幸子「ち、注射なんて怖くないに決まってるじゃないですか!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:25:09.60 ID:s20rCkLwO
幸子「あー寒……そろそろ冬も近いですね」

小梅「そ、そうだね……日が暮れるのが早くなって……みんな集まってくる、よ」

輝子「フヒ……空気が乾燥するから、キノコには少し辛い……」

幸子「ところで、机の下にいて寒くないんですか?」

輝子「最初は寒いけど……長くいると熱がこもってきて、暖かくなるぞ」

幸子「ふーん……そういうものなんですね」

小梅「……あ、この前のクリスマスの箱なら、倉庫にある、と思うよ……」

幸子「いやいや、狭い所に入ろうなんて考えてませんし、そもそもあの箱イブさんに持っていかれましたし」

輝子「……あ、冬といえば」

小梅「鍋」

幸子「鍋に最適なお供がすぐそこに」

輝子「ノォーーーマイフレェェェーーーンズ!!!」

輝子「……じゃなくて」

小梅「じゃなくて……?」

輝子「予防接種……」

幸子「うっ」

小梅「あー……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444620309
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:29:24.22 ID:s20rCkLwO
幸子「そ、そうですね、インフルエンザとかが流行る時期ですもんね」

小梅「う、うん……」

輝子「ちひろさんから聞いたんだけど……今度、会社で一斉にインフルエンザの予防接種をするらしい……」

幸子「え」

輝子「費用は、全部会社負担……私達は無料で予防接種できる……」

小梅「え、全額負担……? ちひろさんが、珍しい……」

幸子「休んだ時の損失と比べたらってことなんでしょうね」

小梅「あー、そうかも……」

幸子「まあ、ボクは受けませんけど」

輝子「え?」

小梅「え?」

幸子「え?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:33:16.97 ID:s20rCkLwO
輝子「予防接種、しないの?」

幸子「まあ、そうですね」

幸子「ほら、ボクってば身体は丈夫な方なので!」

幸子「去年もインフルエンザにかかりませんでしたし!」

幸子「カワイイですし!」

小梅「カワイイ関係無い、よね……」

幸子「とにかく、しませんので!」

輝子「…………」

輝子「注射怖いの?」

幸子「ふぐっ……!?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:38:02.46 ID:s20rCkLwO
幸子「そそそそんな訳無いじゃないですか!」

幸子「無いじゃないですか!!」

幸子「このカワイイボクに限って!」

輝子「カワイイ関係無い、でしょ……」

小梅「ひ、必死……」

輝子「きっと、小さい頃に注射して、泣いちゃったとか……」

小梅「泣いちゃった幸子ちゃん……うん」

幸子「二人して何を考えてるんですか」

幸子「とにかく! 予防接種は受けませんので!」

幸子「でも注射が怖いとかそんなんじゃないので!」

幸子「ボクはカワイイので!!」

輝子「ま、まあ、私達は何も言わないけど……」

小梅「う、後ろ……」

幸子「後ろ?」チラ

モバP「やあ」

幸子「あ、プロデューサーさんじゃないですか」

モバP「予防接種、受けないんだって?」

幸子「ギクゥッ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:43:50.77 ID:s20rCkLwO
幸子「き、聞いてたんですか」

モバP「概ねな」

幸子「女の子の会話を盗み聞きするなんて趣味が悪いですね!」

幸子「でもボクはカワイイから許してあげますよ!」

モバP「盗み聞きするも何も、最初からいたんだけど」

輝子「うん、いた……」

幸子「え? だって、机には輝子さんと小梅さんが、え?」

モバP「机の下はそこの2人、机の椅子は幸子に占領されてたから、仕方無くソファーの方で書類整理してたわけだが」

幸子「ちょっと! いるなら教えてくださいよ!」

小梅「き、気付いてなかったの……?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:48:58.97 ID:s20rCkLwO
モバP「とにかく、話は聞かせてもらったってことだ」

幸子「そ、そうですか」

モバP「まあ……俺は何も言わないよ」

幸子「へっ?」

モバP「好きにしたらいいさ」

幸子「は、はい……」

幸子「てっきり、受けろ受けろと矢継ぎ早に言われるかと思ったんですが」

幸子「突っかかってこないと、逆に不気味ですね……」

モバP「押してダメなら……ってやつさ」

幸子「フフーン! そんなに簡単に釣られるボクではないです!」

モバP「マジかー、もうちょっとチョロい子だと思ったんだけどなあ」

小梅「ほら、カワイイって、言わないから……」

幸子「カワイイって言えば何でもやると思ってるでしょあなた達」

モバP「じゃあこの話は終わりな」

モバP「そんなことより、そろそろ机を返してくれないかな君達」

モバP「早くしないと、机の下の友が鍋のお供に」

輝子「マイフレェェェーーーンズ!!!」

小梅「……あ、あの子は、食べたらダメだよ……食べられないと思うし、多分」

モバP「いやそっちじゃない、てか多分ってなんだ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:54:57.04 ID:s20rCkLwO
予防接種当日


幸子「おはようございます! 今日もボクはカワイイですね!」

輝子「お、おはよう……フヒヒ」

小梅「おはよう、幸子ちゃん……」

幸子「あれ、今日って二人が予防接種を受ける日ですよね、何時頃受けるんですか?」

輝子「仕事終わりだから……夕方くらい」

幸子「なるほど」

輝子「き、キノコが、病気にかかったら、大変だからな……」

小梅「あの子も、病気にならないように……ね」

幸子「キノコも幽霊もインフルエンザにはかからないと思いますが」

小梅「とりあえず、それまでは一緒に仕事……だね」

幸子「じゃあ行きましょう! このカワイイボクが難なくこなしてみせますよ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:59:27.16 ID:s20rCkLwO
輝子「……」テクテク

小梅「……」トコトコ

幸子「……あれ、こっちでしたっけ、いつもと違う場所ですよね」

輝子「う、うん、今回は、機材の関係で別の場所だって……」

幸子「ボクは何も聞いてませんでしたけど」

小梅「き、急遽決まったことだから……」

幸子「ふーん……」

ガチャ

幸子「あれ、この匂い……」

モバP「お、三人とも来たな」

小梅「つ、連れてきたよ……」

モバP「おう、御苦労」

幸子「ん??」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:04:32.98 ID:s20rCkLwO
モバP「来た順だから、少し待っててくれな」

輝子「わかった……」

幸子「あれ、グラビアの撮影じゃ、あれ? え?」


ハーイ、チカラヌイテー

リラックスリラックスー


幸子「………………」

幸子「あ、ちょっとトイレに」

モバP「どこへ行く気だ?」ガシッ

幸子「ここ予防接種するところじゃないですかぁ! 皆で騙したんですねっ!?」

幸子「部屋に入った瞬間から消毒液の匂いしてましたし!」

小梅「チョロかった……」

輝子「まんまと騙されたなぁーーーー!!……って感じ、フヒヒ」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:10:03.09 ID:s20rCkLwO
幸子「プロデューサーさんは何も言わないんじゃなかったんですかぁ!」

モバP「確かに何も言わないとは言った」

モバP「何もしないとは言ってないが」

幸子「す、好きにしろって! 言ったでしょう!」

モバP「確かに好きにしたらいいとは言った」

モバP「だから俺も好きにやらせてもらった」

モバP「そういうわけだから大人しく注射しなさい」

幸子「やだぁぁ!!」ジタバタ

幸子「だって、何度も刺し直すんですよ!」

幸子「血管が細いとかなんとかで!」

幸子「1度ですんなり行ったことが無いんですもん!」

モバP「それは血液検査だ! これは予防接種だ!」

輝子「あ、あんなにバラエティで体を張るのに……」

小梅「注射は、あんなに怖がるんだ……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:15:46.46 ID:s20rCkLwO
薫「せんせぇー!」

モバP「お、薫か、注射終わったか?」

薫「うん! お注射痛かったけど、泣かなかったよ!」

モバP「そうか、偉いぞー」ナデナデ

薫「えへへ!」

幸子「む…………」

モバP「じゃあお医者さんの言いつけはしっかり守るんだぞ」

薫「うんわかった!」

幸子「……あの、プロデューサーさん?」

モバP「何かな」

幸子「その、ですね」チラ

薫「?」

モバP「……! あーなるほど」

モバP「分かった、任せとけ」

幸子「や、約束ですからね! ホントにですよ!」

輝子「チョロい……」

小梅「それで、いいんだ……」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:20:46.31 ID:s20rCkLwO
ハーイ、ソデメクッテクダサイネー

幸子「……」

ショウドクエキヌリマース、ヒンヤリシマスヨー

幸子「……」

チカラヌイテクダサイネー

幸子「……」

チュウシャシマース、チクッテシマスヨー

幸子「(ボクはカワイイボクはカワイイボクはカワイイボクはカワイイ)」

ブスリ

幸子「ひぁぎぃっ!?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:26:33.25 ID:s20rCkLwO
終☆了


幸子「…………」グスン

輝子「お、お疲れさま……」

幸子「泣いてないです!!」

輝子「な、何も言ってないのに……」

幸子「それよりプロデューサーさん、プロデューサーさんはどこですか!」

幸子「このカワイイボクが頑張りましたよ! 労ってくれてもいいですよ!」

幸子「頭ナデナデしてもいいんですよ! ほら!」

幸子「ほら!」

幸子「……プロデューサーさん?」

小梅「プロデューサーさんは、薫ちゃんを自宅まで送りに行った、よ……」

幸子「え」

小梅「幸子ちゃんとの約束だから、薫ちゃんはしっかり家まで届けるって……」

幸子「いや何ですかそれ! そんなことは約束してないですよ!?」

輝子「それで、後は頼むって、言われた……」

幸子「ぅぅ……」

輝子「……泣かない、泣かない」ナデナデ

幸子「泣いてないです!!!」

小梅「よしよし、頑張ったね……」ナデナデ

幸子「泣いてないですー!!!!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:32:01.97 ID:s20rCkLwO
後日


乃々「…………」

モバP「今なんて言った、もう一度言ってみろ」

乃々「注射なんて、むーりぃー……」

モバP「……そうか」

モバP「まあそういう人もいるからな、俺は何も言わない」

乃々「え……そ、そうですか」

モバP「…………」

モバP「(輝子は既にやったから……)」

モバP「(まゆと美玲に協力してもらおう)」ピポパ

乃々「(あれ、なんだか悪寒が……)」

幸子「(あ、これボクと同じパターンですね、合掌)」


おしまい
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:32:35.04 ID:s20rCkLwO
まあ、そろそろそういう時期なわけです。
薫をヨシヨシしたかっただけなのは内緒。

見てくれた人、ありがとう
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 13:37:20.12 ID:I9ziQ82bo
大人組編はよ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 14:30:18.95 ID:2Ctxm+bd0
乙virus
接種サボると、マジで死の淵をさ迷う羽目になるからな……(体験者は語る感)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク