モバP「変わり果てたアイドル」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/10(土) 01:52:23.11 ID:YYDGfZ7I0
モバP(以降P表記)「……」

ちひろ「…プロデューサーさん」

P「…「これ」が、芳乃なんですか…?」

ちひろ「…はい」

P「…」

ちひろ「さっき電話でお伝えした通り、事故だったんです。…誰が悪いという訳でなく、事故だったんです…」

P「…そう、ですか…」

P「…」

P「…ハハッ、こんな小さくなっちゃったんだ…」

ちひろ「プロデューサーさん…」

P「前々から小っちゃいなぁ、とは言ってましたけど」

P「…だからって、こんな小さくならなくてもいいじゃないか…」ポタ…

ちひろ「…っ!」

P「ついさっきまで、いつも通りだったじゃないかよ…」

P「いつものようにのんびりトコトコ後ろを付いてきて、仕事中だっていうのに膝に乗ってきたり構ってくれって袖引っ張ってきたり…」ポタ、ポタ…

ちひろ「…プロデューサー、さん…」

P「どうして、ちょっと出掛けてた間に、なんで……なんで、こんな事に…!」ポタポタ








P「耳と尻尾が生えて30cmぐらいに縮んだ芳乃とか、どうしてくれるんですか!!」ボタボタボタ

ちひろ「取りあえずその鼻血を吹きましょうよ」


猫耳芳乃「ソニャター」スリスリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473439942
6: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/10(土) 02:18:38.21 ID:YYDGfZ7I0
P「畜生!どうして、どうしてこんな理不尽な目に合わなきゃならないんだ!!」ギュッ

ちひろ「憤るか堪能するのかどっちかにしてくださいよ」

芳乃「ニャー」

ちひろ「ですからさっきも説明したじゃないですか。不幸な事故だったんですよ…」




志希「にゃーはっはっ!出来たよ「みくちゃんのアイデンティティがクライシスする薬」!略してMac薬!」

卯月「おはようございます!島村卯月、Windows派です!」バァン!

志希「うにゃーっ!出来たばっかの薬がーっ!」ヒューン

ほたる「おはようございます…よかった、今日も倒産してない…爆発もしてない……ひゃっ!」パシッ

志希「おおー、ナイスキャッチ♪」

卯月「ヘイパース!」

ほたる「えっ?は、はいっ!」ビュッ

志希「ちょっ」

卯月「滅茶苦茶コントロール悪いです!」

ちひろ「フンフンフフンフーン、モバコイン~♪」ガチャッ

ちひろ「…殺気!」ササッ

芳乃「ほー?」

バシャッ

芳乃「わぷぷっ」





ちひろ「…という、不幸な事故だったんです…」ギリギリ

ちひろ「事故だったんですよ…」メキメキ

ちひろ「だからそろそろ許してくださいだだだだだだっ!ギブギブ!そろそろ腕がっ!足があちこち色んなところがぁ!!」メキメキゴキゴキ

P「芳乃が元に戻るまでそのままパロ・スペシャルされてて下さい」

卯月「レッグブリーカーもありますよ!」ギチギチギチ

ちひろ「助けてライダー!」ボキゴキゴキメキ
7: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/10(土) 04:05:16.60 ID:YYDGfZ7I0

P「流石にこれじゃあ(主に俺が)仕事にならん…今日は帰るか」

P「悪いけど後は頼めるか?今度ビタワン奢るからさ」

アッキー「俺に任せろ」カタカタカタカタ

志希「いつまで効力続くかわかんないから出来るだけ早めに解毒薬作るね~♪」

P「この手のネタで毎度思うけど、どうして解毒薬を同時に作らないのさ」

志希「作っておいたらお話終わっちゃうからかにゃ~?」

P「メタい」

ほたる「ごめんなさい…きっと私のせいですよね…」

P「いや、千川と志希のせいだよ」

志希「え、あたしも?」

P「当たり前だろ。志希には「遠月十傑第二席に似てね?」ってネットに書き込みまくる刑な」

志希「にゃー!地味に嫌だよー!」

P「さて、それじゃあ」ムンズ

芳乃「ホー」

P「また明日なー」スポッ スタスタコラコラ

志希(子猫よしのんカバンに入れて帰っちゃった)

ほたる「…いいなぁ」

アッキー「人間の為に働くのが犬の使命ではないのか」カタカタカタカタカタカタカタカタカタ




P「着いたぞ芳乃ー」

芳乃「ホー?」ピョコン

P「アッキーサイズの芳乃とか女神そのものだろ…あっコラ鍵にじゃれつくな。ドア開けられないだろ」

芳乃「ホー、ホー?」

P「おうち帰ったら遊んであげるから待ちなさいな」

芳乃「デシテー」ペチペチペチペチ

P「ああっ!ゼロスペクターのキーホルダーが!」
14: ◆E81DmRur6Q 2016/09/11(日) 00:58:19.48 ID:LGCpQHSj0
P「ただいまー」ガチャッ

P「ほれ芳乃。家ついたから降りなさい」

芳乃「デシテー」ガシッ

P「おお、腕から微動だにしねぇ」

P「ま、いいや。軽いし」スタスタ

P「電気つけて、カバン置いて…着替える前にクンカーとかリボンが居ないかチェックして…」 イナイヨ イマセンヨー?

芳乃「ソニャター」

P「そろそろ離れてくれ芳乃ー。着替えられない」

芳乃「ソニャター」ギュウウ

P「え、着替えちゃ駄目なの?」

P「まあ、もう片方の手で掴んで簡単に外せるけどね」ムンズ

芳乃「アヤー」

P「縮んだ分思考も幼くなった感じだなぁ。歌舞伎揚げ食べるかな?」スッ

芳乃「ホー?」

P「あれ食べない。おかしいな…いつもなら一袋抱えてバリボリ食べるのに」

芳乃「ホー、ホーッ」

P「ん?どうした歌舞伎揚げペチペチして」

芳乃「デシテー」

P「……」バリッ

芳乃「デシテーッ♪」アムアム

P「割って小さくしてあげないと食べられないだけか…」
17: ◆E81DmRur6Q 2016/09/11(日) 01:34:30.86 ID:LGCpQHSj0


P「ふぅ、サッパリした…」ホクホク

芳乃「デシテー」ホクホク

P「このサイズじゃ湯船入れないと思ったけど洗面器に入れば大丈夫だったな」

P「なんか、子供の頃湯船にアヒルのオモチャ浮かべてたの思い出したわ」フキフキ

芳乃「アヤヤー」

P「はいはい暴れない。濡れたままだと風邪引くだろ」

芳乃「ヤーン」

P「ほら綺麗になった。……あ、そういや今の芳乃の着替えが無ぇや」

P「さっきまで着てたいつもの着物はもうレノアと一緒に洗濯機に放り込んじまったし…てか何で衣服までサイズ縮んでるんだよ」

芳乃「ヘプチッ」

P「いかん、このままだと芳乃が風邪引いてしまう」

P「仕方ない、とりあえずしばらく俺のパジャマ被ってろ」ボフッ

芳乃「モガモガ」

P「うわスマン!埋もれちまった!」

芳乃「プハッ」

芳乃「デシテー、デシテー」

P「おおぅ、何かご立腹だな」

芳乃「デシテー、デシテー!」ゴソゴソ モソモソ

芳乃「デシテー」

芳乃「…スピィ」

P「おーい、人のパジャマを巣材にすんな!寝るな!」

P「…」

P「風呂入れれば元に戻るかなって期待してたんだけどなぁ…」
19: ◆E81DmRur6Q 2016/09/11(日) 02:08:09.66 ID:LGCpQHSj0
P「よし出来た。ミニマム芳乃サイズのぴにゃこら太着ぐるみパジャマだ!」

芳乃「ホーッ」

P「ほれ着替えなさい芳乃。違う、そこに足を突っ込むな」

芳乃「ムーッ」モゾモゾ

P「…うん、サイズぴったり。学生時代に手芸部の前を通り過ぎた経験が活かされたな」

芳乃「ソニャター」

P「うん?」

芳乃「デシテー」ガブッ

P「あいたっ」

芳乃「デシテーデシテー」アムアム

P「何すんの。オッサン食べても美味しくないぞ?」

P「…お腹空いたの?」

芳乃「デシテー」

P「うーん、買い物して帰ろうと思ってたからあんまり食材無いんだけどなぁ…冷蔵庫に何が残ってたっけか」

P「鶏肉にほうれん草に味噌に歌舞伎揚げにポン酢にシメジにシグナルバイクに昨夜の残りの冷や飯か…」

芳乃「ホー」

P「うん、鍋ぐらいは出来そうだ。てか鍋ぐらいしか出来ねぇや」

P「よーし、それじゃあチャチャッと作るから待ってなさい。ゲームでもして…って、今の姿じゃ無理か」

芳乃「ホー」カチッ ヴィーン

P「やるんかい」

P「まぁいいや。すぐ作るからマッテローヨ」

芳乃「デシテー」
24: ◆E81DmRur6Q 2016/09/11(日) 03:01:41.30 ID:LGCpQHSj0
P「ほうれん草は一度軽く湯がいておくとえぐ味が抜けるでごぜーますよ」グツグツ

P「ダシは…酒とみりんとほんだしと…ちょっとだけめんつゆを」コトコト

P「…よし、こんなもんだろ。あとはシメジと茹でたほうれん草と鶏肉を入れて…と」

P「おーい芳乃ー。あとごはん暖めるだけだからご飯の用意しておきなさいー」

P「…ああ、今の芳乃じゃお手伝い出来ねぇや」

P「ご飯はラップしてチンして終わりだし、こんなもんか」

P「ご飯出来たぞー」トコトコ

芳乃「ソニャニャニヤニャニヤニャ」ブルブルブルブル

アルトリウスゥゥゥゥゥゥゥ!!

P(コントローラーの振動でめっちゃ震えとる…)

P「てかボス戦か…しょーがない。それ終わったら一時停止してご飯にしなさい」

芳乃「デシテテテテテテテテテテ」ブルブルブルブルブルブル

P「お前さん、よくそんな状態でプレイ出来るのな」



P「手ぇ洗ったな?」

芳乃「デシテー」

P「よーし、それじゃあいただきまーす」パンッ

芳乃「マース」ポムッ

P「ポン酢にチューブ生姜をちょっと入れて…プリプリの鶏肉としんなりとしたほうれん草をくぐらせて…」

P「ご飯の上にワンバウンドさせて……熱っ!」

芳乃「ソニャター」

P「はふほふ……そこにすかさずご飯をかきこんで………たまらんなぁ!」

芳乃「ソニャター」クイクイッ

P「あ、箸も使えないのか…ほれ、あーん」

芳乃「ニャーン」パクッ

芳乃「ハフホフフッ」

P「もう一生このままでもいいんじゃないか?」
25: ◆E81DmRur6Q 2016/09/11(日) 03:06:31.98 ID:LGCpQHSj0
目がシパシパしてきたので寝るどす。何か気が付くと芳乃を書いてる気がする…なんだろ、まるで芳乃Pみたいになってるなぁ
33: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/12(月) 01:30:02.96 ID:Dg33mNoR0
芳乃「ソニャター」クイクイ

P「はいはい、奮発して買った鶏もも肉だぞー」

芳乃「アムアム」

P「シメジも良い感じだぞー」

芳乃「ハフハフ」

P「ほうれん草も美味いぞー」

芳乃「アヤー」

P「こら、ちゃんと好き嫌いせず食べなさい」

芳乃「ヤーン」

P(…娘がいたらこんな感じなのかなぁ。何か結婚とか家庭とか考えちまうよなぁ……相手いないけど)

芳乃「ソニャター?」

P「あ、悪い悪い。ほれ、ほうれん草」

芳乃「ムーッ」

P「これ食べないとお肉食べさせません」

芳乃「アムアム」

P「聞き分けの良い子で助かります」



芳乃「ケフッ」

P「ちっちゃい割りにしこたま食べたな…質量保存の法則とかどうなってんだろ」

芳乃「ソニャター…」

P「ああ、もうウトウトしてやがる。布団しくからもう少し我慢しなさい」

芳乃「デシテー…」モソモソ

P「洗濯物の中に潜っていくなぁ!」
34: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/12(月) 03:14:05.96 ID:Dg33mNoR0
P「うっし、洗い物完了。鍋だと洗うもの少なくて良いよな」

P「さて、布団敷いて……」

P「あのサイズだと寝返りで潰しそうだな」

P「おーい、布団敷いたぞー」

芳乃「スピィ…」

P「案の定もう寝とる…」

P「せめて布団の上で寝てくれ。それ毛布じゃない、俺の上着」グイグイ

芳乃「ヤーン…」

P「ビクともしないだと…」

P「…」

P「ま、いっか」ムンズ

P「電気消すぞー。誰もいないよなー?」 イ、イマセンケド… オリマセンッニン!

芳乃「ソニャター…」

P「はいはい布団連れてってあげるからよじ登らない。そこ顔っ、顔っ」

芳乃「スヤァ・・・」

P「前が見えねぇ」
41: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/13(火) 01:03:02.65 ID:KjdqhQuh0
P「zzzz…」

芳乃「ソニャター…」ギュゥゥ

P「ぐぇ…」

芳乃「デシテェ…」スヤスヤ

P「い、息が出来ねぇ…」グイッ

芳乃「ムニャア」

P「zzzz…」

芳乃「ソニャタァ…」ギュムム

P「ぐぇふっ」

芳乃「デシテェ…」ムニャムニャ

P「さ、酸素が届かねぇ…」グイッ

芳乃「ムー…」

P「zzzz…」

芳乃「そなたぁ…」ムギュゥゥ

P「ごふっ」

芳乃「うにゅぅ…」スリスリ

P「は、花畑と川と加蓮が見える…」グイッ

芳乃「ホー」

P「zzzz…」





P「ふわぁ…何か、あんまり良く眠れなかったな…」

芳乃「デシテー」

P「一晩経ってもこのまんまかぁ」

P「ってか、夜中元に戻って無かった?」

芳乃「ホー?」

P「気のせいかぁ」
42: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/13(火) 01:50:05.33 ID:KjdqhQuh0
P「ハスハスに連絡したけど解毒薬はまだ時間がかかるみたいだし…今後しばらくアイツの仕事はファブリーズのCMにしてやる」

芳乃「デシテー」

P「まぁ、このサイズだと軽くてこうしてカバンに入れて手軽に連れて歩けるのは良いよな」

芳乃「デシテー?」

P「いまいち意思疎通が出来てるのかどうか怪しいのが難点だけど。せめてもうちょい語彙があればなぁ」

芳乃「カキーン」

P「それはやめなさい」




P「おはようございまーす」ガチャッ

芳乃「モバコイーン」

ちひろ?「あ、おはようございますプロデューサーさん」

P「はい、おはようござい、ま…?」

ちひろ?「どうかしましたか?って、仰りたいことは何となく察しがつきますけど」

P「えーっと……新手のガチャイベントですか?」

ちひろ(猫耳)「残念ですが違いますよ。イベントは無くてもガチャは回せますけど」

P「すいません、過度の課金はするなというのが先祖代々の家訓でして」

猫耳ちひろ「そんな昔からモバゲーねぇよ」

未央(猫耳)「おはよープロデューサー」

P「ヘアッ!?」

ありす(猫耳)「おはようございます」

P「ファッ!?」

みく(首から上リアル猫)「おはようにゃあ」

P「猫侍!?」
43: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/13(火) 03:30:11.72 ID:KjdqhQuh0
芳乃「ホー」

P「い、一体何があったらこんな阿鼻叫喚の絵図が出来上がるとですか!?」

猫ちひろ「昨日志希ちゃんが作った薬があったじゃないですか」

P「あぁ、確か「みくのアイデンテイティをクライシス帝国する薬」でしたっけ」

猫顔みく「太陽の子関係無いにゃ」

猫ちひろ「芳乃ちゃんは直接浴びちゃったので即効性で効果が出たようですけど、あれから床に零れた分の薬が気化したようでして」

猫ちひろ「その分1日経ってこの通り、発症したというわけです」ピコピコ

P「くっ…、猫耳でもちひろじゃ台無しだ…!」

猫ちひろ「ヤスリのような舌で削り取ってやろうか」

猫未央「いやぁー、ウチの事務所ってホント毎日何かしら起こって退屈しないよねぇ~」

猫ありす「おかしいです…どれだけ検束しても耳も尻尾も消し方が載っているサイトが見つかりません…!」

P「え、これってもしかして事務所中の人間全部こうなっちゃってるんですか?」

猫ちひろ「はい、もれなく全員です」

猫ちひろ「茄子ちゃんも菜々さんも常務もアッキーもブリッツェンもぴにゃこら太もプロデューサーさんのガンプラも、全部です」

P「無機物まで浸食されてるじゃねぇか」

猫未央「困ったよねぇ。いつまでこのままなんだろ。シッポあるからズボン履けないよ」

猫ありす「未央さんは随分落ち着いてますね」

猫未央「うーん、そういう訳じゃないけどさ。しまむーなんてさっき巨大化までしてたし」

P「ニャジラかよ」

猫ちひろ「歳がバレますよ、プロデューサーさん」

芳乃「デシテー」

猫顔みく「ってか何でみくだけ首から上丸々猫になの。よりによってこんなリアルに」
44: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/13(火) 03:50:29.52 ID:KjdqhQuh0
志希(猫耳)「にゃーはっはっ!出来たよ「みくちゃんのアイデンティティがクライシスしない薬」!略してMac薬!」 ガチャッ

P「ようやくか!待ちわびたぞ遠月十傑第2席っぽい志希!」

猫志希「にゃー!それ嫌ーっ!」

文香(猫耳)「おはようございます。は、派手にいくぜぇ…」ガチャッ

猫文香「あうっ」ドンッ

猫志希「うにゃっ!?出来たばっかの薬がーっ!」ヒューン

猫ちひろ「何かデジャヴ!」

猫文香「…?」パシッ

猫志希「おおー、ナイスキャッチ♪」

猫未央「良かったー、これでようやくこの珍騒動も解決だね」

猫ありす「元に戻る前に今の姿を撮影しておきたいと、そこまで仰るのでしたら一考の余地はありますけど」

P「ちょっと橘さんが何言ってんのか分かんないんですけど」

猫ありす「ありすです。今はニャンニャンありすです」

猫志希「ささ、こっちにそのお薬渡してちょーだい、ふみふみー」

猫文香「は、はい……はっ」

猫文香「へぷちっ」プシュン

パリンッ

猫文香「…あ」

猫志希「あっ」

猫文香「…えっと、あの、その……」

猫文香「……」

猫文香「…ゆ、許して…にゃん?」

P「無罪」

猫ちひろ「おい」

芳乃「ソニャター?」



猫未央「あ、モシモシしぶりん?うん、もうちょいこのドタバタ劇続くっぽい。…どしたの?え、今しまむーに食べられかけてる?あはは、ゴメンゴメン」


猫顔みく「何でみくだけコレなの?やめてよ。また変なコラ作られたらどうするのさ」

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク