モバP「顔を踏んで欲しい」ボソ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:22:00.86 ID:Qz4ZNtC8O
龍崎薫「えっ」


モバP(以下P)「えっ」


P「か、薫っ!?いたのか!?」


薫「お顔を踏んでどうするの?」


P「そ、それは…」


P(くそ、まさか薫がすぐそこにいたなんてまったく気付かなかった!こうなりゃ…!)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429093320
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:31:50.51 ID:Qz4ZNtC8O
薫「せんせぇ…?」

P「薫、よく聞くんだ。俺ぐらいのプロデューサーになると顔を女の子に踏まれることによって日頃のストレスが発散されるんだ」

薫「すとれす?」

P「心の疲れってことだよ」

薫「ええっ!?せんせぇ心が疲れてるの!?」

P「あぁ、だからな、薫。薫の足で俺の顔を踏んで俺のストレスを解消して欲しい」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:40:04.91 ID:Qz4ZNtC8O
薫「うんっ!薫がせんせぇのすとれすを無くしてあげるねっ!」

P(ッシャ!)グッ

P「じゃぁ早速だが頼む」ゴロン

薫「お靴はどうするの?」

P「靴は脱いでな。さすがに痛いから」ハァハァ

薫「はーい」ヌギッ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:48:18.51 ID:Qz4ZNtC8O
P「片足で俺の顔を覆うようn…オゥフ」

薫「せんせぇ大丈夫ー?」フミフミ

P「どのようにして踏むのかも説明無しにこの踏み具合…」モガモガ

薫「あははっ!せんせぇしゃべるとくすぐったいよー!」フミフミ

P(小さい足が俺の顔面をフミフミしてしかもこの匂い…これが薫の足かっ!!)

薫「ちょっと足が疲れてきちゃった…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:48:21.69 ID:De/kjWGkO
ありすちゃんにゴミを見るかのような目で見下されながら顔踏まれたい
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:55:11.26 ID:Qz4ZNtC8O
P「薫、試しに両足で踏んでみてくれないか…?」

薫「ええっ!?せんせぇにそんなことできないよー!」

P「薫なら全体重かけても行けそうな気がするんだ!頼む!何か目覚めそうな感じなんだ!」クワッ

薫「せ、せんせぇがそこまで言うなら…」

グミッ

P「オ、オォォオォオゥフ…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 20:05:39.11 ID:Qz4ZNtC8O
薫「せんせぇ大丈夫…?」グミグミ

P「ンァ…ア…こ、これは…!」

ガチャ

赤城みりあ「あー!薫ちゃん何やってんのー!」

P「!?」

薫「みりあちゃん!あのね、せんせぇがお顔を踏まれるとすとれす?が無くなるんだって!だから薫が踏んであげてるの!」

みりあ「プロデューサー大丈夫なの?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 20:11:35.28 ID:Qz4ZNtC8O
P「フフフフフフフフフ…」モガモガニヤニヤ

薫「せんせぇのすとれすなかなか無くならないー!><」

P「み、みりあ。みりあさえよければなんだがみりあも俺の顔を踏んでくれないか…?」

みりあ「えー、でも…」

薫「せんせぇーなんだか嬉しがってるよ?」

みりあ「薫ちゃんはプロデューサーのこと可哀想って思わない?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 20:13:55.14 ID:ENGFI1oh0
花山薫「どれ、俺が踏もう」グチャァ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 20:45:24.41 ID:xn+KimkwO
子供組とか幼児体型の人達に背中ふみふみされたら気持ち良さそうだな
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:12:52.64 ID:Qz4ZNtC8O
薫「最初は思ってたけど…プロデューサーが嬉しそうにしてるしなんだか薫も楽しくなってきちゃった!」

P(す、すばらしい!)

P「ほら、薫もそういってるし俺もみりあに踏まれたいんだ」

みりあ「プロデューサー…わかった!じゃぁ踏むね!薫ちゃん交代っ!」

薫「うんっ!」

P「アァ…薫の足ィ…」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:33:49.61 ID:Qz4ZNtC8O
みりあ「えいっ!」グニィィ

P「ブフォォォォ」ビクンビクン

薫「み、みりあちゃん!いきなり両足で踏んだらせんせぇ死んじゃうよ!!」アセアセ

みりあ「ええっ!?ご、ごめんなさいっ!!!」ババッ

P「ンンン…ッ!ァ…!」ビクンビクン

みりあ「プロデューサー…?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 01:47:11.28 ID:fjAcTXKkO
P「ん、大丈夫だ。早く踏みたまへ」キリッ

みりあ「えっと、、、」フミッ

P「お、オォォォウ…!みりあのニーソのオイニーが鼻腔を刺激してさらに小さい足が…アァァァァ!」

みりあ「プロデューサー大丈夫?」グミグミ

P「あぁ、気持ちいいぞ」

みりあ「んー、でもお顔を踏まれて気持ちいいなんてプロデューサーは変態さんなの?」

P「ッ!?」ゾク
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 01:51:04.09 ID:fjAcTXKkO

薫「えー!せんせぇはへんたい!?」

P「ち、ちがっ!!」ゾクゾク

ガチャ

千枝「えっと、、、ま、間違えました!!」

薫「千枝ちゃん!間違ってないよー!」

みりあ「えへへっ!楽しくなってきたかもっ!」グミグミ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 01:55:16.77 ID:fjAcTXKkO
P「ち、千枝…!これには深いわけが…オォフ!」ビクン

みりあ「プロデューサーは今はみりあの足だけ見てればいいのー!」

P「み、みりあ…!」

みりあ「ダメだよー口を勝手に開いちゃー」グミッ

P「モガッ…」

千枝「あの、、、」

みりあ「千枝ちゃんちょーっと待ってね!」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:01:13.44 ID:fjAcTXKkO
P「ンー!ンー!!!ンーーーー!!!」ペシペシ

みりあ「あははっ!プロデューサー可哀想っ!」グミィ

薫「みりあちゃん、そろそろ離してあげないとせんせぇが…」

千枝「みりあちゃん!」

みりあ「え…?あ、あぁ!プロデューサー!?ご、ごめんね!!」パッ

P「ゼハァー、ハァーッ、ハァー、、、死ぬかと思った…」

みりあ「私…なんだか段々楽しくなってきて…その…」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:11:32.79 ID:fjAcTXKkO
P「いいんだ。俺がみりあに頼んだことだ。それに俺自身最高に気持ちよかった」

千枝「えっ」

P「えっ」

千枝「プロデューサーさんは、、、その、、踏まれるのが好き、、なんですか?」

P「あくまでストレス解消の一環としてな」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:16:29.47 ID:fjAcTXKkO
千枝「まだ、、ストレスありますか・・・?」

P「どうかな。みりあと薫のおかげで結構解消されてk」

千枝「じゃぁなんでまだ寝転がっているんですか?」チラッ

P「さぁ…な」フイッ

千枝「千枝…悪い子になっちゃいますよ…?」ドキドキ

P「俺の千枝はそんなことしないはずだ」

千枝「そう言って目を瞑ってるのはなんでですか…?」シュルッ

みりあ「千枝ちゃんソックス脱いじゃうのー?」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:23:26.88 ID:fjAcTXKkO
薫「せんせぇ…」

千枝「千枝のソックスをあげます」パスッ

P「ん…」

P(顔に千枝のソックスが…)クンカクンカ

千枝「あうぅ…千枝のソックスの匂いを嗅いでるんですか?へ、変態さんです!」

P「これは不可抗力だ!鼻の上にあるから自然と匂いを嗅いでしまうんだ!」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:23:59.97 ID:fjAcTXKkO
薫「千枝ちゃんなんだか楽しそうかもー!」

千枝「え…?あっ…!わ、私ったら何を…!」

ガチャ

ありす「おはようございま…」

P「あっ」

千枝「あっ」

ありす「………死ね」バタン
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:24:25.98 ID:fjAcTXKkO
P「ち、違うんだありす!!!!!」ダダダッバタン

薫「あー、せんせぇ行っちゃったー」

みりあ「楽しかったねー」

千枝「私は…その…」

薫「千枝ちゃんせんせぇに話してるときなんだか楽しそうだったよー?」

千枝「そ、そうかな?やっぱり私…悪い子…?」ドキドキ
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:24:52.86 ID:fjAcTXKkO
ーーーーーーーーー

P「ありす!」

ありす「ありすって呼ばないでくださいこの変態」

P「ッ!」ゾクゾク

ありす「女の子に顔を踏ませるなんてどこの変態ですか」

P「…ッ!」

ありす「二度と私の前に現れないでください」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:25:20.50 ID:fjAcTXKkO
P「…ありすが」

ありす「…」

P「ありすが俺の顔を踏んでくれたら二度とありすの目の前に出ない」

ありす「ありすと呼ぶなと言っているんですが?」

P「た、橘が俺の顔を踏んでくれたら…」

ありす「…ふーん」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:25:50.83 ID:fjAcTXKkO
ーーーーーーーー

P「お、お願いします」

ありす「ほんっと変態ですね」グニッ

P「ンァ…ッ!」

P「ぱ、パンツ見え…」

ありす「私のような幼い女の子のパンツみて顔を踏まれて喜ぶなんてこの変態が」

P「お、俺は…っ!」プルプル
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:26:30.91 ID:fjAcTXKkO
ありす「最低です。こんな人だとは思いませんでした」グニグニ

P「モガ…」

P(ありすの足が俺の目を潰しにきている…!痛いとまではいかないこの感じが最高に気持ちいい…!)

ありす「何か言ったらどうです?」ギュムッ

P「ンギィ…!い、い、、、」

ありす「い?」

P「痛気持ちいいです!!!!!!!!!!!」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:27:03.66 ID:fjAcTXKkO
ありす「五月蝿い」グググググ

P「ンンンンンンッ!!!!」バタバタ

ありす「苦しいですか?苦しいですよね?」

P「ンーー!!!!ンーーー!?!?!?」

ありす「それはそうですよ。苦しくしてるんですから」ニコォ

P「!?!?!?!?」

ありす「離して欲しいですか?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:27:33.06 ID:fjAcTXKkO
P「!!!!」コクコクコク

ありす「…」タブレットイジリ

P「ンー!!!!!!ンー!!!!!!!」

ありす「あぁすいません、タブレットに夢中でした」

P「ン…!!!!!!!」

ありす「はい、どうぞ呼吸してください」パッ

P「ハァーーーーッ、ハァーーーーッ、ハァーーーーッ!」ゼェゼェ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:28:01.72 ID:fjAcTXKkO
P(本当に死ぬかと思った…。あ、ありすにこんなドSの才能があったなんて…)ゾクゾク

ありす「はい終了」グニッ

P「!?!?!??!」

ありす「これで最後です。以降私の目の前に現れないでください」

P「ムグゥゥッゥ!!!ンンンンンン!!!!」

ありす「わめかないでください。あなたはうなずくだけでいいんです」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:28:40.51 ID:fjAcTXKkO
P「…ッ!!」コクコク

ありす「…ふぅ、では私はこれで失礼しますね」パッ

P「え…あ、ありs」

ありす「…」ジロッ

P「た、橘…」

ありす「なんですか?」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:29:16.24 ID:fjAcTXKkO
P「俺の顔を踏んでいるとき、笑ってたよな」

ありす「…笑ってません」

P「もしかして楽しかったんじゃないか?」

ありす「…うるさいです」

P「橘さえよければこれからも俺の顔を踏み続けてくれないか?」

ありす「何言ってるんですか?嫌なんですよ私は」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:29:48.79 ID:fjAcTXKkO
P「でも輝いてたぞ」

ありす「っ!」

P「俺の顔を踏むことでありすの新しい一面が見れた」

ありす「ありすと呼ばn」

P「ありすっ!」

ありす「っ!」ビク

P「俺と結婚しよう」

ありす「…法律的にアウトです」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:30:49.57 ID:fjAcTXKkO
P「あと4年くらい待てるさ」

ありす「うるさいです」

P「ありす」

ありす「うるさいです」

P「ありす」

ありす「…もうっ!!!!」パァン

P「ありがとうございますっ!」ゴフゥ

ありす「わかりました、結婚を受けます」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:31:19.35 ID:fjAcTXKkO
P「ありすっ!!!」ダキッ

ありす「抱きつかないでください変態」

P「ありすぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!」

ありす「抱きつくなって言ってんだろこの変態が!!!!!」ゲシゲシ



こうしてPとありすは後に結婚して幸せに暮らしたとさ

お終い
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 02:32:54.42 ID:fjAcTXKkO
最近読んだトライアドに顔を踏まれたPを読んでこれはロリに踏まれた方が気持ちいいのでは?と思って書きました。
あれとは違う作者です。もっとロリを出して踏ませてみたいと思ってます。
読んでくださった方ありがとうございました。
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 08:18:32.68 ID:f5mrgWHVO
乙、このスレは素晴らしい
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 09:57:33.75 ID:d5hZNC4I0
幼稚園の先生とかになれば幼児に顔踏まれ放題だよなぁ…ひらめいた
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/16(木) 18:02:33.92 ID:96DJG/4K0
乙々
この話が「アイドルに顔面踏まれたい教」をP間に布教していく切っ掛けになるとは、この時誰も予想出来なかった(ナレーター感)

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

きめぇ


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク