提督「しまった! 深海棲艦に捕まった!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:26:38.41 ID:exHIlbRv0
~深海泊地~

戦艦「フフフ……」

空母「他愛ノナイ……」

中枢「サテ、ドウシテクレヨウ……」

ヲ級「ヲッキュ」

提督「何たることだ……!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466076398
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:28:10.95 ID:exHIlbRv0
提督(くっ……まさか、私を直接狙ってくるとはな!)

提督(どうする……どうすればこの窮地、脱することができる!?)

中枢「アラ、提督」

中枢「アナタ、マダ諦メテイナイ……」

中枢「ソンナ顔ヲ、シテイルワ」

提督「……!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:29:34.79 ID:exHIlbRv0
戦艦「馬鹿ナ男ダ」

空母「ココハ我々ノ本拠地」

中枢「生キテ帰レルトハ」

ヲ級「ヲッキュ」

中枢「思ワナイコトネ……」

提督「くっ……!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:33:15.57 ID:exHIlbRv0
中枢「デモ、安心シナサイ」

中枢「私タチニ情報ヲ提供スレバ」

中枢「シバラクハ、生カシテオイテアゲルワ」

中枢「待遇ノ改善モ、考エテアゲル」

中枢「ドウ? 悪イ話ジャナイト思ワナイ?」

提督「舐めるな!」

提督「虜囚の身となったとはいえ、腐っても帝国軍人だ!」

提督「情報を洩らすぐらいだったら、私は自ら死を選ぶ!!」

中枢「ヘエ……」ペロッ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:35:24.45 ID:exHIlbRv0
中枢「ソウデナクテハ、面白クナイワ」

中枢「セッカク、拷問器具ヲ用意シタモノネ」

中枢「ソウ簡単ニ、口ハ割ラナイデネ?」ニタリ

提督「……!」

中枢「サア、何ガイイカシラ……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:37:43.83 ID:exHIlbRv0
提督「無駄だ! 私は何を話さん!」

提督「たとえ戦艦棲姫にぱふぱふされようが、断じて屈さんぞ!」

中枢「……フフッ!」

中枢「アハハ! 墓穴ヲ掘ッタワネ、提督!」

中枢「ソンナニソレガ嫌ナラ、オ望ミ通リ、シテアゲルワ!」

提督「なにぃ……!?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:40:16.80 ID:exHIlbRv0
中枢「行キナサイ! 戦艦棲姫!」

中枢「提督ノ顔ヲ、胸デぱふぱふスルノヨ!」

戦艦「ハッ!」

戦艦「サア、提督メ。覚悟シロ」ズイ

提督「くっ、来るな!」

提督「止めろ! 止せ!!」

戦艦「ククク、先ホドマデノ威勢ハドウシタ」

戦艦「ソウレ、ぱふぱふ、ぱふぱふ……」パフパフ

提督「ぐあああああああああっ!?」ビクンビクン
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:41:39.22 ID:exHIlbRv0
中枢「ドウ? シャベル気ニ、ナッタカシラ?」

提督「む、無駄だ!」

提督「この程度の責め苦、私には……」

戦艦「ぱふっ!」

提督「ぎいいいいいいいっ!!」ガクガク

中枢「フフフ……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:42:49.16 ID:Cp//kH/y0
あぁ、ダメだ俺なら2秒で落ちる自信がある
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:44:05.17 ID:exHIlbRv0
~十分後~

提督「はぁ、はぁ、はぁ……」ボロッ

中枢「惨メナ姿ネ、提督」

中枢「デモ、拷問ハ、コレデ終ワリジャナイワ」

中枢「マダマダ、マダマダ、続クノヨ?」

中枢「早ク話シタ方ガ、身ノタメジャナイ?」

提督「ふざけるな!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:46:03.31 ID:exHIlbRv0
提督「ぱふぱふ程度で私が陥落すると?」

提督「侮られたものだな!!」

提督「港湾棲姫のわきでサンドされたならまだしも……」

中枢「――フフッ」ニヤッ

提督「……?」

提督「……っ!?」ハッ!
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:48:16.46 ID:exHIlbRv0
中枢「新進気鋭ノ帝国軍人モ、落チタモノネ!」

中枢「コンナニ早ク、隙ヲ見セルダナンテ……!」

提督「い、いやっ、違う! 今のは!!」

中枢「行キナサイ、港湾棲姫」

中枢「貴女ノわきデ、提督ヲ責メ立テルノヨ」

港湾「ハ、ハイ」スッ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:49:35.17 ID:exHIlbRv0
港湾「ゴメンナサイ、コレモ命令、ダカラ……」

提督「や、止めるんだ、港湾棲姫!」

提督「私には分かる!」

提督「本当は、君にも優しい心が」

港湾「エイッ!」ムギュ

提督「ああああああああああっ!?」ガクンガクン
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:53:37.57 ID:exHIlbRv0
港湾「エイッ! エイッ!」ギュッ、ギュッ

提督「んおお! おおおん!」

中枢「ナンテ惨メナ姿……」フフッ

中枢「トテモ部下ニハ、見セラレナイワネ?」

提督「や、止めろ、もう止めるんだ……!」

中枢「アラ、マダ元気ネ」

中枢「港湾、両脇デ止メヲ刺シナサイ」

港湾「ハ、ハイ」ギュウッ!

提督「がああああああああっ!?!?」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:55:21.98 ID:exHIlbRv0
~十分後~

提督「はぁ……はぁ……はぁ……」ボロッ

中枢「アラ、イイ様ネ」

中枢「デモ、コレハ毎日続クノヨ?」

中枢「貴方モソロソロ、利口ニナッタラドウカシラ?」

提督「ふ、ふざ、けるな……」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:57:58.82 ID:exHIlbRv0
提督「わ、私を責め殺すつもりなら……」

提督「せめて、北方棲姫でも連れてくるがいい……」

提督「そして、私のひざにのせて……」

提督「私をパパと呼ばせるんだ……」

提督「……は、ははっ!」

提督「どうだ!? 流石の貴様も、そこまではできまい!?」

中枢「…………」

中枢「…………」ニヤッ

提督「……っ!?」ゾッ
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 20:59:31.29 ID:exHIlbRv0
中枢「来ナサイ、北方棲姫!」

中枢「ココニ来テ、コノ男ノ言ッタ通リニスルノヨ!」

提督「ば、馬鹿なっ!?」

提督「そんなこと、できるはずが……っ!」

北方「パパー」トテトテ

提督「ひいいいっ!?」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:02:07.59 ID:exHIlbRv0
北方「パパ、ドウシタ?」

北方「トッテモ、ボロボロ」

北方「ナデナデ、シテホシイ?」ヒョイ

提督「ああああああああ!」

提督「ああああああああああ!!」

提督「あああああああああああああ!!!!」ガクガク

空母「血ヲ吐イタ!?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:03:54.36 ID:exHIlbRv0
戦艦「キ、危険デス! コノママデハ……!」

中枢「続ケナサイ」

戦艦「デスガ……!」

中枢「ココデ死ヌヨウナラ、ソコマデノ男ダッタトイウコトヨ」

中枢「ダッテ、マダマダ拷問ハ続クノダモノ……」ニタァ

戦艦「……!」ゾッ
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:08:55.30 ID:exHIlbRv0
こうして、提督はあらん限りの責め苦を負いました。

鬼級、姫級はもちろんのこと――。

ヲ級を始めとする、様々な深海棲艦から、ありとあらゆる拷問を受けました。

朝は駆逐棲姫に起こされ――。

昼は離島棲姫とランチに行き――。

夜は集積地棲姫といっしょに映画を見ました――。
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:11:42.98 ID:exHIlbRv0
まるで悪夢のような、虜囚の日々。

当然、そんな暮らしが長く続くことはなく、

提督は、日に日に、痩せ細っていくのでした――。

提督「………………」グッタリ

中枢「ドウダ、提督?」

中枢「ソロソロ、話ス気ニナッタカ?」

提督「………………」

中枢「………………」

中枢「………………フン」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:14:24.17 ID:exHIlbRv0
中枢「駄目ダナ、モウ虫ノ息ダ」

中枢「人間トハ、マッタク、脆弱ナ生キ物ダナ」

中枢「シカシ、マア、結局、口ヲ割ラナカッタノハ褒メテヤロウ」

中枢「セメテモノ情ケダ、遺体ハ故郷ノ海ニ還シテヤロウ」

提督「………………」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:16:30.72 ID:exHIlbRv0
~横須賀近海~

中枢「サテ、ツイタゾ」

提督「………………」

中枢「オ前ノ海ダ。サア、行ケ」ザブン

提督「………………」プカプカ

中枢「………………」

中枢「………………フン」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:18:19.41 ID:exHIlbRv0
中枢(サラバダ、提督)

中枢(我ガ好敵手ヨ……)

中枢(イツカ、後ノ世デ)

中枢(マダ、アイマミエヨウゾ……)ザザザ……

提督「………………」プカプカ

提督「………………」プカプカ

提督「………………」プカ

提督「………………」スイーッ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:19:56.11 ID:exHIlbRv0
~執務室~

大淀「あら、提督。お帰りなさいませ」

大淀「しばらく姿が見えませんでしたが……今までどちらに?」

提督「し、深海棲艦の本拠地にいたのだ」ハァハァ

大淀「まあ!?」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:21:33.68 ID:exHIlbRv0
大淀「それはそれは、ご苦労様でした」

大淀「でも、よく生きて帰れましたね?」

提督「私自身、何度も駄目だと思った」

提督「中枢棲姫といっしょにお風呂に入った時は、三途の川が見えたほどだ」

提督「恐ろしい……まったく、恐ろしいところだった……」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:25:19.88 ID:exHIlbRv0
大淀「大変だったんですね……」

大淀「そういうことでしたら、今日はもう、お休みください」

大淀「今、布団の準備をしますので」ササッ

提督「いや、深海棲艦の拷問も恐ろしかったが」

大淀「?」

提督「ここらで、大淀の添い寝が一番怖い」

チャンチャン
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 21:28:12.21 ID:psH7wrGDO

やはりお約束は良い
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 22:34:33.26 ID:HUdcFi8vo
しっかり熱いお茶まで要求してて草
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 09:40:40.86 ID:8gzknqxA0

単に提督が深海棲艦ん家で楽しんだだけだコレ!

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

熱いお茶ってなんだ?

とあるSSの訪問者

米1
元ネタの落語、『まんじゅう怖い』のオチな。
「ここらで一杯、熱いお茶が怖い」


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク