真姫「初めてのファンレター」

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:30:21.95 ID:B++w0H5s
真姫「あら?下駄箱に何か入ってるわね」

真姫「手紙かしら?これってまさか…」

真姫「噂には聞いた事あるけど、女子高でもこういう事あるのね…」

真姫「中身を見ないなんていうのも失礼だし、後で一応見ましょうか」

凛「ま~きちゃん!何してるの?」

真姫「な…何でもないわよ」
2: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:31:02.26 ID:B++w0H5s
凛「あ~!今何か隠したでしょ!?」

真姫「別に隠してないし…」

凛「凛にも見せて~!」

花陽「り…凛ちゃん、真姫ちゃん困ってるよ?」

凛「だって真姫ちゃんが…」

花陽「それに、そろそろチャイムなるから…ね?」

凛「む~…分かった…」

凛「その前にトイレ行ってこよっと」
3: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:31:43.10 ID:B++w0H5s
真姫「…助かったわ、花陽」

花陽「うん。それにお手紙見えちゃったの…ごめんね」

真姫「まあ…謝る必要はないけど」

花陽「それってどんな事書いてるのかな?もしかして…///」

真姫「何で花陽が照れてるのよ…。差出人も書いてないし、正直内容まで分かんないわ」

真姫「その…ラブレターの可能性も捨てきれないけど…」

花陽「あわわわ…やっぱり…」

真姫「そんな事より早く行きましょ?遅刻しちゃうわ」

花陽「うん…」
4: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:32:58.93 ID:B++w0H5s
真姫(はぁ…本当にラブレターなのかしら?)

真姫(一時間目は自習みたいだし、読んでみましょうか)

真姫(えっと…)

真姫(初めて真姫ちゃんの事を見てからずっとファンです!)

真姫(ふふっ…これってファンレター?)

真姫(アイドル始めてからも、イマイチ実感がわかなかったというか…)

真姫(だけど、ファンの人が手紙を書いてくれるのは嬉しいわね)
5: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:33:27.42 ID:B++w0H5s
真姫(続きは…)

真姫(初めて真姫ちゃんを見たのは、音楽室で一人で歌ってる姿を見た時です)

真姫(綺麗な子が綺麗な歌声で歌っていて、とても驚きました)

真姫(あら…見られてたのね)

真姫(昔は一人で歌ってても良かったけど、今はステージでμ’sのみんなで歌う方が…)
6: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:34:03.90 ID:B++w0H5s
真姫(そんな真姫ちゃんがスクールアイドルを始めてくれてとても嬉しいです)

真姫(真姫ちゃんの綺麗な顔も、歌声も、作る曲も全部好きです)

真姫(ここまで褒められると…さすがに恥ずかしいわね…)

真姫(ちょっと負けず嫌いで、陰でこっそり練習している頑張り屋さんなところも好きです)

真姫(…悪かったわね)
7: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:34:37.62 ID:B++w0H5s
真姫(これからも応援しています。練習頑張ってください…か)

真姫(ふふっ、月並みだけど嬉しいわ。アイドル…始めて良かったかも)

真姫(二年生の三人が私の曲を歌ってくれた時も嬉しかったし…)

真姫(初めてステージに立った時も、ドキドキして楽しかった…)

真姫(でも、こうして手紙を貰うのは別の嬉しさというか)

真姫(アイドルって凄いわ…始めてから毎日が新鮮で…ワクワクする…)
8: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:35:22.88 ID:B++w0H5s
真姫(でも、誰が書いてくれたのかしら?)

真姫(名前を書いていないって事は、知られたくないって事でしょうけど)

真姫(身近にファンがいるって本当に嬉しいわね)

真姫(なんだか、久しぶりに一人でピアノ弾きに行きたくなっちゃったわ)

真姫(お昼にでも音楽室に行きましょうか)
9: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:36:00.32 ID:B++w0H5s
花陽「あれ?真姫ちゃんどこ行くの?」

真姫「ちょっとね」

花陽「もしかして、お返事を?」ドキドキ

真姫「あれは、ただのファンレターよ」

花陽「そっか、だから今日の真姫ちゃんずっと笑顔だったんだ」

真姫(私がずっと笑顔…ね)

真姫(私らしくないけど、今日だけはいいかも)クスッ
10: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:36:29.49 ID:B++w0H5s
真姫「~♪」

穂乃果「…」ジーッ

真姫「うえっ!?びっくりさせないでよ!」

穂乃果「ごめんね、真姫ちゃん」

真姫「何の用よ…全く…」
11: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:37:59.09 ID:B++w0H5s
穂乃果「最近、真姫ちゃんが歌ってる姿見てないなって思って」

真姫「練習で一緒に歌ってるんじゃないのよ」

穂乃果「あはは…そうじゃなくて」

穂乃果「音楽室で、ピアノを弾きながら一人で歌ってる姿をね。だから今日会えて嬉しいな」

真姫「そういう事…まあ、いいわ」
12: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:38:34.73 ID:B++w0H5s
穂乃果「?」

真姫「勝手に歌ってるから、穂乃果も勝手にしてていいわよ」

穂乃果「いいの…?」

真姫「何を気にしてるのよ」

穂乃果「だって、真姫ちゃんがピアノを一人で弾いてる所を見ると止めちゃうし…」
13: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:39:03.75 ID:B++w0H5s
真姫「今日は特別よ」

穂乃果「えへへ…やった!」

穂乃果「穂乃果、初めて見た時から真姫ちゃんのピアノも歌声も大好きだから…」

真姫「何を言い出すのよ…///」

穂乃果「あっ…なんでもないよ」アハハ

真姫「意味分かんない…」
14: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:39:51.54 ID:B++w0H5s
真姫(本当、穂乃果ってバカね)

真姫(そんな事言われたら、誰があの手紙出したかなんて分かるじゃない)クスッ

真姫(初めて会った時は、いきなりアイドルをやらないだの言われたり)

真姫(次は腕立て伏せをやらされたり、本当にめちゃくちゃな先輩なんだから)

真姫(まあいいわ。今日は弾いてあげる。穂乃果の為にね)

穂乃果「真姫ちゃん?どうしたの?」
15: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:40:25.58 ID:B++w0H5s
真姫「相変わらず、穂乃果はめちゃくちゃでバカだって考えてたの」

穂乃果「えーっ!?真姫ちゃんひどいよぉ…」

真姫「はいはい。静かにしてないと弾かないわよ?」

穂乃果「はぁい…」

真姫(懐かしいわね。こうして穂乃果の前で歌うのはいつぶりかしら?)

真姫(まあいいわ。私の大切なファンの為にアイドル西木野真姫のソロステージ聞かせてあげる♪)
16: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:40:58.11 ID:B++w0H5s
穂乃果「えへへ、やっぱり真姫ちゃんの歌好きだな」

真姫「そ。ありがと」

穂乃果「それじゃあ、穂乃果行くね!」

穂乃果「今日も練習頑張ろうね!真姫ちゃん!」

真姫「はいはい」クスッ
17: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:41:27.27 ID:B++w0H5s
真姫(穂乃果、一つだけ大切な事を忘れているわ)

真姫(私の作った曲を始めて歌ってくれた時、その瞬間からあなたのファンになったの)

真姫(だから、私も穂乃果に送るわ…初めてのファンレターを)

真姫(もちろん、匿名でね♪)
18: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:41:55.13 ID:B++w0H5s
おわり
19: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:46:13.75 ID:Y6cOls8j
乙最高です
20: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:46:57.83 ID:xR/l+c+A
ええやん!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク