未央「プロデューサーの家で二人きり……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 19:41:29.77 ID:ggbAHqP10
未央「ニュージェネ。海に行く」の続き

この作品は独自の設定があり登場人物が須らくアホです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484476889
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 19:42:47.59 ID:ggbAHqP10
未央「なんてことはなく私はしまむーと将棋を指していた!」

卯月「えっと、これで」

未央「中々面白い手を使ってくるね! でもお遊びはここまで! 喰らえ! 強制二歩!」

卯月「え、えぇ!? 何ですかそれ? なら……三歩で無効化です!」

未央「何ぃ!? しまむーが私のアドリブに乗ってきただって!? 何の! 奥義! 将棋に碁封権!」

卯月「え? 駒の上に碁石?」

未央「これでしまむーは行動不能だ! ずっと私の番で……勝利! 未央ちゃんの勝ち!」

卯月「未央ちゃんひどいです!」

未央「私のアドリブに乗ったのが運の尽きだよ! 勝てば官軍だ!」

卯月「う……うえーんプロデューサーさーん」

P「おーよしよし俺の胸でお泣きー……じゃねぇよ! 何だよお前ら! 休日の朝っぱら俺の家で意味のわからん将棋指しよってからに! 帰れ!」

卯月・未央「嫌」

P「クソガキどもが!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 19:51:01.41 ID:ggbAHqP10
卯月「クソガキどもってひどいです!」

P「うるせー。朝っぱらから人の都合を考えずに乗り込んでくるお前らなんかクソガキで十分だ」

未央「まあまあプロデューサー君。よく見てみなよこの状況。私たち、アイドルだよ」

P「それがどうしたんだよ」

未央「お茶の間を沸かすニュージェネレーションが家に遊びに来てくれてるんだよ。ファンからしたら嫉妬で人を殺せちゃうレベルだよ」

P「毎日会ってんのに何で休日までお前らと一緒にいなきゃいけないんだって話だっての」

卯月「私は毎日一緒にいたいですよ」

P「なんてかわいいこと言ってくれるんだ卯月。ほら、キャンディやるよ」

卯月「ペロペロキャンディ。随分とカワイらしいものを置いてるんですね」

P「杏用に飴を何種類か買ってあるんだよ。と言うより、凛はどこに行った。一緒に来たはずだろ」

未央「そう言えばいないね」

卯月「私たちが将棋を指している間にいなくなっちゃみたいです」

P「いったいどこに行ったんだ」

凛「ふーさっぱりした」ホカホカ

P「何で来て早々人の家の風呂に入ってさっぱりしてんだお前は!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 20:03:20.90 ID:ggbAHqP10
凛「お風呂? 違うよ。シャワーを借りただけ」

P「変わんねーよタコ。え? 服違うけど、着替えどうしたんだよ」

凛「備え付けの服を着ただけだけど」

P「備え付け?」

卯月「タンスの中に私たちの着替えとかをしまってるんですよ」ガラー

P「え? いつの間に? うわマジだ。見覚えのない女物の服が置いてある」

未央「いつでもお泊りできるように置いておいたんだよ!」

卯月・凛「準備はバッチリ」

P「アホかお前ら! と言うより凛。髪の毛乾かしてないじゃないか。せっかくの綺麗な髪が痛むぞ」

凛「乾かしたいのはやまやまなんだけど、ドライヤーが見当たんなくて」

P「そりゃあリビングに置いてあるしな。これだ。どうだ凛。乾かしてやろうか?」

凛「……お願いしようかな」

P「ようしじゃあこっちにこい」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 20:14:48.19 ID:ggbAHqP10
凛「まさかプロデューサーにドライヤーで乾かしてもらえる日が来るなんて思いもしなかったな。フフッ。ちょっとした贅沢かも」

P「おうありがたがれよ」

未央「私もシャワー浴びてこようかな!」

卯月「私もさっぱりしたくなってきました!」

P「言っとくがお前らは自分で乾かせよ。何人もやんのはめんどくせーからな」

卯月・未央「うえー」

凛「早いもの勝ちだよ」

未央「かっちーん。しまむー! しぶりんの右腕持って!」

卯月「はい!」

凛「え? ちょっと何二人ともうひひひひ! ちょ、肘から脇に向かって指を伝わらせないで!」

P「じゃあ乾かすぞー」

凛「待って! 二人ともやめてうふっ! くくくく!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 20:32:02.62 ID:ggbAHqP10
P「はい終わり。髪の毛長いから乾かすのに苦労するな」

未央「私たちも疲れたよ」

卯月「はい。疲れました」

凛「まさか乾かしてる間ずっと擽ってくるなんて」

P「はいじゃあキリもいいし、帰れお前ら! 俺は休日をゆっくり過ごす」

未央「じゃあ私たちもゆっくりしようか。リラックスターイム!」

卯月「ぐでー」

凛「……」ペラ

P「リラックスタイムじゃない。卯月は机にへたれ込むな。凛は雑誌を読み始めるな。と言うより何でお前ら俺の家に来たんだよ。お前ら誰かの家でいいだろ」

未央「私の部屋は兄弟で共用だし」

P「そうだったな」

卯月「私の部屋は汚いですし」

P「片付けろよ! 一人で片付かないなら三人で片づければいいじゃん」

凛「私はまあ、プロデューサーの家でいいんじゃないって提案したし」

P「凛は私の家に来てって言えるくらいの度量を持てよ」

未央「まあそんなわけでしぶりんの提案でプロデューサーの家に行こうって話になったんだ」

卯月「満場一致で採決されました」

P「俺が何かの予定で出かけてるって発想はなかったのか」

凛「今日プロデューサーが何の予定もないってのは把握済みだから」

P「えぇ……」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 20:43:48.53 ID:ggbAHqP10
未央「まあプロデューサーの家は私たちの家でもあるって認識だしさ」

卯月・凛「だよね」

P「誤認だぞ」

未央「だってほら。私の名前入りのコップ置いてあるし」

卯月「プロデューサーさんと私たちが映っている写真立は私が持ってきました」

凛「インテイリア用の花はウチの花屋のだし」

P「ほんとだ。よく見たらお前らの持ち込み物がそこらかしこに置いてやがる。今度処分しなきゃ」

未央「おぅ!? プロデューサーが物騒なこと言ってる!」

卯月「す、捨てませんよね。この写真は私の宝物なんですよ」

凛「捨てられる前にこの花を床に植えなきゃ……!」

P「錯乱してやがるこいつら。わかったよ。もう持ってこないなら今置いてあるのは見逃してやる」

未央「マジで!」

凛「ありがとうプロデューサー」

卯月「今度持ってくる時はちゃんと一言言いますね」

P「持ってくんなっつってんだろ!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 21:24:49.38 ID:ggbAHqP10
P「帰る気ないならいいよ。俺は俺でゆっくりするから。邪魔すんなよ」

卯月「何するんですか?」

P「映画見るんだよ映画。シリーズものを借りてきてるんだ」

凛「何借りてきたの?」

P「トランスフォーマー」

未央「それ知ってる。ロボットのやつだ!」

P「まあロボットって言えばロボットだけど。今年、新作が公開されるから今のうちに見直そうって思ってな」

卯月「人気シリーズ何ですか?」

P「人気シリーズなんてもんじゃないぞ。元が日本発祥のでアメリカのアニメでな。国民的なキャラクターって言っても過言じゃない。そのアニメを基に作られたのが実写版トランスフォーマーだ」

凛「全部で四本あるね」

P「そうだ。一作目が2007年に公開されたトランスフォーマー一作目。二作目がリベンジ。三作目が初期三部作の最終作ダークサイドムーン。そして現時点での最新作のロストエイジ。トランスフォーマーの実写は大味だけどスクリーン映えするド派手な演出が目玉だ。映画館で見なきゃ損だ損」

卯月「じゃあ次が五作目ってわけですか」

P「そう! 第五作目の『トランスフォーマー:最後の騎士王』! 原題は『Transformers:The Last Knight』! 前作から三年の歳月をかけて作られた今作は何と言っても気になるのはオプティマスとバンブルビーが戦っていたトレーラーだ! それに日本公開のタイトルが今までと違って最後の騎士王って邦題になったのも気になるところ。正直今迄に倣ってラストナイトでよかった気もするけどまあいい。それに来年と再来年、一年おきにトランスフォーマーの新作映画が公開されるのも決まっている! その中でも来年の映画はバンブルビーに焦点を置いたスピンオフだって聞いている! トランスフォーマーアドベンチャーのアニメもやっていたし、今年からは確実にトランスフォーマー旋風が吹き荒れることが間違いなしだ! 楽しみだなほんと!」

未央「オタクだ」

卯月「オタクですね」

凛「奈緒とはまた違う感じのオタク」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 21:34:19.12 ID:ggbAHqP10
P「というわけでお前らは適当にだべってるんだな」

卯月「だべってろって言われました」

凛「どうする」

未央「じゃあさ。私たちの中で一番モテるのは誰だと思う?」

P「……ん?」

未央「私はしぶりん!」

凛「卯月」

卯月「未央ちゃんです」ピース

未央「ふぅ。やっぱこうなっちゃったか」

凛「誰も譲る気はないんだね」

卯月「二人とも魅力的ですし」

未央「よし。プロデューサー!」

凛「この中で一番」

卯月「誰がモテると思いますか!」

P「そのパターンやめろ! 問題提起してじゃんけん方式の答え出して俺に答えを求めるのをやめろ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 22:36:32.19 ID:ggbAHqP10
未央「まあまあ答えてよ。アイドルとしてのモテ度ってまんま人気につながるんだから。私たちにとっての指標にもなるし」

P「だったら一番は自分だって自己顕示しろよ……アイドルだから三人ともモテる。以上」

凛「雑ッ!」

未央「プロデューサー。こう、アイドルじゃなかったら誰が一番モテるかって話だよ」

P「……残念ながらアイドルじゃないお前たちを俺は知らない。いや、知りたくないんだ。そう、アイドルをしていないお前たちなんて想像をしたくない。そうじゃないと、俺たちの出会いを否定することになるからな」

卯月「プロデューサーさん……いいこと言っているようで面倒だから答えたくないってだけですよね」

P「うん!」

凛「私はアイドルになる前、毎朝早起きしてハナコの散歩をしてたよ」

P「アイドルになる前のことを語るのか。てか散歩はアイドルになってからでもやってるんだろ」

卯月「私は朝が弱くてママに起こしてもらってます」

P「何? 何で君ら赤裸々に自分の寝起き事情を俺に語ってるわけ。もうちょっとプライベート隠せよ」

未央「私は家族で一番早起きだよ。そして皆を起こしに回ってるんだ」

P「一番の早起きか。それはいいことだ。早起きは三文の徳。えらいぞ未央」

未央「えへへ。撫でてもらっちゃった♪」

凛「私も家族で一番早起きだよ」

卯月「私も一番早起きして家族を起こして回ってます」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 23:55:08.27 ID:ggbAHqP10
P「うづきちくーん。何君しれっと五秒前の発言と真逆のこと言ってんのかな? 凛太郎も。俺は知ってんだぞ。お前の両親は店を開けるから自分より早起きだって言ってたじゃないか」

凛「ッチ!」

P「まあ凛太郎はまだ早起きしてるからいい。だけどうづきち君。お前はダメだ。盛大な大嘘をかますなんて感心しないな。朝弱いんだろ?」

卯月「それが嘘です。本当は早起きして皆を起こしているというのが本当でふ。あええふあふぁい。ほおおひっはららいれふらはい」

P「いつからお前は嘘に嘘を重ねるような悪い子になったんだ卯月。俺は悲しいぞ」

卯月「ぶえぇ……だってプロデューサーさんがちゃんと答えてくれないから」

未央「そうだそうだ! ちゃんと答えないからしまむーが嘘をつく悪い子になるんだぞ!」

P「だってちゃんと答えてもそのあとブチブチ文句言ってくるから面倒だし」

凛「じゃあ、事務所の中でモテるだろうなって人を言ってよ」

P「そんなの美優さん、美波、美嘉辺りだろうな」

卯月「キレイどころですね」

凛「と言うより名前がみで始まる人ばっかだし。ん? どうしたの未央?」

未央「その法則で行くとさ。この中で一番モテるのはみで始まる未央ちゃんが一番ってことじゃないかな!?」

凛「えぇ……」

P「じゃあ未央が一番モテるってことで、決定」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 00:09:23.38 ID:CsrMAO7h0
未央「理由は? 理由は何? 今言ったみで始まるからとか言わないでね」

P「えぇ。いいじゃん一番モテるってことで。ほら、何を答えたって根掘り葉掘り聞かれる」

卯月「でも理由は大事ですよ」

凛「ついでに私と卯月がどっちがモテるかも決めてね」

P「実際問題告白されたとか言いあったらいいじゃないか。俺に聞くってのは誰がモテるかじゃなくてモテそうかを聞いてるようなもんだぞ。あぁ……未央、凛、卯月の順。以上」

凛「雑ッ!」

未央「で、理由は?」

P「えーっとまず卯月」

卯月「はいっ」

P「まあ卯月はキュートらしくとてもかわいらしいけど、アイドルする前はごく普通の女の子だったんだろ。派手とは言えず自己主張の少ない地味寄りの女の子だったんじゃないか? かわいいよなと言われるけど告白する奴が少ない感じ」

卯月「ど、どうでしょうか?」

P「ただし、だからこそお前に恋する奴はとことんマジになるやつが多そうだ。つまり、卯月は自己主張の少ない地味系の男子に絶大な人気を誇る! 俺はそう思うな」

未央「そう思う?」

凛「当たっているようで外れてる気もするけど」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 15:48:12.30 ID:CsrMAO7h0
P「次に凛」

凛「ん」

P「この三人の中では一番のキレイどころだ。そう言う意味じゃあ一番モテるだろう」

卯月「凛ちゃん髪もきれいですしスタイルもいいですもんね」

P「でもまあ、ピアスしてるから不良っぽく見えるし、性格きつそうだし、アイドルやってないお前はどこかしら男子に対して壁作っていそうだから二位」

凛「……」

P「次に、未央」

未央「えっと、自分で言ってなんだけど。しまむーとしぶりんよりモテるのはないかなーって」

P「謙虚だな。だけどな。お前には二人にない物がある。それは積極性だ。未央、お前はプライベートで男女問わずに友人多いだろ」

未央「そりゃあ、ね! 未央ちゃんだし」

P「いいか三人とも。男ってのはなぁ。案外愚かな生き物なんだ」

凛・未央「知ってる」

卯月「プロデューサーさんを見てればわかります」

P「クソガキどもが!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:06:12.32 ID:CsrMAO7h0
未央「で、それがどうしたの?」

P「俺が思うにモテる女子ってのは見た目もある、性格の良し悪しもあるけどそれ以上に『話を楽しそうに聞いてくれる』ってのがモテると思う」

卯月「話をですか?」

P「もちろんそれがすべてじゃないけど、事務所の未央を見ている限り学校でもいろんな奴と楽しそうに会話をしてるんじゃないか? 男はな、自分の話を興味を持って楽しそうに聞いてくれる女の子に対して『あ、この子俺に気があるんじゃないか』ってつい思ってしまうんだ」

凛「プロデューサーもそうなの?」

P「俺はどうでもイイんだよ。とにかくだ。お前はなんかこう、親近感沸いてこいつ俺に気があるんじゃないかって思わせるタイプのモテ方だな」

凛「まあ、色々とスキンシップも多そうだしね未央は」

卯月「未央ちゃんは元気いっぱいで一緒にいると元気をもらえますしね」

未央「いやぁそんな。照れるな」

P「つーわけで話はまとまった。俺は映画を見るから静かにしてろよ」

卯月「事務所の中で一番モテるのって誰でしょうか?」

凛「うーん。皆美人で楽しい人たちばっかりだし」

未央「誰だと思うプロデューサー」

P「だから聞くなっての」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:17:48.14 ID:CsrMAO7h0
凛「でも実際誰だと思う? 奏あたり?」

P「あいつは美人だけど、ぜってー同級生ってか未成年は相手にしないタイプだろ。アダルト思考だから」

卯月「まゆちゃんはすっごい気立ても良くて女の子らしくてかわいらしいですよ」

P「あいつはモテることには興味なさそう。むしろ自分から愛することが大前提だろ。なんか好きなやつがいるらしいけど、誰だか知らんがアイドルだからそこら辺は自重も必要なのにな」

未央「なつき」

P「あいつはいろいろ反則だろ。かっこよくて美人で、と言うより男より女にモテそう」

凛「じゃあプロデューサーは誰が一番モテると思ってるのさ」

P「皆モテモテだよ……と言いたいところだけど。楓かなぁやっぱり」

卯月「あー」

未央「すっごい分かる」

P「でもまあ昔は今ほど明るい性格でもなかったし。美人なんだけどモテるって言うより彼女にできればそれだけで男の価値があがるみたいな、ある意味ブランドみたいなモテ方だった気がするな」

未央「昔からって、プロデューサーってかえ姉さまとそんなに昔からの付き合いなの?」

P「……それなりに」

凛「ふーん」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:34:25.46 ID:CsrMAO7h0
P「でもまあ、アイドルになったからこそモテモテになったってやつは知ってるぞ」

卯月「誰ですか?」

P「確信を持って言える。みくにゃんだ」

未央「うわ出たみくにゃん」

凛「ほんとみくのこと好きだね」

P「あいつはな。ウチの事務所の中で最強の『ギャップ萌え』だ」

卯月「ギャップ萌えですか?」

P「アイドルではイケイケのニャンニャンコスでみんなを魅了する女の子。しかし普段は眼鏡をした生真面目な委員長的女の子。この相反属性に双方の魅力がまるで競い合うように吊り上がる。アイドルのみくが普段はあんな姿、学校でのみくがアイドルであんな格好をと男心をくすぐってくれる。みくはロマンの塊だ」

未央「すんごいみくにゃんの魅力を語ったよこの人」

凛「気持ち悪い」

P「ちなみに楓にもみくにゃんはロマンの塊だって言ったんだけど。何でか楓は『随分と小さい人ですね』って答えたんだ」

卯月「意外ですね。そんなこと言うなんて」

P「俺だって変に思ってな。何でかって聞いたらこう答えたんだ。だってみくちゃんにロマンを感じたら『みくロマン(小さい人)』ですからってな」

凛「みくロマン……」

未央「かえ姉さまっぽいね」

P「まあそこに間髪入れずに菜々さんが『おもちゃのミクロマンの話題ですか? 懐かしいなぁ。トランスフォーマーの元ネタって知ってます?』って話に入ってきたんだよ。その直後に比奈ちゃんからそんなアニメがあることを聞いたんですとか言ってきたんだけど、やっぱ面白いわあの人」

未央「ミクロマン? なにそれ?」

凛「さぁ?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:52:21.98 ID:CsrMAO7h0
卯月「お昼ごはん作ってきましたー」

未央「鍋敷き!」

P「もう昼か。何作ってきたんだよ」

凛「おもちがたくさん残ってたからお汁粉を作ったんだ」

P「人の家の食材を遠慮なく使いやがって。と言うよりいつまでいるつもりだよ」

三人「夜」

P「朝の八時に来て一日居座る気かよ! 夕方には帰れ」

未央「なんでさ。用事でもあるの」

P「一日居座られるのが嫌だってのもあるし、晩飯に予定が入ってるんだ」

卯月「誰かとお食事に行くんですか? 営業先の方とか?」

P「いや、みくにゃんと」

未央「……え? うそ!?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:59:56.96 ID:CsrMAO7h0
P「嘘って何だよ」

凛「だってみく。プロデューサーにベタベタされて鬱陶しがってたじゃん」

P「まあ、ちょっと構い過ぎたなーとは思ってるよ。最近避けられてたし。何となく飯でも行くかーって聞いたら。めんどくさそうにだけど、行くって言ってくれてさ。あいつの好きなハンバーグステーキでも食わせてやろうって思ったんだ」

卯月「二人でですか?」

P「ああ」

凛「ふーん。みくとふたり」

未央「いーなーみくにゃん。プロデューサーとご飯」

P「……お前らも行くか?」

卯月「いいんですか?」

P「みくも俺と二人より多い方がいいって言うだろう。まあ一応。許可は取るけどな。電話するわ」

未央「電話できるんだ」

卯月「前は着信拒否されてましたよね」

凛「前のゲリラしゃぶしゃぶの時に拒否されてたよね」

P「よし。みくもPチャンと二人よりは安心とか言って許可が出たぞ。というわけで、出発は五時だ。それまで……映画見るか」

三人「わぁー!」

おわり
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 17:10:37.99 ID:CsrMAO7h0
みくにゃんは同じ猫のジャガー君
ままゆは常にメガトロンってしてるので慈愛大帝
はるちんはかつてはメガトロンの首だったはずの金属の塊を蹴っ飛ばして、サッカーでもして遊ぼうとするチャージャー
軍曹はコンバットロン部隊の一員
ヒョウくんはダイノボット
ニュージェネはゲッターロボ
晶葉博士はホイルジャック先生
ダチャーンは主人公

2017年夏実写TF最新作『トランスフォーマー最後の騎士王』公開 みんな観よう。

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク