みく「Pちゃんが引くほど泣いてる…」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 23:54:44.89 ID:IIfH2xNY0
ガチャ

スタッフ「そろそろ撮影でー……」

P「ッグ、アッグ……う゛う゛ぇ、っ、っ……お゛ん、ッグ…う゛ぁあ゛……ッグェ」

みく「……」

スタッフ「……」

P「ず、ずびばッ…っぜ、ッグ…ず、ずヴォエッッ、ん゛ん゛、ヒッグ……ヴォえ゛ッ……!」

みく「ええ……(困惑)」

スタッフ「ええ……(困惑)」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 23:55:35.25 ID:IIfH2xNY0
――1時間ほど前

コンコン

P『みく、入っていいかー?』

みく「うん、大丈夫にゃ!」

ガチャ

みく「ふふん、憧れのウエディングドレス、お仕事で着させてもらえるなんて嬉しいにゃ♪さっすがPチャン!」

P「……」

みく「どう? どうどう? ウェディングドレス似合うかにゃ♪」

P「……」

みく「……あれ、Pチャン?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 23:56:22.13 ID:IIfH2xNY0
P「……はっ! ちょっと意識が飛んでた!」

みく「ええ、なに言ってるの、Pチャン大丈夫……?」

P「いや、思った以上に似合ってたからなぁ、なんか、こう、ね?」

みく「似合ってる、っていうのは嬉しいけど、その「ね?」って何にゃ?」

P「なんだかみくが遠くに行ってしまうようで、ちょっと切なくなってなぁ……。娘を嫁に出す父親の気分ってやつ? 言葉にはしづらいんだけど、こう、ぐわーっと」

みく(父親と娘、んーなんかもやっとするにゃ……)

P「……どうしたみくにゃん、渋い顔をして」

みく「ん、なんでもないにゃ。ま、みくはまだまだPチャンとアイドル続けるつもりだし、Pチャンの心配は杞憂ってやつだにゃ~」

P「ははは、もちろん、みくにはもっともっと、まだまだ輝いてもらうつもりだからな!」

みく「それでこそみくのPチャンにゃ♪」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 23:57:17.29 ID:IIfH2xNY0
P「しかし……うん、改めて、よく似合ってるよ、みく」

みく「そう? よかった~、ほんとはちょっぴり不安だったんだ」

P「不安?」

みく「今回は花嫁さんで、アイドルみくにゃんじゃなくて前川みく役でしょ。だから猫しっぽも猫耳もなし」

みく「自分で決めたことだし、自信がないわけじゃなかったけど、やっぱりね……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 23:58:16.90 ID:IIfH2xNY0
P「やっぱり、まだ猫耳がないと不安か?」

みく「うーん、ちょっとだけ。でも、猫しっぽも猫耳もなくたって、ねこチャンみたいな可愛さは出せるんだよね」

P「そうそう。ま、今回は前川みく役だけどな」

みく「うぅ、分かってるにゃ……。でも、みくはそもそも猫チャンみたいに可愛いんだもん、ねこチャンらしさも出していくよ!」

みく「……それに、Pチャンが似合ってるって言ってくれたから大丈夫だにゃ! 可愛いみくをたくさん見せるから、Pチャン、ちゃんと見ててよねっ!」

P「ああ、もちろん!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 23:59:26.11 ID:IIfH2xNY0
みく「……それにしても」

P「どうした?」

みく「ふっふっふ、ウェディングドレス姿を見せただけで取り乱すなんて、Pチャンはみくに首ったけだにゃ~♪」

P「そ、そうか? ん~、でも「首ったけ」ってほどではないんじゃないか?」

P「みくにゃんもまだまだ成長途中の子猫チャンだし? 首ったけっていうのはなぁ?」

P(まぁ、感じ入るものはあったけど……)

みく「む、正直じゃないにゃ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:00:09.27 ID:ooMZ3hv40
P「俺を首ったけにさせるまでは、まだまだかな、うんうん」

みく「ふ~ん? それが本当か試してみるにゃ!」

P「お、おう?」

みく「さ、さ、Pチャンこっち座って」

ストン

P「座ったけど……」

みく「ふふ~ん♪……あごをPチャンの膝に乗っけて……そこから上目遣い!甘えるねこチャン、にゃん♪」

P「……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:00:51.79 ID:ooMZ3hv40
みく「どうかにゃ?どうかにゃ~?」

P「あざとい」

みく「ふにゃ゛」

P「それに、普段からそうやってじゃれつかれてるし、改めてどうこうってのはないかな~」

P(めちゃくちゃ可愛いけど)

みく「つ、次にゃ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:01:48.13 ID:ooMZ3hv40
みく「Pチャンの方に身体を乗り出して~」

P(ち、近い……)

みく「お鼻すりすり~、からの、おでこを胸元にぐりぐり~♪ ねこチャン流の愛情表現にゃ!」

P「はいはいごろにゃごろにゃん」

みく「ちょ、ちょっとPチャン、首元撫でるのや、やめ…っ…にゃっ❤」

みく「ぴ、Pチャン、そういうのはあとで……ってあととかないし!もう!!」

P「おっといけない」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:02:52.65 ID:ooMZ3hv40
P「まあまあ、みくが魅力的なのは十分わかってるし、もういいだろ?」

みく「う~ん、せっかく素敵なドレスだし、いつもと違うみくをアピールしてみたかったんだけどにゃ~」

P(結局、いつものねこチャンだったけど、花嫁姿だし色々危なかった……)

みく「……そうだ! せっかくだし、花嫁さんみたいなこと言ってPチャンをドキドキさせちゃうにゃ!」

P「ええ、まだ続けるのか?」

みく「まあまあ、撮影に向けての雰囲気づくりにゃ♪」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:03:45.90 ID:ooMZ3hv40
みく「んん。……おかえりなさい、あにゃた♪ご飯にする?お風呂にする?そ・れ・と・も~?」

P「みk、うう゛ん。……ご、ご飯、うん、ご飯で!」

みく「あれぇ? 今なんて言おうとしたのかにゃ~? にゃふふ♪」

P「さ、さてなぁ?……で、夕飯は俺の大好きな焼き魚定食かな?」

みく「にゃ゛」

P「暫くお魚食べてないしな~、お魚食べたいな~」

みく「ううう、Pチャン別にお魚大好きでもないくせにぃ……」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:04:44.07 ID:ooMZ3hv40
みく「んんっ」

みく「は、はい、あにゃたのだ~い好きなお魚焼いて待ってたにゃあ♪」

みく「えっと、じゃあ、あ~ん♪」

P「お、おう。あーん」

みく・P(思った以上に恥ずかしい)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:05:24.99 ID:ooMZ3hv40
P「! ……そうだ、みくにもあ~んしてあげないとなー、ほれお魚だぞ、あーん、あーーーーん」

みく「あ、あ、」

P「あーーーーーーーーーーーん」

みく「お、お魚はいやにゃあああ!!!」

P「はい終了! はーい終わり終わり!!」

みく・P(ド、ドキドキしたぁ……)
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:06:17.00 ID:ooMZ3hv40
P「じゃ、そろそろやめにしような、うん、やめやめ」

P(これ以上は本当にやばい)

みく「はぁ、なんか疲れたにゃ……」

P「俺もだよ……」

P「……みく、ちょっとこっちに顔向けて」

みく「にゃっ!?」

みく(え?え?こ、これって……)

P「……ほい、これでいいかな。遊んでるうちにベールがだいぶずれてたからな、撮影前にまた確かめてもらえよー」

みく(あ、あー……)
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:07:13.01 ID:ooMZ3hv40
みく「……ふふっ♪」

P「ど、どうした?」

みく「ねこみみもベールも、直してもらってばっかりだね」

P「……お、おう」

P(なんだこれ、なんか切ない)

みく「……ね、Pチャン。改めて、いつもありがとね。みくのこと、可愛いアイドルにしてくれて、本当に感謝してるよ」

P「みく……」

P(ちょ、ちょ、なにこれ、泣きそう)

みく(! そうだ、せっかくだし花嫁っぽく……)

みく「んん。Pチャン」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:07:52.75 ID:ooMZ3hv40


みく「これまでお世話になりました。これから、もっとお世話になりまーす♪」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:08:34.49 ID:ooMZ3hv40
P「……」

――これまでお世話になりました……

P「……」

――これまでお世話に……

P「……」

――これまで……
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:09:22.39 ID:ooMZ3hv40
P「」ダババババババ

みく「うぇええ!? Pチャンの目から滝かといわんばかりの涙が!?!?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:10:03.17 ID:ooMZ3hv40
――冒頭に戻る

スタッフ「え、えっと、Pさんどうかされました……?」

みく「い、いや、大したことはないと思います……?」

P「ずびば……っ! ぜッ、だ、だびじょう、うっ、ヴェェ、で……おエ゛、っっ!」

みく・スタッフ(うわぁ……)

みく「えっと、えっと、泣き止まないようなら、置いて、みくだけ行きますので?」

スタッフ「え、は、はい。分かりました? し、失礼しましたー??」

P「」ダババババババ
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:11:12.93 ID:ooMZ3hv40
P「」ダババババババ

みく(大の大人がわけもわからず大泣きしてる姿はなかなかクるにゃ……)

みく「え、えっと、Pちゃん急にどうしたの? みく、何かしちゃった?」

P「い゛、いや゛、み……ッグ、みぐが、ア゛イ゛ドル、や、や゛め゛……そぅ゛ぞ、エボァ」

みく「ん、んん? えっと……「みくが、アイドルやめた想像をしちゃった」……??」

P「お゛ぜばに、っで……オボォ、ッグ、い、、がだ……」

みく「え、ええ、「お世話になりました、ってみくが言うから」?」

みく「え、ええ……」

みく「っていうか、これからもお世話になりますって言ったにゃ! 話をちゃんと聞けにゃ!!」

P「ッグ、だ、だっでぇ゛、、ボアェ゛、ッグ」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:11:58.25 ID:ooMZ3hv40
みく(とはいえ……)

みく(ここまで大事にしてもらうのは、嬉しいにゃあ♪)

みく(前の事務所じゃ、ううん、Pチャンに会わなきゃ考えられなかったな)

みく「ほんと、Pチャンのアイドルになってよかったにゃ……」

P「!?!?!?!?!」ダババババババ

みく「ああもぉぉおおお!!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:13:07.12 ID:ooMZ3hv40
みく「Pチャン!!」

P「!」ダババババ

みく「みくは、Pチャンが、仮に、絶対ないけど、もし、もしもやめろって言ったって、まだまだずーーーーーっとアイドルやめないよ!!」

みく「Pチャンといっぱいいーっぱいアイドルやるって決めたんだもん!」

みく「み く は 自 分 を 曲 げ な い よ !」

P「!」ダバ
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:14:04.16 ID:ooMZ3hv40
みく「だからPチャン、いつまでもメソメソしないの!」

みく「みくをいっちばん可愛いアイドルにしてくれるんでしょ? なら、Pチャンがそんなんじゃダメだにゃ」

P「……ッグ、ずびばぜん゛」ズビッ

みく「もう、気持ちは嬉しいけど、しっかりしてくれないと困るにゃあ。はい、よしよしなでなで」

P「あ゛りがど、みぐぅ」

みく「これじゃあいつもと逆だにゃ」

P「……に゛ゃあ゛」

みく「やめーにゃ」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:14:53.54 ID:ooMZ3hv40
みく「……よし!Pチャン、もう大丈夫だね」

みく「スタッフさんも準備できてるだろうし、そろそろ可愛いみくを見せに行くにゃ!」

みく「Pチャン、可愛い花嫁のこと、ちゃんとエスコートし……」

P「ごめ゛、先゛行っでで。顔洗゛ってぐる」

みく「しまらんにゃあ」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:16:38.82 ID:ooMZ3hv40
みく(みくもいつか、衣装じゃなくて、こんなドレスを着るのかな?)

みく(その時、隣にいるのはどんな人だろう?)

みく(そして、その時Pチャンはどこでみくのことを見てるのかな?)

みく(でも)

みく「Pチャンと一緒にアイドルをやる日が、いつか終わるなんて今は考えられないにゃ」

P「……み゛ぐ?」

みく「早く顔洗ってくるにゃ!」

P「ウィッス」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:17:52.27 ID:ooMZ3hv40
みく(アイドルの、その先は分からないけど……)

みく(アイドルをいつかやめるか、とか、そういうことも考えられないけど……)

みく「Pチャン!!」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:18:30.29 ID:ooMZ3hv40



みく「ずーーーーーっと、そばにいてね♪」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:19:07.95 ID:ooMZ3hv40
終わりです。ドリーミンブライドの台詞は、どこか切なくなりますね。
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 00:26:43.91 ID:9b2w5vbP0
泣きすぎて目玉萎んで寝不足が治るのか、このPは・・・
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 01:09:09.54 ID:wk+ihE+r0
>>31
何の水を飲んだんですかね?
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 03:32:37.93 ID:A5LeEUnso
>>32
三日間砂漠をうろついたみくにゃんが初めて飲む水
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:27:01.56 ID:Wwk14QKZo
みくにゃんのファンになります

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク