電「司令官は仕事ができない」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:06:03.38 ID:znVoDOl10
電「って大淀さんが言っていたのです!」!かすんぷ

提督「申し訳ない……」なでなで

電「昔はきちんと出来ていたのに、謎なのです」ぶんぶん

提督「ホント、不思議だよな。いつもと変わらず、毎日同じ様にやっているのに効率が落ちたみたいなんだよ」コイビトツナギー

電「う~ん、分からないのです……。とりあえず今日もお仕事始めるのですよ、司令官」ぎゅっ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488063963
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:06:42.97 ID:znVoDOl10
提督「了解。はい、電はいつもの定位置に」

電「ありがとう、司令官」ぽふん

提督「私はその正面に」ぼふん

提督・電『今日も一日よろしくお願いします』ペコリ

電「ふふっ」

提督「どうしたんだい?電」

電「昔はよくこうしてお辞儀した時に、頭をごっつんこさせてたのを思い出したのです」ほっこり

提督「ああ、そういえばそうだったね。いやあ、電は石頭だったなぁ……」

電「そんなことないのです。司令官の方が頭が固かったのです!」ぷんぷん

提督「……なら比べてみる?」

電「望むところなのです!」

提督「じゃあ……」こつん

電「はわわっ!」

提督「電に痛い思いをさせたくないからね。こうして額を合わせて……どうかな?」

電「//////」ぷしゅー

電「///……のです」

提督「え?」

電「分からない、のです……」

提督「私は分かったぞ」

電「え?」

提督「電はとってもかわいいってことがな」

電「はわわわぁ~~///」

提督「すぐに真っ赤になるところも可愛いよ」

電「司令官はいじわるなのです!電はおこなのです!そうやってすぐにからかうのです!」ぽかぽか

提督「あいたたた……。からかってなんかないって。本心から可愛いと思ったんだよ!」

電「はう~~///は、はずかしいよぅ……///」

提督「……ねえ、電」

電「な、なんなのです?」

提督「ちょっと、ぎゅってしていい?」

電「~~~~~!!だから司令官は!!」

提督「だめ?」

電「うにゅぅぅ~~」

提督「お願い」

電「…………お仕事終わったらいいのです……///」

提督「よっしゃあ!じゃあ急いで片付けよう!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:07:16.08 ID:znVoDOl10
電「じ、じゃあ、始めるのです」ぎゅっ

提督「ああ!」ぎゅっ

提督「えっとまずはこの資料を……あ、サインが必要なのか……」

電「はい、ペンなのです」

提督「ありがとう、それじゃ、いくよ」

電「はいなのです」

電「むむむ……」

提督「大丈夫?もっとゆっくり書こうか?」

電「だ、大丈夫……なのです……。最近は……こうして……反対から書くのも……なれて……あっ!」

提督「平気平気、少しはみ出しただけだから、私のサインだってわかるよ」

電「ご、ごめんなさいなのです……。次こそは!」ふんすっ

提督「はい、じゃあペン一緒に持って」

電「はいなのです。電は準備万端なのです!」

提督「確実に……ゆっくり~」

電「むむむなのです~」

提督「できた!」

電「一文字目完成なのです!次、二文字目行くのです!」

提督「よ~し、頑張るぞぉ!」

電「はいっ…………ってこれが遅くなった原因なのです!」

提督「えっ……そうか!そうだったのか!……電と触れ合いたいばかりに……こんなところに影響が出ていたなんて……」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:08:22.17 ID:znVoDOl10
電「電が悪いのです……。司令官ともっともっと一緒にって思ってたらから……」

提督「いいや、悪いのは私だ!電はなにも悪くないよ。私の責任だ!」

電「電が悪いのです!」

提督「私が悪いんだ!」

電「違うのです。秘書官である電がもっと早くにこの事を気づいていればこんなことにはならなかったのです……」

提督「いや、私の責任だ。上司である私がもっと自制しなければいけなかったのだ」

電「電のせいなのです!」

提督「私だ!」

電「む~~、司令官の分からず屋!」

提督「電の意地っ張り!」

電「司令官なんて知らないのですっ」ふんっ

提督「電が頑固すぎるんだ!」ぷいっ

電「……………」

提督「………………」

電「……………」

提督「………………」

電「……っひくっ」

提督「……ぐっ……むぅ…」

電「や、やっぱり……」

提督「すまない!電!私が悪かった!」ガバッ

電「こめんなさいなのです司令官!電はもう……電はもう……」クルリ

提督「ああ、私も耐えられなかった!電の顔を12秒も見ずにいるだなんて……とっても辛かった……」ギュッ

電「司令官!電もなのです!司令官と18秒も触れずにいるだなんて……人生が終わったのかと思ったのです!」ムギュッ

提督「そんな罪を私は……」

電「電はとっても悪い子なのです!」ポカポカ

提督「電、許してくれ……」

電「許して欲しいのは電の方なのです、司令官」

提督「許すもなにも、電は何も悪くない!」

電「司令官だって悪くないのです!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:08:55.21 ID:znVoDOl10
提督「ああ、電はとっても優しいんだな……」

電「司令官もとっても優しいのです。電を気遣ってくれて……」

提督「電」だきっ

電「司令官」だきっ

提督「電!」

電「司令官!」

提督「ああ、私は今どれほど嬉しいか……」

電「電はとってもとっても幸せなのです」

提督「…………」

電「…………」

提督「…………電」

電「…………司令官」

提督「……はっ!危ない!思わずキスをしてしまいそうに……!」

電「はわわっ。司令官があまりに素敵だったので勢いに流されてしまいそうだったのです!」

提督「そう、結婚するまでは駄目だ!」

電「キスなんてしたら赤ちゃんができてしまうのです!」

提督「電の赤ちゃんならきっと可愛いんだろうなぁ……」

電「そんな///ま、まだダメなのです!ほら、早く仕事するのです!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:09:24.68 ID:znVoDOl10
提督「ああ、そう、そうだな。よし、じゃあ……方法を変えよう」

電「どうするのです?」

提督「電が書きやすいように……。電、私の膝の上に乗るんだ」

電「はいなのです」ちょこん

提督「これなら一緒に書くとき電は逆にならないから書きやすい、つまり効率も良くなるはずなんだ」

電「…………」

提督「どうしたんだ?電」

電「ううん、なんでもないのです。さあ、やるのですよ、司令官」

提督「よぉーし……まずはこれにサインを……」

電「ささっとなのです!」

提督「早い!これなら作業効率も上がって……そして……私は電の温もりを感じて居られる!ずっと抱きしめていられる!素晴らしい体勢だ。もっと早くにするべきだったか」

電「…………」

提督「さあ、次に行こう」

電「はい……なのです」

提督「これもサイン、これも……」

電「…………」かきかき

提督「よし、これなら予定よりだいぶ早く終わりそうだ。そしたら電ともっと……」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:09:54.72 ID:znVoDOl10
電「……ぐすっ」

提督「ど、どうしたんだ、電?」

電「な、何でもないのです」ウルウル

提督「そんな……電は今泣いているじゃないか……!それがなんでもないわけ……!」

電「こ、これは……電がわがままなだけなのです。だから……だから……」

提督「世界で一番愛している女性が、泣いている。それはどんな事を投げ捨ててでも解決すべき問題なんだ!だから……言っておくれ、電」グイッ

電「…………られないのです」

提督「え?」

電「司令官のお顔が、見られないのです」

提督「しまったぁぁぁぁぁ!!そうか、私から電を見ることはできる。しかし電からは……」

電「はい、司令官が見られないのです……。で、でもこれは……電のわがままなのです。お仕事をする司令官のために、電は我慢すべきなのです……」

提督「すまない電。私は……自分の事ばかりで……仕事の効率ばかり考えて、君の事を考えていなかった……!なんて愚かなんだ!」

電「ち、違うのです!電がいけないのです!司令官は、みんなの司令官でもあるので、お仕事の時には……電が……ひくっ……がまん……ぐすっ……」

提督「電……。これは、言ってしまっては提督失格なのかもしれない。しかし、私はあえて言おう」

提督「この世界全てよりも、私にとっては電の方が大事なんだ」

電「司令官……」

提督「だから、少しくらい時間がかかっても仕方ない。元に戻そう。いや、違うな。私はもっと電の為に尽くすよ。それが自分の事しか考えてなかった私から電への罪滅ぼしだ」

電「ああ……、電はいけない子なのです……。今、電は、電はすっごく笑顔なのです。嬉しいのです!」

提督「電!」だきっ

電「司令官!」がしぃっ

提督「電!!」ぎゅぅっ

電「司令官!!」ぎゅむぎゅむっ

提督「電!!!」ぎゅぅぅっ








大淀「………………なにこの茶番」だばー
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:11:57.98 ID:znVoDOl10
次回、バカップルが鎮守府全体を覆い尽くす!この鎮守府は百合の海に沈んでしまうのか!?(続きません)

以上、勢いで書いたSSでした
読んで下さりまことにありがとうございました
それでは皆様よい駆逐ライフを~
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 08:52:07.22 ID:rqpbnXUwo
よいぞ
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 16:12:59.10 ID:zPHVgkZd0
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

電さんや、提督をサポートじゃなくて駄目にしてど〜する?


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク