穂乃果「あっー! 雪穂が雑誌のえっちな記事見てる!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 22:28:53.60 ID:yhq0HQPe0
雪穂「ち、違うよぉ! 私はこっち読んでたの! このページ!」

穂乃果「中学生なのに…まだ早いよ?」

穂乃果「どれどれ、それで何て書いてあるの?」

雪穂「ちょ、ちょっとおねーちゃん…」

穂乃果「えーっと…。キ、キスで分かる相性診断…」

雪穂「もうっ、返してよ。まだ見てたのに」

穂乃果「待って、ふむふむ…」

雪穂「なんで真剣に見てるの…」
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 22:30:29.32 ID:yhq0HQPe0
穂乃果「何かね、キスの"味"が一番相性を決定するって書いてある」

雪穂「ふ、ふぅん…そうなんだ」

雪穂「もういい?」

穂乃果「ま、待って! すごいっ、兄弟や姉妹では遺伝子的に近く」

穂乃果「分泌される唾液が相性よく感じ…。きっ、気持よく…感じる…。だって…」

雪穂「…えっ?」

穂乃果「はい、じゃあ本返すね…」

雪穂「…うん」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 22:38:27.62 ID:yhq0HQPe0
穂乃果「じ~~~…」

雪穂「お姉ちゃん…?」

雪穂「はっ…!」

穂乃果「雪穂…」

雪穂「やっ、嫌だよ! 絶対ダメだから!」

穂乃果「何も言ってないのに…ひどいよ」

雪穂「そんなの…無理だからね?」

穂乃果「ちょっっっとだけだから! 先っぽだけだから!」

穂乃果「ねっ!? 雪穂、試させて!」

雪穂「む、むりむり!」

穂乃果「む~…おねーちゃんにキスさせて!」

雪穂「っておねーちゃん無理だってぇぇぇ!!」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 22:46:58.25 ID:yhq0HQPe0
穂乃果「雪穂ぉ…お姉ちゃんによだれ飲ませて…♡」

雪穂「もう…ん、…ちゅ♡」

穂乃果「好きっ…妹とキス…♡」

雪穂「おかーさん戻ってきちゃうよ…♡ こんなのやだぁ…♡」

穂乃果「大丈夫だよ、さっきお客さん来てたから…♡ もっとしよ♡」

雪穂「ん、ぷはぁ…もっとおねーちゃん…♡」

穂乃果「雪穂の舌、気持ちい…♡」

穂乃果「…気持ちいい♡ やっぱり本当だったんだ…♡」

雪穂「いや…変になっちゃう…お姉ちゃんとキスなんかして変になっちゃう♡」

穂乃果「おいしいっ…♡ んちゅ…♡ もっとかき回してあげる…♡」


やりましたね!
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 22:33:03.33 ID:qgjaN8HQ0
ほのゆきは運命

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク