モバP「楓さんの誕生日を祝いたい」

1: nanagi 2014/06/14(土) 00:10:46.28 ID:0swcBQgd0
※楓さんの誕生日を祝いたいだけの作品です

 prrrr……ガチャ

ちひろ「はい、シンデレラプロダクションでございます」

モバP「お疲れ様です、ちひろさん」

ちひろ「あっ、プロデューサーさん、お疲れ様です! どうかしましたか?」

モバP「ちょっと確認したいんですが、明日って事務所来客ありましたっけ?」

ちひろ「明日ですか……ちょっと待ってくださいね。ええと……来客予定はありませんね」

モバP「ありがとうございます。あと、お願いがあるんですが……」

ちひろ「終業後に事務所を使わせてほしい」

モバP「えっ、なんで知って……」

ちひろ「プロデューサーさんの考えはお見通しです♪」

モバP「はは、ちひろさんにはかないませんね」

ちひろ「明日は幸い……と言っていいかわかりませんが仕事も詰まってませんし、私の方で手続きしておきますね」

モバP「よろしくお願いします」ピッ

モバP「さて、プレゼントの準備をするか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402672246
2: nanagi 2014/06/14(土) 00:11:39.15 ID:0swcBQgd0
「「「楓さん、誕生日おめでとー!」」」

楓「ふふっ……ありがとうございます」

凛「これ、うちの店のお花だよ。おめでとう、楓さん」

楓「ありがとう凛ちゃん。あら、これは牡丹かしら」

凛「うん、そうだよ」

未央「花言葉は『王者の風格』や『高貴』なんだって」

卯月「『高貴』! 楓さんにぴったりだと思います!」

楓「卯月ちゃんも未央ちゃんもありがとう」

未央「いえいえ、かえねえさまのためならたとえ火の中水の中!」

卯月「もう未央ちゃんたら~」

楓「ふふっ」

ありす「次は私の番です」

楓「ありすちゃん。あなたもお祝いしてくれるの?」

ありす「もちろんです。楓さん、誕生日おめでとうございます。私たちからプレゼントです」
楓「あら、みんなの寄せ書き」

ありす「私が主導して作りました」フンスッ

楓「ふふっ、ありがとう。大切にするわね」ナデナデ

ありす「あっ、頭をなでないでください!」

「「「(ありすちゃん可愛い)」」」
3: nanagi 2014/06/14(土) 00:13:04.67 ID:0swcBQgd0
蘭子「ふふ……世紀末歌姫が生まれ落ちた日……祝福の鐘を鳴らさん……」

楓「蘭子ちゃん♪」ガバッ

蘭子「ふぇっ!?」

楓「蘭子ちゃんにお祝いしてもらえてとても嬉しい……でも、普通の言葉でも、聞きたいな?」

蘭子「あ……の……か、楓さん、お誕生日、おめでとう」

蘭子「これ、私が描いた……楓さんの絵です」

楓「ありがとう蘭子ちゃん!」ギュー

蘭子「く、苦しいですー!」

ちひろ「はいはい、プレゼントタイムはそろそろおしまいにしましょう。せっかくの料理が冷えちゃいますから」

モバP「よーし、ケーキの準備できたぞー」

楓「(ローソクの上でロース食う……ちょっと微妙かしら)」

モバP「さぁ、楓さん。一息でどうぞ」

楓「……ふぅっ」

「「「おめでとー!」」」
4: nanagi 2014/06/14(土) 00:14:35.12 ID:0swcBQgd0
楓「わぁ……! これ、飲んでみたかったんです」

志乃「そう、よかったわ」

楓「さっそく飲んでみてもいいですか?」

志乃「もちろんよ。そのために買ってきたんだから」

楓「ありがとうございます、志乃さん」

志乃「前ワインを頂いたんだもの、当然よ」

美優「あら……よかったですね、楓さん」


モバP「うーん、渡すタイミングを逃してしまった」

凛「プロデューサー? どうしたの?」

モバP「うおわっ!? ……凛か」

凛「私で悪かったね。どうせ楓さんにプレゼント渡しそびれてたんでしょ」

モバP「なぜそれを」

凛「プロデューサーはすぐ顔に出るからね。わかりやすいよ」

モバP「ぐぬぬ……」

凛「……多分、そろそろチャンスが来ると思うよ」

モバP「え?」

凛「なんでもないよ」トコトコ

モバP「……なんだったんだ?」
5: nanagi 2014/06/14(土) 00:15:47.76 ID:0swcBQgd0
モバP「結局渡せなかったな……」

楓「何を……ですか?」

モバP「そりゃもちろん、誕生日プレゼント……って、楓さん!?」

楓「凛ちゃんが、プロデューサーが待ってるって言ってたので、来ちゃいました」

モバP「(凛め……粋な事をしてくれるじゃないか)」


卯月「この料理おいしいですー!」

未央「あれ、しぶりんはどこいったのかなー?」

凛「ま、まぁまぁ。そろそろ抑えて」

志乃「そんな」

早苗「訳には」

瑞樹「いかないわよー!」

凛「ひぃ」

凛「(奈緒、加蓮……早く来て……お願い!)」
6: nanagi 2014/06/14(土) 00:17:35.24 ID:0swcBQgd0
楓「ふぅ……夜風が気持ちいいですね」

モバP「そうですね」

モバP「(ドクン……ドクン……)お、落ち着け、心臓……」

モバP「(プレゼントを渡すだけでいいんだ、落ち着け)」

モバP「(すー……はー……)か、楓さん」

楓「はい、なんでしょうか?」

モバP「誕生日、おめでとうございます」

楓「ありがとうございます。また1つ、生きた証を刻んでしまいました」

モバP「……蘭子の真似ですか?」

楓「ふふっ、内緒です」

モバP「ははっ……実は、僕からもプレゼントがあるんです」

楓「わっ、本当ですか?」

モバP「ここで嘘をつく理由はないでしょう。はい、どうぞ」

楓「ありがとうございます。……開けてもいいですか?」

モバP「もちろんです」

ガサガサ……

楓「これは……オルゴール、ですか?」

モバP「はい。鳴らしてみてください」

楓「…………」

~~~♪ ~~~♪

楓「これって……!」

モバP「そうです。『こいかぜ』です」

モバP「貴女にこれを送りたくて、準備してました。喜んでもらえたなら、なによりです」

楓「あ、ありがとうございます! プロデューサー」
7: nanagi 2014/06/14(土) 00:19:15.80 ID:0swcBQgd0
楓「…………」

楓「本当にプロデューサーは、私に新しいドキドキをくれますね」

モバP「楓さん?」

楓「昔の私だったら、ただ年をとって、日々を積み重ねていくだけだったかもしれません」

楓「でも、貴方が私に手を差し伸べてくれた」

楓「貴方にとっては、些細な事だったかもしれません」

楓「でも、私にとって、その手は、世界を変えてしまうくらいに眩しいものでした」

モバP「……僕は、ただ貴女に輝いてほしかった」

モバP「一目見た時に、確信したんです」

モバP「この人となら、トップアイドルを目指せるって」

楓「……その目標は、叶いましたか?」

モバP「まだまだ夢半ばです。ですけど、貴女となら」

モバP「絶対に、叶います!」

楓「ふふっ……なら、もっと頑張らないといけませんね」

楓「私も、プロデューサーと一緒に歩いていきたいですし」

モバP「もちろん。全力でサポートしますよ」

楓「……もっと踏み込んできてくれてもいいのに。……でも、そんなプロデューサーだから私は……」ボソッ

モバP「ん? 何か言いましたか?」

楓「ふふっ、なんでもないですよ♪」

凛「楓さーん! プロデューサー! 私だけじゃ手に負えないよ!」

楓「あらあら、凛ちゃんがピンチみたいですね」

モバP「ですね。戻りましょうか」

楓「はい。……プロデューサー」

モバP「なんでしょう?」



楓「これからも、高垣楓のプロデュース、よろしくお願いしますね♪」
8: nanagi 2014/06/14(土) 00:20:27.99 ID:0swcBQgd0
シンデレラガールズを始めた理由は、楓さんを一目見た時でした。

その楓さんの誕生日、何かしたい! という事でこの作品を書きました。

以上、とても楽しく書かせていただきました。ありがとうございます。
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 02:17:51.57 ID:11jw8jdr0
おつです
楓さんホントにかわいい
11: 名無しNIPPER 2014/06/14(土) 10:22:47.81 ID:zEjUtbdAO
乙楓さん誕生日おめ
蘭子ちゃんを標準語にする楓さん流石

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク