女僧侶「回復役は回復するだけではダメなのね……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:31:34.12 ID:ciDSS8FBo
勇者「君が女僧侶か、よろしく!」

戦士「一緒に魔王を倒そうぜ!」

女魔法使い「やっと回復役が仲間になってくれたわね~」



女僧侶「はいっ、よろしくお願いします!」

女僧侶(私は神に仕える身として、回復魔法には自信がある……)

女僧侶(絶対皆さんの役に立ってみせる!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473161493
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:33:37.97 ID:ciDSS8FBo
ところが――

勇者「くっ……傷を負った……!」

女僧侶「勇者さん!」タッタッタ…

勇者「あっ、ダメだ! こっちに来るな!」

魔物「キシャァァァァァッ!」グワッ

女僧侶「きゃああああっ!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:36:01.67 ID:ciDSS8FBo
戦士「あっぶねえ……もう少しでお前、やられちまうとこだったぞ!」

女魔法使い「僧侶があんまり前に出ちゃダメよ? 防御力低いんだから」

勇者「君はパーティーの生命線なんだから、そのことをもっと自覚しよう」

女僧侶「す……すみませんでしたっ……!」

女僧侶(回復役は回復するだけではダメなのね……)

女僧侶(しっかりと装備を整えて、自分自身をも守れるようにならないと!)
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:38:34.30 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「……」ガションガション



勇者「!?」ギョッ

戦士「お、おい……なんだそのゴツイ甲冑は!?」

女魔法使い「ビックリしたぁ~」



女僧侶「もう私は、回復ができるだけの僧侶ではありません!」

女僧侶「これからは自分の身は自分で守ります!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:41:42.33 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「お、重い……」ガションガション…



戦士「おーい、遅いぜ!」

女魔法使い「このペースじゃ、次の町にたどり着く前に日が暮れちゃうわ!」

勇者「やっぱり軽装の方がいいと思うけど……」



女僧侶(うう……こんなことになるなんて……だったら!)
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:43:24.72 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「体を鍛えて、スピードを高めました!」シャシャシャッ



勇者「はやっ!」

戦士「てか、俺たちより速くね……!?」

女魔法使い「黒光りする巨大な甲冑が高速移動しているのは、なんだかシュールな光景だわ……」



女僧侶「さあ、行きましょう!」シャシャシャッ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:46:14.62 ID:ciDSS8FBo
戦士「うおおおおおっ!」キンッ ギンッ

魔族「ガアアアアアッ!」シュバッ



女僧侶(あっ、この魔族、私に背中を向けてスキだらけ!)

女僧侶(今、私が攻撃すれば、戦士さんの戦いはだいぶ有利になるはず……)

女僧侶(だけど……どうしていいのか分からない……)

女僧侶(こんな時、私にも攻撃手段があれば、もっとお役に立てるのに!)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:50:25.72 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「――というわけで、モーニングスターを装備しました!」ガション…

女僧侶「ハイスピードで動きまわりながら、モーニングスターによる波状攻撃!」ブオンブオンブオン



ドゴゴゴゴゴッ!!!



戦士「すげえ……魔物の群れが全滅……」

女魔法使い「あいつら一匹一匹がかなり手強い奴らだったのに……」

勇者「いったい僧侶はどこに向かってるんだ……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:52:28.22 ID:ciDSS8FBo
暗黒魔術師「ヒャアッ!」ズオオオ…

女僧侶「ぐっ!」バチバチッ

女僧侶「ずえぁっ!!!」ブオンッ

グシャッ!

ドチャッ…



女僧侶「いくら防御力が高くても、ダメージを受ける時はあるのね……」

女僧侶「――だったら自分自身の回復も迅速にできないと!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:55:34.25 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「そんなわけで、自己再生できるようにしました!」

女僧侶「今の私は、たとえ腕を切られても0.1秒で再生できます!」

女僧侶「試してみますか?」

勇者「いや……結構だよ……」

女僧侶「残念……」



戦士「自己再生って……」

女魔法使い「もはや人の域を通り越して、魔族に片足突っ込みつつあるわね」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:57:15.18 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「だけどまだ不完全!」

女僧侶「いくら自己再生しても、老化や寿命からは逃げられない!」

女僧侶「寿命で死んでしまったら勇者さんたちに迷惑がかかるし、体をサイボーグ化しましょう!」

女僧侶「そうと決まれば、機械のお勉強をしなくっちゃ!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:58:19.46 ID:IX7snAnMo
わろた
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:59:50.08 ID:6rSh2rroo
のちの魔王である


--------完
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 20:59:52.54 ID:ciDSS8FBo
女僧侶「これデ、私は完璧な回復役となっタ……」ウイーン

女僧侶「だけどこれで本当に完璧といえるのカ……?」

女僧侶「いえなイ!」

女僧侶「完璧なる回復役とは、体だけでなく心をも癒やす者!」

女僧侶「敵味方の区別なく、癒やしを与える者!」

女僧侶「否! この世界そのものに、癒やしをもたらす者!」ウイーン
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 21:02:11.46 ID:ciDSS8FBo
……

……

ワイワイ…… ガヤガヤ……



勇者「彼女を模した石像の前には、今日もたくさんの人が集まってるな」

戦士「ああ……世界中に癒やしを与えてくれるあいつに、みんな感謝してるんだ」

女魔法使い「もはや、この世界に争いは存在しないものね」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 21:04:39.92 ID:ciDSS8FBo
戦士「ほら、あそこ見ろよ。柄にもなく魔王が祈ってるぜ」



魔王「……」



勇者「魔王は邪悪な心の持ち主だったが、僧侶の力によってすっかり浄化されてしまったものな」

女魔法使い「本当はここで決着つけたいところだけど……」

戦士「俺らが魔族を憎む心も、同じく浄化されちまったからな……」
17: ◆rC1gJile/. 2016/09/06(火) 21:06:47.89 ID:ciDSS8FBo
勇者「さ、僕らも祈ろう」スッ…

勇者「今や神に仕える身ではなく、神そのものとなった彼女に――」










― 終 ―
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 21:14:01.00 ID:xdToU6/SO
まどかエンド
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 21:17:43.73 ID:plPLptVD0
やさしいせかい
でいいのかなこれ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク