モバP「ドラゴンレーダー?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:14:33.05 ID:ccbtTasu0
モバP「しぇ・・・神龍よべるのか!?」


晶葉「あぁ。別のものを作っていたんだが、余りのパーツをなんやかんややっていたらドラゴンレーダーができてしまってな。

しかも電源をつけたらこのへんに7個ちゃんと反応があるんだ。面白そうじゃないか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465928072
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:15:22.71 ID:ccbtTasu0
P「確かに・・・でもあれは漫画の話で」


晶葉「ハハッ何を言っているんだ助手よ、我々もゲームの


P「当身」トンッ


晶葉「」


P「あぶない・・・それ以上は言わせないぞ晶葉。

それにしてもドラゴンレーダーか。面白いもんゲットしたな。

よっしゃこの事務所はでっかい宝島だ!今こそアドベンチャーあるのみ!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:16:30.55 ID:ccbtTasu0
P「えーっと・・・縮尺わからんけどこの部屋だけで結構ありそうな感じだな見た感じ・・・」テクテク


ピッ・・ピッ・・ピッ・・ピッ・・


P「こっちか・・・?」


ピッピッピッピッピ


P「この辺にあるな?」


ピーーーーーーーーー


ゆっこ「それなんですか?プロデューサー」


P「ゆっこやんけ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:18:17.51 ID:ccbtTasu0
ゆっこ「なんですかその機械!もしやエスパー力を測定する機械ですか!だからそんなに鳴ってるのでは!」


P「ゆっこその先割れスプーン貸して」


ゆっこ「無視ですか!?これですか?いいですけど・・・」ハイ


ピーーーーーーーーーーー!!!!


P「あぁ、別に実際にドラゴンボールってわけじゃないのか。」


ゆっこ「なにやってるんですか?あ、言わなくて結構です。読めました!晶葉さんですね!?」


P「すげえ!珍しく当たってるぞ」


ゆっこ「ふっふっふ!撫でてもいいですよ!!でも面白そうです!私も一緒にいていいですか?」


P「おうおう、いいぞ!」ナデナデナデナデ


ゆっこ「エヘヘ///では次のターゲットを探しに行きましょう!そのレーダーと私のエスパーがあれば7個なんてすぐ集まりますよ!!さぁ次の部屋に行きましょう!!」


P「この部屋にまだもうちょいあるみたいだぞ」


ゆっこ「ええ!そんな気はしてました!!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:21:09.99 ID:ccbtTasu0
P「どのへんだろ・・・音がイマイチ変わらないな」


ゆっこ「結構歩き回ってるはずなんですけどねぇ」


P「強いて言うなら一番反応あるのはこのへんかぁ・・・」


ゆっこ「あ、もしかして!電球!!」


P「おお、ありえる!よしゆっこ!俺下で椅子抑えてるから外してくれるか!」


ゆっこ「わかりました!しっかり押さえててくださいよ!」


ゆっこ「よいしょ・・・ってよく考えたら私が上の必要あります!?ていうかパンツ見えそうですし!!」


P「あぁばれたか惜しい・・・俺取るから代わりな」


ゆっこ「油断も好きもありませんnきゃあぁ!?」ガタガタッ


P「あぶない!!」ダキッ


ゆっこ「す、すいません・・・!///」


P「お、おう。気をつけなきゃ危ないぞ(やらけぇ~~いい匂いやべぇぇ~)」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:22:53.07 ID:ccbtTasu0
キュッキュッキュ


ピーーーーーーーーー!!


P「やっぱ電球であってたな、でかしたぞゆっこ!」


ゆっこ(ボーー・・・)///


P「ゆっこ?次の部屋いくぞ?」


ゆっこ「あ!はいすぐいきます!」





P「給湯室」


ゆっこ「ですね」


P「狭いからすぐ見つかるんじゃないかな?」


ピッピッピッピッピッピ!!


ゆっこ「うぅ・・うるさいですね。音量下げれないんですか?」


P「ボタン類はなんもついてないぞ。」


ゆっこ「はやく見つけちゃいますか」


ピーーーーーーー!!


P「うん、これっぽい。」


ゆっこ「湯呑ですね」


P「俺のな」


ゆっこ「先割れスプーン・・・電球・・・湯呑・・・なんかすごく家庭的な神龍が出てきそうですね・・・」


P「や・・やめろよ・・・」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:23:49.22 ID:ccbtTasu0
ゆっこ「中庭です!!今日はいい天気ですよ!」


P(花壇とゆっこ、絵になるなぁ・・・)


ゆっこ「あ、こっちー!!」ピーピーピーピー!!


P(可愛いなぁ・・・)


ゆっこ「このスコップでした!!」


P「可愛い」


ゆっこ「はい?スコップがですか?」


P「まちがえた!なんでもない!これで4つかな?次行こう次!」


ゆっこ「はぁ・・・?」テクテク
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:25:01.63 ID:ccbtTasu0
P(休憩室にきたわけだけども・・・)ヒソヒソ


ゆっこ(はい・・・)ヒソヒソ


P(どれが対象品なのかもわかってるわけだけども・・・)ヒソヒソ


ゆっこ(はい・・・)ヒソヒソ



こずえ「ーーーーーーンゥ」スヤスヤ


P(よりにもよってお昼寝中のこずえが下に敷いてるタオルケットだとは・・・)ヒソヒソ


ゆっこ(プロデューサー、服でそんなにレーダー包んだら服伸びちゃいますよ・・)ヒソヒソ


P(でもほら・・・起こしちゃうだろ音で)ヒソヒソ


ゆっこ(一回出ましょう・・・)ヒソヒソ


コソコソ

カチャ・・・パタン
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:28:04.81 ID:ccbtTasu0
P「よし、ちょっとレーダー持って外で待っててくれ」


ゆっこ「そうしたほうがいいですね」


P「そーっと取って来る。」


カチャ


ソローーー

P「よいしょ」ダキッ


ズラシズラシ


ゆっこ(こずえちゃんいいなぁプロデューサーに抱っこされてて・・・)


P(代わりのタオルケットこれでいいか)シキシキ


ゆっこ(なんかパパみたい・・・結婚したらあんな感じかなぁ・・・って結婚って!///)


P(そーっとまた寝かせて・・・っと)


ゆっこ(で、でも結婚したとしても娘とかはまだ早いかな・・・しばらくは二人で///)


パタン

P「おまたせ、持ってきたぞ」


ゆっこ「ひゃい!?///」


P「ん?次行こう。あと二個だぞ」


ゆっこ「は、はい!それなんですけど、さっきからあと2個の光が部屋移動とかしてるのにずっと距離が変わらないんですよ」


P「え?いやそんなわけ無いだろ」


ゆっこ「ちょっと画面見ながら歩きましょ。見ててくださいね?」


テクテク
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:30:22.33 ID:ccbtTasu0

ゆっこ「ね?中庭まで戻ってきたのに全然動かないですよ」ムーン


P「えーここまできて手詰まり?そりゃないわ。なんだろこの2個」ウーン


晶葉「手詰まりではない。もうすべて揃えたようなものだぞ助手よ」


P「お、起きたのか」


晶葉「まったく、口を抑えるとかもっとソフトなやり方があっただろうに。」


P「すまん、つい。で、この残りの2つはなんなんだ?」


晶葉「残りの2つが助手たちと同じペースで移動している、ということさ」


ゆっこ「あーなるほど。ん???」


P「遠ざかるでもなく近づくでもない、けど移動しているということは・・・?」


晶葉「助手よ・・・尾けられたな」


P「ま、まさか・・・!」


晶葉「どれ見せてみろ・・・レーダーの縮尺と位置関係を考えると・・・あそこの壁の影じゃないか?」


P「い・・・いくしかない!」ダッ




??「やばっ」
??「あ、ちょっとまっ、」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:32:35.54 ID:ccbtTasu0
P「誰だ!!!!・・・ってあれ、なんだ。まゆと凛じゃんか」


まゆ「うふふ、そうですよぉPさん。『まゆ』と、凛ちゃんです。」


凛「ふーん。まゆの方が先に目に入ったんだ」


P「え?いやなんていうかその、ていうかお前ら二人はなんで尾けたりしたんだ?」


凛「なんかその、面白そうなことしてるなぁって。そしたらまゆも途中から混ざってきて」


まゆ「まゆの方が先でしたよぉ。」


凛「あ?」


まゆ「お?」


P「あー・・・まぁいいや、まゆのリボンと、凛の学生鞄かな?一瞬貸してくれないか」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:34:38.30 ID:ccbtTasu0
凛「神龍でしょ?知ってるよ。けどその前に聞かせて。Pは神龍に何を願うの?」


まゆ「まゆもぉ、それを聞きたいです。内容によってはお貸しできません・・・」


P「そういやそういうシステムだったな・・・願い事とか考えてなかったぞ・・・」


ゆっこ「宝探し感覚でしたね・・・」


P(ゆっこともっと親密になりたいといえばなりたいが・・・アイドルとプロデューサーだし・・・そんなのは自力で何とかすることだし、そもそも人前でお願いできるようなことじゃない・・・)


ゆっこ(プロデューサーともっと仲良くなりたいけど口が裂けてもこの二人の前では言えない・・・)ブルブル


まゆ「ないんですかぁ?」


P「え!?あーうんそうだな・・・ない・・・かな?ゆっこは?」


ゆっこ「は、ははい!!私も・・・そうですね、ない、です///」


まゆ「なら適当に世界平和でもお願いするとしましょう。それならこのリボンお貸ししますねぇ」


凛「ん、そうだね。まだほんとに神龍が出てくるかどうかもわかんないし。はいこれ」


P「そうだな、ありがとう」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:36:08.99 ID:ccbtTasu0
まゆ(無欲なPさん・・・素敵です。なんでしたっけ。アルトロン?が出たら騙すようで申し訳ないですけど、まゆのお願い聞いてもらいますねぇ・・・えーと、まずまゆ以外の女の子に興味がなくなるようにして・・・それからそれから)ウフフフフ


凛(Pとゆっこのあいだになにか不穏なラブコメ臭を感じたけど、願いがないならそれでいいや。プロデューサーは私がもらうよ。なんて言えば確実だろう?Pは一生私の言うことを聞く?でも人形みたいになられてもそれはちょっと本意じゃないし・・・)フフフ


晶葉「さぁ助手よ、始めてくれ」


P「う、うむ・・・緊張してきた」


ゆっこ「がんばってください!」


P「よし、いくぞ!いでよ!!!神龍ーーー!!!!」


ゴロゴロゴロゴロ


ゆっこ「す、すごいです!急にあたりが暗く・・・あんなにいいお天気だったのに・・・」


晶葉「実際目の当たりにすると・・・言葉がないな」


ピカァッ!!!


神龍「さぁ 願いをいえ どんな願いもひとつだけ叶えてやろう・・・」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:39:01.86 ID:ccbtTasu0
P「すっげ・・・子供の頃読んだ漫画に出てきたのがほんとにそのまま・・・」


凛(やばっほんとに出てきた!!どうしよ考えまとまってないよえーっとえーっとPがお内裏様で私がお雛様?じゃなくてえっとやばい時間ないかも、ってかまゆもいるんじゃん忘れてた)チラッ


まゆ(お、大きいですねぇ・・・っていけない!考えが止まっちゃった。えと、確か一個だけなんですよね?Pさんは一生私を愛し続ける、でいいでしょうか。そういえば凛ちゃんおとなしいけど・・・)チラッ


凛まゆ「!?!?」メトメガアウー


凛(やばい!まゆのあの顔はもう決まってる顔だ・・・ッ!)
まゆ(やばいです!りんちゃんのあの顔はもう願い事決まってます!)


凛(後手に回っちゃう・・・時間がない!!こうなったらPがまゆのものになることだけは避けなきゃ・・・なにか・・・!!)
まゆ(くっ・・・・まゆはしゃべるの遅いしこのまま凛ちゃんにPさんを取られるくらいなら全部めちゃくちゃにしてしまったほうがいいかもしれません・・・!)


神龍「さぁ 早く願いを言うのだ」


P「じゃぁ世界平和だっけ?」


ゆっこ「そうですね!きっと世界中のみんなが喜ぶはずです!!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:41:52.90 ID:ccbtTasu0
P(自分の欲も出さずにこんなお願いに決められるなんてなかなかできることじゃないぞゆっこ。

うん、やっぱり俺はゆっこのことが好きだ。だからこそズルしないで自分の力できっと手に入れてみせる!!)


P「よしいくぞ神龍!!世界中の」






























凛・まゆ「ギャルのパンティーおくれえええええええええええ!!!!!!!」



P「戦争をなくしてくれーーー・・・え?」




神龍「・・・世界中のギャルのパンティだな・・・」




ドッサァァア


神龍「願いは叶えてやった ではさらばだ」




ボシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥッゥゥ


太陽「ただいま」ピッカアアアアアアアア


P「」
ゆっこ「」
晶葉「」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:49:06.63 ID:ccbtTasu0
凛まゆ「え・・・は・・・?」




まゆ「なんですか凛ちゃんそのお願い!」
凛「え、いやまゆにだけは言われたくないよ。同じこと言ってたじゃん!」
まゆ「ぐっうぅ・・・何も思いつかなかったんですかぁ?」
凛「まとまりきらなかったんだよ・・・まゆもでしょ?」
まゆ「はい・・・難しいですね・・・」


P「あー、その、なんだ二人共・・・そういう趣味は否定はしないけどあまり表には出さないように、な?」


凛・まゆ「え?」


P「あー、ゆっこ、昼飯でも食べに行くか。な。あの二人はちょっとそっとしておいたほうが良さそうだ」


ゆっこ「そ、そうですね!エヘヘ・・・私今はおうどんの気分です!」


P「お、じゃぁおぼろ昆布の入ったおいしいうどん屋が近くにあるから行くか」


晶葉「ふむ。私も同席して・・・あーいや、やめておこう。」


P「こないのか?」


晶葉「馬に蹴られたくはないし、この大量のパンティーの処分を考えねばなるまい」



まゆ「待ってくださいPさん別に変な趣味とかじゃなくて!!」
凛「違うんだって!ちょ、逃げないでよ!!」



P「よし、いくかゆっこ!」
ゆっこ「はい!プロデューサー!!」




大量のパンティーはちひろさんが全部売りさばいてくれました(
おわり
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:51:33.91 ID:ccbtTasu0
終わりです。仕事中に思いついたネタです。

過去作です

堀裕子「優しい事務所」


Pとちひろの仲良し妄想日記


モバPとちひろの仲良し妄想日記その2



HTML化出してきます。読んでくださった方はありがとうございます。
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 04:00:09.60 ID:KWz9Ox8ho
乙女としてどうなのか
おつ
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 05:29:04.17 ID:njdFNB1To
大量のギャルのパンティを売り捌くルートを持っている事務員…

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク