【FGO】アルテラ「おっぱいスライダー」

1: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:19:17.17 ID:qc5762+60
エクステラのネタバレになるかも

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1489400356
2: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:20:04.31 ID:qc5762+60
ぐだ男「え?」

マシュ「どうしたんですか? アルテラさん」

アルテラ「いや、以前のマスターに言われたことを思い出しただけだ」

マシュ「先輩! なんてこと言うんですか!」

ぐだ男「待って! そんなこと言ってない!」

マシュ「アルテラさんが傷ついているんですよ! 言い逃れしても無駄です!」

アルテラ「私の胸の上を滑り降りてそんな酷いことを言われたんだ」

マシュ「先輩最低です!」

ぐだ男「本当に知らないってば!」

アルテラ「マシュ、藤丸ではない。以前のマスターに、だ」

マシュ「へ? ……し、失礼しました!」ペコリ

ぐだ男「いや、別にいいけど……でも酷いマスターだな」

アルテラ「我が虜を悪く言うな」

ぐだ男「えっ。ご、ごめんなさい。ところでなんでアルテラは突然そんなことを?」
3: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:20:55.00 ID:qc5762+60
アルテラ「……ここには私と違った体型のものが多いからな」ジー

マシュ「えっと……」ポヨーン

ぐだ男「ああ、マシュ筆頭におっきい人が多いもんね」

マシュ「やめてください……」

アルテラ「そうだ。何を食べたらこうなるんだ? 何か詰めてるのか?」ムニムニ

マシュ「やめてくださいー!」

ぐだ男「そんなに気になるなら他の人にも聞いてみたらどう? 教えてくれる人も多いと思うよ」

アルテラ「そうだな、そうしよう。では行ってくる」

マシュ「うう……酷い目に遭いました……」
4: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:21:23.78 ID:qc5762+60
アルテラ(大きいものと言えば……)

アルテラ「邪魔するぞ」

ブーディカ「あら、どうかした? おやつでも食べに来た?」バイーン

キャット「3時になったらジャック達も来るからそれまで待つワン♪」ポニョーン

アルテラ「いや、そうじゃない。聞きたいことがあってな」ストーン

ブーディカ「聞きたいこと? あっ、料理の話か!」

キャット「ならば一緒に作るとしよう! 今日はプリンだぞ♪」

アルテラ「プリン……! ああいや、そうじゃないんだ。その……」

キャット「うん?」

アルテラ「そのような体つきになるにはどんなものを食べれば良いのだ?」

ブーディカ「ん? アルテラちゃんは綺麗だと思うけど……」
5: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:21:51.80 ID:qc5762+60
アルテラ「そうではない。もっと……豊かになりたいのだ」

キャット「キャットは本体の身体そのままだからな! よくわからん!」

アルテラ「そうか……」

ブーディカ「んー……よく食べて、よく寝て、よく動く。そのくらいじゃないかな?」

アルテラ「ここのご飯は美味しいからよく食べている。運動も睡眠も十分なはずだ。何が足りないんだ……」

キャット「唐揚げでも食べるか?」

ブーディカ「牛乳ならあるよ?」

アルテラ「ありがとう、貰っていく。協力感謝する」
6: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:23:21.27 ID:qc5762+60
アルテラ「美味しいな」モッキュモッキュ

アルテラ「解決はされなかったがもっと参考になるものもいるだろう」

アルテラ「邪魔するぞ。話をしたい」ペターン

清姫「あら、どうなさいました?」プニッ

アルテラ「少し聞きたいことがあってな」

清姫「はい。なんなりとお聞きください」

アルテラ「……年齢はいくつだ」

清姫「数えで13歳。今の数え方だと12歳、でしょうか?」

アルテラ「そうか……」

清姫「ですがサーヴァントに年齢なんて関係ないでしょう?」

アルテラ「いや……そうか……12歳でそれか……」
7: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:23:59.22 ID:qc5762+60
清姫「何を落ち込んでおられるのですか?」

アルテラ「うむ……その……胸をだな……大きくしたいというかなんというか……」

清姫「どうしてそんなことを?」

アルテラ「我が虜はその方が好みだったのかと思っただけだ」

清姫「……マスターに色仕掛けでもするおつもりなんですか?」

アルテラ「色仕掛け……確かにそうなるかもしれないな」

清姫「シャァァァァアア!!!」
8: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:24:56.87 ID:qc5762+60
アルテラ「危なかった。なんであんなに怒っていたのだろう」

アルテラ「まあいい。身体のことなら医者に聞くべきだったな」

ーーーーーー

ナイチンゲール「そういうことですか。やはりブーディカさんの言う通り規則正しい生活が一番です」バイーン

アルテラ「いや……それは分かっているんだが……」ツルーン

アルテラ「それはもうやっているんだ。他に解決策はないか?」

ナイチンゲール「では切除……する分がないのでしたね……」

アルテラ「……医者は悪い文明!!!」
9: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:25:41.96 ID:qc5762+60
アルテラ「まったく……やはり私の方が医者に向いているな。私ならもっと親身になってなんでもしてやるというのに」

エリザベート「アルテラ! 話は聞いたわよ! 私もついて行ってあげても良いわ!」チマッ

アルテラ「いや、良い。参考にならなさそうだ」

エリザベート「なんでよっ! 心当たりがあるのよ!」

アルテラ「ほう? どこだ」

エリザベート「あまり会いたくはないけど……ついて来なさい!」
10: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:27:02.04 ID:qc5762+60
タマモ「はぁ……そんなことで私のところに?」ポヨッ

ネロ「くだらぬ! そなたらはそれが良いのだろうが!」ムニッ

タマモ「ええ。キャラ被りしないのでそのままの方がありがたいのですが」

アルテラ「そういうわけにはいかない。変化を教えて貰う」

エリザベート「そうよ! 見た目を簡単に変えられるならそれに越したことはないじゃない!」

ネロ「何!? 変化があれば体格を変えられるのか!? ……すまぬ。少々用事が出来た」

タマモ「待ってくださいます皇帝さん!? 貴女皇帝特権を使おうとしてますね!? 逃げないでくださいまし! あっ、ちょっと!」

ネロ「すまぬな!!!」ピュー!

タマモ「に、逃げやがりましたね……」
11: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:27:44.25 ID:qc5762+60
アルテラ「玉藻前。どうか教えてもらえないだろうか」

タマモ「そう言われましても……」

エリザベート「ず、ずるいわよ! 独占するつもりね!」

タマモ「そんな簡単に出来ないでしょう! そもそも貴女はカーミラさんになるんですから大丈夫でしょうに」

エリザベート「あ。そ、そうだったわね! やったぁ!」

アルテラ「裏切りものめ……!」

エリザベート「ふふっ、これで勝ったわね!」

アルテラ「くっ……こうなったらお前を……」

タマモ「もう! 喧嘩するなら他所でやってくださいまし。そもそもサーヴァントは体型は変わりませんのに」

アルテラ「えっ……」

エリザベート「えっ!? そうなの!? じゃあ私は変わらないじゃない!」

タマモ「あっ」

エリザベート「うわーーーん!!!」
12: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:28:13.89 ID:qc5762+60
アルテラ「そうだった。忘れていた。サーヴァントの体型は変わらないんだった……」

アルテラ「そもそも天性の肉体が……」

アルテラ「諦めるか……」ドヨーン

ぐだ男「アルテラ!」

アルテラ「ああ、どうしたんだ。マスター」

ぐだ男「いや、アルテラが落ち込んでるってタマモから聞いて……」

アルテラ「気にするな。仕方ないことだ」ドヨーン

ぐだ男「悪いものばっかりじゃないからさ。ほ、ほら! お団子、好きだったよね!」

アルテラ「これは?」
13: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:28:39.38 ID:qc5762+60
ぐだ男「キャット特性のお団子だって。これでも食べて元気出してよ!」

アルテラ「そうか……うむ。そうだな。もう諦めるとしよう」

ぐだ男「そうそう! 美味しいもの食べて忘れちゃおう!」

アルテラ「ああ。ありがとう」

ぐだ男「お礼ならタマモとキャットに……いや同じじゃん……」

アルテラ「ふふっ……」

ぐだ男「笑わなくてもいいじゃないか……」

アルテラ「すまない。昔を思い出してな」

ぐだ男「それも前のマスター? 今度その人の話も聞いてみたいな」

アルテラ「いいだろう。楽しみにしておけ」

ぐだ男「ありがとう、アルテラ」
14: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:29:22.71 ID:qc5762+60
黒ひげ「マスター!!! この前の写真が出来上がりましたぞ! いやー、拙者は男の娘でもいけるようでござるよ!」

ぐだ男「それ新宿の……! ちょ、ちょっと!」

アルテラ「新宿で女装したというやつか。どれどれ……」

アルテラ「マスター。なぜ……私より胸があるのだ」

ぐだ男「いや、これはパッドだし……」

黒ひげ「でもこれ柔らかそうでござるなー。本物みたいでござるなー」

ぐだ男「余計なこと言うな黒ひげ!」

アルテラ「男にまで……負けるのか……そうか……」

ぐだ男「ま、待って! パッド貸すから! 貸すから!」

アルテラ「ほ、本当か。な、なら許そう。さあ、早く貸してくれ」
15: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:29:48.16 ID:qc5762+60
アルテラ「うむ。気分が良いな」

アルテラ「お月見は悪い文明……だが今日は気分が良い。たまにはあの日のことを思い出すのも……楽しいな」

アルテラ「もう一度……月に行きたいな……」

ーーーーーー

アルテラ「話はマスターから聞いた。月にいけるとは本当か?」

ヒロインX「うるさい! セイバー死すべし!!!」
16: ◆eF6RWyN1IM 2017/03/13(月) 19:31:11.84 ID:qc5762+60
終わりです
html依頼出してきます

アルテラ!遠野さん家の主さんよりは大きいから気にするな!
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 20:09:18.21 ID:CdO+eOdA0
他にも小さい人いるからジャックとかナーサリーとかステンノとか!
あ、ニトクリスも最初そうかと思ったけどただ着痩せしてるだけだったな
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 20:45:14.41 ID:KuskJKWNO
乙、あのイベントは始めからオチまでひっくるめて面白かったわwww
アルテラ√はかなり完成度高いシナリオだからみんな是非ともプレイすべき
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 12:13:47.34 ID:cmmeqg3xO

アルテラの肉体美は破壊的

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク