ぐだ男「マシュがプラモになると言って飛び出して行った」

1: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:28:19.00 ID:UNJXf/Cb0
前スレ

ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」



あらすじ
黒ひげ、メルト、メディアとプラモ作りをし始めたぐだ男
話についていけなくなったマシュはどこかに走り去っていったらしい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495211298
2: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:29:12.95 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「うん、これはいい出来じゃないかな?」

黒ひげ「ほほー……この短い間で良くぞここまで」

メルト「あんたはどこから目線なのよ」

メディア「貴方もMS少女だけじゃなくて普通に組んだらどうなの?」

黒ひげ「拙者はこれが好きなんですぅー! 文句言われる筋合いはないでござる!」

メディア「まあそうだけど……」

ぐだ男「MS少女って黒ひげの作ってる女の子とロボット合わせたようなやつだよね? 俺も作ってみたいな」

メルト「げぇ、黒ひげと同じ趣味なの?」

黒ひげ「嫌そうな目……だがそこがいい!」

メルト「……そう……」
3: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:30:34.19 ID:UNJXf/Cb0
メディア「あれは作るとなるとかなりのアレンジが必要になるわよ?」

ぐだ男「うーん……三人が教えてくれればきっと出来るよ」

メルト「……仕方ないわね!」

黒ひげ「拙者が手取り足取り教えてあげるでござるよ」

ぐだ男「うん。安心だ」

メディア「なら素体を二つくらいは用意しないと……」

黒ひげ「それなら拙者がダブらせてるやつを譲るでござるよ。早速作りますかー!」
4: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:31:07.92 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「えっと……黒ひげのを見る限りロボットの外部パーツを外してフィギュアに装備させる感じ、かな」

黒ひげ「基本はそうでござるな。一部削ったりする必要はあるでござるが……」

メルト「そこらへんは慣れでしょ。アレンジは好みが出るから」

メディア「貴方の好みのパーツを使うといいわよ」

ぐだ男「なら……まずこれかな」

黒ひげ「ははぁ、やはりそれでござるか。分かりやすいですなーこのこのー」

ぐだ男「やっぱり一番頼りになるのはこれでしょ!」

メルト「まあ……いいけど……」
5: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:31:58.05 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「腕をこのパーツに変えたいんだけどどうしたら良いんだ?」

黒ひげ「あー穴のサイズが違うなら削るのが良いですな」

メディア「最初は別のプラモとかからパーツを持ってきた方が良いわね。これを使いなさい」

メルト「脚の接続パーツを腕に持ってきたりね」

ぐだ男「そんなことしたらバランス悪くならないの?」

メルト「外側を削れば良いじゃない」

ぐだ男「そっか。削るのが基本なんだ」

黒ひげ「まー違う種類のものをくっつけるわけですからな。機械と少女のカップリングには人の手が必要なのでござる」

ぐだ男「うん……うん?」

メディア「まともに考えるだけ無駄よ」
6: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:33:12.15 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「削ると色がな……」

メルト「ドボンして塗装し直してつや消ししなさい」

ぐだ男「えっと……何?」

黒ひげ「色を落としてー、色をつけてー、馴染むようにツヤを消すんでござるよ」

メディア「一通りの用意は奥にあるわ。メルト、換気扇回して」

メルト「はいはい」

黒ひげ「塗料用意しておきますなー」
7: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:33:43.53 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「ドボンって……どこまで?」

黒ひげ「削った部分だけ。今回なら機械パーツですぞ」

メルト「人の塗りは特に難しいからオススメしないわ」

メディア「メルトは未だにねぇ……」

メルト「うるさいわよ! 私だって最初に比べれば少しは……」

黒ひげ「大声出してるとシンナー吸い込むでござるよー」

ぐだ男「シンナーってサーヴァントでも吸ったらまずいのかな……?」

メディア「さぁ? 生身の人間だと危ないでしょうけど」

黒ひげ「でもマスターも毒耐性がありますしな!」
8: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:35:18.46 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「なんとか色塗りも出来たけど……」

黒ひげ「ま、最初はこんなものでしょ」

メディア「形になっただけ上々。課題は関節部と胴体の長さかしらねぇ」

メルト「ふーん……完成はしたんだ……」

メディア「貴女も出来るようになるわよ」

メルト「当然でしょ! ……絶対に作るわよ」

黒ひげ「メルトちゃんにも拙者が教えて差し上げましょうか~?」

メルト「嫌、それは嫌」

ぐだ男「あはは……」
9: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:35:46.81 ID:UNJXf/Cb0
バァン!

マシュ「先輩! 先輩がフィギュアにハマってると聞いて私もやってみました!」

黒ひげ「おー、マシュ殿の作ったフィギュ……ア?」

メルト「駆動ロボ?」

メディア「自立殲滅装置?」

マシュ「私をモデルにしたフィギュアです! 関節可動! こだわりのディティール!」

ぐだ男「これ、マシュが作ったの!?」

マシュ「いえ……バベッジさんに手伝ってもらって……」

「「「「あー……やりそう」」」」

マシュ「何ですかその反応! バベッジさんは凄かったですよ!」
10: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:39:54.01 ID:UNJXf/Cb0
ーーーーーー

バァン!

マシュ「バベッジさん! 私をモデルにしたフィギュアを作りたいんです!!!」

バベッジ「疑問を呈する。何故そのようなものを求める」

マシュ「先輩が黒ひげさん達に唆されてフィギュアの道に進んでるんです! それなら私がフィギュアになるしかないじゃないですか!」

バベッジ「同調は示されない。しかし、貴様への協力には応じよう」

マシュ「本当ですか! ありがとうございます!」

バベッジ「構わぬ。我は機構を考案しよう」

マシュ「それを私が組み立てれば良いんですね! 任せてください!」

ーーーーーー
11: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:40:50.09 ID:UNJXf/Cb0
マシュ「そんなこんなで作られたのがこのデフォルメマシュです!」

マシュ「動くんですよ! 喋るんですよ!」

ぐだ男「凄いな……俺のじゃ全然及ばないや……」

メルト「いいえ、そんなことないわ」

黒ひげ「そうでござる。マスターのMS少女には最も大切な愛が込められているでござるよ」

マシュ「愛……? 先輩が……私以外に……?」

ぐだ男「いや……やっぱり戦ってくれる人っていうか……頼りになるのはマシュだったから」スッ

マシュ「これ……私ですか?」

ぐだ男「本人に見せるのは恥ずかしいし下手くそなんだけど……」

マシュ「いえ……その……嬉しいです!」

メディア「マスター、何作るかってなったら真っ先に盾を選ぶほどよ?」
12: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:42:22.41 ID:UNJXf/Cb0
マシュ「えへへ……その、これ! 貰っても良いですか?」

ぐだ男「え? こんなのでいいならあげるけど……」

マシュ「これだから良いんです! 代わりにこっちをあげます!」

ぐだ男「バベッジ製のマシュフィギュアか! っと! お、重いな……」

黒ひげ「生身のマスターには少々厳しかったですかな? でしたらこの黒ひげが貰い受けるでござるが?」

メルト「流石に黙っておきなさい」

黒ひげ「……はい」

ぐだ男「部屋に飾らせて貰うね」

マシュ「ぜひ!」ニコッ

マシュ「えへへ、それじゃあ私はこれで」
13: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:42:54.06 ID:UNJXf/Cb0
メディア「……愛されてるわねー」

黒ひげ「拙者も……拙者も自分だけを見てくれるメガネ後輩が欲しかったでござる……」

メルト「…………」

ぐだ男「へぇー盾を床につけてスイッチを押すと……うわ、本当にキャメロット出てきた!?」

黒ひげ「ホログラムか何かでござるか? これは凄いでござるなぁ……」

メルト「あ、ちょっと欲しいかも」

黒ひげ「下着は……ほほう……」ピラッ

メディア「流石に自重なさい」ゴッ

黒ひげ「いってぇー!! ペンチで殴ることないでしょー!!」

メルト「ギャーギャーうるさい!!」
14: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:43:38.51 ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「運び込み、手伝ってくれてありがとう」

メルト「別に。黒ひげじゃ危ないしメディアじゃ力足りないでしょ」

ぐだ男「流石メルト。頼りになるね」

メルト「そう……それじゃあ今度は私のフィギュア作ってみない?」

ぐだ男「メルトのを?」

メルト「そう。それを私が一番うまく作れたフィギュアを交換しましょ?」

ぐだ男「面白そうだね。やってみようか」

メルト「ふふっ。必ず凄いものを作ってあげるわ……」
15: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:46:56.67 ID:UNJXf/Cb0
マシュ「ふふーん……先輩の作ってくれた私……♪」

マシュ「今度また何か作ってみようかな……」

ーーーーーー

ぐだ男「ダヴィンチちゃんなにか作ってるの?」

ダヴィンチ「ああ、マシュに頼まれて1/1VRマシュをね」

ぐだ男「へー! それいいなぁ!」

ダヴィンチ「……君たちはお似合いだよ」
16: ◆eF6RWyN1IM 2017/05/20(土) 01:47:35.36 ID:UNJXf/Cb0
終わりました
html依頼出してきます
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 01:57:51.89 ID:wC1j4ztDo
乙、まさか続いた

これはあれだな、次は建築王が参戦して144/1マシュが出来るな
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 06:40:23.48 ID:z65lGXZYo
乙乙
お台場ガンダムならぬお台場マシュか

この書き手のFate SS:

ぐだ男「カルデアの日常」


ぐだ子「カルデアの日常」


アルテラ「おっぱいスライダー」


ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」


マルタ「カルデア相談室」


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク