【SS】鷺沢文香が日野茜の耳をぺろぺろするだけのお話

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:29:31.07 ID:ouJxmE2Ko

文香「……ふう」パタン

文香「今日読んだお話はなかなか刺激的でしたね」

文香「特に耳を責められるシーンは特に官能的でした」

文香「それにしても耳を責められただけであんな風になってしまうのでしょうか」

文香「……気になりますね」
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:30:02.02 ID:ouJxmE2Ko

ガチャ!

茜「おはようございます!!」

文香「あっ、茜さん。おはようございます」

茜「文香さん!おや今日は一人ですか?」

文香「ええ、今日は皆さんお忙しいようです」

茜「そうですか!」

文香「……茜さんちょっとこちらに」

茜「?どうしましたか?」とてとて

文香「まあまあこちらにお座りください」ひざぽんぽん

茜「膝の上ですか!?急にどうしたのですか?」

文香「今日は少し肌寒いので茜さんに温めてもらおうか

茜「なるほどそういうことですか!!任せてください!!」

ぽすんっ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:30:28.94 ID:ouJxmE2Ko

文香「……ありがとうございます」

茜「いえいえ!お安い御用です!!」

ぎゅっ

茜「!?!?文香さんこれは?」

文香「いえ、茜さんを抱きしめるとより暖かくなっていいですね」

茜「そそそそれはよかったです!!ただ少し恥ずかしいような///」

文香「いえ、女の子同士で抱き合って身体を温めることは決して恥ずかしい行為ではないと古事記にも書いてあります」

茜「なるほど!古事記に書いてあるなら仕方ありませんね///」

文香「ところで古事記にはもっと温まる方法が書かれていることをご存じですか?」

茜「いえ!!古事記は読んだことないのでわかりません!!」

文香「では、実践してみましょうか」

茜「はい!!よろしくお願いいたします!!!」

文香「わかりました」

文香「では……」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:30:54.75 ID:ouJxmE2Ko

ぺろっ

茜「ひゃい!?」

文香「どうしたのですか?」

茜「いいいいいや急にみみみみみを!?」

文香「これが温まる方法です。日本書紀にも書いてあります」

茜「そそそうなんですか!?すいません初めての経験で!」

文香「気にすることはありませんよ。ただ危ないので動かないでくださいね」

茜「はははい///」

文香「さて、ではまずは耳の裏側から行きます」

れろっ

茜「~~!!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:31:20.88 ID:ouJxmE2Ko

文香(茜さんの髪はポニーテールで普段から耳も出ています)

文香(ですが舐めやすいように髪をかき上げます)さわっ

文香(耳の裏側、付け根あたりを耳たぶから上に向けてつぅっとなぞります)ンチュ…

茜「んっ」ぴくっ

文香(耳たぶの裏側にはフェロモンを分泌する腺かあるそうです)

文香(そこに顔を近づけて一気に匂いを嗅ぎます)すぅ

茜「ひゃぁ!」

茜「ふふふふみかさん!?」

文香(あぁ、なんと香しい匂いでしょうか)

文香(ここまで走ってきたのでしょう。髪の付け根から発散される茜さんの匂いは芳醇でクセになりそうです)

文香(このまま茜さんの髪に顔を突っ込んで発散される匂いを楽しみたいところですが、それは後でのお楽しみです)

文香(次は耳介をいただきましょう)はむっ

あむっ……ちゅぷちゅぷ…れろお

茜「あんっ!あっ、ああ///」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:31:47.32 ID:ouJxmE2Ko

文香(ふふっ、本当にいい声で啼きますね。しかしこの声が誰かに聞かれるとまずいですね)

文香「茜さん……、少し声が大きいですよ」ぼそぼそ

茜「ひゃっ!すすすいません」

文香「なるべく声を抑えないと、誰か来ちゃいますよ」ぼそぼそ

茜「――っ!それは困りますね」

文香「では…声は抑えめでお願いしますね」ぺろっ

茜「ひゃ…頑張ります///」

文香(本当にかわいいですね、茜さんは)くちゅ

文香(見つかってはマズい理由なんてないのに)れろれろ

文香(真っ赤な顔で我慢する様は本当に)かぷっ

文香(興奮します)ずぞぞぞ!

茜「~~!!」びくん
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:32:15.31 ID:ouJxmE2Ko

文香(さて、外側は堪能しました。次は――)

文香「茜さん、ちょっと横になってもらえますか?」

茜「ふぁ…、わかりましたあ……」とろん

文香「そうそう、私の膝の上に」

茜「はあい…」

文香(ふふっ、もう抵抗する気もないようですね)

文香(では、よいしょっと)すっ…

ぺろっ

茜「あっ…くぅ!」

文香(耳の内側の形にそって舌を滑らせます)

ちゅぽちゅぷ……くちゅ……れろっ

茜「はあ……はあ…ん!」くねっ

文香(わざと唾を多めに、ぬるぬるに、音が聞こえるように)

ぐちゅぐちゅ…ちゅ…じゅるっ!

茜「あああっ!!ふみっ、ふみかちゃん!」

ぱくっ……こりっ……ちゅる

茜「ああっ!ダメです…そこはだめぇ」びくびく!
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/21(水) 23:33:21.34 ID:ouJxmE2Ko

文香「ぷはっ…、はあ…はあ……」

茜「やめてぇ…お願い……」

文香「あかねちゃん……あかねちゃん!」

茜「これいじょうは……だめぇ」

文香「――っ!」ぷちん

ぐいっ!

茜「あっ…」

ぐちゅう!ぺろれろ!じゅるる!!

茜「ああーっ!!もうダメッ!ダメですぅぅ」びくん!

文香「耳だけですよっ耳しかいじってないですよ!」

茜「あっあっあ~~///」びくびくっ!

文香「耳を舐められるだけでこんなになって、びくびくしてっ!」

茜「やめてぇ…言わないでぇ…」

文香「悪い子です、茜ちゃんはわるいこです」じゅるっ

茜「――っ//ごめんなっさい、ふみっかちゃああぁ」

文香「わたしをゆうわくして、もうおしおきですあかねちゃん」

茜「も、だめっ! 私おかしくっ、なっちゃううぅ」

文香「いいですよ、さああかねちゃん、いっちゃってください」

そういうと私は茜さんの下半身に手を滑らせて―
(省略されました。全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください) 
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/22(木) 05:09:39.80 ID:B+RLDZNz0
おつ
ワッフルワッフル
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/22(木) 05:45:07.72 ID:xUWuw3GsO
ワッフルワッフル
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/29(木) 12:15:30.94 ID:cFcXLcsvO
何ワッフル必要ですか?

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク