モバP「透ける眼鏡」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 18:38:54.73 ID:lkELdoHrO

加蓮「なーおー。んふー……!」ギュウッ

奈緒「おっ? なんだなんだー? 急に抱きついてきて」

加蓮「別にー? ただ、ちょっとお姉ちゃんに甘えてみてもいいかなー、って?」

奈緒「あはは! なんだそりゃ。普段はあんなに人のことからかってくるくせによー」

奈緒「でも、たまには歳上を敬って! こうして甘えてくるのもいいかもなー!」

加蓮「ふっ! 隙ありっ!」ピラッ

奈緒「きゃっ!? な、お、おい! いきなりなにするんだよ!」

加蓮「引っかかった引っかかったー♪ いやー、久々にやってみたかったんだよねー、スカートめくり♪」

奈緒「かーれーんー!」グニー

加蓮「い、いひゃいっへ。ごへんなはい……」

奈緒「ったくもー……。次やったらゲンコツだからなー」

加蓮「こわーい! じゃ、私用事あるから、ばいばーい♪」

奈緒「ほ、本当にスカートめくりに来ただけかよ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490866734
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 18:43:10.77 ID:ETRDRQaFO
めくりたい…
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 18:45:58.10 ID:lkELdoHrO
奈緒「まったく…。ん、待てよ? これはこのままフレデリカとか志希辺りに伝播しそうだな……。気をつけないと……」

P「奈緒ー、加蓮ー、居るかー?」

奈緒「ん? よう、加蓮なら今さっき出て行ったぞ」

P「ありゃ、入れ違いになっちゃったか」クイッ

奈緒「何か用だったのか?」

P「まあ、仕事のな」クイッ

奈緒「……で、さっきからアピールしてるその眼鏡はなんなんだよ?」

P「お、気付いたか。似合ってる?」クイッ

奈緒「いいや」

P「そっか……。で、まあこの眼鏡はなんと、晶葉博士謹製なんだ」クイッ

奈緒「晶葉が? 春菜じゃなくて晶葉って事はもしかして……」

奈緒「コ○ンみたいな機能が付いてたりするのか……?」

P「ああ」クイッ

奈緒「おおー……!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 18:50:52.70 ID:lkELdoHrO

奈緒「へ、へー……。あたしは別に興味ないけど、どんな機能なんだ?」

P「気になるか?」クイッ

奈緒「あ、あたしは別に興味ないけどな! でも、晶葉が作ったんだろ?」

P「ふっ、じゃあ見せてやろう。まずはここのボタンを押す」ポチッ

奈緒「おっ! 光った光った!」

P「そして対象を見つめる。とりあえず奈緒だな。じー……」

奈緒「うんうん……!」

P「じー……」

奈緒「…………!」///

P「……よし!」

奈緒「できたのか!?」

P「ああ、ばっちりだ!」クイッ

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 18:55:23.22 ID:lkELdoHrO
奈緒「で、ばっちりだとどうなるんだ!?」

P「奈緒の服が透けて下着の柄と色が分かる」

奈緒「……へ?」

P「今俺の目には奈緒が下着姿で胸を寄せているように見える」

奈緒「なに、それ……」

奈緒「……って! うわあぁあああぁぁぁぁ!? ばかっ! へんたい! この変態プロデューサー!」

P「おいおい、今更隠すなよ。俺は綿パンもいいと思うぞ」

奈緒「なっ!? う、うるさいうるさい!」

P「水色」

奈緒「う、うぅぅー……」

P「さて、電源オフ」

奈緒「も、もう透けて見えてないのか……!?」

P「ああ」

奈緒「あー…! なんだよその発明……!」

P「息抜きで作ったんだとさ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:00:14.34 ID:lkELdoHrO
ガチャッ

加蓮「あっ、プロデューサー。私の事探してたらしいね?」

P「加蓮の方から来てくれたか。凛には後から説明するつもりだから、まず先に2人に話を……」

奈緒「あっ! ちょっと! ちょっと耳かして」

P「ん? なんだ?」

奈緒「さっき加蓮にスカートめくりされてさ、その仕返しをやりたいんだよ」

P「その為にこれを使うのか?」

奈緒「ふふふ…! 受けた屈辱はどんな手を使ってでも晴らしてやるからな……」

奈緒「Pにも見られて大恥かくといいさ……!」

P「悪い顔してるなぁ……」

加蓮「ねー? 2人でなにコソコソしてるのー?」

奈緒「いや、なんでもないんだよー? なあ?」

P「お、おう」

加蓮「んー……?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:06:15.36 ID:lkELdoHrO

P「あー、加蓮。ちょっとじっとしててくれ」ポチッ

加蓮「うわっ、光った」

P「さてさて…、加蓮はー……」

奈緒(ふふふ……! 加蓮の赤らんだ表情が目に浮かぶな……!)

P「あー……。加蓮はー……」ゴニョゴニョ

奈緒「うんうん、えっ!? うん、うん……」

加蓮「ねー? 何を話してるのー?」

奈緒「ふっ! 加蓮! さっきはよくもスカート捲りしてくれたな!」

加蓮「んー? それがどうしたの?」

奈緒「ならあたしはスカートめくりなんてせずにパンツを言い当ててやるぞ!」

加蓮「へー! 当たるかなー?」

奈緒「加蓮! お前のパンツは、その……、青みがかった紫の、黒いレースがお洒落な奴だな!」

加蓮「…………」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:11:19.22 ID:lkELdoHrO
加蓮「へへー、あったりー♪」ピラッ

P「ちょっ!?」

奈緒「って、何自分でめくってるんだよ!?」

加蓮「だってそんなに言い当てられたらめくってもめくらなくても一緒でしょ?」

奈緒「一緒なわけあるか! 早く降ろせ!」

加蓮「はいはーい♪」

奈緒「まったく……」

P「……………」

奈緒「お前は見えてるんだろ? 何びっくりしてるんだよ」

P「いや、その、アレだ。女の子が自分でスカートを捲るってシチュエーションでさ……」

加蓮「プロデューサーはそういうのが好きなの? なら……」

加蓮「今度またやってあげようか……?」

奈緒「かーれーんー!!」

加蓮「うそうそ! もー、奈緒ったらー!」

奈緒「加蓮が言うと冗談かもわからないんだよー!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:24:06.31 ID:lkELdoHrO
ガチャッ

凛「……外まで響いてるけど、いったい何を騒いでるの?」

奈緒「あっ、凛! それが……!」

加蓮「プロデューサーが私達がどんなパンツ履いてるか言い当てちゃうの♪」

凛「…………っ!」///

P「そんな、カバンで隠してまで警戒しなくても」

加蓮「せっかくだから、凛もされてみる?」

凛「いいよ、私は……」

奈緒「よっしゃ! スイッチオン! 凛を見ろー!」グイー

P「痛ててて! 首を無理に動かすな!」

凛「な、何その光る眼鏡……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:38:55.93 ID:zn97fsK50

P「じー……」

凛「…………」

P「じー……」

凛「…………」

凛「…………」/// プイッ

加蓮「そっぽ向いて、観念したー?」

凛「……知らない」

P「よ、よし。見えたぞ」

奈緒「なあ! 凛は! 凛のは!」

凛「なんでそんなにノリ気なの? 奈緒は」

加蓮「からかう立場に回ってるからかな?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:51:34.41 ID:zn97fsK50
P「し、白…、だ……」

凛「っ!?」

奈緒「えっ!? いや、凛って言ったら蒼だろ!」

P「白! 今日は白なの!」

奈緒「いーや! 凛といったら蒼しかありえない!」

加蓮「納得いかないなら確認してみれば?」

奈緒「そ、そうだな! よし、凛!」

凛「えっ」

奈緒「とりゃあっ!!」バッ!

凛「ーーーーッ!?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:02:44.53 ID:zn97fsK50

奈緒「え、な……!?」

加蓮「わーお♪」

P「おお……」

奈緒「ま、マジで白じゃん! 白の綿パンじゃん!」

凛「~~~~ッ!!!」///

P「あ、だ、だから言ったろ!」

奈緒「凛! あたしは! あたしはお前なら蒼パン履いてるって信じてたのに! なのに!」

凛「……奈緒」

奈緒「えっ?」

凛「いつまで……、めくってるつもり?」

奈緒「あ、ごめん……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:10:38.49 ID:zn97fsK50
凛「ねえ、奈緒のせいでプロデューサーに見られちゃったんだけど」

奈緒「ごめんって……。あ、いやでも! あいつは晶葉の発明品であたし達が今下着姿に見えてるからな! 関係ないんじゃ……」

加蓮「ぷふっ! あは! あははははー!」

奈緒「な、なんで笑うんだよ!」

加蓮「あーもう! 可愛いなあ、奈緒は! だって……」

加蓮「そんな発明品出来るわけないじゃん! ぷっ! あはははは!!」

奈緒「……はっ?」

加蓮「この眼鏡は晶葉ちゃんが暗い所でも作業出来るようにライトをつけただけの眼鏡! しかも暇つぶしに5分で作ったやつ! ぷぷぷっ……!」

P「これは度が入ってないけど、まあヘッドライトの代わりだな」

奈緒「……へ?」

加蓮「プロデューサーが奈緒のパンツ言い当てたのも、私が奈緒のスカートめくって、それを教えただけ!」

P「加蓮のは本人から聞いてたけど、まさか見せてくるとは……」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:23:04.76 ID:zn97fsK50
奈緒「じゃ、じゃあ凛のは!? どうやって当てたんだよ!」

P「勘、かな」

凛「当てないでよ」

加蓮「もう信じちゃって大騒ぎしてる奈緒が可愛いくって可愛いくって……! くふっ!」

奈緒「う、な……」

奈緒「なんだよー…! もうー……! あたしが1人で盛り上がってただけかよー……」

凛「……で、奈緒?」

奈緒「なんだよー……」

凛「私がプロデューサーに見られちゃった責任は、どうしてくれるの?」

奈緒「あっ……」

加蓮「私も見られちゃったんだけどなー?」

奈緒「加蓮は自分から見せてただろ!」

凛「……不公平」

加蓮「だよねー?」

奈緒「ちょっ! お、おまえら……!?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:33:23.12 ID:zn97fsK50

凛「加蓮! 左腕抑えて!」ガシッ

加蓮「あいあいさー♪」ガシッ

奈緒「うわあっ!? は、放せよ! 離れろ!?」

凛「裾を持って、せーの、で行くよ?」

加蓮「おっけー♪」

奈緒「や、止めろ! 待って! 止めて!!」

P「えっと……」

奈緒「目ぇ瞑れ! ばかっ!!」

凛「ならプロデューサーが目を開けるまでめくり続けるから」

加蓮「そういうことだから、諦めてねー?」

奈緒「なっ!? 待て、待って! やるな、やるなぁあ!!」

凛「せーの……」
加蓮「せーの!」

奈緒「見るなあぁあああぁぁぁぁぁーーーっ!!」



完っ!!
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:37:27.09 ID:zn97fsK50

おまけ


晶葉「……酷い腫れようだな」

P「グーだった……」

晶葉「しかし、衣服が透ける眼鏡などそう簡単に出来るはずもないのによく信じ込んだな」

P「漫画やアニメの影響だろうな……」

晶葉「……えいっ、スイッチオン」ポチッ

P「…………」ジー…

晶葉「しかし、光る眼鏡とはなんとも意味のない発明だな。本なら部屋を明るくして読めばいい」

P「ピンクのウサギプリント……?」

晶葉「んなっ!?」///

P「えっ? ま、まさか晶葉……?」

晶葉「んー…、本当に透けていないよな……?」

P「ああ……」

晶葉「……ふっ。助手には透ける眼鏡など必要なさそうだな」

P「お褒めの言葉を頂き光栄ですよ」

晶葉「……しかし、まさか当てられるとは」///



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:24:55.22 ID:P1INtLpU0
おっつおっつ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク