喪黒福造「このラケットで卓球すれば女性にキャーキャーいわれることができます」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:25:58.442 ID:SgSasLgQ0
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私の取り扱う品物は心……人間のココロでございます」


喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり」

喪黒「そんな皆さんの心のスキマをお埋めいたします」

喪黒「いいえ、お金は一銭も頂きません」

喪黒「お客様が満足されたら、それがなによりの報酬でございます」

喪黒「さて、今日のお客様は……」


≪卓野 九太(24) 会社員≫



― 卓球色男 ―

オーッホッホッホッホ……
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:28:43.758 ID:SgSasLgQ0
―会社―

九太「ふぅ~、今日はなんとか早く帰れそうだな」

九太(帰りに久々に卓球やるぞぉ~!)


同僚「で、今のJリーグの見どころはなんといっても……」

同僚女「ホント、あなたってスポーツに詳しいわね!」

キャーキャーッ!


九太「……」
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:31:05.009 ID:SgSasLgQ0
―卓球場―

カコッ カッ パシッ カコッ パシーンッ

九太「……ふぅ~、いい汗かいた」フキフキ…

中年女「卓野さん、ちょっとよろしい?」

九太「なんですか?」

中年女「こちらの方、卓球初心者らしくて……コーチしてもらってもいいかしら?」

喪黒「ホッホッホ……」

九太「かまいませんよ!」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:32:48.970 ID:90Gf8OkUM
雰囲気出てるな
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:34:11.464 ID:SgSasLgQ0
喪黒「初めまして。わたくし、喪黒福造と申します」

九太「喪黒さんね……どうもよろしくお願いします」

九太「じゃあ、軽くボールを打ち合いましょうか」コツッ

喪黒「ホッ」コツッ

九太「おお、なかなかお上手ですね」カコッ

喪黒「ホッホッ」カコッ

コッ カコッ カコッ コッ カコッ カッ カコッ…
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:37:43.356 ID:SgSasLgQ0
九太「いやー喪黒さん、なかなかスジがいいですよ。フォームは独特ですけど」

喪黒「ありがとうございます」

喪黒「卓野さんこそ、スマッシュがお上手で。全く取れませんでしたよ」

九太「ボクの卓球はガンガン攻めるスタイルですから!」

九太「卓球台に張り付いて、少しでも甘い球が来たらスマッシュ! ……ってなもんです!」

喪黒「さすがですなぁ~」

喪黒「ということは、普段の生活……たとえば恋愛などもガンガン攻めるタイプでいらっしゃるのでは?」

九太「いやぁ~全然そんなことないんですよね」

九太「奥手もいいところで……今までに彼女ができたことすらないんです」

喪黒「それはもったいない。卓野さんほどのお方なら、ステキな彼女ができるでしょうに」

喪黒「どなたか職場に気になってる方などはいらっしゃらないんですか」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:40:50.599 ID:SgSasLgQ0
九太「実は……いるんです」

九太「ボクと同期の星野球美さんって人が、本当にかわいくて……ボクのタイプなんです」

九太「――で、実は今度同期で、あるスポーツ施設に遊びに行くことになってまして……」

九太「そこでは卓球もできるらしいんですが……」

喪黒「ほぉ、それはまたとないチャンスですな」

喪黒「そこで、卓野さんが卓球で大活躍すれば、球美さんのココロもイチコロですよぉ~」

九太「や、やっぱりそうですかね!?」

九太「遊びでの卓球ですし、全力でやるのはどうかなって気持ちもあったんですが」

九太「ボクの本気ってやつを見せてやりますよ!」

喪黒「ホォ~ッホッホ……成功をお祈りしております」
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:43:35.732 ID:SgSasLgQ0
―スポーツ施設―

同僚「ここはバスケやフットサル、バドミントン、卓球と……色んなスポーツを楽しめる場所なんだ!」

同僚「さ、みんなで汗流して、仕事への英気を養おう!」

同僚女「あたし運動ダメだから、手取り足取り教えてねぇ~」

球美「みんなでスポーツなんて初めてだし……楽しみだね、卓野君!」

九太「う、うん……!」

九太(よぉ~し、みんなの前……特に球美ちゃんの前でいいとこ見せてやるぞぉっ!)
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:47:20.198 ID:SgSasLgQ0
同僚「ダァーンク!」ドカッ

九太「ぐっ……!」

キャーキャーッ!

同僚女「キャ~、すっご~い!」

球美「すっごいジャンプ力! まるで鳥みたい!」





同僚「よっ、ほっ、よっ」ポスッポスッポスッ

九太「わわっ!」ポロッ…

キャーキャーッ!

同僚女「リフティングを50回以上続けてるわぁ~!」

球美「スポーツ万能なんだね!」



九太(くそっ、ここまで全然いいとこがない……)

同僚「うっし、次は卓球やろう! 卓野は経験者だったよな? 勝負しようぜ!」

九太「いいよ……勝負しよう!」
38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:50:26.281 ID:SgSasLgQ0
パシーンッ パシッ カコッ バシーンッ バチンッ


≪11-0≫ ≪11-0≫ ≪11-0≫


九太(手加減一切なし……スポーツ万能のあいつを完封してやったぞ!)

九太「みんな、どうだった!? すごいだろう!?」クルッ


シーン……


同僚女「まあ、すごい、かな……。ね、ねえ、球美?」

球美「う、うん……」

同僚「ったく、場を白けさせやがって……空気読めよ……」


九太(どうして……!? どうしてこうなったんだ……!?)
41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:53:37.007 ID:SgSasLgQ0
九太「ハァ……」トボトボ…

喪黒「おや、卓野さん。こんなところで会うとは奇遇ですなぁ」

九太「喪黒さん!」

喪黒「今日はたしか、同期の方々とスポーツをされる日でしたよね?」

喪黒「いかがでしたか? 目当ての女性にキャーキャーいわれましたか?」

九太「そ、それが……」
44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:57:44.531 ID:SgSasLgQ0
―BAR魔の巣―

九太「――ったく、ふざけんなってんですよ!」グビッ

九太「バスケやサッカーの時は、みんなキャーキャーいってたのに」

九太「なんで卓球の時だけ……!」

九太「球美ちゃんに好かれるどころか、みんなに引かれちゃいましたよ!」

喪黒「オリンピックなどでの人気選手の活躍で、卓球のイメージはだいぶ向上しましたが」

喪黒「まだまだ、暗いスポーツ、地味なスポーツ、という偏見を持っている方は多いですからなぁ~」

九太「そうなんですよ!」

九太「普段だってみんな、野球やサッカーの話には食いつくが、卓球の話なんかしやしない!」

九太「あ~あ……卓球をやって女性からキャーキャーいわれてみたい……」

喪黒「でしたら、私がご協力いたしましょうか」

九太「へ?」

喪黒「改めて自己紹介いたしましょう。実は私、こういう者です」スッ

九太「ココロのスキマ……お埋めします……?」
47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:00:43.434 ID:SgSasLgQ0
喪黒「卓野さん、これは私からのプレゼントです」スッ

九太「なんですか、このラケット……?」

喪黒「これはプレイする人の魅力を何倍にも引き上げるラケットです」

喪黒「つまり、このラケットで卓球すれば女性にキャーキャーいわれることができます」

喪黒「卓野さん、もう一度同期の方たちと卓球をして下さい」

喪黒「そうすれば、あなたは必ずモテモテになるでしょう」

九太「ホ、ホントですか!?」

喪黒「ただし、ご忠告しておきます」ズイッ

喪黒「このラケットを使うのは、卓球をする時だけ、にして下さい」

九太「わ、分かりました……」


マスター「……」キュッキュッ
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:05:11.595 ID:SgSasLgQ0
―会社―

九太「――頼む!」

九太「こないだは白けさせちゃったからさ、もう一度みんなで卓球しないか!?」

同僚「えぇ~? でもなぁ……」

同僚女「うん……卓野君に本気出されたらこっちがつまらないし……」

球美「いいんじゃない? もう一度みんなで集まるってのも!」

同僚「まぁ……球美ちゃんがそういうなら……」

九太「ありがとう!」
53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:08:27.002 ID:SgSasLgQ0
―スポーツ施設―

九太(よし、喪黒さんからもらったラケットを使うぞ……!)ゴソゴソ…

同僚「んじゃ、さっそく始めようぜ!」

同僚「卓野、こないだみたいにみんなを引かせてくれるなよぉ~?」

九太(全力で……勝つ!)

九太「サッ!」

バシィッ!

同僚「また本気かよ……! サーブに変な回転かけやがって……!」


キャーキャーッ!


同僚「え!?」
55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:11:46.465 ID:SgSasLgQ0
九太「えいっ!」スバッ

九太「どりゃあ!」パシィッ

九太「てやっ!」バシッ

同僚「ぐっ……!」

同僚(こないだよりコテンパンにされてるのに……なんでだろう)

同僚(全然悪い気がしない……不思議な気分だ)
59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:15:17.825 ID:SgSasLgQ0
同僚女「卓野君、かっこいいー!」

球美「ステキ……」ポッ…


九太「よーっし、今度はボクのバックハンドドライブを見せてあげるよ!」キュッ…

ズバァッ!


キャーキャーッ!


九太(ああ……なんていい気分なんだ……! 最高だ……!)
66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:20:19.524 ID:SgSasLgQ0
―BAR魔の巣―

マスター「……」キュッキュッ


九太「いやぁ~、最高に気持ちよかったです! ありがとうございました!」

喪黒「ホッホッホ、喜んでいただけてなによりです」

九太「なにもかも、このラケットのおかげですよ!」クルクルッ

喪黒「ですが、もう一度念を押させていただきます」ズイッ

喪黒「くれぐれも卓球する時以外、あのラケットは使わないで下さいねぇ~」

九太「は、はい……」
69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:24:04.511 ID:SgSasLgQ0
―会社―

同僚「クレームの電話を収めてきたよ」

同僚女「どうもありがとう~! あの人、本当にしつこくて……」

球美「相手をなだめるのが上手なんだね!」

同僚「ああいう人の対応は、一通り言いたいこと言わせるのがコツなのさ」

キャーキャーッ!



九太「……」

九太(たしかにこないだのボクは、女性からキャーキャーいわれたけど……)
71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:28:45.271 ID:SgSasLgQ0
九太(ひとたび卓球台から離れて日常に戻れば、ボクはしがないサラリーマン……)

九太(仕事ぶりも、会話の面白さも、要領の良さも、あいつにはとてもかなわない……)

九太(だけど……今のボクには……)

九太(今のボクにはこのラケットが――)チラッ


喪黒『くれぐれも卓球する時以外、あのラケットは使わないで下さいねぇ~』


九太(もし、このラケットが卓球やってる時以外でも効果があるんだとしたら……)

九太(たとえば……素振りでも効果があるんだとしたら……!)
72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:31:22.883 ID:SgSasLgQ0
九太「……」シュッ シュッ

球美「あら、卓野君、ラケットで素振りしてるの? 熱心だね~!」

九太「う、うん……まあね」シュッ

球美「なんてステキな素振りなのかしら! ねえ、もっとやってみせて!」

九太「もちろんいいとも!」シュバッ

球美「ああ……」ウットリ…

九太(やっぱりだ! このラケットは卓球やってる時以外でも効果がある!)
73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:31:49.484 ID:yj6nqMwt0
あーあ…
75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:35:31.150 ID:V0us3RT/E
ドーン確定やね
74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:34:31.822 ID:SgSasLgQ0
九太「な、なぁ……星野さ……いや球美ちゃん」

球美「なぁに?」

九太「よかったら今度……二人きりでレストランに食事に行かないか?」

球美「うん……卓野く……ううん、九太君……」

球美「私、この間、あなたが卓球やってる姿を見てからずっと……」

九太「ボクもだよ……」

ギュッ…

九太(ああ……夢のようだ……)

九太(このラケットにここまでの効果があるのに黙ってたなんて……喪黒さんも人が悪い!)
78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:38:16.271 ID:SgSasLgQ0
―レストラン―

球美「まぁ……素敵なレストラン……。ずいぶん無茶したんじゃない?」

九太「そんなことないよ」

九太(だいぶ無茶したけどな……ま、球美ちゃんがボクのものになるなら安いもんさ)

球美「ところでこのテーブル、海みたいに青くてとてもキレイだわ」

九太「君こそ、その星型のイヤリング、とってもキュートだよ」

球美「あっ、気づいてくれたんだ! どうもありがとう!」
80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:40:32.126 ID:SgSasLgQ0
ウェイター「メインディッシュのステーキはまもなくお持ちいたします」

球美「楽しみにしてます!」

九太「……」

九太「ステーキが来る前に、ちょっとトイレ行ってくるよ」ガタッ

球美「うん、分かった」
81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:43:43.585 ID:SgSasLgQ0
ジャー…

九太「ふんふ~ん」

九太(今のところなにもかも順調だ……)

九太(食事していいムードになったら、持ってきたこのラケットの力で……ムフフフ……)

喪黒「卓野さん、約束破りましたね」ヌウッ

九太「!?」ギョッ

九太「も、も、ももももも、喪黒さんッ!」
84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:48:20.769 ID:SgSasLgQ0
喪黒「卓野さぁん、残念ながら約束を破ったからにはペナルティを払ってもらわなければなりません」

九太「ペナルティ!?」

九太「ま、まさか……二度と卓球ができなくなるなんていうんじゃ……」

九太「そ、それだけはっ!」

喪黒「オ~ッホッホッホ……ご安心下さい、あなたから卓球を取り上げるつもりはありません」

喪黒「むしろその逆です」

九太「ぎゃく……!?」

喪黒「あなたはもう……卓球しかできなぁぁぁい!」


喪黒「ドーン!!!」





九太「ウギャーッ!!!」

あぁぁぁぁぁ……!
85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:52:09.814 ID:SgSasLgQ0
……

…………

九太「ごめんごめん!」

球美「あ、九太君、ステーキがもう来てるわよ」

ジュゥゥゥゥ…

球美「網目の焼き目がついて、とってもおいしそうよ!」

九太(網目……そうか、このステーキはネットか)

九太(そういえば、この青いテーブル……よく見ると卓球台にしか見えない)

九太(そうだ! ボクはここで卓球をしてたんだった!)

九太「サァッ!!!」

球美「え!?」ビクッ
87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:55:55.602 ID:SgSasLgQ0
球美「ど、どうしたの、いきなり……?」

九太(球美ちゃん……星型のイヤリングをつけてる……星……あっ、そうか!)

九太(これはボール! なんて大きな卓球ボールなんだ! ラージボールより大きいや!)

球美「九太君? トイレから戻ってから、なんだか様子が変よ? 体調悪いの?」

球美「あ、そうだ。お店の人にお水もらってくるわね」ガタッ

九太(ボールが浮き上がった……チャンス!)
88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:58:34.600 ID:SgSasLgQ0
九太(いつものように打っちゃダメだ……)

九太(喪黒さんからもらったこのラケットで……)

九太(ボールを叩き潰すつもりで……側面で……思いっきり……ガツーンと……)

九太「スマァァァァァッシュ!!!」

ブオンッ!!!





球美「きゃああああああっ!!!」
91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 02:01:29.933 ID:SgSasLgQ0
ザワザワ…… ドヨドヨ……

ナニガアッタ!? オンナノヒトガタオレテル! キュウキュウシャヨベー! ケイサツモダー! オトコヲトリオサエロー!

ドヨドヨ…… ガヤガヤ……





喪黒「……」
92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 02:05:43.408 ID:SgSasLgQ0
喪黒「点を取るためにスマッシュを打って、女性からキャーキャーいわれるのは喜ばしいことですが」

喪黒「脳天にスマッシュ打って、キャーキャーいわれてしまっては笑い話にもなりませんなぁ」

喪黒「やはりスポーツというのはライバルに勝つためであったり、健康のためにすべきものであって」

喪黒「モテるためにスポーツをするのは不健全、ということなんでしょうかねぇ~」

喪黒「オ~ッホッホッホッホッホ……」







―おわり―
96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 02:09:18.045 ID:f4pA0Bw0r

笑い話にならんとコメントしつつ笑うモグロさんマジ鬼畜
97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/09(火) 02:11:32.206 ID:V0us3RT/E
うまいな・・・乙!
自分も何か考えようかな?

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク