセ ダラダラ

雪乃「ちょっと、む、無視しないでくれるかしら」ナミダメ

11: 1 ◆583qw0SJbiA3 2013/10/30(水) 20:33:22.22 ID:/qvEh18V0

雪乃「あの、それで……返事を聞かせてもらえないかしら」

八幡「ゆ、雪ノ下。少し考えさせてくれないか? 突然のことで頭が混乱してるんだ」

雪乃「わかったわ。比企谷くん。一週間後に部室で聞かせて。いい返事を期待してるからっ。じゃあね、は、八幡!!」


雪ノ下雪乃から比企谷八幡への突然の告白から3日後、彼女、雪ノ下雪乃は死んだ。
12: 1 ◆583qw0SJbiA3 2013/10/30(水) 20:56:13.63 ID:/qvEh18V0

雪ノ下が死んでから4日たった。

俺は今、小町と由比ヶ浜と平塚先生と4人で部室にいる。

今日、ここで、雪ノ下雪乃の告白に返事をするはずだったんだ。



八幡「なぁ、雪ノ下。 まさかお前が交通事故で死んじまうとは思わなかったよ。 おまえの告白に答える前に死にやがって!! 俺は、俺は……」ナキナキ グスン

小町「ごみぃちゃん……」

由比ヶ浜「ヒッキー………」

八幡「俺は、約束通り今ここで返事をするよ。 らしくねぇのはわかってる。 それでも、俺はおまえに伝える」

大好きだぜ。雪ノ下


おしまい


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 21:03:13.81 ID:/qvEh18V0

真面目にやるんで安価たのんます

次回作の安価 >>17

1由比ヶ浜
2平塚先生
3小町
4あーし
5戸塚
6さきさき
7大志
8葉山

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 21:08:11.93 ID:9Rdw9xV6o
5
19: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/30(水) 21:55:55.72 ID:/qvEh18V0
パターン2 戸塚×八幡


戸塚「やっはろー、八幡」ニッコリ

八幡「(ぶ、部室に天使が降臨した)うっす、どうした、戸塚?」

戸塚「ちょっと、ね…。 そういえば、由比ヶ浜さんと雪ノ下さんは?」

八幡「由比ヶ浜は三浦たちとカラオケ、雪ノ下は平塚先生に呼び出されて今は職員室だよ」

戸塚「じゃ、じゃあ今日は八幡と雪ノ下さんの二人で部活なんだね」テンシ ノ エガオ

八幡「ああ、そうだな。まぁ、今は俺と戸塚の二人っきりだけどな(俺、なにいってんだろ)」

戸塚「そ、そうだね」テレテレ

八幡「…」

戸塚「…」

八幡(まずい、やらかしたかもしれない)

八幡「あ、あのなと(ry」

戸塚「ね、ねぇ、八幡。 せっかく二人っきりなんだし、え、エッチなことしてみない?」カオマッカ

八幡「(お、落ち着け、俺。 戸塚は男だ。 だが好みか好みでないかいえば、どストライクだ。 よし、やるぞ。 やるんだ。 悪い、由比ヶ浜。
俺は今日童貞を捨てる!)そ、そうだな。 せっかくの機会だしやるか!」

戸塚「うん、八幡!!!」



そうして俺は童貞を捨てた。

職員室から戻ってきた雪ノ下に見つかるまでの約30分の間に戸塚のうしろの穴に7回射精した。

見つかった後は、雪ノ下が平塚先生を呼び、説教をされた。
(内容は全く覚えていない)

どこから情報が漏れたのかわからないが、その次の日には俺と戸塚の噂が学校中をとびかっていた。

(噂の)内容はこうだ。

『2年F組の比企谷八幡(♂)は同じクラスの戸塚彩加(♂)をレイプした』

この噂が広まって一週間で学校にいられなくなり、総武高を自主退学した。







………俺は後悔していない。だって俺には、彩加との忘れられない初体験の思い出があるのだから。


おしまい










20: 1 2013/10/30(水) 21:57:04.92 ID:/qvEh18V0
なんかさきさきが人気なんで次はさきさきいきます
26: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/31(木) 10:04:29.79 ID:TU6PCxVH0
パターン3 沙希×八幡

沙希「ねぇ、ちょっとあんた ……無視すんじゃないよ」ガシッ

八幡「(え? なんで俺いきなり不良に絡まれてるの? 比企谷家の不良債権だから? 漆原だから?堕天使だから?不良ちがいだからね、それ)俺に何の用? かわ、かわ、川越さん? あと肩掴むのやめろ。 やなこと思い出しちゃう」

沙希「…バカじゃないの。あたしの名前はか・わ・さ・き!!」

八幡「(すげぇ迫力じゃん。俺、ちびっちゃうから)そ、そうだったな。わりぃな川崎。それで何の用なんだ、川崎?」

八幡(とりあえず川崎を強調した。わざわざ川崎を二回いった。これで体育館裏コースだけは回避できるはず…ん?)

沙希「あ、あんたこの後暇?暇なら買い物に付き合って欲しいんだけど」チラッ

八幡「(なんで上目遣い!? )いやこのあとちょっとアレなんで」

沙希「アレって何?」キッ

八幡「(睨むなよ)いや、まぁ、ちょっと妹がアレで」

沙希「あんたの妹、今日は大志と一緒だけど? なんで嘘ついてんの?あんた、そ、そんなにあたしのこと嫌い…なの?」ウルウル

八幡「(な、なんで涙目なの?てか、可愛すぎだろ、マジで。やっぱり俺、川崎のことーーー」

沙希「ば、バカじゃないの!!!な、なにいってんの!? あ、あたしもう帰るから! マタアシタ」カオマッカ

八幡「あっ」


どうやら、頭で考えていたことが途中から声にでていたらしい。

川崎は顔を真っ赤にして、この場から逃げるように走り去っていった。

そしてその夜、大志からメールがきた。


From 小町にたかる虫
Title notitle

川崎大志っす!お久しぶりっす!ところでお兄さん、今日姉ちゃんとなんかありました?


From お兄さん
Title Re
誰? そんで何?

From 小町にたかる虫
Title Re
名前超言いましたよ!川崎大志っす!! 姉ちゃんとのこと聞きたいっす!

From お兄さん
Title Re
ちょっといろいろな

From 小町にたかる虫
Title Re
ちょっとってなんっすか!?姉ちゃん、今日は変なんっす!お兄さんの話したら顔を真っ赤にして「あいつの話はするな」とか言うんっすよ!

From お兄さん
Title Re
まぁ、とりあえずがんばれ!じゃな

From 小町にたかる虫
Title Re
ちょっとお兄さん?お兄さーん!


後は大志がなんとかするだろ……

まぁでも今度、あいつの買い物に付き合ってやるか。

そんでその時に、面と向かって伝えるか。

あのときうっかり声に出しちまった言葉を……


「やっぱり俺、川崎のこと好きだわ」



28: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/31(木) 10:11:56.96 ID:TU6PCxVH0
次回作の安価
>>31

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/31(木) 12:13:13.38 ID:uq7HTSs0o
はるの
32: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/31(木) 13:15:12.70 ID:TU6PCxVH0
パターン4 陽乃×八幡

陽乃「やっはろー。比企谷くん。あれぇ、元気ないねぇ。お姉さんが慰めてあげよっか?」ニコリ

八幡「いえ、慰めとかいいんで、いい加減ここから出してください!!」

陽乃「あっははははっ。監禁されて10日も経つのにまだまだ元気だねぇ、比企谷くんは。でも、いいのかな?そんなこと言うと小町ちゃんが不幸な事故で死んじゃうよ?事故で!」

八幡「や、やめろ。やめてくれ!小町には、妹にだけは手を出さないでください!」ドゲザ

陽乃「あっははははっ。相変わらずのシスコンっぷりだねぇ。比企谷くんは。あぁー、面白い、本当に比企谷くんはサイコーだねぇ。………ねぇ、比企谷くん。前にも言ったけど、私と結婚してくれたらこの隔離部屋からは解放するしぃー、私の身体は好きにできるしぃー、比企谷くんが専業主夫になることだってできるんだよ。だから、さ、結婚しよ?比企谷くん」ニコニコ

八幡「それだけはできません。それ(ry」

陽乃「わかった。比企谷くんがそういうのなら、私にも考えがあります。お姉さん、既成事実をつくりまーす」

八幡「ちょ、陽乃さん。いきなり服を!うわっ」


こうして、俺ーー比企谷八幡は童貞を失った。

どうやら陽乃さんの狙いはこれだったらしい。

そして一ヶ月近くたったある日、陽乃さんが部室にやってきて俺との子を授かったといった。

もちろん、雪ノ下たちの前で。

その事で部室はパニック状態だった。

雪ノ下は顔に涙を浮かべ俯いていた。

由比ヶ浜は泣きながら俺の胸ぐらを掴み、「どうして、どうしてなの?」と聞いてきた。

俺はそれに答えることができなかった。

平塚先生は………

もう、奉仕部はもとに戻れない。

すべてが狂い始めたんだ。

あの日、雪ノ下陽乃に監禁されてから。


やはり比企谷八幡と雪ノ下陽乃は出会うべきではなかった。



おしまい



八幡「」

33: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/31(木) 13:19:47.05 ID:TU6PCxVH0
次回作安価
>>35

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/31(木) 14:03:38.85 ID:xyP0Gwpgo
雪乃
39: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/31(木) 23:19:04.61 ID:TU6PCxVH0
パターン5(ラスト) 雪乃×八幡

雪乃「比企谷くん、女性の胸はね、大きさより感度なのよ。由比ヶ浜さんや姉さんのようなデカメロンは邪魔なだけなのよ。ボッカチオなのよ!」キリッ

結衣「…」

八幡「ゆ、雪ノ下さん?なにいってるんですか?」

八幡(びっくりしすぎて敬語になっちゃったよ)

雪ノ下「だから、女性の胸は感度なのよ! 由比ヶ浜さんや姉さんみたいな『象に踏まれても大丈夫!』みたいなものでは駄目なのよ!!」ドヤッ

八幡「(ここはとりあえず話をあわせてみるか)じゃあ、どんな胸ならいいn」

雪乃「そうね。例えば、例えばよ。私のように触りやすくて感度もよくて綺麗な胸かしら。そう、私のように、ね?」

八幡(なんで私のようにを強調してんだよ。つーか必死すぎだろ、雪ノ下)

八幡「へー、そうなのか。そうだなー(棒)」ポケー

雪乃「比企谷くん? なんで棒読みなのかしら? もしかして、信じてないの? 」

八幡「いや、別にそ(ry」

雪乃「いいわ。比企谷くん。そこまで言うなら自分で確かめてみなさい!!と、特別にわ、私の胸に触ることを許可するわ…///」

八幡「(顔真っ赤にして何いってんだよあいつは!こっちまで恥ずかしくなるだろうが!!……まぁ、可愛いからいいんだけど」

雪乃「ちょ、い、いきなり何を言い出すの、あなたは。か、可愛いなんて……せ、セクハラで訴えられても文句はいえないわよ! まったく。」ピシャッ

八幡(あいつ、顔から湯気だしながら部室でてったぞ。大丈夫なのか?)

結衣「ねぇ、ヒッキー。ゆきのん、大丈夫かな? なんか、今日は変じゃなかった?」

八幡「ん、まぁ、大丈夫なんじゃねぇの? 雪ノ下だし。」

結衣「そ、そうだよね。ゆきのんだもんね! じゃ、じゃああたし帰るから!部室の戸締まりよろしくね、ヒッキー!」ピシャッ

八幡「あ、おい、由比ヶ浜! (普通に戸締まり押し付けられちまった)」

八幡「ま、雪ノ下のことだし、明日になればもとに戻るだろ。よし、俺もとっととかえr」ガラガラッ

雪乃「さぁ、比企谷くん。早速私の胸を触りなさい!」

八幡「え、は? おまえ帰ったんじゃ」

雪乃「帰るわけないでしょ。私は邪魔ヶ浜……由比ヶ浜さんが帰るまで待っていたのよ! さぁ、比企谷くん。早速私の胸を触りなさい!!!」プニッ

八幡「!!」



雪ノ下は俺の手をとり、自分の胸を揉ませた。

彼女の胸はけっして大きいものではなかったが、柔らかく、とても心地いい胸だった。

……俺はこの瞬間、雪ノ下の胸に惚れた。




(あと、胸を触った瞬間、雪ノ下が「ん、あ、いやっ」と言ったのは、正直勃起した。)



おしまい


八幡「さ、触ったのは、ふ、服の上からだけだからな。いや、ほんとに」ヒヤアセ ダラダラ







40: ◆583qw0SJbiA3 2013/10/31(木) 23:28:14.86 ID:TU6PCxVH0
よし、このスレは終わり。
新しく俺ガイルの長編書くことにしました。
なので、新スレたてます。


最後に、次回作(新スレ、長編)のヒロインの安価(多数決)お願いします。

このスレを読んでくれた皆様、レスを書いてくれた方、ありがとうございました。

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

クソみたいなのまとめんな

とあるSSの訪問者

レスの少なさに草


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク