俺「こんなラノベ俺でも書けるわwww見てろwwww」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:32:51.561 ID:Ub9bpb5S0
俺「やっぱ学園モノで戦うのがいいよな」

俺「とりあえずネタためるかwww思いつくままメモってこ!」

・邪気眼『あんたらが十人力なら、俺は百人力ってことになるな』

・スカート型の日めくりカレンダーをめくると下もスカート

・ヒロインは悪魔と天使のハーフで白魔法と黒魔法が使える天才

俺「……これからどう話を作んだ?」チーン

■ポイント1『最初はジャンルとアイデアから』
 俺はジャンルを決めるまでは良かったが適当なネタを量産しまとめられず死亡した
 「話を書けるアイデア」を考えることが重要となる
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:35:06.130 ID:Ub9bpb5S0
俺「フルメタは軍事+学園+SF+恋愛で『戦争ボケの男が平和ボケした国の学校に通う』って感じのアイデアか」

俺「クソ面白そうwwwwこれだけでどんどん夢が広がりんぐwww」

俺「ハルヒはSF+恋愛のセカイ系で『電波な女が無意識に世界を改変する』みたいなアイデアなのかね」

俺「こういう物語を支える土台をまず考えないとな」

俺「じゃあ学園+異能+恋愛で『女の恋心を武器の形で取り出せる男がモンスターと戦う』にするか」

俺「テンプレ臭いからすぐにキャラ造形が浮かんできたわ!」

俺「……ってかこれテンプレじゃねーか」チーン

■ポイント2『テンプレは敵ではなく味方』
 俺は馬鹿にしていたはずのテンプレを自分でも使ってしまい死亡した
 だが料理の仕方によっては王道となりテンプレ臭さなど消えてしまう
 詰まったとき筆を折るくらいなら自動で物語を進めてくれるこいつに頼ろう
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:36:16.481 ID:kOlWkZXZM
テンプレだろうがなんだろうがとりあえず書かないことには始まらんよね
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:37:03.497 ID:Ub9bpb5S0
俺「問題児も異世界召喚俺TUEEEなんてテンプレだけどそんなこと感じさせないし大丈夫か」

俺「MtGのデザイナーもテンプレはプレイヤーと調和できて強いから上手く使えって言ってたし」

俺「とりあえず浮かんだ設定書こ」

・主人公の男はクソ真面目で武器はなんでも使えモンスターと戦うためにヒロインをくどきまくる

・学園はモンスターと戦う人間を育てていて実地訓練として生徒を戦線に送ることがある

・ヒロインAはツンデレのレイピア使いでソードスキル使えて男への恋心は剣になる

俺「さあ本文書くぞ!」

俺「……丸一日かけて二ページしか進まねえ」チーン

■ポイント3『プロットを書こう』
 俺は設定ができたものの本文で何を書けば良いかわからず死亡した
 「プロット(Plot)」と呼ばれる物語の大筋をまとめたラノベの設計図を先に書いておこう
 プロの大半は編集に提出するということもありプロットを書いている
 プロだけに
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:39:13.627 ID:Ub9bpb5S0
俺「とりあえずこのシーンはプロットに入れるだろ」

・主人公が強いモンスターを恋心から生まれた剣で倒す

・主人公に俺を惚れてくれと迫られたヒロインAは彼のことを意識する

俺「……これってこうすれば」

・ヒロインAを守ろうと主人公が一般兵装で強いモンスターを食い止めてAが惚れる

俺「落ちたwwwAチョロインでワロタwwwww」

■ポイント4『プロットは話を客観的に見るチャンス』
 俺はふわふわした案を文字に起こし客観視することで形にすることに成功した
 もちろんその後に話の致命的な矛盾を見つけて死亡する
 ラノベはプロットのうちに叩くべし
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:41:29.706 ID:Ub9bpb5S0
俺「プロット完成させてプロ作家の偉大さがわかったわ」

俺「とあるはヒロインを追い込んで救うの上手すぎだろ」

俺「ノゲラはチート使える相手とゲームして知恵だけで勝つとか書く難易度高すぎ」

俺「SAOなんて超作りこんだゲーム世界を一巻でクリアして終わらせてるしwwww」

俺「尊敬通りこして怖いわ」

俺「それでもラノベにクソ作品はある! これは譲れない!」

俺「……話を完結させてるだけ俺よりマシかも」チーン

■ポイント5『最初にして最大の壁が完結』
 俺はラノベ批評を覚えたものの作品数0であり完結作家の垂れたでかいクソの前に死亡した
 初めての完結には多大な体力と精神力と時間を必要とする
 完結すれば根性もつき書くのにかかる時間や必要なページ数なども推測できて一つ上の存在になれるのだ
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:43:14.704 ID:Ub9bpb5S0
俺「ウェブ小説はエタってるのばっかだもんな」

俺「冴えカノとか作者が経験豊富だからシーンの繋ぎやアドリブのギャグが抜群に上手いし」

俺「俺もさっさと完結させて上級職にジョブチェンジするぜ!」

俺「冒頭はこんなもんか?」

俺「駄目だ駄目だ! 書き直すぞ!」

俺「……また一日で二ページしか進まなかった」チーン

■ポイント6『推敲は大きなくくりで』
 俺は書き始めたはいいものの推敲を重ねすぎ死亡した
 推敲とは文章をより良くするために手直しすることだがその行為に終わりはない
 先に一章分書ききってしまうなどして進めてから直そう
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:45:22.013 ID:Ub9bpb5S0
俺「一章終わったし推敲するか」

俺「フフッ我ながらこの戦闘はよく書けてるわ」

俺「賞に送ったら十数年振りの大賞受賞作品になって出版社から電話が鳴り止まないんだろうな」

俺「読者がこの場面でヒロインの悲しい過去に号泣してしまうのが手に取るようにわかる」

俺「アニメ化したときのOPを仮にこの曲としたらここで主人公が敵をばっさばさと斬るよな」

俺「宣伝用にtwitterに垢作ってファンアート来たらRTはTL汚れるからふぁぼで我慢しよう」

俺「アンチが着くのは人気作の証だから困る」

■ポイント7『モチベを上げよう』
 俺は儚い妄想をすることでモチベを上げて二章に入ることに成功した
 当然その後に考えるべき設定が大量に出てきてぶん投げ死亡する
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:47:20.483 ID:Ub9bpb5S0
・学園の大人が戦力にならない理由は異能が近年子どもたちだけに発現しはじめたものだから

・戦線を守っているのは大人の他にこの学園の卒業生たちもいる

・ヒロインBの異能は掴んだものを爆発させ卒業生の異能は飛行

俺「賞金三百万円風俗脱童貞ブツブツよし設定の追加終わり」

俺「これで二章も書けるわ」

俺「後出しばっかでご都合主義臭いけど二章の推敲やれば消えんだろ」

俺「……消えねぇ」チーン

■ポイント8『ご都合主義は先出しで消す』
 俺は設定追加によるご都合主義臭さを消すことができず死亡した
 どんどん後出しすると説得力がなくなるので前のほうで設定の存在を示しておこう
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:49:43.888 ID:Ub9bpb5S0
俺「一章の頭に大人が戦力にならない理由書いたらだいぶ説得力増したな」

3章:転入生の主人公がエリートのヒロインBを一般兵装で倒し戦線に参加できるようになる

4章:戦線が突破され強いモンスターがヒロインAを襲ってきて助けて倒す

俺「やっと完結したか!」

俺「でもこれ縛りがあったせいかヒロインB戦のほうがラストより面白いな」

俺「……どころかラスト物足りなく感じるわ」チーン

■ポイント9『一番目立たせるシーンは一番力を入れる』
 俺はその場その場で全力を出して書いたもののラストが目立たなくなり死亡した
 一番盛り上げたいシーンは「全力を超えて」書かなければいけない
 具体的な対策はなく頑張って自分を超えるしかない
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:51:30.601 ID:Ub9bpb5S0
俺「モンスターとの因縁を作って戦闘も知恵を捻ったものにしたらラストに相応しくなったわ」

俺「これで賞に送れるんだよな?」

俺「誤字脱字と文頭のスペースをチェックして」

俺「ここまで来るとスクロールも面倒だな」

俺「よし最後の推敲終わり!」

俺「印刷して送るぜ!」

俺「……なんで今更誤字がこんなに見つかんだよ」チーン

■ポイント10『紙媒体で最後のチェック』
 俺は誤字脱字を確認して印刷したものの再び大量に出てきて死亡した
 見方が変わるせいか印刷すると一気に誤字脱字や推敲する余地が見つかる
 何度も印刷し直す覚悟でいこう
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:52:58.952 ID:tCoKaRHSd
>>25
これすごく効果的なんだってね
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:53:45.235 ID:Ub9bpb5S0
俺「ポストに入れてっと」

俺「オラッ○○文庫ッ! 早く電話かけてこいや!」

俺「就活で落とされたときにイタ電しまくった記録は残ってないよな?」

俺「アンチ化して公式twitterにグロ画像送りまくったのも個人にはたどり着かないはず」

俺「はよ三百万! 税収! 声優との会話ァ!」

俺「……二次で落選か」チーン

■ポイント11『挑戦あるのみ』
 審査をする作家の一覧を見て作風を変えたり色々できることはあるのだろう
 だが結局最後のところは運である
 落選したときはアンチ化したり迷惑行為をするのはやめて切り替えよう
 また明日から書けばいい
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:55:48.672 ID:Ub9bpb5S0
俺「あれから五年の年月が経ちとうとう俺もラノベ作家になった」

俺「twitterで初めて自分の商品を宣伝したときは涙が出て」

俺「批評してもらうために始めたウェブ小説も完結させて更新を停止した」

俺「大賞なんてとても取れなかったもののこの税収は副業としては十分だ」

俺「何よりお前らの感想がめちゃくちゃ嬉しい」

俺「少しの褒め言葉が俺をすごくやる気にさせてくれるぜ」

俺「ありがとよお前ら……ん?」

お前ら『こんなラノベ俺でも書けるわwww』

俺「なんだ死ねこいつふざけんなよクソがくぁwせdrftgyふじこlp」

END
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:54:55.209 ID:JIx2y96b0
こんなスレ立ててライバルを増やさないでくれ
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:48:27.655 ID:4YitBHra0
ラノベとはちょっと違うけど、未経験で何もテクとか考えずに
とりあえずヒマにまかせて物語り書いて、せっかく書いたから
もったいないしで応募してデビューした京極みたいなヤツも居る
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:49:05.096 ID:tCoKaRHSd
>>19
天才だー
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:46:24.285 ID:uyfCzFW30
簡単に書けると思った気持ちがわからん
俺なんて2chのレスですら上手くまとまらないときある
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 17:48:49.864 ID:kOlWkZXZM
>>17
とらドラ!の担当編集がなんかのコラムで「これくらい俺にも書けるって勘違い野郎めっちゃ多い」つってた
そういうのに限って最終選考に残ったの見た事ないとも

関連記事

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク