穂乃果「パンツなくしちゃった……」海未「困りましたね」真姫「あれ、穂乃果?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 23:34:19.63 ID:lr11ABQ+
真姫「まるでプールから戻ってきたらパンツが盗まれてて困ってるみたいな顔してるけど、どうしたの?」

穂乃果「すごいね真姫ちゃん! その通りだよ! でもなんでだろう、穂乃果の中で少しだけ真姫ちゃんを信用できなくなってるんだけど!?」

海未「このままでは穂乃果は、ノーパンのまま家に帰らなければなりません。真姫、助けてくれませんか?」

真姫「ちょうどよかったわ。ちょうど西木野で開発中のアイテムがあるの。その名も『なるなるパンツくん』よ!」

穂乃果「名前だっさ!?」

真姫「このアイテムを使えば、一時間だけ対象をパンツに変身させることができるわ!」

海未「つまり、これを使えば穂乃果のパンツを手に入れることができると?」

真姫「ええ、ナイスタイミングね」

穂乃果「ナイスタイミングすぎるよ! 事がとんとん拍子に進みすぎてて、若干怖いんだけど!? なんか全てが仕組まれてた感あるよねえ!?」

海未「……穂乃果」

穂乃果「な、なに?」

海未「私は昔、穂乃果に救われました。臆病で、同年代の輪の中に入れない私を、穂乃果が手を引いて連れ出してくれたのです」

穂乃果「海未ちゃん……」

海未「だから、私は穂乃果を助けたい。親友だから、幼馴染だから。困っていれば、この身を挺してでも穂乃果を救いたいんです」

穂乃果「いや、あの……」

海未「だから、穂乃果」

穂乃果「?」

海未「私を、穂乃果のパンツにしてください!」

穂乃果「やだよ!」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 23:36:08.58 ID:lr11ABQ+
真姫「美しい友情ね。アタシ、感動したわ」

穂乃果「いやいやいや! あったかなあ!? さっきのあの言葉に、友情感じられる要素あったかなあ!?」

海未「真姫! 覚悟は決めました! 私は穂乃果のパンツになります!」

穂乃果「やめてくれる!? 当の本人差し置いて勝手になんの覚悟決めてーー」

真姫「ポチ」ウィンウィンウィンウィン

穂乃果「やめてって言ったよねえ!?」

真姫「無理よ……。こうなってしまったらもう、この機械を止めることは誰にもできないわ」

穂乃果「なにその不良品!? 最悪だね!」

ウィンウィンウィンウィン! ぺかー

穂乃果「くっ、この光は……!?」

海未「ふふふ……」

真姫「上手くやるのよ、海未」

穂乃果「不穏な会話!?」


ピカーーーーン
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 23:37:56.29 ID:lr11ABQ+
穂乃果「光が、収まった……?」

真姫「成功したようね」

穂乃果「そうだ! 海未ちゃんは!?」


海未(パンツ)「私は無事ですよ、穂乃果」

穂乃果「それ、無事って言えるのかなあ!? ていうか気持ち悪っ! 人間の声で喋るパンツ、気持ち悪っ!」

海未「存外、悪い気分ではありません。試作品も問題ないようです」

真姫「ええ、海未は最初から高い適性を持ってたから」

穂乃果「適性ってなに!? パンツへの適性って、なに!? 普通の人間が一生関わることのないであろう言葉が出てきて、穂乃果軽く混乱してるんだけど!」

海未「では穂乃果、早速履いてください」

穂乃果「いやだよ! 友人をパンツにして帰る家路ってどんな放課後!?」

海未「しかし穂乃果、このままノーパンでいるのも辛いでしょう?」

穂乃果「た、たしかにそうだけど……」

海未「なら、残された選択肢は一つでしょう!」

穂乃果「一つではないよ! 履かないでノーパンのまま帰る選択肢、わりと残されてるよ!」

海未「穂乃果、わがままを言わないでください」

穂乃果「なんか私の方が聞き分けのない感じに!? っくぅ……仕方ないなあ。海未ちゃん、履くよ?」

海未「……ククク」

穂乃果「履きづら!? 海未ちゃんの声で笑うパンツ、履きづらいよ! 怖いよ!」

海未「穂乃果、私の時間も有限じゃないんです。さっさとしてください」

穂乃果「なんで軽くキレ気味なの!? 穂乃果の方が泣きたいんだけど!」
7: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 23:41:09.47 ID:lr11ABQ+
穂乃果「じゃあ、履くよ?」

海未「ええ」

穂乃果「う、ぅう……///」するする

海未「…………」

穂乃果「ふう……。海未ちゃん、履けたよ」

海未「…………」

穂乃果「海未ちゃん?」

海未「あの、穂乃果」

穂乃果「なに?」

海未「ボディーソープ変えました?」

穂乃果「やめてくれる!? このタイミングでそういうこと言うの、やめてくれる!? なんかすっごい気分悪いんだけど!」

海未「すーーーーー、はーーーーー」

穂乃果「だからやめてって言ったよねえ!?」

海未「大丈夫、いい香りです」

穂乃果「大丈夫じゃないよ! どちらかといえば、海未ちゃんの頭が大丈夫じゃないよ!」

海未「こら穂乃果、失礼ですよ」

穂乃果「いやいや言い足りないくらいだから! 海未ちゃんの頭の残念さ、今のを30倍しても足りないレベルだから!」

海未「すぅぅぅぅぅぅぅううう、はぁぁぁあぁぁぁぁあああ」

穂乃果「もうやだああああああああああああ!!!!」



お わ り
8: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 23:41:50.06 ID:CaUpJB1b
早すぎワロタ
9: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/05(木) 00:07:19.00 ID:PB5frlFY
ツッコミキレキレ穂乃果ちゃん
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/05/05(木) 00:13:08.53 ID:MSRbnnwE
イイハナシダナー

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク