トール「最高のイベントが迫ってます!」【小林さんちのメイドラゴン】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:21:28.37 ID:IXs8aX040
メイドラゴンのSSです。原作と設定の齟齬があるかもしれませんが、それでもいい方はどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486833688
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:22:49.50 ID:IXs8aX040

カンナ「…………」

イルル「…………」

カンナ「?」

イルル「?」

トール「はい、初っ端から『何を言っているんだコイツは』みたいな顔はやめてくださいね」

イルル「何を言ってるんだトール」

カンナ「何を言ってるのトール様」

トール「いえ別に敢えて言葉にしろって意味でもありませんから……じゃなくて! もうすぐあの日じゃないですか! まさか忘れていませんよね⁉」

カンナ「……?」

イルル「……?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:24:25.87 ID:IXs8aX040

トール「……バレンタインデーですよ、ヴァ・レ・ン・タ・イ・ン!」

カンナ「おー、そう言えばそうだった」

イルル「ゔぁれんたいん? なんだそれは」

トール「あ、そっかイルルはそう言う知識はまだありませんでしたね」

カンナ「コバヤシがたくさんチョコを持って帰ってくる日のこと」

トール「いえまあそうですけど……そうじゃないです!」

トール「バレンタインとは……そうですね、率直に言えば愛を物質として相手に贈る日です」

イルル「ほう」

トール「大抵の女性は自分の愛をチョコと言うお菓子に込めて意中の人に贈ることになってますね。中には飴やマシュマロ、クッキーもあるとも聞きますが、基本はチョコです!」

イルル「なるほど……つまり?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:25:45.71 ID:IXs8aX040

トール「察しが悪いですね、要するに合法的にチョコと私を小林さんに贈ることが許されると言うことですよ!」

イルル「ふむ……となれば私も聞き捨てはおけないな。コバヤシと生殖するためにも、これは必要不可欠なイベントと見た」

カンナ「イルル、飲み込み早い」

トール「フッフッフ、まあそうこなくては楽しくないですからね。ちなみに敢えて言いますが、何故私がぶっちゃけ気に食わない存在のあなたにこの超大事なイベントを教えたかを教えてあげましょう!」

イルル「うん」

カンナ「どうして?」

トール「それは、イルルが渡したどーしよーもないチョコの後に、この私が作った完っ璧なチョコを渡せば、ただでさえ凄い私のチョコがよりすっごく見えるからです!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:27:26.54 ID:IXs8aX040

イルル「な、なんだと……! なんて賢くてずるいやつなんだ……!」ギリッ

トール「ふっふっふ、私の作戦は完璧ですよ!」

イルル「おのれぇ! 汚いぞトール!」

トール「なんとでもいいなさい、勝利こそが全てなんですよ!」

カンナ(なんだこれ)

カンナ「と言うか、トール様、手作りするの?」

トール「ええ、去年は……小林さんの怒りを買ってしまいましたが、今年は純度百パーセント、怪しいクスリは一切使わずに、メイドの矜持を見せてあげますよ! そこの未だに手もロクに作れない子とは違うと言うことを!」

イルル「ぐぬぬぬぬ……ええい! 私も負けてられるか!」ダダダダ

 バタン

トール「よし、邪魔者は消えましたね。調理の最中突っかかられたらうっとおしいですし」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:28:13.29 ID:IXs8aX040

カンナ「トール様ー、私もコバヤシにチョコあげたいー」

トール「あー……そうですね、カンナは私と一緒に簡単なチョコを作りましょうか?」

カンナ「うん、作ーー……やっぱりいい」

トール「? どしてです?」

カンナ「ん、トール様には、自分のに集中して欲しいから」

トール「そうですか? そう言うなら……」

カンナ「私もちょっと出かけてくる」トテトテ

トール「はいはい、夕飯までには戻ってきて下さいねー」

 パタン

トール「さて、思いがけず一人になってしまいましたが、まあ好都合ですね。フフッ、今年は腕によりを掛けて、小林さんの胃袋とハートをダブルゲッチューですよ……!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:29:19.19 ID:IXs8aX040

 ◆


エルマ「小林さん、小林さん」チョイチョイ

小林「ん? どしたのエルマ」

エルマ「少し早いが、これを受け取って欲しい」スッ

小林「これって……チョコ?」

エルマ「うむ、小林さんには日頃お世話になりっぱなしだったからな」

小林「……エルマが食べ物を他人に渡すとか……終焉の前兆じゃないよね?」

エルマ「失礼だな小林さんは! 私だってそれくらいするわ!」

エルマ「……ゴホン。この世界では、2月の14日に日頃の感謝を込めてチョコを親しい人に渡すと聞いてな。ただその日私たちは(※休日出勤の)代休だし、今の内にと思ってな」

小林「あー、そっか、もうそんな時期かぁ」

小林(トールが最近やたらめったら張り切ってたのはそう言うことか)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:30:18.87 ID:IXs8aX040

エルマ「あ、滝谷さんのもあるぞ、あなたにも大分お世話になったからな。あと、受け取ってくれるかは分からないが一応ファフニール殿にも作っておいたので帰ったら渡してくれ」

滝谷「ありがとう、嬉しいよ。彼も喜ぶと思う」

エルマ「うむ、感謝されるのはやはりいい気持ちだな。これからもよろしく頼むぞ、小林さん、滝谷さん」

小林「ん、こっちも頼りにしてるからね」

滝谷「丁度糖分が欲しくなった頃だし……一つ頂こうかな」パクッ

滝谷「……⁉」

滝谷「小林さん、これ」

小林「ん? ……もしかしてエルマ、塩と砂糖間違えてるとか?」

滝谷「いや、小林さんも一つ食べてみなよ、これ」

小林「……? じゃあ一つ……」モクモク

小林「……⁉ うわ、うっまぁ⁉」

滝谷「ね、凄く美味しいよね……高かったんじゃないの、これ……」

小林(こりゃ後でもう一度エルマにお礼言わないとなー)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:31:12.88 ID:IXs8aX040
 ◆


エルマ「そのチョコ、既製品じゃないぞ?」

小林「えっ」

エルマ「えっ」

小林「これ……もしかして」

エルマ「私が作ったんだが……何かおかしかったか?」

小林(やっぱりドラゴンのスペックたけーわー……)

小林「いや、凄く美味しかったから、もう一度お礼をと思ってね」

エルマ「そうか、口にあったのなら何よりだ。ルコア殿に指南して貰った甲斐があったな」

小林「へぇー……ルコアさんって技術広いなぁ……」

小林「…………」

小林「……あのさ、ちょっと頼まれてくれるかな」

エルマ「?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:32:05.46 ID:IXs8aX040

 ◆


トール「ふんふんふーん」

トール「さて、試作型の味見を……」モクッ

トール「……見た目、89点、舌触り、86点、味、92点って所ですね……舌触りにまだ難がありますね……冷やす時間を考えると、最低でも明日に完成させたいし……やはり研鑽あるのみ! 待っててくださいね、小林さん!」


カンナ「ただいまー」

トール「あ、カンナお帰りなさい。ちゃんと手を洗ってくださいねー。洗い終わったら試作品食べさせて上げますよー」

カンナ「はーい」

トール(どうせイルルもカンナも自分では用意出来ないでしょうし、あの子たちのも別に作ってあげないとですね)カチャカチャ

トール「そう言えばイルルは遅いですね……あのニートがそこまで何かに励める訳が無いのですが……」

イルル「ただいまー……」

トール「と、噂をすれば、随分遅かったですーーねぇぇぇッ⁉」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:32:59.84 ID:IXs8aX040

イルル「疲れた……」

トール「なんですかそれ! すっごい泥だらけじゃないですかもう! 早く服脱いでシャワー浴びてきて下さい!」グイグイ

イルル「んむぁー……」


トール「はぁ……なんなんですかね……そろそろ小林さんが帰ってくる時間だと言うのに夕飯の支度が進まないじゃないですか」

 プルルルル

トール「あ、電話だ。はい、小林ですけど……あれ? 小林さん? ……あ、今日遅くなるんですか……ああいえ、まだ夕飯の支度そんなに出来てなかったので、大丈夫です。……え? 夕飯も食べてくる? ……そう、ですか……いえ、休日なのにお仕事お疲れ様です」カチャッ

トール「……お仕事なら、仕方ないですね」

トール「……そぉい!」パチン

トール「それじゃ、二人の分の夕飯作りますかね!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:33:43.14 ID:IXs8aX040

 ◆


小林「それじゃあどうも……こんな時間まですみません」

ルコア「いいってことさ、僕も協力出来て嬉しいから」

小林「それじゃ、また明日お願いしていいですか?」

ルコア「モチのロンさ、こんなことで良かったらいつでも声掛けてよ」

小林「こんなこと、一年間の内、こんな時くらいですよ」

ルコア「でも小林さん、大丈夫かい? 明日は会社は?」

小林「あー、明日は代休なので」

ルコア「そっか、じゃあ時間はいつでもいいよ」

小林「助かります」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:34:21.72 ID:IXs8aX040


 ◆


小林「うわ、もうこんな時間かー……」

トール「トールには悪いことしちゃったかな……まあこんな時くらいだし……」カチャカチャ

小林「ただいまー……って流石にもう寝てーー」

トール「小林さーん! お帰りなさーい!(小声)」ダキッ

小林「うわっ、びっくりした! もう寝てる頃かと思った」

トール「家主の帰宅より先に寝るほど、トールはメイドの本文を忘れていませんよぉ」

小林「……ありがとね、トール」

トール「? 何がですか?」

小林「ううん、なんでもない。今日は疲れてるからもう寝るね。トールもこんな時間まで付き合わせてごめんね」

トール「いえいえ、好きでやってることですから」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:34:57.90 ID:IXs8aX040

 ◆


小林「それじゃ、お休み……ふぁぁ……」

トール「はい、お休みなさい、小林さん」

 パタン

トール(……結局、どこで夕飯食べたのかとか聞きそびれちゃった……。あんまり遅くて滝谷さんに聞いたら会社はもう出たって聞いたし……)

トール(いいや、明日それとなく聞いてみよう。小林さんのことだし、きっと大丈夫)

トール(でも……大したことじゃなかったら私に言ってくれてもいいのに、どうして今回は言ってくれないんだろう)

トール(……いや、小林さんには小林さんの人生がある。私はそれを全部管理する権利なんてない)

トール(それは十分に知ってるけれど、でも、ふとしたことで小林さんが離れて行ってしまいそうな感覚だけはずっと心にあって……)

トール(小林さんの全部が、欲しくなってしまう……)

トール(ああ駄目だ、こんな気持ちじゃ美味しいチョコなんて作れない。とにかく今は寝て、明日の本番に備えないとーー)

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:36:13.21 ID:IXs8aX040


 ◆

 ジリリリリリ

トール「ーーうわぁあああッ! ね、寝過ごしたァ! 小林さん、すいません今から急いでお弁当だけでも作りますからーー」

カンナ「コバヤシ出かけたよー」

トール「えっ、ど、どこにですか?」

カンナ「知らない、ちょっと出かけてくるって。遅くなるかもって言ってた」

トール「そ、そうなんですか……」

カンナ「コバヤシは、トール様が疲れているだろうから寝かせてあげといてって」

トール「だ、だって小林さんの方がむしろ……いえ、いいです。そんなことより、カンナのお弁当作らないと……」

カンナ「大丈夫、今日はコバヤシが作ってくれたから」ポムポム

トール「あ……そう、なんですか……」

カンナ「……トール様、大丈夫?」

トール「……大丈夫ですよ? 全然」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:37:26.85 ID:IXs8aX040

カンナ「そう、じゃあ学校行ってきます」

トール「はい、お気をつけて」

カンナ「あと、今日そのまま才川のウチで遊ぶからちょっと遅くなるかも」

トール「分かりました、あまりご迷惑を掛けないように」

カンナ「はーい」パタン



イルル「ふぁ~あ……あれ、カンナちゃんは学校?」

トール「はい、いつも通り。と言うかあなたはまたこんな時間に……いえ、今日の私が言えたことではありませんけど」

イルル「それじゃあ、私もまた出てくるかな。帰りは適当になるから」

トール「え、あなたもですか?」

イルル「それじゃあなー」タタタタ

トール「……まあいいです。一人で集中してチョコ作れますし」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:38:12.65 ID:IXs8aX040
 ◆

トール「しかしイルルがどこに行くのか……職安……は間違っても無いですね」

トール「」チラッ

トール「もうお昼過ぎなんですね……ちょっと中断してご飯を……いいか、私一人だし食べなくても」

トール(小林さん、どこに行ったんだろう。朝早くから、私に声も掛けないで)

トール(行き先くらい書いて言ってくれてもいいのに……それとも、何か隠してる?)

トール(……バレンタイン、もう明日なんですよ? トール、すっごく頑張って作ってるんですよ?)

トール(なのに、どうしてこんな時に……)

 プルルルル

トール「ッ! も、もしもし、小林ですけど!」

小林『あ、トール、起きてた?』

トール「……さ、流石に起きてますよ……もう」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:39:04.81 ID:IXs8aX040

トール「そ、それより、昨日は小林さんも遅かったですし、今日の夜は私が腕によりを掛けてーー」

小林『悪いんだけど、今日の帰りも凄く遅くなりそうだから、夕飯、私の分はいいからね』

トール「え……」

>おい、小林さんあんまり目を逸らすな。

トール(……! 女の声……? いや、これは……)ピクッ

トール(エル……マ……?)

トール「あ、あの、小林さん、今何してーー!」

小林『あ、やっ! ちょっとまずいから切るね! じゃあカンナちゃんとイルルにもよろしく!』ガチャン


トール「……なんで……小林さん……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:39:44.34 ID:IXs8aX040
 ◆


エルマ「全く、こんな大事な時に目を離すのはいただけないな」

小林「ご、ごめん、トールが心配すると思って」

ルコア「それじゃあ続きしようか?」

小林「あ、うん。お願いします」

ルコア「ここをこうしてね……」

エルマ「……はぁ、全く、あいつは幸せ者だな」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:40:16.64 ID:IXs8aX040
 ◆

ルコア「よぅし、師匠として合格を出そう!」

小林「よかったー……なんとか出来たー……!」

エルマ「しかしなんで内緒にするんだ? トールと並んでやれば、あいつは喜んだと思うぞ。わざわざこんな風に隠れて作らなくても」

小林「なんでって……そんなの……」

エルマ「……?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:40:53.63 ID:IXs8aX040


 ◆


小林「色々ありがとうございました。エルマもありがとうね」

ルコア「いやいや、こっちも楽しかったよ。また何かあったらいつでも頼ってね」

エルマ「それじゃあ小林さん、また会社で」

ルコア「あ、それと小林さん。一応言っとくけど、今回の企画、悪くは無いと思うんだけど、あの子の性格的にはねーー」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:41:45.32 ID:IXs8aX040

 ◆


小林「うわぁ……またとっぷりと日が暮れて……まさかここまで自分が不器用だったとは……でも、ま最終的には形になったしいいかな」カサッ

小林「ただいまー……」ガチャン

小林「……トール? 今日はもう寝てるの?」

小林「それじゃあこれは、見つからないように……」

トール「小林さん」

小林「ッ! 居たのかトール……なんで暗闇で立ってるの、びっくりした……」

トール「今日、どこに行ってたんですか?」

小林「あー……えっとね」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:42:30.57 ID:IXs8aX040

トール「ああ……やっぱり小林さんの身体……エルマの匂いがしてる……それに、エヘカトルの匂いまである……」

トール「どうして、私に隠れて二人に会ってるんです?」

小林「べ、別に隠れてた訳じゃ……!」

トール「黙ってください!」ガバッ

小林「っ!」ドサッ

トール「酷いですよ……私、頑張って、頑張って……小林さんのために、世界で一番美味しいチョコ作ってたのに……小林さんが……私のこと見てくれないから……」

 ポタッ

小林「トール、泣いて……」

トール「……苦いんです。どんなに、どんなに美味しく作ろうと思っても、作ったチョコが、全部、全部苦くなって……とっても食べられたものじゃないんです」

トール「私……こんな自分が嫌ですよ……小林さんのこと信じられないで、一人で勝手に被害妄想して……でも、自分じゃどうにも出来ないんです」ポロポロ

トール「私……自分が……制御出来なーー」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:43:09.65 ID:IXs8aX040
小林「ーー喰わせろ!」

トール「えっ」

小林「その苦いチョコとやら喰わせろ! 喰えたもんじゃないとか言うなら私が喰ってやる!」

トール「えっ、いや本当に苦くて、多分私の魔力が混ざっててすっごい感じに……」

小林「いいから、私は食べさせろって言ってるの」

トール「……うぅ」


トール「……これです」スッ

小林「ん」パクッ


小林「……うん、苦い」

トール「……ッ!」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:44:33.56 ID:IXs8aX040

小林「苦くて、ぐるぐるしてて、ごちゃごちゃしてて……でも、ばらばらじゃない。最後にまっすぐな味がある」

トール「え……」

小林「ーーそんなチョコかな。……私は好きだよ、これ」

トール「小林さん……」

小林「……それじゃ、苦いものの後には、こっちので口直しかな。はい、トールの」

トール「これ……もしかしてチョコですか?」

小林「もしかしても何も無いでしょ。明日バレンタインなんだから。トールのせいで、日にちの意味無くなっちゃったじゃん」

トール「だって、小林さん、そんな素振り見せてなかったし……」

小林「隠してたの! 内緒でこっそりルコアさんとエルマに教えてもらって作ったの!」

トール「……なんで内緒にするんですか?」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:45:33.67 ID:IXs8aX040
 ーーなんで内緒にするんだ?

小林「なんでって……そんなの……」

小林「……前にも言ったでしょ。『察して』って」コツン

トール「…………」

トール「……はい、ありがとうございます」グスッ

小林「はい、どういたしまして。それからこっちもありがとう」

小林(……ルコアさんに警告されたけど、まさかここまで空回りしてるとはね)

小林(私もトールのこと、分かってるようで全然分かってないんだな。サプライズのつもりが傷つけてることに気付かないなんて)

小林「でも、ま……」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:46:22.25 ID:IXs8aX040

トール「小林さんのチョコ……えへへへへぇ……!」

小林(そう言うのも、対等って感じ……だよね)

トール「……あ」

小林「ん? どしたの、トール」

トール「見て下さい、小林さん……気が付いたらもう、日付変わっちゃってますよ?」

小林「……ああ、本当だね。じゃあ改めてーーハッピーバレンタイン、トール」

トール「はい! ハッピーバレンタイン、小林さん!」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:47:51.27 ID:IXs8aX040



 ~後日談~



カンナ「コバヤシー、ハッピーバレンタインー」ポスッ

小林「うわ、これカンナちゃんの手作り⁉ すごい、チョコケーキだ」

トール「いつの間に……やりますね」

カンナ「才川のウチで一緒に作ってもらった。才川にあーんしてあげたら才川倒れた」

トール「あぁ……そっちも色々あったんですね」

イルル「コバヤシ、これは私からだ」スッ

小林「え、イルルも……うわ、これ海外のすっごい高いブランドの奴じゃん! どしたの⁉」

トール「まさか盗……」

イルル「違う! ……私はトールのように器用じゃないからな。外国まで行って……価値のありそうな石を探して、それと交換してもらったんだ」

トール「……だからあんなに泥だらけで帰ってきたんですか……!」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:48:58.59 ID:IXs8aX040

トール(全く……不器用ですね。用意してた『コレ』も不要のものでしたか)

イルル「二人の手作りに比べたら見劣りするかもしれないが……」

小林「そんなことないよ、手作りでも、既製品でも、私のためにみんなが頑張ってくれたものだったらなんでも嬉しい。ありがとね」

イルル「そ、そうか! 嬉しいか! じゃあ繁しょーー」

トール「はいそこまでです!」

小林「じゃあこっちは私から二人にね」

カンナ「おー、コバヤシ手作り?」

小林「うん、美味しいといいけどね」

トール「味はこのトールが保証しますよ!」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:49:50.57 ID:IXs8aX040

イルル「な、なに! トール、既に貰っていたのか!」

トール「ふふーんだ、一番乗りは私ですよー!」

イルル「おのれぇぇぇ……!」

小林「はいはい、ケンカしないケンカしない」

「「はーい……」」

小林「それじゃ、折角だからみんなでチョコパーティーでもしようか?」

トール「はい、賛成です!」

カンナ「わーい、やるー」

イルル「おお、やるか!」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:50:30.55 ID:IXs8aX040

トール「それじゃあ、もう一度改めまして」ゴホン

カンナ「せーの」


「「「「ハッピーバレンタイン!」」」」



おしまい


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:51:20.14 ID:IXs8aX040

~その頃のルコアさん~


ルコア「翔太くんチョコだよ、食べてー」

翔太「なんで胸にチョコ塗って来るんだよぅ⁉」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 02:53:54.91 ID:IXs8aX040
と言うわけでこれでおしまいです。トールたちの設定考えると聖人がモチーフのイベントとか祝う筈も無いけど、本人からすれば小林さんとイチャイチャ出来ればいいと思うのでそこはそれ。
ここまで読んでくれた方ありがとうございました。
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 04:59:11.49 ID:LeW7spXGo
小林さんイケメンすなあ
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 12:08:55.73 ID:HJo2Y7+LO
ドラゴンレズレイプでないメイドラゴンSSはいいなあ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク