【モバマス】美嘉「どうにかしてまともに」

1: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:46:38.82 ID:KRAN7+YI0
前作

【モバマス】未央「私はまともだから」



一応、続きです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494002798
2: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:47:31.43 ID:KRAN7+YI0
美嘉「プロデューサーのアタシへの認識を変える必要があるの」

未央「……美嘉ねー、急に呼び出すなんて私に何か用?」

美嘉「『何か用?』じゃない! 未央たちのせいで、アタシ最近プロデューサーからビッ○みたいな扱いされてるんだからね!?」

未央「それ私じゃなくてしぶりんたちのせいでしょ!?」

美嘉「アンタも共犯でしょうが!」

未央「私何もしてないのに!……ていうか、それならなんで呼んだの私だけなの?」

美嘉「凛たちはカウンセリングがあるでしょ」

未央「……そういえばそうだね」

美嘉「そんなわけだから手伝いな、未央。言っとくけど、拒否権ないからね」

未央「なんで私ばっかり……」

美嘉「まずは現状を見せるから。事務所に行くよ」

未央「現状?」
3: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:48:10.83 ID:KRAN7+YI0
―――事務所

美嘉「プロデューサー」

モバP(以下P)「どうしました、城ヶ崎さん?」

未央「敬語!?」

美嘉「あ、あのさプロデューサー……それ、いい加減にしてくれない?」

P「それ? 何のことでしょうか?」

美嘉「こ、このっ……!」

未央「お、落ち着いて美嘉ねー!」

P「城ヶ崎さん、ハッスルするのは構いませんが、くれぐれも過ちは犯さないようにしてください。……お願いですから、下着は履いてくださいね?」

美嘉「(ぶち)」

未央(あ、やばいキレた)

未央「じ、じゃあね、プロデューサー」

P「おう、じゃあな未央」
4: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:48:50.79 ID:KRAN7+YI0
―――作戦会議

美嘉「下着なら毎日履いてるけど!? むしろ履いてなかった日なんて今まで一度もなかったけど!? なんでノーパン前提で話してるの!? アタシは! 痴女じゃ! なぁ――――――――――――いっ!」

未央「お、落ち着いて! 落ち着こう、美嘉ねー!」

美嘉「ぜぇ、はぁ、ぜぇ、はぁ……」

未央「て、ていうかさ。そもそも、プロデューサーの前で履いてないとか言ったの美嘉ねーじゃ……」

美嘉「ああん!?」

未央「なんでもありませんっ!」

美嘉「とにかく、あれで分かったでしょ!? プロデューサーのアタシへの認識をどうにかしてまともにしなきゃいけないの! ○ッチから元のカリスマJKに、戻さないといけないの!」

未央(さっきの様子じゃ、もうそこまでのランクアップは望めないような……)
5: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:49:32.76 ID:KRAN7+YI0
美嘉「さあ未央、何かアイデアをひねり出して!」

未央「えぇ……普通にしてれば、いつかは誤解も解けるんじゃない?」

美嘉「その『いつか』まで、アタシはずっとビ○チを見るような目で見続けられることになるでしょ!」

未央「そ、そうかもだけど……」

卯月「話は聞かせてもらいました!」

未央「しまむー!? カウンセリングどうしたの!?」

卯月「今日の分はもう終了です。美嘉ちゃん、そういうことなら任せてください」

美嘉「う、卯月に?…………大丈夫なの?」

卯月「私を信じてください」

美嘉「……。…………。………………じゃ、じゃあお願いできる?」

卯月「はい! 島村卯月、頑張ります!」
6: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:50:17.69 ID:KRAN7+YI0
―――事務所

卯月「プロデューサーさん」

P「お、卯月、カウンセリング終わったのか」

卯月「プロデューサーさんは、美嘉ちゃんのことを誤解しています」

P「城ヶ崎さんのことを?」

卯月「美嘉ちゃんは、優しい子です。誰かが困っていたら、自分の身も顧みず助けるような。プロデューサーさんが思っているような子じゃないって、プロデューサーさんも知っているはずですよ」

P「! そ、そうだよな。俺、あいつが最近あんまりにもアレなことしかしないから、つい…………美嘉に謝らなくちゃな」

卯月「そうしてください。美嘉ちゃんはこの前だって、莉嘉ちゃんのために頑張ったんですよ?」

P「へぇ、そうなのか」



卯月「美嘉ちゃん、莉嘉ちゃんのためにノーパンになったんです」



P「どういうこと!?」

卯月「さらには、どうにかパンツを脱がそうと必死になって……!」

P「自分のパンツ脱いだ後、必死になって莉嘉のパンツ脱がそうとしたの!? 紛れもない変態じゃん!」

卯月「そ、そうじゃありません! 妹である莉嘉ちゃんを大事に思えばこそ、強引にパンツを奪おうとしたんですよっ!」

P「シスコンの変態だぁあああああああああああああああああああああああああっ!?」
7: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:50:51.50 ID:KRAN7+YI0
―――事務所

卯月「……ちょっと失敗しちゃいました?」

美嘉「ちょっとどころじゃないでしょ!? プロデューサーの認識にシスコンまで追加されちゃったじゃん!」

未央「見事にランクダウンしたね……」

卯月「わ、私にはどうやら荷が重かったようなので、助っ人を呼んできました」

美嘉「助っ人?」



みく「前川みく、ただ今参上にゃ!」



美嘉「……」

未央「……」

みく「……え、何か反応してよ」
8: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:51:22.89 ID:KRAN7+YI0
未央「みくにゃん、出口はあっちだよ」ユビサシー

みく「あ、うん、分かった―――ってなんでいきなり帰らせようとするの!?」

美嘉「……卯月、どうしてみくちゃん呼んだの?」

卯月「ちょうどその辺りに居たんです」

みく「事情は卯月チャンから聞いてるよ。そういうことならみくにお任せにゃ!」

未央「みくにゃん。正直、みくにゃんに任せて上手くいくビジョンが見えないんだけど」

みく「ストレートに失礼なこと言うね!? 大丈夫、美嘉ちゃんの株をどーんと上げてみせるから!」

美嘉「そ、そう? じゃあお願いね、みくちゃん」

未央「大丈夫かなぁ……?」

卯月「きっと大丈夫ですよ!」
9: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:52:41.65 ID:KRAN7+YI0
―――事務所

みく「PチャンPチャン」

P「みく、どうした?」

みく「美嘉チャンはシスコンじゃないにゃ」

P「……それはどうだろう?」

みく(おおぅ……美嘉チャン、もうPチャンの中では完全にシスコン認定されてるよ。どうにかして認識を変えないと……)

P「前々から姉妹仲がいいとは思ってはいたんだ……だが城ヶ崎さんの方はもはやそんなレベルではなかったらしい」

みく「ぴ、Pチャン。美嘉チャンは確かに莉嘉チャンのこと好きだけど…………あ、ほら!」



みく「美嘉チャンはみりあチャンのことも大好きなんだよ?」



P「みりあにも手を出してたの!?」
10: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:53:40.06 ID:KRAN7+YI0
みく「あ、やべーにゃ!? ぴ、Pチャン、美嘉チャンはみりあチャンに手なんて出してないから! みりあチャンの大人になりたいっていう悩みに『そのままのちっちゃいみりあちゃんでいいと思うよ』という的確なアドバイスをしてあげたくらいなんだよ?」

P「シスコンじゃなくてロリコンだった!」

みく「さらにやべーにゃ!? ち、違くて、美嘉チャンはえっと……」

みりあ「おはよー」ガチャ

P「みりあ!?」

みく「なんでこのタイミングで!?」

P「お、おいみりあ! お前、美嘉に何か変なことされてないか!?」

みりあ「変なこと? そんなこと美嘉ちゃんがするわけないよ」

みく「ナイスにゃ、みりあチャン!」

みりあ「この前だって美嘉ちゃん、美味しいお菓子たくさんくれたんだー♪」

P「あのロリコン餌付けしてやがるぅううううううううううううううう!」
11: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:54:20.92 ID:KRAN7+YI0
―――作戦会議

みく「……ちょっとミスったにゃ?」

美嘉「ちょっとじゃないでしょ前川ぁっ!」

みく「ごめんごめん!」

未央「どんどんランクダウンしてくね」

卯月「……あの、美嘉ちゃん本当にロリコンじゃないですよね?」

美嘉「なに疑念抱いてるの!? そんなわけないでしょ!」

みく「え~、本当にぃ~?」

美嘉「このネコミミって燃えるゴミでいいんだっけ?」ヒョイッ

みく「冗談にゃ!? それだけは捨てないで、美嘉チャン!」

美嘉「はぁ……まったくもう……」

みく「あ、危なかったにゃ……。美嘉チャン、安心して。失敗の埋め合わせに、助っ人を呼んできたにゃ」

美嘉「ま、また誰か呼んだの?」
12: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:55:17.35 ID:KRAN7+YI0
みく「入ってきていーよー」



奏「やっとね」ガチャ



美嘉「奏!?」

未央「おお、今度はまともな助っ人!」

みく「それどういう意味!?」

奏「美嘉、随分面白―――悲惨なことになっているみたいね」

美嘉「今面白いって言いかけたよね!?」

奏「まあ同じユニットのよしみ、仕方なく力を貸してあげるわ」

美嘉「上から目線なのがシャクに障るけど、今までのメンバーの中では一番期待できる……お願い奏! アタシの汚名を挽回して!」

奏「……え、汚名挽回でいいの?」

美嘉「もちろん!」

奏「そう……分かったわ。任せて、美嘉」

未央「汚名挽回……? あれ、何か違和感あるような……?」
13: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:55:52.23 ID:KRAN7+YI0
―――事務所

奏「プロデューサー」

P「奏、どうした?」



奏「美嘉は変態よ」



P「知ってたけど改めて断言された!」

奏「もうどうしようもないほどの変態。妹の莉嘉に深すぎる愛情を注ぐだけでは飽き足らず、小さい子なら誰でもOK。下着は当然身に着けず、むしろ下着を売りに出す―――」

美嘉「ちょお――――――――――いっ!?」ガチャ!

P「げっ、出た!?」
14: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:56:26.38 ID:KRAN7+YI0
美嘉「ちょっと奏、アンタなにデタラメ並べてるの!?」

奏「デタラメ? 私はありのままの事実を(大幅に脚色して)伝えただけよ?」

美嘉「そもそも事実無根でしょーがっ!」

P「……」ササッ

美嘉「プロデューサー、なんで無言でアタシから距離取るの!?」

奏「……く…………くくっ…………」プルプル

美嘉「笑い堪えてる!? わざとか!? 全部わざとやったね、奏!?」

奏「だ、だって、美嘉が汚名挽回しろって言ったのよ?」プルプル

美嘉「汚名挽回? それがどうしたって……」

奏「め、名誉じゃなくて、汚名を挽回したいんでしょう?」プルプル

美嘉「名誉……汚名…………間違えたぁ―――――――――――っ!?」
15: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:57:15.25 ID:KRAN7+YI0
―――作戦会議

奏「……く、くふふっ…………」バンバンッ!

美嘉「手で机叩くほど面白いの!? ていうか奏なら、うっかりアタシが言い間違えたってことぐらい分かってたでしょ!?」

奏「ええ、分かってたわよ? でも訂正したらつまらないじゃない」

美嘉「アンタ一回ぶっとばす!」

未央「お、落ち着いて美嘉ねー!」

卯月「やる気満々ですねっ!」

みく「奏チャン、からかいすぎにゃ!」
16: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:57:41.73 ID:KRAN7+YI0
奏「ふふっ……大丈夫よ、美嘉」

美嘉「何が!」

奏「プロデューサーときちんと正面から向き合って、ありのままの美嘉の言葉を伝えれば、誤解なんてすぐ解けるわ」

美嘉「!」

未央「はやみん、誤解加速させたくせに良いこと言うなぁ……」

美嘉「そ、そっか……。アタシ、正面から向き合ってなかった……。みんなに頼るんじゃなくて、アタシ自身の言葉を伝えるべきだったんだよね」

みく「そうにゃ美嘉チャン! Pチャンならきっと分かってくれるにゃ!」

卯月「そうです! プロデューサーさんは、そういう人ですよ!」

未央「頑張って、美嘉ねー! きっと上手くいくよ!」

美嘉「みんな……うん! アタシ、行ってくる!」
17: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:58:16.36 ID:KRAN7+YI0
―――事務所

美嘉「プロデューサー!」

P「ひぃっ!? ど、どうしました? え、えっと……例のあの人」

美嘉(アタシはヴォル○モートか! 相変わらず傷つく反応……でも負けない!)

美嘉「プロデューサー、ちゃんとアタシの目見て!」

P「め、目?」

美嘉「目!」ジー

P「わ、分かりましたよ……」ジー

美嘉「プロデューサー、いい?」ジー
18: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:58:56.89 ID:KRAN7+YI0


美嘉「アタシはロリコンじゃないしシスコンでもない!」



美嘉「変態じゃないし、どうしようもなくもない!」



美嘉「下着は毎日履いてるし、売ったことなんてあるわけない!」



美嘉「痴女でもなければビッ○でもない!」



美嘉「そもそも誰かと付き合ったことすらないの!」



美嘉「全部誤解! お願いだから、いい加減そのふざけた態度やめてよっ!」


19: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 01:59:46.06 ID:KRAN7+YI0
P「……」ボーゼン

美嘉「どうなの!?」

P「! あ、ああ、分かった。……悪い、俺色々と勘違いしてたみたいだ」

美嘉「……誤解、解けた? もう敬語で話したりしない?」

P「しないしない。あんな態度取って悪かった。……そうだよな、冷静に考えてみたらおかしいよな」

美嘉「や、やっと分かってもらえた……!」ウルウル

未央「おめでとう、美嘉ねー!」ガチャ

卯月「良かったですね、美嘉ちゃん!」

みく「めでたしめでたしにゃ!」

奏「ほらね、私の言った通りだったでしょう?」
20: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 02:00:53.89 ID:KRAN7+YI0
美嘉「みんな……! アタシ、ようやくまともに見てもらえ―――」



周子『ぷっ……ねぇ、今の聞いた? 美嘉ちゃん、彼氏いたことないんだってさ』



美嘉「」



フレデリカ『薄々そうじゃないかと思ってたけどねー』

志希『今のつい録音しちゃったけど、これ社内放送で流すのはどうかなー?』

周子・フレデリカ『ナイスアイデア♪』
21: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 02:01:39.77 ID:KRAN7+YI0
美嘉「ナイスじゃなぁ―――――――いっ! か、奏、あの3人止めるよ!」

奏「え、どうして? 私は止める気ないけど」

美嘉「このバ奏! もういい、アタシだけで止めてやるっ!」ガチャッ

奏「追いつけるといいわねー」

未央「はやみん、美嘉ねーに対してはドSだよね……」



『アタシはロリコンじゃないしシスコンでも―――』



未央「あ、もう流れ始めた」

みく「美嘉チャン、誤解は解けてもカリスマJKには戻れそうにないにゃ」

卯月「誤解が解けただけ良かったですね!」


 完
22: ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/06(土) 02:03:53.29 ID:KRAN7+YI0
試しにまともなメンバーだけにしたらまともな話になりました

我ながら何か物足りないので次は奴らが戻ってくることになると思います
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:49:10.49 ID:i3/rGhtB0
おつー

また奴らが来るのか……
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 03:32:23.95 ID:8sUqhkAj0
さすが処女ヶ崎パイセンはすげぇや!

次はキチ凛どもの再登場か…果たしてカウンセリングを経て何を学んでくるのか楽しみだなっ!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク