魔王 「うっぐっ………」 勇者 「戦いは終わりだ魔王!!俺の親父について教えてくれ!!俺の親父は……なぜ死んだんだ!!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:07:55.168 ID:vtQEZCJO0
魔王 「へっ……いいだろう、教えてやるよ」

魔王 「10年前、お前の糞親父とその一行が今日のお前みたいに俺様に挑んできた」

~10年前~

俺 「魔王!!!!!」

魔王 「俺!!!!」

俺 「はあああああああ!!!」

ザシュ………!!

俺 「!?」

俺 「」胸から剣が生えてる俺

ポタ……ポタ……

俺 「魔法使い……なぜ………」

魔王 「はーはっはっはっ!!よくやった魔法使い!!」

魔法使い 「光栄です魔王様」

俺 「まさか……なんでだ……魔法使い……好きだったのに」

魔法使い 「キモいのよ!!さっさと死んじゃいなさいこの童貞!!」

俺 「そんな……奴だったなんて……俺と旅をしていたのきのあの優しい笑顔は嘘だったんだな……」

魔法使い 「そんなことも見抜けないからあんたは一生童貞なのよwwwwww」

俺 「くっ……」(とはいえここで勇者の血を絶やすわけにはいかない>>5と中だし種付けセックスして子孫を残さなければ……)
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:09:17.620 ID:0upBSvtd0
お前ら
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:12:59.651 ID:vtQEZCJO0
お前ら 「俺さん!!」

俺 (あいつだ)

お前ら 「俺さん!!大丈夫ですか!!」

俺 「駄目だ……当たり所が悪かった……じき俺は死ぬだろう」

俺 「だが勇者の血を絶やすわけにはいかない」ドっ

お前ら 「まさk……っ!?」

俺 「お前ら、俺の子を孕め!!」
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:16:05.656 ID:vtQEZCJO0
俺 「いれるぞ」

お前ら 「ひぁっ!?らめ……」俺 「時間がないんだ!!」ヌ"~→

お前ら 「俺さんのが……入った……」

俺 「休んでいる時間はないぞ!!おらっ」

俺 「フッ」パンパン

お前ら 「ひっひっひぁっ……♥」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:18:49.949 ID:vtQEZCJO0
俺 (く……傷が痛む……はやく済ませないとこっちがイっちまう)パンパンパン!!!

お前ら 「う"っう"っ……♥」

魔王、魔法使い 「……」

俺 「いくぞ!!」ドビュビュビューーーーーーー

お前ら 「あ"……♥」ガクガク
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:23:21.148 ID:vtQEZCJO0
俺 「うぐっ……力を……使いきった……お前ら起きろ!!」バチン!!

お前ら 「ふわっ!?!?俺さん!!!」

俺 「転移石だ……これで逃げろ……俺はもう時間が来たみたいだ……俺の子を……頼んだ………」バタリ

お前ら 「はい"!!!おれ"さ"ん"!!……この命に変えてでも!!!!!!」

お前ら 「転移石発動!!」ピカーン

魔王魔法使い 「………」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:25:49.787 ID:vtQEZCJO0
~回想終わり~

魔王 「これがお前の親父の死因とお前の出生の秘密だ」

勇者 「……」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:28:30.993 ID:vtQEZCJO0
勇者 「……」

魔王 (しかし俺もこのまま死んでしまったら魔族の将来がない!>>28と種付けセックスして子孫を残さなければ……!!)
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:30:44.257 ID:O7MhWbMcp
勇者
31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:34:35.606 ID:vtQEZCJO0
魔王 「ところで勇者……」

勇者 「な、なんだ?」

魔王 「俺も子孫を残さないと魔族の将来が危うくてな……お前と戦った傷でじきに死ぬ、その前に子孫を残しておきたい」

勇者 「まっまさk」魔王 「出でよ!!ワーム!!」キュイン

ワーム 「ぬ"ぬ"ぬ"……」

魔王 「糸を吐いて勇者を拘束しろ!!」
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:38:41.370 ID:vtQEZCJO0
ワーム 「プシュー」

勇者 「くっ……こんなもの効くと思っているのか?お前を瀕死寸前に追い込んだのはこの俺だぞ!?」

魔王 「このワームは特別製でな、ここ1000年俺様がたっぷり溜め込んだ魔力で作ってある、俺様を瀕死にまで追いこんだ攻撃力は感嘆に値するが、それ以外はどうかな?」

勇者 「うっ!?魔法使い!!僧侶!!助けてくれ!!!!」

魔法使い僧侶 (勇者君のホモセックス……)ドキドキ
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:43:07.651 ID:vtQEZCJO0
魔王 「さて……その旅の服の中身はどうなっているのかな?」ビリリッ

勇者 「ひぁっやめろ!!!」

魔王 「見事なショタチンポじゃないか、そっちのお二人さんもそうおもうだろ?」

魔法使い僧侶 「はい♥」

勇者 「魔法使い!!僧侶!!お前らも父さんのときみたいに裏切ったのか!?」

魔法使い 「私たちは勇者君が好きよ♥食べちゃいたいくらい♥」
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:43:54.021 ID:vtQEZCJO0
魔王 「さて、まずは俺から……」

勇者 「」
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23(火) 10:50:10.198 ID:vtQEZCJO0
魔王 「フッ」ヌ"~→勇者 「ひっ」

魔王 「この魔王様の特製デカちんぽはどうかな?」ヌプヌプ

勇者「あ"あ"あ"♥」

魔王「そろそろ動くぞ!!」パンパン!!!!!

勇者 「あひ!?!?あひ!?あひ!?♥」

魔王 「うっ……でる!!」ドブルビュピュピューーーーー

勇者 「ああああああああああああ!!!!!!!!!♥」白目

魔王 「うぐっ!?!?!?」

魔王 「時間がきたか!………さらばだ!!!勇者よ」ぱらぱら

魔王は灰となり消えた


勇者 (終わった………)バチン!勇者 「!?いっつ!?!?」

僧侶 「あら勇者ちゃん?まだ終わってないわよ♥」

魔法使い 「これからが本番じゃないの♥」

勇者 「ひ、ひぃ~~」


~完~

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

シリアスかと思ったら微塵もそんなもんじゃなかった

とあるSSの訪問者

出オチで笑うw


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク