めぐみん「はぁ…やめてくださいカズマ…頭がおかしくなってきますぅ……

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:39:14.255 ID:3iUgKMBB0
温泉都市 アルカンレティアでの一件以降、俺 サトウカズマは気ままな日々を送っている。

コタツでダラダラしたり、悪魔のバニルと商談をしたり、めぐみん等に連れてかれ嫌々クエストを達成したり、コタツでダラダラしたり、ゆんゆんとめぐみんの不毛な争いを観戦したり、コタツでダラダラしたり………
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:40:01.234 ID:3iUgKMBB0
俺はふと考えた。

この先も、こんなことの繰り返しで人生を消費していくのだろうか。

特にバニルとの取引で金銭面に心配がなくなったのは嬉しい。

でもおかげで俺の日常は退屈極まりないものとなった。

刺激が欲しい。
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:40:42.574 ID:3iUgKMBB0
また魔王軍幹部と死闘を繰りひろげたり、古代兵器が街を破壊するのを阻止したり、検察官のお姉さんに国家転覆の容疑をかけられて逮捕されたり……

いや、最後のは2度とごめんだわ

俺はソファーに座って一緒に暖をとってるアクアに話しかけた。

カズマ「なぁー、アクア、最近 面白いことない?」
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:41:19.530 ID:3iUgKMBB0
アクア「え?どうしたの急に、そーねー……

あ、そーいえば、私のかわいいかわいいアクシズ教徒達がね、布教のためにこの街に教会を建てようと計画してるらしいのよ

崇拝される女神としてはこれほど嬉しいことはないわ」


なにそれ…笑えない

カズマ「引っ越そうかな…」 ボソ

アクア「え?」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:42:06.058 ID:3iUgKMBB0
カズマ「じゃなくてさー!!こう…なんていうか……危険だけど、多少 心が踊る……そんな感じの!!

盗まれた卵を取り返すためにつがいの火竜が街を襲いに来るーとかー??

めぐみんが医者では治せない魔法障害にかかっちゃって、仕方なく紅魔一族の村?まで連れ添うことになるーとかー??

アクシズ教会が建つとかただただ恐ろしくてただただめんどくさい事案じゃん!負×負じゃん!」

アクア「ちょ、かわいい教徒達を恐ろしいとかやめてよ!

てかどうしたの ほんとに?」
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:42:56.974 ID:3iUgKMBB0
カズマ「少し前まではイベント続きの日々だったのに、なんでこう、極端に平和になっちゃうかな~って……」

めぐみん「まあ、なにか物足りないというのは分かります」

ひょこっ

風呂上がりのめぐみんがリビングに入ってきた。

アクア「でも、イベントが起きたら起きたでそれは辛いことかもしれないし…今の平和な時間を噛み締めることが大切よ」


カズマ「一年だぞ」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:50:10.813 ID:3iUgKMBB0
カズマ「もう、アルカンレティアの件から一年も経ってるぞ」

めぐみん「え?……もうそんなに経ってました?」

アクア「アハ…嘘………でしょ?」

カズマ「おそらく 刺激がなさすぎるせいで時間が過ぎるのがはやく感じるんだろうな

俺もカレンダーを確認したときは驚きすぎて小便漏らした」
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:51:24.009 ID:3iUgKMBB0
アクア「一年もの間、私は何をやってたのかしら………

どうしよう…酒場でシュワシュワ飲んだことしか思い出せない!!」

カズマ「さすがにそれだけではないだろう」

めぐみん「クエスト一緒に行ったじゃないですかアクア」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:52:22.620 ID:3iUgKMBB0
アクア「あ、そーそー!!クエスト…クエスト……え?クエスト!?どんな内容だったっけ?」

めぐみん「色々あったじゃないですか、この前だって………………??

うむ…どうやら私もド忘れしたようです」

カズマ「ったく、2人とも大丈夫か?
一番最近のって言ったら………あれ?

なんで思い出せないんだ??」
31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:53:10.361 ID:3iUgKMBB0
カズマ「なんだこれ?」


3人を沈黙が包んだ。

めぐみん「どーやら私達3人は頭がおかしくなったようです、気付けも兼ねて爆裂魔法を打ち込んでみますか」

カズマ・アクア「やめなさい」

カズマ「どーゆーことなんだ、これは……そういえば聞こえなくなったよな?

”声”」
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:54:31.565 ID:3iUgKMBB0
アクア「何?それ?」

カズマ「え?お前ら聞こえてなかった??

クエスト中、俺たちがリアクションするたびにどこからか分からないけど……聞こえてきたじゃん?

”笑い声”みたいなのが」
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:55:21.478 ID:3iUgKMBB0
めぐみん「あー、私も聞こえたことあります。
私がお風呂でカズマと言い合いしてた時のことです、

なんだか 私を賞賛するような声が聞こえました」

アクア「………

あぁぁぁ!!!!!!
私も……ある!!

この一年くらいは全く耳にしてないわ」
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:56:10.886 ID:3iUgKMBB0
カズマ「なんだったんだあれ……」

3人が3人とも空白の時間を過ごしている。

そして一年ほど前まで当たり前にあったものが気がついたら なくなっている。
38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:56:50.219 ID:3iUgKMBB0
カズマ「あの”声”は俺たちがイベントを起こすたびに聞こえていた気がする……

つまり、強制的に起こしてみるのはどうだ?」

めぐみん「そうですね…試してみましょう」

アクア「でも、何をするの?…」
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:57:26.372 ID:3iUgKMBB0
ガチャリ

ダクネスが入ってきた。

ダクネス「風呂空いたぞ、カズマ
いやぁ、いい湯加減だった、身体中の疲れが解消されたぞ…

ん?どうしたんだカズマ
そのいかにも考え中、妄想中って感じの顔は」

カズマ「よし いくぞ」

ダッ
41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:58:30.973 ID:3iUgKMBB0
カズマはダクネスに向かって勢いよく走り出した。

そしてダクネスの寝間着姿の胸部へ

その両手を

伸ばした

むにょっ

ダクネス「ふわわっ!?な、何をするんだ貴様わーーー!??」////

カズマ「静かに」

カズマ、アクア、めぐみんの3人はじっと耳をすませた。

ダクネス「な……」
42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:59:16.839 ID:3iUgKMBB0
めぐみん「聞こえませんね…」

アクア「なんでかしら?前ならこーゆー時、絶対歓喜の”声”が上がっていたのに…」

カズマ(あー、この感触を忘れる前に部屋に行きたい…)

ダクネス「どーゆーことだカズマ!!なんだこれは!!説明次第ではお前の首を飛ばすことになる!!」
43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:59:47.660 ID:3iUgKMBB0
カズマ「まぁ、待て待て……

アクア、めぐみん、お前らの口から説明してやってくれ」


2人はダクネスに事の詳細を話した。

ダクネス「…言われてみれば確かにと思ってしまう……不思議な感覚だ」

めぐみん「やはりダクネスもですか」

アクア「もしかしたら 私達だけじゃないのかもしれないわね」
44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:01:37.287 ID:3iUgKMBB0
ガチャリ

カズマ「説明終わった?」

めぐみん「はい、どうやらダクネスも同じようです」

アクア「どこ行ってたのよカズマ」

カズマ「いや…ハハ…ちょっと廊下に出て頭を冷やしてきた

実はいろいろ思い返してみたんだけどな、

俺、異世界……いや、この街に来る前の事 全然覚えてないんだよ」

めぐみん「え?どーゆーことですか?」
45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:02:15.357 ID:3iUgKMBB0
アクア「チャック開いてるわよ カズマ」

カズマ「おっとと……

田舎に住んでいたことは覚えてる。
んで、買い物帰りだったことも覚えてる。

でもそれ以降が何も思い出せないんだよなー

両親の顔とか、学校の思い出とか」

めぐみん「言われてみれば私も…あれほど紅魔族紅魔族言ってたくせに、ゆんゆん以外の他の紅魔族のことが思い浮かびません」
47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:02:51.872 ID:3iUgKMBB0
ダクネス「なんだか怖くなってきたな…」

アクア「と、とりあえずクエストいきましょ?みんな」

カズマ「ああ…そうだな」

街は不気味なくらい静かだった。

4人はギルドで受付を済ませ、街の門のところへ行った。
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:04:16.466 ID:3iUgKMBB0
めぐみん「さあ!今日も元気にカエルを狩りましょう」

アクア「食べられないようにしなきゃ。。。」

ダクネス「囮役は私に任せてくれ!」

カズマ「やれやれ」

いつもの感じで一行は門の外へ足を踏み出した。

ガンッ
52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:05:07.849 ID:3iUgKMBB0
何かがカズマの進行を妨げる。

カズマ「なんだこれは…」

カズマは唖然とした。

透明な壁のようなものが街全体をドーム型に覆っているのだ。

ダクネス「ぐぬぬ……はぁダメだ」

ダクネスが押したがビクともしない
54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:05:54.502 ID:3iUgKMBB0
アクア「なによこれ…」

めぐみん「昨日までこんなものはなかったはずなのに……いや、昨日…………そもそも昨日のことが思い出せません」

カズマ「……っっ」

その時カズマは考えた。

俺達は気づいてはいけないことに気づいてしまったんじゃないのかと
55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:06:28.438 ID:3iUgKMBB0
例えば この世界のタブー。

この素晴らしい世界の構造。真理。

アクアは近くにいる住民に話しかける。

しかし彼らはなにも言わない。

ダクネスは近くにあった建物のドアを開けようとした。

しかしそのドアは開かない。
57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:07:06.860 ID:3iUgKMBB0
カズマはふと気づいた。

そういえばこの感覚は初めてじゃない。

たしか……そう!

国家転覆罪の容疑でギルドに検察官供が押しかけてきた後もそうだった。

俺たちはしばらく空白の時間を送っていた。

そして何かが息を吹き返したように、またイベントが立て続けに起こったのだ。
58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:07:51.895 ID:3iUgKMBB0
あの時も”声”が聞こえた…


「このす…きけってい」


おぼろげには覚えてるのだが思い出せない。

なんでこんな大事なことを忘れていたのだろう。

カズマ「訳がわかんねぇ……

訳がわかんねえよおおおおおおおおおおうおおおおおおおクリエイトウォータアアアアア!!!」

壁は水をはじきかえす
60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:10:39.933 ID:3iUgKMBB0
めぐみん「はぁ…はぁ…
やめてくださいカズマ…頭がおかしくなってきますぅ……」

めぐみんはその場に頭を抱えて座り込んでいる。

一行は絶望していた。

謎の孤独感、虚無感が街全体を漂っているような気がした。

カズマ「なんなんだよこれ…」
61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:11:28.410 ID:3iUgKMBB0
ガチャッ

何かが外れる音。

カズマ「!?」

めぐみんは周りを見渡す。

街が再び活気付いている。

それはまるで長い呪縛から解き放たれたような感覚だった。
65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:12:12.254 ID:3iUgKMBB0
めぐみん「何か聞こえます」

アクア「え?ほんと!?」


「このす…きけってい」


ダクネス「ほんとだ!」

カズマ「これは…?」


「このすば…んきけってい」
68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:12:44.349 ID:3iUgKMBB0
カズマは耳をすませた。
今度ははっきり聞こえた。



「このすば、三期決定」
69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:12:53.997 ID:HFLWvTmZa
おめでとう
70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:13:27.489 ID:3iUgKMBB0
おわりw

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク