瀧くん「君の名は…」三葉「君の名は…」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 19:59:28.030 ID:bajcVmkU0
瀧くん「えっと…」

三葉「うん…」

瀧くん「なんだっけ?」

三葉「あはは。私も分からないや…」

瀧くん「で、でも…!」

三葉「……うん」

瀧くん「また今度…ゆっくり…」

三葉「そ、そう…だね」

瀧くん「ライン…交換します…?」

三葉「はい…」

瀧くん「えっと、名前は…」

三葉「……宮水三葉」

瀧くん「宮水さん……」

三葉「あ、あなたは…?」

瀧くん「立花瀧……」

三葉「……立花くん……」

瀧くん「じゃ、じゃあ、また…!」

三葉「また…!」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 20:04:03.703 ID:bajcVmkU0
瀧くん「…」

藤井「おい瀧!聞いてんのか!?」

瀧くん「あ、え、う、うん!」

藤井「聞いてないだろ。最近おかしいぞお前」

瀧くん「あ、え、そうかな?」

藤井「……恋愛絡みだな?」

瀧くん「…!!」

藤井「図星かよ。で、誰だよ?」

瀧くん「誰…だろう…」

藤井「はぁ!?」
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 20:13:38.418 ID:bajcVmkU0
藤井「名前も知らない女の子とライン交換したぁ!?」

瀧くん「うん…」

藤井「ナンパじゃねえか!一目惚れからのナンパだそれ!」

瀧くん「い、いや、でも向こうも俺のことを知ってるみたいで…」

藤井「はぁ。……なんか前にもこういうことあったな……」

瀧くん「え…?」

藤井「確か高校生のとき…お前と奥寺先輩とで景色だけを頼りに…」

瀧くん「……やっぱり」

藤井「は?」

瀧くん「そのとき探してた子だ…多分…!」

藤井「いやいやいやいや、お前なぁ…」

瀧くん「そのとき…そのときの記憶…ありったけ話してくれ!全部!」

藤井「うーん…そう言われてもなぁ…」

瀧くん「何かあったはずなんだ!俺に!」

藤井「うーん…そのときというか、その前かな。お前が変だったときがあったような…」

瀧くん「変!?俺がどう変だったんだ?!」

藤井「そ、それはー…」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 20:21:28.776 ID:bajcVmkU0
藤井「妙に可愛かった…かな…」

瀧くん「……はぁ?」

藤井「ち、違っ!変な意味じゃなくて仕草とかが女っぽいというか…」

瀧くん「な、なに言ってんだお前…」

藤井「ま、マジであったんだよ!瀧が瀧じゃないみたいなときが!」

瀧くん「俺が…俺じゃない…?」

藤井「それに記憶喪失みたいになったり…」

瀧くん「痛っ…頭が…」

藤井「お、おい、なんだよ大丈夫か?」

瀧くん「あ、ああ…」

藤井「はぁ…今度その女の子と会うとき俺も付き合うから、相談しろよな」

瀧くん「ありがとう…」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 20:39:43.379 ID:bajcVmkU0
三葉「…」

さやちん「だから今度の挙式で三葉に…」

三葉「うん…」

さやちん「三葉、どしたの?変だよ?」

三葉「あ、いや、なんでもない…」

てっしー「前にもあったな。三葉が変なとき」

三葉「……それって、いつ?」

てっしー「そりゃあ、高校生のとき…彗星が落ちてくる日の少し前から…」

三葉「やっぱり…そっか…」

てっしー「なんか急に男っぽくなったり…別人みたいになって…」

三葉「…!」

さやちん「そうそう!足開いたりノーブラだったり…」

てっしー「ノーブラ?!いつ!?いつ」や!?」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 20:51:43.558 ID:bajcVmkU0
てっしー「三葉のやつ、急に飛び出してどこいったんや」

さやちん「あんたがノーブラ連呼するからでしょ!?」

てっしー「え、ま、マジか」

さやちん「三葉のあの感じ…恋ね」

てっしー「こ、恋ぃ!?だ、誰や?!どこの男や!?」

さやちん「さぁ?」

てっしー「…」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 20:59:47.170 ID:bajcVmkU0
瀧くん「あ、先輩…!」

奥寺先輩「人妻を呼び出してどういうつもりかしら?瀧くん。」

瀧くん「…」

奥寺先輩「……なにかあったの?」

瀧くん「はい…」

奥寺先輩「恋愛ごとね?」

瀧くん「…!」

奥寺先輩「瀧くんってほんと分かりやすいっ」

瀧くん「じ、実は…」
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 21:11:25.888 ID:bajcVmkU0
奥寺先輩「その人があのとき探してた人かもしれない…か」

瀧くん「俺が変なときって、ありませんでしたか?」

奥寺先輩「あったねー。あったあった。いきなりスカート脱いでとか言われてーー…」

瀧くん「えっ?!」

奥寺先輩「それで瀧くんって女子力高いと思ってたんだけど…うん」

瀧くん「まったく記憶にない…」

奥寺先輩「それで、その子とは連絡取ってないの?」

瀧くん「…」

奥寺先輩「瀧くん?」

瀧くん「き、きました…」

奥寺先輩「良かったじゃない!一緒に返事考えてあげるから…」

瀧くん「い、いや、ここに…」

奥寺先輩「えっ?」

三葉「こ、っ、こんにちは…お、お邪魔しました!!」

瀧くん「ま、待って!!!!」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 21:17:29.920 ID:bajcVmkU0
三葉「ほんとに彼女じゃないんですか…」

奥寺先輩「うん。私人妻だし」

三葉「じゃあ、ふ、不倫…!?チャラいと思ったら…やっぱり…」

瀧くん「だ、だから違うって!前のバイト先の先輩で…」

三葉「バイト先…それってもしかしてイタリアン料理の…」

瀧くん「な、なんで!?」

三葉「あ、あれ、なんでだろ…私…」

奥寺先輩「ねえ、宮水さん…?私と、会ったことある…?」

三葉「えっ…?」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 21:41:28.319 ID:bajcVmkU0
三葉「私も…そんな気がしてて」

奥寺先輩「やっぱり。でもどこで…」

瀧くん「宮水さん
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 22:08:00.610 ID:bajcVmkU0
瀧くん「宮水さん、もしかして…俺の友達…この写真の二人、知ってる…?」

三葉「会ったことあるような…気がする」

瀧くん「じゃあ……」

奥寺先輩「え、なになに。怖いんだけど」

三葉「あ、あの、変なこと聞くんですけど、立花くんが変なときって…ありませんでしたか?」

奥寺先輩「え、じ、実はさっきその話をしてて…」
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 22:17:22.262 ID:bajcVmkU0
三葉「スカートを…?」

奥寺先輩「うん。可愛く縫ってくれたりしたよね」

瀧くん「そもそも俺、裁縫とか出来ないはずなんだけど…」

三葉「私が縫ったのかも……」

奥寺先輩「えっ?」

三葉「あ、い、いえ、何言ってんだろ私…」

瀧くん「いや、そうかもしれない…」

奥寺先輩「えっ?!」

瀧くん「藤井と高木とも会ってみてくれない?」
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 22:34:56.302 ID:bajcVmkU0
藤井「会ったことはないな」

高木「こんな可愛い子忘れるわけないしなー」

瀧くん「そっか…」

三葉「あ、あの、立花くんが変だったときって…どんな感じでしたか?」

藤井「女っぽかったな…あと、変な方言とか…」

三葉「ほ、方言って、もしかして…」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 22:41:02.955 ID:bajcVmkU0
高木「あー、確かそんな感じだったような…」

藤井「変なときの瀧が、この子だった…って事か?」

瀧くん「……」

三葉「た、多分…記憶がないんですけど…」

藤井「ま、まさか…そんなこと…なぁ瀧」

瀧くん「…」

藤井「お、おい、瀧?」

瀧くん「宮水さん、宮水さんの友達って会えるかな?今すぐ!」

三葉「えっ?う、うん。さっきまで喫茶店で…」

瀧くん「行こう!今すぐ!思い出せそうなんだ!」

三葉「うん…!」


高木「あの子可愛いかったなー…」

藤井「……瀧に似てるな」

高木「は!?」
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 22:56:33.259 ID:bajcVmkU0
さやちん「んー、会ったことないかな」

てっしー「ないな」

三葉「そうだよね…」

てっしー「でも話を聞く限り、それは入れ替わりで間違いない!多分!」

さやちん「どっちだよ」

てっしー「こういう話のあるあるで、元に戻ったときに記憶が消えてるんだ。だからお互いしか知らない秘密とかで記憶が戻ったりする…はず!」

瀧くん「お互いしか知らない…」

三葉「秘密…?」

さやちん「その秘密を覚えてないと意味ないでしょうが」

てっしー「あっ」

三葉「秘密…」

瀧くん「秘密か…」

てっしー「ん…?もし俺の体が三葉になっていたら…うーん…あっ!!!!!」
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 23:01:50.990 ID:bajcVmkU0
てっしー「み、見たはずだ!三葉の裸を!!!!!」

三葉「えっ!?///」

瀧くん「ま、マジか」

さやちん「なんでそうなるの…」

てっしー「み、見たのか!?三葉の裸を見たんだな!?」

瀧くん「き、記憶がないんだけどっ!」

てっしー「思い出せ!いや思い出すな!!でも思い出して俺に教えろ!!!!!」

瀧くん「うっ、く、くるし…」

さやちん「じゃあ、三葉も立花くんの裸を見たってこと…?」

瀧くん「えっ!?」

てっしー「なっ、なんだとおおおおおおお」

三葉「お、覚えてないから!ほんとに!///」
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 23:22:46.599 ID:bajcVmkU0
瀧くん「えっ、てっしー社長なの!?」

てっしー「まあな」

三葉「すっかり仲良くなってる…」

てっしー「ってか知ってるだろ!お前三葉だったんだから!」

瀧くん「だから記憶が…!」

てっしー「そのうち思い出すって!三葉の家族とか、会ってみたらどうだ?」

瀧くん「家族……か」

てっしー「俺たちも何か思い出したら協力するから、頑張れよ」

瀧くん「あ、ありがとう…!」

てっしー「お礼ならこっちが…」

瀧くん「え?」

てっしー「あ、いや、なんでもねえ」

瀧くん「じゃあ、また…!」
40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 23:40:38.961 ID:bajcVmkU0
四葉「た、大変やおばあちゃん!お姉ちゃんが彼氏つれてきた!!!」

瀧くん「あ、妹の…」

四葉「妹の四葉です。末長くよろしくお願いしますお兄さん」

三葉「ちょっと四葉!」

四葉「さあどうぞお兄さん!」

瀧くん「あ、あはは…ありがとう…」

三葉「もう…」

瀧くん「なんか懐かしいな…」

三葉「今度私も立花くんの部屋行ってみないとね」

瀧くん「えっ!?///」

三葉「あ、いや、それは違くて…!」

四葉「で、どこまで行ったんですか!?」

瀧くん「ど、どこまでって…」

三葉「四葉!!!」
41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 23:45:49.136 ID:bajcVmkU0
四葉「キスは?」

瀧くん「まだです…」

四葉「その先は?」

瀧くん「え、えーと…」

四葉「触りました?おっぱい」

瀧くん「いや、そもそも付き合って…」

四葉「お姉ちゃんったら毎朝おっぱい揉んで大きくしようとしてたんですよー」

瀧くん「……そうなの?」

三葉「わ、私じゃないよ!そんなことしてない!!」

四葉「えー?揉んでたじゃん。毎朝」

瀧くん「記憶にないの?」

三葉「ほんっっとにない!!」

瀧くん「……マジでごめん」

三葉「うぅ…///」
42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/16(金) 23:52:35.309 ID:bajcVmkU0
おばあちゃん「会えたんじゃな、三葉」

三葉「うん…」

おばあちゃん「久しぶりじゃな…と言っても覚えてないか…ホッホッホ」

瀧くん「い、いえ、そんなこと…」

おばあちゃん「外を歩いたら何か思い出すかもしれん。ゆっくりしてくとええ」

瀧くん「あ、ありがとうございます」

おばあちゃん「二人の間に結びがあれば、無理して思い出す必要もないと思うがな…」

瀧くん「結び……」
46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:11:32.214 ID:p+xTAzO00
三葉「ここが私の通ってた高校で、あの山の上が…」

瀧くん「登ろう」

三葉「え?ちょ、立花くん!」

瀧くん「何か思い出せそうなんだ…あそこに行けば、何か」
48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:29:17.487 ID:p+xTAzO00
三葉「ここから先はあの世で…ってちょっと!」

瀧くん「あそこだ…!見たことあるぞ…!」

三葉「どこいくの!ちょっと瀧くん!」

瀧くん「三葉はそこで待ってて!」

三葉「ん…瀧くん…?」

瀧くん「三葉……?」
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:42:33.807 ID:p+xTAzO00
三葉「あれ、私なんで瀧くんって呼んでるんだろ…あはは」

瀧くん「こんな簡単に思い出すもんなんだな…」

三葉「思い出した?全部?」

瀧くん「ああ。三葉は?」

三葉「思い出しちゃったよ、瀧くん…」

瀧くん「三葉…………」

三葉「瀧くんのリアルなお稲荷さん…」

瀧くん「えっ?」

三葉「最悪だよほんと。初めて見たのが瀧くんのなんだから」

瀧くん「え、いや、そっち?俺はてっきり…」

三葉「うるさいなぁ!変瀧くんのくせに」

瀧くん「変瀧くん!?てかお稲荷さんじゃなくてソーセージだろうが!!!」

三葉「やーいお稲荷さん」

瀧くん「う、うるさいなぁ!朝はソーセージだったろ!!!」

三葉「しっ、しらないよそんなの!!///」

瀧くん「三葉のほうが変態なんじゃないか?普通見ないだろ」

三葉「私の口噛み酒を飲んだ瀧くんにはかないませーん」
51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:45:20.308 ID:p+xTAzO00
瀧くん「もう、忘れないからな」

三葉「一生忘れないくらい、してっ」

瀧くん「三葉ーーっ!!」

三葉「瀧くんっっ…///」

オギャーオギャー



瀧くん・三葉「君の名は…」


おわり
52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:47:53.598 ID:p+xTAzO00
奥寺先輩「そう。じゃあ、あのときの瀧くんは…三葉ちゃんだったわけか」

奥寺先輩「三葉ちゃん…///」
55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:50:26.605 ID:p+xTAzO00
高木「おいおいマジかよ俺肩とか組んじゃってたぜ」

藤井「よかった…俺はノーマルだったんだな…いや、でも見た目は男で中身は女ということは…」

高木「お前やっぱそっちだったんだな…」
56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 00:53:56.781 ID:p+xTAzO00
てっしー「触ったのか!?触ったんだな!?」

瀧くん「…うん」

てっしー「柔らかかったか!?」

瀧くん「うん…」

てっしー「つか俺が好きだった男っぽい三葉はお前だったんだよな……」

瀧くん「ま、まあ、そうだな…」

てっしー「瀧……いや、三葉……!」

瀧くん「え、ちょ、待て!てっしー!やめろ!うああああ!!!!!」

おわり
57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 02:07:52.981 ID:Iq5X7wfg0
よかった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク