浜風「くっ殺せ!」提督「えぇ・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:03:08.82 ID:bkUY2vuC0
提督「初対面で急に何を言い出すのこの新人は・・・」

浜風「まさか着任した鎮守府の提督がオークだなんて・・・」

提督「ひどくない?確かに太ってるけど怪物扱いは」

浜風「きっとその滾る獣欲を艦娘にぶつけているのですね・・・」

提督「してないから、やめて獣欲とか」

浜風「私にもその性欲を向ける気なのですね、しかしこの浜風は誇り高き陽炎型駆逐艦!」シュルシュルカンッ

提督「なんで艤装外してんの?」

浜風「簡単に言うとおりになると思わないでください!」

提督「とりあえず遠征行ってきてくれる?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487944988
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:03:29.21 ID:bkUY2vuC0
浜風「くっ私をこんなものでどうする気ですか!」

提督「それドラム缶ね、遠征用にね」

浜風「・・・まさかこれは催淫器具!?」

提督「輸送用だね、そんなものはないからね」

浜風「道理で息切れが起こって体が熱くなるはずです!」ハァハァ

提督「それ結構重いからね、そのせいだね」

浜風「きっとそのまま「口ではそう言っても体は反応しているぞ~」とか言い出すのですね・・・」

提督「言わないから、セリフ付けるのやめて」

浜風「「この淫乱雌豚駆逐艦がぁ~」「お前はこれから赤ちゃん工作艦になるのだ~」「孕むでテーイトクックック」・・・」

浜風「・・・・下衆が!!」

提督「妄想で俺を蔑まないで、なにその語彙力は」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:04:06.45 ID:bkUY2vuC0
提督「結局遠征行かなかったよこの子・・・」

浜風「こんな性欲の権化から目を離す訳にはいきませんから」

提督「まだ何もしてないのに見た目だけで性欲の権化とか言わないで」

浜風「まだ・・・?くっ殺せ!」

提督「これからもしないからね、想像働かせないでね」

浜風「いいでしょう・・・覚悟を決めました!」

提督「なにを?」

浜風「しかし体は好きにできても心まではけっして言うとうりになるとは思わないでください!」ドスドスファサァ

提督「勝手に模様替えしないで、お布団敷かないで」

浜風「さぁ!かかってきなさい!」コイコイ

提督「いいから机戻して」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:04:49.86 ID:bkUY2vuC0
浜風「おいひぃです」モグモグ

提督「そう?良かった金剛お手製スコーンは気に入ったみたいだね」

浜風「もへもへもっふぁ!!もっふぁふぁむへむぉ!」ファボファボ

提督「キタね!口に物入れて喋らないで!」

提督「ほらお茶飲んで」

浜風「クピクピ・・・ぷぁ!」

提督「落ち着いた?」

浜風「は、はい・・・はっ!体が熱く・・・まさか!」

提督「顔も赤いね、喉に詰まった?」

浜風「このお茶に媚薬を仕込みましたね!このエロオーク!」

提督「おーう・・・そう来たか」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:05:19.67 ID:bkUY2vuC0
龍驤「キミー資料持ってきたでー」クッテイトクナニヲシコンダンデスカ!

提督「ああ、ありがとう助かったよ」クックックッドウヤラクスリガキイテキタヨウダナ

龍驤「次の海域の資料なんてまだはやない?」ナンテコトヲ・・・アウッ

提督「準備はできるだけ早くしておきたいからな」フフフモウコンナニハンノウシテ・・・

龍驤「頑張るのはええけどあんま無理はせぇへんでな」ソ、ソレハテイトクガクスリヲ

提督「分かってるさ、けど俺は戦えないからな」ダガココマデハンノウスルノハインランノアカシダ

提督「少しでもお前たちの力になりたいのさ」ソ、ソンナコトハ・・・クゥンッ

龍驤「・・・せやからこそ無理はしたらアカンで」クククソウハイッテモカラダハショウジキダナ

龍驤「ウチらはみんなで戦ってるんやからな」アッ!ウゥン!・・・ヤァウ

提督「・・・そうだな、ありがとう龍驤」ドウヤラジュンビハデキタヨウダナ

龍驤「えへへ・・・一緒に頑張ろうな!」アア・・・ソンナ・・・オオキイ

提督「ああ!」アウッウウン!ハッ!ハッ!・・・クッナカニダスゾ!



イヤアアアアナカハヤメテエエエエエエエ!!!



龍驤「ところであの子一人でぶつくさ言ってるけどどうしたん?」ハラムデテーイトクックック

提督「放っといてあげてくれ」ニンシンカクジツウウウウウ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:05:49.60 ID:bkUY2vuC0
~そして浜風が着任して数日が過ぎた~

浜風「はっはっは・・・」

卯月「浜風ちゃ~ん、おはようぴょん!」

浜風「はぁはぁ・・・卯月さん、おはようございます」

卯月「浜風ちゃんは朝からお疲れぴょん!」

浜風「私はまだ練度が足りませんからね」フゥー

浜風「少しでも努力をしたいんです」

卯月「でもそんなにびっしょりだと風引いちゃうぴょん!」

卯月「シャワー浴びた方がいいぴょん」

浜風「そうですね・・・でももう少しだけ・・・」

浜風「走ってきますね」

卯月「えらいぴょん!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:06:24.27 ID:bkUY2vuC0
浜風「ふぅ・・・さっぱりしました」

吹雪「あっ!浜風ちゃんおはよー!」

浜風「吹雪さん、おはようございます」

吹雪「早いね、朝練?」

浜風「ええ、汗を流したのでこの後提督の所へ行こうかと・・・」

吹雪「そうなんだ、私はこれから走り込みだよ」

浜風「吹雪も性が出ますね」

吹雪「私も頑張って司令官の力になりたいからね!」

浜風「ふふっ・・・お互い頑張りましょう」

吹雪「えへへ・・・じゃあ行ってくるね!」スタター




提督「えぇ・・・」

浜風「はっ!この姦淫の気配は・・・孕ませオーク仮面!!」

提督「えぇ・・・」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:07:44.65 ID:bkUY2vuC0
浜風「影からこそこそと私を視姦して襲うタイミングを図ってたんですね!いやらしい!」

提督「違うから、ただ少し驚いて声をかけるタイミングが無かっただけだから」

浜風「この私の巨乳にびっくり大興奮!?この変態!」

提督「違うって・・・お前って誰にでもそういう態度取るのかと思ってたからマトモで驚いただけだよ」

浜風「人によって態度を使い分けるのは生きる上で必要なことでは?」

提督「いやそうだけどさぁ、俺への態度はそれでいいの?」

浜風「自分の身を守る為の用心は多少過剰でもいいと思ってます」

浜風「それが事あるごとに駆逐艦に性的興奮を発し「そんないやらしい体をしてる方が悪いんブヒィ!」などという方なら更にです」

提督「言ってないから、鳴き声とか完全にブタ扱いはやめて」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:08:32.55 ID:bkUY2vuC0
浜風「クッキーおいひぃですね」モグモグ

提督「物を食べてる時は大人しいんだがなぁ・・・」

浜風「ミルクも頂きます・・・変なものは入ってませんよね?」

提督「ないから黙ってお飲み」

浜風「では遠慮なく」クピクピ

提督「年相応の子供にしか見えないのになぁ・・・」

提督「顔も整ってるし、髪もキラキラ光って綺麗なのになぁ」

浜風「なっ!何を言い出すんですか!」

提督「ん?声にでてたか?ごめんな」

浜風「わっ私の髪が綺麗などと・・・」カァッ

提督「んっ?浜風顔が赤いぞ・・・?」

浜風「・・・まさか提督が催淫魔法を習得していたとは・・・エロオークマージ!子作り大好きマン!」

提督「黙ってたらなぁ・・・」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:09:25.54 ID:bkUY2vuC0
浜風「まったく提督は油断なりませんねまさに全身ギルガメッシュないと!!」

提督「俺がまったくって言いたいわ」

浜風「その全自動エロフェロモン発生の体臭を抑えていってください」

提督「はぁ・・・誰にでもそんなこと言ってたらいつか本当に襲われちゃうぞ」

浜風「この浜風、仮にも艦娘です。そう安々と負けたりはしませんよ」

浜風「それに好きでもない相手に襲われたいと思うほど浜風はスケベではありません」

提督「一体どの口が言ってるん・・・」

提督「・・・え?」

浜風「・・・あっ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:10:04.95 ID:bkUY2vuC0
浜風「ちっちちちちちがいます!あれは言葉の綾というかそういうこではなくてしかし決して嫌いというわけでもなくて」

提督「お、おう・・・」

浜風「あの、その・・・」

提督「・・・・」

浜風「・・・・・・・あう」

提督「あー・・・あのさ、どこに浜風がそう思う箇所があったのさ?」

提督「散々、ってか初対面でボロクソだったのにさ」

浜風「・・・・・」

浜風「・・・・見た目が」

提督「見た目が!?うそでしょ!?あんだけボロクソ言ってたのに!?」

浜風「一目惚れでした・・・」

提督「なにこの複雑な嬉しさ・・・素直に喜べない」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:11:01.00 ID:bkUY2vuC0
浜風「あの・・・それで提督は私のことをどう思ってますか・・・?」

提督「あー・・・なんというか、おれm・・・・」

加賀「勤務中にイチャつかないで欲しいわね」

「「!!??」」

加賀「遠征の資源の増減や今後の予定など頼んで自分は駆逐艦と遊び呆けて・・・」

龍驤「キミから頼まれて色々集めたのにひどい仕打ちやわー」

提督「あーすまん、いや別に俺達はそういうことしてたわけじゃなくて」

浜風「ち、違います!提督が「俺はイケメンダンサー!君の乳首で恋ダンスを踊らせたい!」とかいうから!」

加賀「えぇ・・・・」

提督「言ってない!言ってないから!!」

浜風「「俺の名前は闇医者提督・ジャック!君の胸を重点的に触診してあげるよ!テーイトクックック」」

龍驤「えぇ・・・」

提督「だから言ってないって!捏造はやめて!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:12:19.45 ID:bkUY2vuC0
加賀「しかしまさか提督と浜風がそんな関係とはね」クスクス

浜風「!?」

提督「あー・・・聞いてたのか」

龍驤「盗み聞きしてたんやないで、外まで声が響いてたんや」

浜風「!?」

提督「浜風声でかいからなぁ・・・」

浜風「み、皆さんとりあえず落ち着きましょう!」

龍驤「焦ってるのキミだけやで」

浜風「ほっほら!美味しいお菓子もありますよ!」

加賀「それはいいけれど、貴女・・・そんなに食べてばっかりだと太るわよ?」

浜風「ご心配なく、運動はしてますから」

提督「でも浜風、出撃も遠征も全然しないじゃないか」

浜風「食べる以上にカロリーを消費すればそうそう太ることなど・・・」

加賀「どれどれ」

お腹「ぶよっ」



「「「「・・・・・・・」」」」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:12:46.99 ID:bkUY2vuC0







浜風「くっ殺せ!」

提督「えぇ・・・」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:14:18.22 ID:bkUY2vuC0
終わり
急に浜風で短い物を書きたくなった
浜風はマジメで良い子なので愛でるだけじゃなくみんな育てよう!
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:15:35.73 ID:V+o3ibEDO
いや、余分な腹の肉は育てない方が…
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:16:01.68 ID:bomhLBi7o
浜風はなんでいつもこんなふうにされるのか
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:24:56.26 ID:ciTnoLWRO
そこに浜風がいるから

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク