傭兵「この剣、手入れしとけっ!」女「はいっ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:14:26 ID:/3OhcIYA
― 傭兵団アジト ―

傭兵「おいっ! この剣、手入れしとけっ!」ガチャッ

女「はいっ!」

傭兵「いいか……。しっかり手入れしとかなかったら、叩き斬るからな!」

女「分かってますっ!」

傭兵「……ちっ!」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:18:13 ID:/3OhcIYA
女「皆さん! 装備のお手入れをしておきましたよ!」

戦士「お、サンキュー!」

剣士「いつも助かるよ!」

女「――あ、傭兵さんの剣もピカピカにしておきましたよ! いかがですか?」

傭兵「…………」

バッ!

もぎ取るように、剣を受け取る傭兵。

戦士&剣士「…………」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:21:29 ID:/3OhcIYA
戦士「おいおい! ちょっと待てよ!」

剣士「ありがとう、の一言ぐらいいったらどうだい?」

すると――

ヒュオッ!

二人に剣先が突きつけられる。

戦士&剣士「ひっ!」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:24:34 ID:/3OhcIYA
傭兵「さっきの強盗団討伐……お前ら、何人倒した? いってみろ」

戦士「さ、三人……」

剣士「二人……かな」

傭兵「俺はたしか、30人ぐらいだったかな。いちいち数えてねえや。
   ちなみにお前らが倒したのも、俺が弱らせた奴らだったよな」

戦士&剣士「うっ……」

傭兵「なにかいうことはあるか?」

戦士&剣士「あ、ありません……」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:28:13 ID:/3OhcIYA
傭兵「おいっ!」

女「はいっ!」

傭兵「お前に至っては、一人も倒してねえ。なにしろ、戦ってすらいねえんだからな。
   俺はお前を認めねえ! 絶対にな!」

女「……認めてもらえるよう、頑張ります」

傭兵「ケッ! とっとと辞めちまえ!」

部屋を出ていく傭兵。



戦士「あんな奴のいうこと、気にすることないぜ!」

剣士「そうだよ。あいつ、どこかおかしいんだ」

女「大丈夫です! 私は全然気にしてません!」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:32:05 ID:/3OhcIYA
傭兵団のサポーターとして、健気に働く娘であったが――



傭兵「ふぅ……今日も斬った、斬った」

傭兵「おいっ! この剣、手入れしとけ! よぉく斬れるようにな!」ガチャッ

女「はいっ!」

傭兵「ケッ!」



傭兵のいびりは収まるどころか、ますますひどくなっていった。
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:36:33 ID:/3OhcIYA


傭兵「おいっ、なにやってんだ!?」

女「はいっ! 次の任地の地図を見てまして……」

傭兵「ちっ、んなもんいくら見たって、作戦成功のたしにはならねえよ!
   まったくいいご身分だな!」

傭兵「俺らは傭兵だ。金をもらって、敵を斬るのが仕事なんだ。
   地理のお勉強するのが仕事じゃねーんだよ!」

女「すみませんっ! すぐ片付けます!」ガサガサ…

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:40:14 ID:/3OhcIYA


村人「……っていうことがあってね」

女「へぇ~、そうなんですか!」



傭兵「おいっ、いつまでおしゃべりしてやがる!」

傭兵「俺ら傭兵は、特定の組織や集団に肩入れするってのはご法度なんだ!
   今日の友は明日の敵、な稼業なんだからな!
   町民や村人と仲良くするのも程々にしとけ!」



女「はいっ! 失礼しましたっ!」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:43:38 ID:/3OhcIYA


女「食料を運んできました!」ガラガラ…

戦士「お、サンキュー!」

剣士「長丁場の戦いになりそうだから、助かるよ!」

傭兵「ふん、俺らが戦ってた時に、お前はのんきにメシを運んでたってわけか。
   いいねぇ、女ってのは」

戦士「おい、傭兵! 言いすぎだぞ!」モグモグ…

傭兵「お前は働きに比べて、食いすぎだな」

戦士「うぐっ……」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:47:17 ID:/3OhcIYA


団長「ご苦労だった。今月の給金だ」

女「ありがとうございます! 大切に使います!」

傭兵「ふん、人を一人も斬らずにいっちょまえに金はもらうってか」

女「す、すみません」

団長「おい、この娘も傭兵団の立派な一員だ。侮辱するようなマネは……」

傭兵「そうやって、部下に給金を払えるのは、いったい誰のおかげですかねえ?
   一人で20人分は斬ってる、誰かのおかげですよねえ?」

団長「う、む……」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:52:05 ID:/3OhcIYA
― 傭兵団アジト ―

戦士と剣士が、団長に直訴する。

戦士「団長! いくらなんでも傭兵のあの態度、ひどすぎないっすか!」

剣士「そうですよ! あんまりです!」

戦士「特に、嬢ちゃんに対するいびりときたら、どんどんエスカレートして……
   そのうち、ホントに斬っちまうんじゃないかって心配になるほどですよ」

団長「……分かっている」

団長「だが、傭兵も決して意地悪だけで、あんなマネをしてるわけじゃないんだ。
   理由は……あるんだよ」

剣士「理由……? いったいどんな?」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 22:58:51 ID:/3OhcIYA
団長「不思議に思ったことはないか?」

団長「なんであいつほどの腕の男が、一人(フリー)でやらず、
   私の傭兵団に所属しているかを」

戦士「そりゃあ、もちろんありますよ!
   普通、腕に自信がありゃ、一人なり少数でやりますからね。傭兵稼業ってのは」

剣士「なにしろ、取り分がちがいますもん」

団長「うむ、そのとおりだ」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:02:03 ID:/3OhcIYA
団長「昔……あいつもフリーの傭兵だったんだ。一人であちこちを駆け回っていた」

団長「そしてある時……ある貧しい村から警護を依頼されたんだ」

団長「剣の腕は一流とはいえ駆け出しで、金よりもむしろ、
   腕試しの機会を欲していたあいつは余裕綽々で引き受けた。だが――」

戦士「だが……?」

団長「その山賊たちはかなり賢い集団でな。一枚上手だったんだ」

団長「傭兵をおびき寄せる隊と、村を襲う本隊を、分けてたんだな。
   陽動作戦ってやつだ」

団長「そして……まんまと村を襲われてしまった」

剣士「それで、村は……?」

団長「村人は……ほとんど全滅だったらしい」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:06:00 ID:/3OhcIYA
団長「その後、あいつはその山賊団を死に物狂いで壊滅させたが……」

団長「一人での傭兵稼業に限界を感じ、私の下に入ったんだ」

団長「あいつは今も、非戦闘員が戦いに巻き込まれることを極度に恐れてる」

団長「だから……サポート役の彼女の存在が許せない。
   つらくあたって、辞めさせようとでも思ってるんだろう」

戦士「あいつにそんな過去が……」

剣士「知らなかった……」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:09:54 ID:/3OhcIYA
剣士「ですが……それじゃあの子があまりにも気の毒じゃないですか!
   彼の過去は分かりましたけど、いびっていいことにはなりませんよ!」

戦士「そうっすよ! このままじゃあの子、辞める前に首くくっちゃいますって!」

団長「う~む……」

団長「私としても、傭兵のことはなんとかしたいと思ってるんだが、なかなかなぁ」

団長「私よりも強いし……。機嫌を損ねて、あいつがいなくなると困るし……」

戦士&剣士(結局そこかい)
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:13:18 ID:/3OhcIYA
周囲の不安や不満をよそに――



女「傭兵さん、鎧を洗っておきました!」

傭兵「そこ置いとけ。いちいち話しかけるな」

女「は、はい……失礼しますっ!」

傭兵「……ちっ」



結局、二人の関係はなんら変わることはなかった。
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:17:45 ID:/3OhcIYA
そんな時、傭兵団に大きな依頼が舞い込む。

― 傭兵団アジト ―

団長「王都で人斬り事件を起こし、騎士身分を剥奪された元騎士が、
   手勢を率いてこの近くの山中に逃げ込んだらしい」

団長「騎士団としてはなんとしてもこの元騎士を始末せねばならんが、
   大っぴらに騎士団を動かすと、身内の恥を晒すことになってしまう」

団長「そこで、なんとか我が傭兵団だけで“山賊”として討伐してもらえないか、
   という依頼が入った」

戦士「騎士が人斬り騒ぎを起こして、それを隠すために騎士が傭兵に依頼っすか」

剣士「世も末だなぁ」

団長「まったくだな。しかし、報酬は大きいし、
   我々の武名を高めるには絶好のチャンスといえるだろう」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:23:48 ID:/3OhcIYA
団長「さて、王都がある南方はすでに騎士団が固めているので、
   奴らが逃げるとすれば北方に向かうだろう」

団長「そこで……奴らを逃がさないためにも、
   北方で待ち伏せする部隊と、山に入って奴らと対決する部隊に分けたい」

団長「うまくすれば、挟み撃ちにもできるからな」

傭兵「なら、俺が対決する部隊を引き受けましょう」

団長「やってくれるか」

傭兵「はい。騎士崩れ如き、俺が仕留めてみせますよ」

団長「うむ、相変わらず頼もしいことだ。しかし、相手が相手だ。
   彼女をサポート役として連れていってくれ」

女「よろしくお願いします!」



傭兵「――必要ありません!」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:26:24 ID:/3OhcIYA
傭兵「こんな女に手助けされるほど、俺は堕ちちゃいませんよ」

団長「しかしだな……」

傭兵「どうしても連れていけってんなら、俺は傭兵団を辞めます」

団長「……わ、分かった! 彼女を入れるのはよそう!」

傭兵「ってわけだ。もし、俺をサポートするようなマネしやがったら……
   叩き斬るからな!」

女「……分かりました」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:30:49 ID:/3OhcIYA
さっそく傭兵は“対決部隊”のメンバーを選抜し、作戦を練る。

ザワザワ…… ワイワイ……

傭兵「相手は決して多くないが、元兵士の集まりだし、なにより山に逃げ込んでいる。
   こいつは四、五日がかりの長期戦になる」

傭兵「山のどこかに簡単な拠点を作り、じっくりと兵士どもを狩ってくぞ」

戦士「ラジャー!」

剣士「了解!」



戦士「いけ好かない奴だが、任務の時は頼りになるよな」

剣士「ああ、今回も楽勝だね」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:36:08 ID:/3OhcIYA
― 山 ―

傭兵率いる対決部隊が、入山する。

傭兵「よいしょっと」ドサッ

傭兵「ここに食料や装備を置いて拠点とする。
   もし、はぐれちまったら、ここに集まるようにしよう」

傭兵「んじゃ……敵を探して、狩っていくぞ」

戦士「ラジャー!」

剣士「了解!」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:38:47 ID:/3OhcIYA
それからまもなく、傭兵たちと元騎士らの衝突が始まった。



元騎士「騎士団は、やはり追手を出せなかったようだな。
    キミたち程度の野良犬は、すみやかに片付けてくれよう」

傭兵「ふん、飼い犬にすらなれなかった駄犬にいわれたくねえな!」

元騎士「かかれっ!!!」

傭兵「いくぞっ!!!」







ワァァァァ……! ウォォォォ……!
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:43:35 ID:/3OhcIYA
キィンッ! キンッ! ギィン! ズシャッ! ガキィンッ!



傭兵「せあっ!」

ザシュッ!

兵士A「ぐはぁっ!」



傭兵「どあぁっ!」

ドシュッ!

兵士B「ぐあ……っ!」



傭兵は一歩も引かず、次々敵を倒していく。

しかし、正式な訓練を受けた経験のある集団であり、さすがに楽勝とはいかない。
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:47:29 ID:/3OhcIYA
やがて、日も落ち――





元騎士「ウワサ通りの腕のようだ。今日はこれまでだ。退くぞ」ザッ



傭兵「こっちも退くぞ!」ザッ





足場のよくない山中で、夜戦は互いに墓穴を掘ることになりかねない。

この日の戦いは終わった。
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:50:44 ID:/3OhcIYA
拠点にて――

戦士「くそっ、けっこう傷もらっちまった。やっぱり手強いな」

戦士「だが、傭兵は大したもんだ! あいつら相手にも全く負けちゃいない!」

剣士「うん、ウワサ通りだとか強がってたけど、あれは相当驚いてるよ」

傭兵「今日の戦いは拮抗してたし、おそらくもう二、三日こんな展開が続くだろう。
   だが、奴らの剣筋を覚えちまえば、こっちのもんだ」

戦士「へへっ、頼りにしてるぜ」

傭兵「任せとけ」ニヤッ
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:54:38 ID:/3OhcIYA
二日目――

ワァァ…… ワァァ……

キィン! ギィン! ガキンッ! キィン! ガッ!



傭兵「せあっ!」シュバッ

兵士C「ぐっ……!」ギンッ

傭兵(今日はずいぶん慎重だな、こいつら……)





傭兵の予想通り、互いに様子を見るような展開となった。

傭兵も奮闘したが、元騎士の手勢も防御に徹するような戦い方をしたため、
昨日ほどの戦果は上げられなかった。
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/23(水) 23:58:20 ID:/3OhcIYA
二日目の戦いが終わり、拠点へと戻る一同。



ザッザッザッ……

剣士「あいつら、今日はずっと守りを固めてたね」

戦士「傭兵が予想以上にやるんで、怖気づいたんだろうよ」

傭兵「ふん、おそらく奴らは長期戦に持ち込むつもりだ。
   数や物量ではこっちが不利だからな」

傭兵「だが、そうはさせねえ。明日は、もっと攻めて、攻めて、攻めまくってやる」



ところが――
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:03:03 ID:rnIC1AbU
傭兵たちの拠点は、焼き払われてしまっていた。



傭兵「なんだと……!?」

剣士「食料は全て燃やされ、武器や防具も破壊されてる……!」

戦士「マジかよ……!」

傭兵(くそっ……! あいつら俺たちと戦ってる間に、
   他の部隊に拠点の場所を調べさせて、潰しやがったのか!)

傭兵(また、俺はこんな手に……!)



ワァァァ…… ワァァァ……

「野良犬どもを片付けろっ!!!」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:06:10 ID:rnIC1AbU
戦士「奴ら、攻めてきやがった!」

剣士「最悪のタイミングだ……!」

傭兵(やられた……!)

傭兵(あいつら……ハナから長期戦なんかするつもりはなかった!
   今日……今夜、決めるつもりだったんだ!)



食事も取れず、装備も整えられないまま、傭兵たちは夜戦を強いられることになった。
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:10:19 ID:rnIC1AbU
傭兵の前に、元騎士が現れる。

元騎士「まんまとかかったねえ」ニヤ…

元騎士「どうやらキミは、戦いには慣れているようだが――
    拠点や補給が命綱となる“戦争”には慣れていないようだ」

傭兵「黙れっ!」

傭兵「メシなんか食わなくても、お前ら如きにッ!」

キィンッ! ギィンッ! キンッ!

――ザシィッ!

元騎士「うぐっ!」

元騎士「フ、フフ……やるじゃないか。そうこなくてはね……」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:14:43 ID:rnIC1AbU
傭兵「お前ら、逃げろ! 全員でだ!」

戦士「なにいってんだ……! オレたちを見くびるなよ! そんなことできるか!」

傭兵「ここで全滅したら、団長たちの負担もでかくなる!
   山を下りて、このザマを団長たちに知らせてくれ! ――俺もすぐ追いつく!」

戦士「……分かった! 死ぬなよっ!」

ザザザッ……!

せめてもの償いにと、仲間たちを逃がす傭兵。



傭兵「さぁ、きやがれ!」チャキッ

元騎士「フッフッフ、仲間たちを逃がした、か……。
    まさかここまでシナリオ通りになるとはね」

傭兵「……どういう意味だ!?」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:20:17 ID:rnIC1AbU
元騎士「この戦い、実をいうと狙いは“キミの首”だったのだよ」

元騎士「傭兵として特に名が売れているキミの首があれば、
    いわゆる裏社会でも、いきなり破格の待遇で受け入れられるだろうからね」

元騎士「そうすれば、彼らの庇護によって、危険を冒して逃亡する必要もなくなる」

傭兵「そういうことか……! 北に逃げるつもりなんてなかったってことか!」

傭兵「たしかに俺の首を持っていきゃあ、お前らを厚遇する賊どもは多いだろう。
   それだけ恨まれてるって自覚はあるからな」

傭兵「だが……そうと知ったらますます負けられねえなぁ!」

元騎士「フッ、たった一人で何ができる?」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:24:33 ID:rnIC1AbU
キィンッ! ガッ! ガキィン! キィン! ガィンッ!

傭兵と元騎士が、白刃をぶつけ合う。

ビキッ……!

傭兵(ヒビが……!)

元騎士「今日、我々が守りを固めていたのは、キミの剣を消耗させるためだったのだよ。
    拠点は潰しておいたから、替えの剣ももちろんない」

元騎士「キミの敗北は、もはや決定事項だ!」シュバッ

バキィン!

ついに傭兵の剣がヘシ折れてしまった。
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:28:29 ID:rnIC1AbU
傭兵(いつもなら――)

傭兵(いつもなら……こんなことはなかった……)



傭兵『この剣、手入れしとけっ!』

女『はいっ!』



傭兵(あいつがピカピカに手入れしてくれてたから……)

傭兵(へっ、こんな時にあいつのことを思い出すなんてな……)



元騎士「さぁ、遊びは終わりだ。全員がかりで、ヤツの首を取るぞ!
    我らが裏社会で栄光を得るための第一歩だ!」

オーッ!!!
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:32:26 ID:rnIC1AbU
傭兵(全員で来るつもりか……! ここまでだな……)

傭兵(まぁいい、あの村を……自惚れと、下らないしくじりで守れなかった俺には……
   お似合いの最期だ……)

傭兵(せめて……刺し違えてでも、あの元騎士だけは討ち取ってやる!)ジャキッ

刃が折れた剣を構える傭兵。





その時だった。





「傭兵さぁ~ん!」

傭兵「!」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:38:04 ID:rnIC1AbU
女「剣を持ってきました! どうぞ!」チャキッ

傭兵「な……!?」

傭兵「……お前、なんでここにいる!? なんでここに来た!?」

女「今はそんなことをいってる場合じゃないでしょう!」

傭兵「……ちっ!」

バッ!

剣をひったくり、傭兵があらためて構える。

元騎士「なにっ!? まだ野良犬どもが潜んでいたのか!?」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:42:27 ID:rnIC1AbU
そこへ、退却したはずの戦士たちも戻ってきた。
さらには“待ち伏せ部隊”からの援軍も加わっている。



戦士「嬢ちゃんのおかげで武器を新調できたぜ!」チャキッ

剣士「借りはきっちり返すよ!」チャキッ



もちろん、装備はばっちり整えられている。



女「皆さん、チャンスです! 敵は浮き足立ってますよ!」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:45:35 ID:rnIC1AbU
元騎士「くそっ! どういうことだ、これは!? なんだ、あの女は!?」

ギィンッ!

元騎士「うおっ!?」

傭兵の鋭い斬り込みに、元騎士がおののく。

傭兵「どうやら、お前は……戦争、っつっても勝ち戦には慣れてるが、
   こういう“ピンチ”には慣れてねえようだなぁ!」

キィンッ! ギィンッ! ガキンッ!

元騎士「わ、わわっ! ――お、おい、誰かっ!」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:49:26 ID:rnIC1AbU
傭兵が大きく剣を振りかぶる。

傭兵「だあああああっ!!!」





ザバシュッ……!





元騎士「こ、こんなはず、じゃ……っ!」ガハッ…

ドチャッ……

傭兵の一閃が、元騎士を鎧ごと叩き斬った。
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 00:55:45 ID:rnIC1AbU
元騎士が倒れた後の敵集団は、もろくも崩れ去った――



傭兵「ハァ、ハァ、ハァ……」ドサッ

女「大丈夫ですか!?」

傭兵「水……くれ」

女「はいっ、パンと水をお持ちしました!」

傭兵「…………」ゴキュゴキュ…

傭兵「…………」ガツガツ…

むさぼるようにして、あっという間にパンと水を平らげる傭兵。
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:00:22 ID:rnIC1AbU
傭兵「……ありがとよ」

女「間に合ってよかったです。あの元騎士のことを調べたら、
  長期戦に見せかけ、短期戦を仕掛けるのが得意、とのことだったので……」

傭兵「……嫌な予感がしたってわけか」

傭兵「しっかし、なんで俺たちがいる場所が分かったんだ?
   それに、よくここまで食料や装備を持ってこれたな」

女「山のふもとで暮らす人たちから、山のどこが騒がしいかを聞いてきたんです。
  それと、地図で目立たないルートは調べておきましたから」

傭兵「ふふっ、なるほどな……」

傭兵(ふもとの住民から情報を得て、地理を熟知してたおかげってわけか……。
   こいつ……いつも遊んでたわけじゃ、なかったんだな……)
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:03:34 ID:rnIC1AbU
傭兵「だけど、もし……俺が劣勢じゃなかったら、どうするつもりだったんだ?」

傭兵「俺はあんだけお前を脅しつけてたんだぞ?
   怒鳴られたり、下手すりゃ殴られたかもしれないんだぞ?」

女「その時はその時です!」

女「傭兵さんが死んじゃうのに比べれば、どうってことないですから」

この答えに、傭兵は困惑する。

傭兵「……なんなんだ、お前? なんでそこまで俺に肩入れする?
   普通、こんだけ邪険にされたらイヤになるだろ?」

女「そりゃあ、傭兵さんはウチのエースですから! 大切にしないと!」

傭兵「なるほど……。案外ドライな感性してるんだな」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:08:38 ID:rnIC1AbU
女「――ってのは、建前です」

傭兵「へ?」

女「ホントのホントは……」

女「傭兵さんは、私の村を助けようとしてくれたからです。
  兵士も騎士も、みんなが見捨てた、あのちっぽけな村を……」

傭兵「…………」ハッ

傭兵の目が見開かれる。

傭兵「お前……! お前……まさか……!」

女「はい……。私はあの村の……生き残り、です……」

傭兵「ああっ……!」

女「生き残った私は、どうしても傭兵さんの力になりたくて……。
  後方支援のノウハウを色々と勉強して……傭兵団に入ったんです……」

女「きちんとサポートできる人がいれば、傭兵さんはもっと活躍できるって……」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:14:26 ID:rnIC1AbU
傭兵「俺の力になりたい!? なんでだよ! 俺はあの村を救えなかった!」

傭兵「恨まれこそすれ、恩を感じられる筋合いなんかない!」

女「いいえ、そんなことありません」

女「だって、あの小さな貧しい村の依頼を受けてくれたのは、
  あなただけだったんですから」

女「だから……山賊たちが村に攻め込んできた時も、
  傭兵さんに対して恨みごとをいってる人なんて、一人もいませんでしたよ」

女「もし自分たちがやられても、きっと傭兵さんならカタキを取ってくれるって……」

傭兵「…………」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:19:46 ID:rnIC1AbU
傭兵「うっ……!」ホロ…

女「傭兵さん!?」

傭兵「うあっ……! うおおおおおおおおおおおっ……!」

傭兵「うあああああああああっ……!」



傭兵は涙を流した。

まるで、長年その胸につかえていたものを全て洗い流すかのように。



………………

…………

……
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:22:59 ID:rnIC1AbU
それから三ヶ月後――



― 町 ―

眼帯「おい、そこの女!」

女「は、はいっ!?」ビクッ

眼帯「てめえんとこの傭兵団のせいでよぉ、
   同業者のオレらは商売あがったりなんだ! どうしてくれんだ、ええ!?」

手下「そうだそうだ!」

女「そんなこといわれても……!」

眼帯「なにぃ~!? なんなら、オレらがこうむった損害を体で払わせてやろうか!?」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:25:39 ID:rnIC1AbU
傭兵「おっと」サッ

女「あっ」

二人組の前に立ちはだかる傭兵。

眼帯「ゲ!?」

手下「ひいっ!」

傭兵「“俺の女”に手を出すんなら、まず俺を倒してからにしな」

眼帯「い、いやっ! いえっ! す、すみませんでしたっ!」タタタッ

手下「失礼しましたぁ!」タタタッ
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:31:17 ID:rnIC1AbU
傭兵「ったく、俺たちを妬む同業者も多いんだから、ああいう連中には気をつけろ!
   お前は傭兵団の要なんだからな!」

女「うん……ごめんなさい」

女「だけど私のことは、あなたが守ってくれるんだよね?」

傭兵「まぁ……な」コホン

傭兵「だが、俺が最高の戦いをできるよう、お前もしっかりサポートを頼むぞ!」

女「もっちろん!」






                                   ~おわり~
49: ◆78/Cl05dLo 2015/09/24(木) 01:32:19 ID:rnIC1AbU
以上で完結となります
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 01:38:57 ID:JTwfHsgQ

こんな嫁がほしい
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 02:04:21 ID:OvtrEjcE
不器用な旦那と出来る嫁だよな
爽やかな読了感だ、乙
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/24(木) 03:33:49 ID:Eu6mZHDU
おつ
良妻やな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク