敵「どんな拷問にも耐えられる?ほう、では…」

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:35:29 ID:4bv
敵「こういうのはどうだ?」ヌギヌギ

敵「ハハハ…急に呆けたツラになったな」

敵「お前初めてか?ん?」

敵「顔が真っ赤だ…。おい、誰が目をそらしていいと言った!」ビシッ

敵「そうだ、ちゃんと見るんだ…」

敵「“クズ”?ははは、そのクズに今から犯されるんだぞ?」

敵「ほう、屈しないのか…。なるほど…。楽しみだな」

敵「お前がどれだけ耐えられるか…試してみようか…ふふふ…」

ガチャ

部下「先輩、間違って微糖じゃなくてブラック買っちゃった」

敵「」

部下「あっ…失礼しました」キィー

敵「待て待て待て閉めるな閉めるな」
2: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:37:45 ID:4bv
部下「俺何も見てないんで」

敵「無理があるぞ、こっちに来い」

部下「いや、じゃあ忘れるんで」

敵「嘘だろ。絶対死ぬまで忘れないだろ。お前そんな奴だもん」

部下「マジで…ごめんなさい…」

敵「いや謝らなくていいから入れ」

部下「勘弁してください…キツいです…」

敵「俺のほうがキツいよぉおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

部下「俺のほうがキツいですよぉおおおおおおおおおおおお!!!!」
4: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:40:08 ID:4bv
敵「ほんとお前、とりあえず入れ。話がある。今後につながる話だ」

部下「ちょ、マジ…」

敵「座れ」

部下「…」

敵「いつから見てた」

部下「いや、…一瞬しか見てないです」

敵「何を察した」

部下「すべてを…」

敵「そうか…」

部下「あの、先輩。コーヒー…」

敵「あぁ…。これブラックだぞ。何度言ったら」

部下「や、今それにキレられる状況じゃないっす」

敵「そうか…」
6: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:42:42 ID:4bv
敵「…」グビリ

部下「…」

敵「苦いな…」

部下「っすね…」

敵「…」

部下「そのぬいぐるみ…」

敵「…」

部下「可愛いっすね…。クマですか…?」

敵「ああ…。姪っ子の誕生日プレゼントになる予定だったものだ」

部下「へぇ…。なんで…」

敵「ゲームのほうがほしいと言われてな…」

部下「現代っ子っすね…」

敵「ああ…」

部下「ちなみに、何のゲームですか…」

敵「FPSだ…」

部下「えー…」

敵「…」

部下「すげー…」
7: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:45:14 ID:4bv
部下「…ぬいぐるみ、使って…」

敵「…」

部下「イメトレ、…してたんですか」

敵「…」

敵「言えない…」

部下「何で…?」

敵「ここでイエスと答えたら、失うものが多すぎるからだ…」

部下「…」

敵「お前何をうつむいてる」

部下「いえ…あの…涙が…」

敵「顔をあげろ」

部下「いや、ちょっと…ふひぇっ…。情けない顔、見せられないから…」

敵「笑ってるんだな?」

部下「いひぇ…」

敵「いひぇって何だ?笑ってるのか?」

部下「はい…」

敵「そうか…」
8: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:45:38 ID:ldi
これ拷問される予定の奴がいる部屋なのかと思ったら、ただのイメトレかよ
9: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:48:50 ID:8jV
>>8
私も同じパターンで予想を裏切られた
10: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:48:51 ID:4bv
敵「…」ギシッ

部下「…」プルプル

敵「…何かほしいものあるか?」

部下「ぶんふぅっ」

敵「俺は真剣な話をしているんだ!!!!!」ドン!!!

部下「はっはい!!!」

敵「言え。10万以下ならなんとか今日中に工面しよう…」

部下「あの、…別に俺タカるなんてそんな…」

敵「これはタカりではない…。セーフティマネーだ…」

部下「や、ちょっと…」

敵「分からないか…?」

部下「っす…」

敵「俺もさっきから自分が何言ってるのかわからん…。自分の口じゃないみたいだ…」

部下「大丈夫…ですか?」

敵「5分前から瀕死だ…」

部下「先輩…」
11: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:52:21 ID:4bv
部下「じゃあ…新しいベッドほしいっす…」

敵「ベッドか…。シングルか?」

部下「はい…」

敵「では、今から家具屋に見に行くか…」

部下「今からっすか…」

敵「あぁ…。早く無かったことにしたいんだ…」

部下「俺もです…」

敵「…すまない、部下…」

部下「謝らないでくださいよ…」

敵「俺は…上司として、男として、指導者として、…人間として、あるまじき姿をお前に…」

部下「先輩…」

敵「そして今まさに口封じのためにお前にベッドを…」

部下「先輩、お願いですからそんな顔しないでください…。俺、泣きそうになる…」

敵「部下…」

ビービービー!!!

「本部内に潜入者!本部内に潜入者!」

敵「なにっ」ガタッ

部下「このタイミングで!?」
12: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:53:13 ID:48c
わく(((o(*゚▽゚*)o)))わく
14: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:55:09 ID:4bv
敵「直ちに武器を!装備を整えてエレベーターに来い!いいか、30秒だ!!」

部下「ラジャー!!!」バッ

敵「…っ」ダッ

「直ちに急行せよ 直ちに急行せよ 場所は館内6階 会議室付近」

敵「ふん、ありがたいことにこの付近か…」

部下「先輩!」

敵「遅い。次からは2秒早くしろ」

部下「ラジャー!!!」ビシッ

敵「潜入者はこの付近だ。我々で確保するぞ」

部下「はい!!!!」
16: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:59:02 ID:4bv
敵「…」バッ

部下「…」

敵「…」クイクイ

部下「…」コクン

タタタ…

敵(気配がするか?)

部下(微かに…)

敵(…おそらく正規のルートで下には行かないだろう。となると…)

部下(…通気口…?)

敵(お前も鋭くなったな。行くぞ)

部下(はい!)

タタタ

部下「なっ…!」

敵「これは…」

部下「くそっ、フタが外されてる。遅かったか!」

敵「いや、まだだ。部下、催涙弾を」

部下「え?…は、はい!」ガチャッ

敵「真下に向かって撃て」

部下「イエッサー!」

ボシュッ

「ぁあああああああああっ!!」

ガシャーン!

敵「…他愛もない」

部下「や、やりましたね!!!」
17: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:01:52 ID:4bv
ガガガ

「ブラックマンデーからブルーサンデーへ。5階ダクトに潜入者発見」

敵「了解」

「援護感謝する。無事確保した」

敵「後でボスに言っておけ。部下の手柄だと」

部下「い、いえそんな!俺は…」

敵「…見事な銃さばきだった。成長したな」

部下「…先輩…」

敵「では、オフィスに潜入した愚か者の顔でも拝みに行くか」

部下「はい!!!」

……
18: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:05:25 ID:4bv
部下「単体で潜入するなんて、どういう奴なんでしょうね?」

敵「あのダクトは狭い。あれを通れるとなると、小柄で細身な者だろう」

部下「じゃあ、女性ですかね」

敵「…」

部下「あ…」

敵「おい…」

部下「どうしよう…。さっきまですごく先輩恰好よかったのに…。今思い出し」

敵「任務中に考え事をするなっ!!!!!!!!!」

部下「は、はいいい!」ビクッ

チーン

敵「行くぞ」

部下「は、はい…」

カツカツ

同僚「よう、ブルーサンデー」

敵「奴は?」

同僚「捕らえてあそこのVIPルームへ。へへっ」

敵「そうか…。ご苦労」

同僚「あとは任せる。ボスは徹底的にシボれだとさ」

部下「…」

敵「ああ…」
19: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:08:54 ID:4bv
部下「…良かったっすね」

敵「何がだ」

部下「…こう、良いタイミングで…。獲物が」

敵「…」

部下「イメトレの成果とか…出せるといいですね…」

敵「馬鹿野郎…」

部下「あ!ちょっとニヤニヤしてんじゃないですか!うわー!」

敵「馬鹿かお前は!だからそんなんじゃない!」

部下「いや、これだいぶハッピーエンドですよ!ほんと!」

敵「お前絶対言うなよ?分かったな?な?」

部下「はい!言いません!2人の秘密です!」

敵「おま…。と、特別に今日は拷問の仕方も教えてやろうか?」

部下「いーんすか!?あざーっす!」

敵「言うなよ?ほかの奴らには内緒だぞ?」

部下「はい!!!口が裂けても言いません!」

敵「じゃあ…」

部下「入り…ますか」
20: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:12:25 ID:4bv
敵「…」

部下「どしたんです?」

敵「いや…急に…なんか」

部下「あ、緊張してるんですね」

敵「違う…俺に限ってそんな」

部下「じゃあ、俺が先に潜入者の顔見てきますよ。それまで深呼吸しててください」

敵「ああ…」

部下「行ってきます」タタタ

敵「…」スー

敵「…」ハァー

敵「…」スー

敵「…」ハァアー

ガチャ

敵「!ど、どうだった」

部下「…」

敵「おい、何だその顔は」

部下「いや………っす…」

敵「いやっすとは何だ?おい?何ニヤけている?」

部下「や…すごい、から…」

敵「そんなにすごいのか」

部下「はい…」

敵「そうか…」

部下「あの…見てきてください」

敵「ああ。分かった…」スッ
21: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:15:29 ID:4bv
敵「待て」

部下「はい?」

敵「どの辺がすごかったんだ…」

部下「…胸っす」

敵「…」

敵「そうか…」

部下「あの…早く行ってください…」

敵「…」

敵「ああ…!」

部下「…」

敵「…」ドッドッドッド

敵「…」ゴクリ

敵「…」

キィ

ガチャ…

潜入者(ガチムチ)「おい!!!このクズども!!!離しやがれ!!!!」ガシャガシャ

バタン

敵「…」

部下「あっひぇひぇひぇwwwwwんあははははははwwwwww」ゴロゴロ

敵「…」

部下「もおおおおおおなかいたいよおおおおおおwwwwwあっひぁああああwwwww」ジタバタ

敵「…」スッ



バキッ
22: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:18:36 ID:4bv
部下「鼻が折れたかと思いました」

敵「力加減ができないほど耄碌していない」

部下「俺嘘ついてないのに…」

敵「何だと…?」

部下「すごかったじゃないですか、大胸筋」

敵「…」

部下「なんか、データ調べたんですけど」

敵「ああ…」

部下「あいつ図体のわりに体が柔らかく、狭いところの移動が得意らしいです」

敵「そうか…」

部下「最近ホットヨガもはじめて…」

敵「もういい」

部下「はい」

敵「…」

部下「…」

敵「ベッド…買いにいくか」

部下「はい!」

おわり
23: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:19:52 ID:8jV
終わってしまったか
25: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)22:28:11 ID:dy0
なんだこれw

関連記事

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

誰も不幸にならなくてよかった

とあるSSの訪問者

そのベッドで寝る度に思い出す事になるんじゃねーか?


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク