成金「どうだ明るくなったろう」女中「まだ暗いです……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 21:52:04.710 ID:IkhR9MI+0
―料亭―

成金「ハーッハッハッハ! 今日も飲んだ飲んだ! 高級酒ばかりをな!」

成金「ほら、100円札だ! 受け取れ、女ども!」バサッ

キャーキャーッ!

部下「成金様、そろそろお時間です」

成金「うむ、そうだな」

成金「では女中君、靴を用意してもらおうか」

女中「は、はい……」
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 21:55:12.235 ID:IkhR9MI+0
女中「……」モタモタ

成金「どうしたのかね?」

女中「暗くてお靴が分からないわ」

成金「無理もない。もう夜も更けておるからな」

成金「ならば100円札を燃やして……」ボッ…

成金「どうだ明るくなったろう」メラメラ…
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 21:56:08.978 ID:fGd4O8N/r
教科書のあいつか
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 21:57:26.050 ID:IkhR9MI+0
女中「す、すみません……まだ暗くて……」

成金「なんだと!?」

成金「ならばもう一枚!」ボッ…

成金「どうだ明るくなったろう」

女中「まだ暗いです……」

成金「なんと!?」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 21:59:28.777 ID:IkhR9MI+0
成金「もう一枚!」ボッ…

女中「……」モタモタ…

成金「まだ暗いのかね?」

女中「す、すみません……」

成金(バカな……100円札を三枚も燃やして明るくないわけが……)

成金(ま、まさか……!?)
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:01:30.405 ID:IkhR9MI+0
成金「君は……目が見えないのでは!?」

女中「!」ギクッ

女中「は、はい……おっしゃる通りでございます」

成金「やはりそうだったのか……」

女中「黙っていて、ごめんなさい……」

成金「!」ドキッ

成金(この女中、よく見ると……なんと儚げで美しいのだ!)

成金(わしのタイプじゃないか!)
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:02:53.455 ID:ov6t46DPr
超展開ww
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:05:23.545 ID:FeQuWzF10
これは才能ある超展開
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:04:43.211 ID:IkhR9MI+0
女中「本当にごめんなさい……」

成金「いや、いいのだよ……気にしないでくれたまえ」





主人「てめえ! 何をチンタラやってやがる!」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:07:27.643 ID:IkhR9MI+0
主人「ったく、満足にお客の靴も揃えられねえとは! 使えねえ!」

主人「目が見えねえらしいから、同情して雇ってやったが、何の役にも立たねえじゃねえか!」バシッ

女中「あうっ!」

主人「このっ! このっ!」バシッ バシッ

女中「いたっ! いたいっ!」

成金「コラコラ、その辺にしておきなさい。100円札をあげるから」

主人「まあ……お客さんがそこまでいうなら」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:10:11.915 ID:IkhR9MI+0
部下「成金様、馬車が到着いたしました」

成金「うむ」


主人「またお越し下さいませー!」

女中「お越し下さいませ……」

主人「ったく、使えねえ!」バシッ

女中「きゃっ!」



成金「……」
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:10:49.573 ID:KhZdmAvl0
さすが100円札
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:11:13.541 ID:Cltu8VEAM
>>18
現代だと1万くらいの感覚なの?
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:18:59.214 ID:Cltu8VEAM
1次大戦特需の1920年あたりの風刺絵らしいからそのあたりは
一円5000円程度で100円は
50万ほどらしい
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:13:32.310 ID:IkhR9MI+0
翌日――

―会社―

部下「成金様、今日のご予定は――」

成金「……」

部下「成金様!」

成金「!」ハッ

成金「あ、すまんすまん……ボケーッとしていた」

部下「まったく……三度の飯より金儲けが好きなあなたが、仕事中にボーッとするなんて珍しい」
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:17:18.902 ID:IkhR9MI+0
部下「一体どうなさったのです?」

成金「実はな……わしは恋をしてしまったかもしれん」

部下「恋ィ!?」

成金「うむ」

部下「呼吸より金儲けの方が大事だと豪語するあなたが、恋ですか!?」

成金「……うむ」
31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:20:33.937 ID:IkhR9MI+0
部下「相手は……あの女中ですか?」

成金「ああ……あの儚い美しさに一目ぼれしてしまった」

成金「彼女は金でキャーキャーわめく他の女どもとは違う……」

部下「やれやれ金儲けの化身といわれたあなたでも、恋なんてシャレたものをするんですね」

部下「でしたら、今夜もう一度あの料亭に行ってみればどうです?」

成金「うむ……そうだな。そうしよう」
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:23:45.257 ID:IkhR9MI+0
夜――

―料亭―

主人「これはこれは成金様、よくいらっしゃいました」

成金「実は……昨日の目の見えない女中に会いたいのだが」

主人「ああ、あいつですか……あいつならスラム街に捨てましたよ」

成金「な、なんだと!?」
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:27:46.339 ID:IkhR9MI+0
主人「あまりに使えないんで、いい加減愛想が尽きましてねえ」

主人「退職金だといって小銭を渡して、スラム街に放り込んでやりましたよ!」

主人「あいつ、使えないけどわりと美人だから、今頃スラムの住民に……ひっひっひ!」

成金「キサマ……許さん!」

成金「100円札ビンタ!」バシッ

主人「あうっ!」

成金「釣りはいらん……とっておけ」

成金「部下よ、すぐスラム街に向かうぞ!」

部下「はっ!」
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:31:22.184 ID:IkhR9MI+0
―スラム街―

女中(ご主人様にここでなら幸せに暮らせると、追い出されてしまったけど……)

女中(ここはどこだろう……私は目が見えないから分からない……)

チンピラ「よう、ねえちゃん」

女中「なんですか、あなたは?」

チンピラ「俺と遊ばねえか?」

女中「遊ぶ……って何をするんです?」

チンピラ「決まってんだろ! こういうことさ!」ガバッ

女中「キャーッ!」
40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:35:25.745 ID:IkhR9MI+0
チンピラ「お、この女、なかなか美人じゃねえか!」

女中「やめて! 人を呼びますよ!」

チンピラ「呼んだって無駄だ! なにしろここはスラム街だからな! 俺の仲間が増えるだけだ!」

女中「そ、そんな……」

チンピラ「うへへへ……久々の女だぜえ……」ジュルリ…



成金「やめないか!!!」
41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:38:42.880 ID:IkhR9MI+0
チンピラ「なんだ、てめえは!?」

成金「わしは成金だ! その女中さんを返してもらう!」

チンピラ「誰が渡すかぁっ!」

成金「100円札紙吹雪!」バサッ

チンピラ「わっ! 100円札が俺の視界を塞いだ!」



部下「さあ、今のうちにこちらへ」

女中「は、はいっ!」
44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:41:32.541 ID:IkhR9MI+0
―喫茶店―

成金「どうだ逃げられただろう」

女中「昨日に引き続き、助けていただいてありがとうございます」

成金「いやいや……気にしないでくれたまえ」

成金「しかし、君の主人もひどい奴だね。目が見えない君をあんなところに送り込むなんて」

女中「いえ……私が悪いんです。私、あそこに雇ってもらったのに、なんの役にも立たなかったから……」

成金「……」
47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:44:31.913 ID:IkhR9MI+0
成金「君はどうして目が見えないんだい?」

女中「子供の頃、事故で目をケガしてしまって……」

女中「その後、どんどん視力が落ちていき、ついに失明してしまったんです」

女中「それで……家族からも厄介者扱いされて……都に出てきたんですが……」

成金「そういうことだったのか」

成金「……だったら!」

成金「わしが君の目を治してあげよう!」

女中「え!?」

成金「国中の医者をあたれば、きっと君の目を治療できる医者がいるはずだ」
48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:47:43.149 ID:IkhR9MI+0
女中「でも私、お金が……」

成金「なに気にしないでくれたまえ」

成金「わしは金だけはたっぷり持っているからね」

部下「あと下心もですね」

成金「余計なお世話だ!」

女中「……くすっ」

成金「と、とにかく……部下よ、腕のいい眼医者を探してまいれ!」

部下「かしこまりました!」
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:50:57.942 ID:IkhR9MI+0
数日後――

―豪邸―

部下「成金様、腕のいい医者を何人か見つけました」

成金「よくやった」

成金「ではさっそく、君の眼を診せにいこう」

女中「よろしくお願いします……」
52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:53:47.120 ID:IkhR9MI+0
―病院―

眼医者「ふむふむ……幼少の頃、事故で弱視になり、失明、と……」

女中「……」

成金「……いかがでしょう?」

眼医者「……」スッ

成金(ポケットから何かを取り出そうとしてる!? まさかいきなり手術か!?)
53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:55:18.535 ID:IkhR9MI+0
眼医者「……」サッ

成金「それは……匙!?」

眼医者「……」ポイッ

成金「こいつ匙投げやがった!」
55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:57:56.374 ID:ykGKAiiJ0
>>53
匙投げる草
56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:59:12.955 ID:IkhR9MI+0
その後も――


医者A「これは……私では治せませんな。申し訳ありません」

成金「うむむ……」


医者B「視力低下を食い止めるならまだしも、失明を治すとなると……厳しいねえ」

部下「ダメですか……」


医者C「よろしければ、ティンベーとローチンの道場を紹介しますが」

女中「遠慮させていただきます」
59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:03:18.515 ID:IkhR9MI+0
―会社―

成金「くそっ……世の中ヤブ医者ばかりか!」

成金「あの娘の目に明るさを取り戻させられる医者はいないのか……!」

部下「……成金様」

成金「なんだね?」

部下「一人……可能性のある医者を見つけました」

成金「本当か!?」

部下「ただし、その医者はいわゆる闇医者でして、非常に高額な治療費を要求すると聞きます」

成金「この際なんだっていい! 診てもらおうではないか!」
63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:06:34.659 ID:IkhR9MI+0
―診療所―

闇医者「……」

成金「いかがでしたか?」

闇医者「私なら治せますよ、100%ね」

成金「おおっ、本当ですか!」

闇医者「ただし……治療費は一千万円いただきましょうか」

成金「一千万!?」

成金(今の時代の貨幣価値だととんでもない高額だ!)

闇医者「どうします?」

成金「……」
69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:10:53.437 ID:IkhR9MI+0
部下「成金様、一千万円といえばあなたの全財産とほぼ同額……」

部下「たかが女性一人を救うのには大きすぎる額です」

部下「やめておいた方がよろしいかと……」

成金「……バカモノ!」

成金「成金の使命とはなんだ? 金を稼ぐことか? 裕福さを見せびらかすことか? ――違う!」

成金「人々に明るさをもたらすことだ!」

成金「惚れた女に明るさをもたらせずして、なにが成金か!」

部下「やれやれ……なんと愚かな。しかし、今のあなたは今までで一番輝いてますよ」

成金「苦労をかけるな、部下よ」

成金「払おうじゃないか、一千万円!」ドサッ

闇医者「ではさっそく手術を始めましょう。女中を連れて来て下さい」
74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:13:34.045 ID:IkhR9MI+0
手術中……



部下「よかったですね、これでやっとあの娘に視力が戻ります」

成金「ああ、あの娘のためなら全財産投げ打っても惜しくはない」

部下「つまり、ようやく成金様のお姿を見ることができるわけです」

成金「うむ……」

成金「!」ハッ
79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:16:40.531 ID:IkhR9MI+0
成金(そ、そうだ……)

成金(あの子の目を治してしまうと、わしの正体がバレてしまう!)

成金(きっとあの女中の中では、わしはイケメンダンディ足長おじさんかなんかになってるだろうが)

成金(実際のわしは一文無しの肥満中年親父……)

成金(確実に幻滅されてしまう!)

成金「い、いやだ……幻滅されたくない!」

部下「成金様!?」

成金「いやだぁぁぁぁぁっ!!!」タタタタタッ
81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:19:31.491 ID:IkhR9MI+0
―スラム街―

成金「今日からここに暮らすことにしました。よろしくお願いします」

チンピラ「久々の新入りだな」

チンピラ「いいか、この街では腕力と狡さがルールだ!」

チンピラ「金を稼ぐ方法は、スリ、空き巣、カツアゲ、かっぱらい、強盗、殺しももちろんアリ!」

チンピラ「三ヶ月間は試用期間だから、俺が面倒見てやるが、その後は自力で頑張れよ」

成金「はい」
82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:21:15.742 ID:IkhR9MI+0
チンピラ「ところでおめえ、どこかで俺と会ってねえか?」

成金「気のせいでしょう」

チンピラ「ふうん、まあいいや。じゃあなんでスラム街にやってきたんだ?」

成金「実は……」
85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:25:36.475 ID:IkhR9MI+0
成金「……というわけなのです」

チンピラ「……」

チンピラ「バカヤロウ!!!」

バキッ!

成金「ぶげっ!?」
86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:28:42.306 ID:IkhR9MI+0
チンピラ「自分の姿を見られて幻滅されるのが怖いから、女から逃げただぁ!?」

チンピラ「てめえはなんにも分かっちゃいねえ!」

チンピラ「目が見えるようになった女が一番見てえのは、自分を助けた男のツラに決まってんだろ!」

チンピラ「それを見せずに逃げてくるなんて、ヤリ捨てと変わらねえ!」

成金「し、しかし……わしは足長くないし……金もないし……」

チンピラ「愛の前には容姿も財力も関係ねえんだよ!」

チンピラ「それに“自分を幻滅するかも”って考えること自体、相手の女への侮辱じゃねえか!」

チンピラ「そうだろう?」

成金「ううっ……」
90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:32:02.402 ID:IkhR9MI+0
チンピラ「……行けよ」

成金「!」

チンピラ「おめえにスラム街で生きる資格はねえ! とっとと行っちまいな!」

成金「……ありがとう」





チンピラ「へっ、幸せになれよ……おっさん」
94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:35:43.075 ID:IkhR9MI+0
成金「ハァ……ハァ……」タッタッタ…

成金(もうそろそろ病院だが……やっぱり行くの怖い……)

成金「!」ビクッ


女中「……」


成金(もう外に出ていたのか……声を出したらわしとバレるから、素通りしちゃおう)スタスタ


女中「――あなたなんでしょう?」


成金「!?」ギョッ
96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:38:30.458 ID:IkhR9MI+0
女中「私を三度にわたって助けてくれたのは……」

成金「……な、なんで? なんで分かった? 部下からわしのことを聞いたのか?」

女中「いいえ……」

女中「その黒い背広、白いヒゲ、薄い頭髪、脂ぎった顔、細い目、だらしない肥満体……全てが私の想像通り……」

女中「あなたは……私の理想の男性そのものなのです!」

成金「なんとマニアックな……いや、そうだとしても、わしはもう一文無し……」

女中「かまいません! あなたと二人でなら、どんな茨の道も怖くありません!」

女中「愛してます!」ギュッ

成金「おおっ!」ギュッ
97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:41:29.686 ID:IkhR9MI+0
成金「ならば、手術を終えた君に、わしからも言わせてもらおう!」

成金「どうだ明るくなったろう」

女中「はいっ!」


部下「成金様、おめでとうございます……」

闇医者「……これをあの二人に渡してやって下さい」ドサッ

部下「こ、これは……!? 成金様があなたに払った――」

闇医者「ご祝儀です」ニコッ

闇医者「あんな明るい二人から、闇医者が金をもらうわけにはいきませんからね」







―おわり―
99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:42:26.245 ID:FFaa4EjXr
どうだ、二人の未来も明るくなっただろう
100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:43:59.801 ID:8maIhE9JK
>>97

上手くオチをつけたなwww
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/30(月) 22:11:26.113 ID:jTCzl9lJ0
昔のあの絵だけでここまで膨らませるとは

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

黒いジャックと星さんか。
ホクホク


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク