芳乃「ラジオ番組ですー」 乃々「そ、それゲームボーイですけど…」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/05(金) 00:37:22.80 ID:6ptJSVEz0
芳乃「ほー?」

乃々「ラジオはこっちです…どこから持ってきたんですか…」

芳乃「間違えましてー」

乃々「も、もりくぼも初めて実物見たんですけど…過去の遺物なんですけど…ソフト刺しっぱなんですけど」

芳乃「ほー?」

乃々「…え、SD武者頑駄無…?流石に全然知らないんです…」

乃々「って、いきなり脱線してるんですけど…」

芳乃「これはこれはー、失礼致しましたー」

乃々「あの、今日はどのようなご用件で…芳乃さんと二人きりだなんて、もりくぼは芳乃さんの聖属性オーラに消滅してしまいます…」

芳乃「かの者が言いましてー」

芳乃「わたくし、今度ラジオのぱーそにゃりてぃー、というものをやるそうなのでー」

乃々「パーソナリティー、ですけど」

芳乃「そう、それですー」

芳乃「わたくし、何分初体験なものでー。それならば先輩ぱーそなりふぃーにアドバイスを貰って来れば?と」

乃々「パーソナリティーですけど」

乃々「…って、先輩ってもりくぼのことなんですけど!?」

芳乃「ご指導ご鞭撻、お願い致しますー」ペコリン

芳乃「あ、これはつまらないものですがー」

乃々「歌舞伎挙げ!」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1470325042
3: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/05(金) 00:59:50.27 ID:6ptJSVEz0
乃々「も、もりくぼだって…アレは凛さんに助けてもらいながら命からがら乗り切ったんですし…」

乃々「そ、それなのに人にアドバイスなんて…無理です無理です無理久保です…」

芳乃「ご立派でしたー」パチパチ

乃々「ひぃぃっ!き、聞いてたんですか?ご、ごめんなさいごめんなさい…もりくぼの声でお耳を汚してしまって」

芳乃「可愛かったですー」

乃々「は、恥ずかしいんですけどっ!」

芳乃「凛殿に引っ張られながらー、おどおどしながらお便りを読む乃々殿にほっこりしましてー」

乃々「ほ、本人を前に生の声の感想とかお布団にズサーッてしたいんですけど…」

芳乃「と、言う訳でーアドバイスをお願いしますー、乃々先生ー」

乃々「先輩からランクアップしてますけど!」

芳乃「あ、これはつまらないものですがー」

乃々「歌舞伎揚げ2袋目!」



乃々「と、取り敢えずもりくぼに出来る事なんて何もないと思いますが…芳乃さんの頼みですし」ボリボリ

芳乃「ありがとうございますー」ボリボリ

乃々「で、でも…芳乃さんはもりくぼみたいにおどおどしていませんし…普通にやれば出来ると思うんですけど」ボリバリ

芳乃「昨日試しにかの者と練習をしてみたのですがー」

乃々「おお、流石は芳乃さん…勤勉です…もりくぼみたいな机の下の憑魔とは大違いです」

芳乃「録音したものを聞き替えしてみたらー、「ほー」しか入っておりませんでー」

乃々「うわあ、意外とぽんこつさんでした」

芳乃「30分自分の「ほー」を聞き返して終わりましたー」

乃々「思ったより問題点あるみたいでやっぱり帰りたくなってきたんですけど…」

芳乃「お願いしますー、乃々大先生ー」ススッ

乃々「どんどんランクアップしてるんですけど!3袋目なんですけど!」
4: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/05(金) 02:43:09.32 ID:6ptJSVEz0
乃々「で、ではまずは…もりくぼが言えた義理ではありませんが、トークのペースを何とかしましょう…」

乃々「ラジオ番組ですから、当然時間は限られていますし……お、思い返せばもりくぼも番組中半分ぐらい「むぅーりぃー」って言っていたような…」

芳乃「そんなことはありませんー」

乃々「そ、そうですか…?」

芳乃「6割ぐらいでしたー」

乃々「意地悪ですけどっ!」

乃々「…こほん、気を取り直して…」

芳乃「ほー」

乃々「芳乃さん滑舌は良さそうですし…もっと早く喋る練習からいきましょうか。…定番ですけど、早口言葉とか」

芳乃「おおーあれですかー、「無理です無理無理無理無理無理久保」とかー」

乃々「随分しっかりもりくぼのラジオ聴いて下さってたんですけど!」

乃々「こ、ここはやっぱり「生麦生米生卵」とか…」

芳乃「なまむぎー」

乃々「…無理そうなので次行きましょう」

芳乃「なまごめー」

乃々「後は、後は…うーん…もりくぼがラジオやったのだって奇跡なのに、人様にアドバイスなんて…無謀むぅーりぃー…」

芳乃「なまたまごー……たべたいですー」グゥー

乃々「…一休みして歌舞伎揚げ食べましょうか」

芳乃「はいー」
5: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/05(金) 03:15:59.61 ID:6ptJSVEz0
乃々「…そういえば」ボリボリ

芳乃「ほふー?」ボリバリ

乃々「よ、芳乃さんって…も、もう少し早く喋る事って出来るんですか…?」

芳乃「さぁー、試したこともありませんのでー」

乃々「こ、これからCDデビューとかありますし…もりくぼも凄く不安です…いい加減、そろそろこの夢覚めてほしいんですけど…」ボリボリ

芳乃「ところがどっこい、現実ですー」ボリボリ

乃々(…早口で喋る芳乃さん、ですか…)ホワンホワンホワンホワン



芳乃「皆さま暑い日が続いていますがお体の調子はよろしいでしょうか依田芳乃がお送りしますFMサイタマ。この番組は暮らしを見つめるラ○オンと風が語り掛けます十万石饅頭の提供でお送りいたしますー。はてさて早速今夜一通目のお便りPN『番人兼死神』殿からー』




乃々「キャラがっ!」バンッ!

芳乃「如何なさいましてー?」

乃々「ハッ!…す、すいません…もりくぼの脳細胞がトップギア超えてエンストしました…」

芳乃「ほー?」

芳乃「…ですがー、乃々殿の仰る通りこれから歌も歌うことにもなります故ー、もう少し速く話せるように精進するべきでしょうかー」

乃々「ま、まぁすぐにどうこう出来るものでもないですし…ああ、本当にこの夢覚めないです…」

芳乃「えー、こほん。ではでは試しにー」


芳乃「皆さま暑い日が続いていますがお体の調子はよろしいでしょうか依田芳乃がお送りしますFMサイタマ。この番組は暮らしを見つめるラ○オンと風が語り掛けます十万石饅頭の提供で」

乃々「やれば出来るんじゃないかですけど!」
15: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/06(土) 01:57:20.86 ID:KSav2QZF0
乃々「そ、そう言えば芳乃さんの回は誰がゲストなんですか…?ゲスト次第では、もりくぼの時みたいにゲストの方に進行して貰うという手も…」

芳乃「確かー、未央殿とお聞きしておりますー」

乃々「芳乃さんのぽやぽやトークにツッコむ未央さんという光景が脳内再生余裕すぎるんですけど」

芳乃「ぽやぽやとはー」

芳乃「乃々殿ー、ラジオとは具体的に何をお話すれば宜しいのでしょうー?」

乃々「も、もりくぼの時もそうでしたけど…スタッフさんがあらかじめ用意してくれていますから…投稿ハガキとか、コーナーとか…」

乃々「…芳乃さんのコーナー、気になりますね」

芳乃「歌舞伎揚げのオススメちょい足しランキングでしょうかー」

乃々「需要があるのやら無いのやら…」

芳乃「マヨネーズなど、美味しいですー。後はワサビなどもー」

乃々「…意外とコーナー盛り上がりそうだと思ってしまったんですけど」

乃々「あとは…リスナーさんからの投稿で、芳乃さんへの質問とかもきっと来ると思います…ここぞとばかりにキングオブミステリー、依田芳乃のベールを引き剥がそうとラジオの向こうの魑魅魍魎がダババッとハガキを送ってくると思うんですけど…」

芳乃「わたくし、ミステリーなのですかー?」

芳乃「わたくしなどー、平々凡々、どこにでもいるおしゃまな女の子ですがー」

乃々「どこの世界にワープしたり浮いたり時を止めたりする平々凡々がいますか」

芳乃「むー?」

乃々「きっと凄い数のお便りが届くことでしょう…もりくぼのような机の下のシマリスにすらお手紙が来るんですし」

芳乃「乃々殿のほうが総選挙の順位は上でしたがー」

乃々「あれはきっと何かの間違いです。おそらく皆さん森久保乃々の「乃」と芳乃さんの「乃」を見間違えて投票したに決まってるんですけど」

ちひろ(どういうことだってばよ)
16: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/06(土) 02:13:39.42 ID:KSav2QZF0
乃々「と、言う訳でリスナーからのお便りコーナーの練習ですけど」

乃々「事務所で暇して…たまたま居た人たちのご協力のもと、こうしてハガキを書いて貰いました」

芳乃「おー」パチパチ

芳乃「流石です先輩ー、4位さまー、乃々大明神様ー」

乃々「大先生から一気にランクアップしたんですけど!」

乃々「むしろ大明神は芳乃さんだと思うんですけど!」

芳乃「このお葉書を読めばよろしいのでしてー?」

乃々「マイペース!」

芳乃「ではではー、早速読み上げましてー」

乃々「あ…きっともりくぼの時みたいにゲストが質問を読んで、芳乃さんが答える形式だと思います…芳乃さんはパーソナリティーですから」

芳乃「ぱーしょなりてー、でしたー」

乃々「…芳乃さん、ビュッフェ、って言ってみてもらえます?」

芳乃「ぶっへー」

乃々「この人持って帰っちゃ駄目ですか?」ギュッ

芳乃「あやー」

乃々「……失礼しました、もりくぼ取り乱しました…では早速お葉書を読みますね」ゴソゴソ

乃々「えっと…ラジオネーム『クール・ストロベリー』さんから…って隠す気無いんですか」

芳乃「どこの橘ありす殿でしょうかー」

乃々「『芳乃さんこんにちは。プロデューサーさんは朝は米派ですか?パン派ですか?』…なんですかこの質問は」

芳乃「パンかフレークか、どちらかですー」

乃々「…だ、そうです。メールしておきますね…」カチカチ ピロリリンッ

乃々「では続いて…ラジオネーム『アイオライトブルー』…凛さんからのお便りですけど」

芳乃「どこの3代目シンデレラガールの方でしょうー」

乃々『こんにちは芳乃。ところでどうでもいい話だけどプロデューサーってお風呂に入ったらどこから洗うの?まぁ別にどうでもいいんだけどさ』」

乃々「どうでもいいのはこの質問なんですけど!」ベチンッ

芳乃「ふむー、壁かタイルかー」

乃々「律儀に答えてますけど!とプロデューサーさん主夫力高いんですけど!」

芳乃「もしくはー、わたくしの髪でしょうかー」

乃々「聞き捨てならない発言ですけどくれぐれも本番で言わないようにしてくださいね…色々不味過ぎますから」
17: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/06(土) 03:19:17.78 ID:KSav2QZF0
乃々「…じゃんじゃん行きましょう。自分でやっといてロクなハガキが無いのが何ですけど…」

乃々「えー、ラジオネーム『宮本フレデリカなんとか』なんとか要らないんですけど!」

芳乃「流石乃々殿ー、凄まじきツッコミですー」

乃々「い、いやな予感しますけど一応読みます…『芳乃ちゃんやっほーこんばんは?こんにちは?ところでコレって何やってんのー?』説明しただろうがですけどぉ!」ビリビリィッ!

芳乃「荒ぶっておりますー」

乃々「次ですけど!ラジオネーム『印税生活』さん!『どうやったら分身できるようになる?働く杏と遊ぶ杏と寝る杏って役割分担したら最強だと思うんだけど』役割取り合ってバトルロイヤルになるのがオチですけど!」

芳乃「分身のコツはー、反復横飛びの要領でだんだん速度を上げていきましてー」

乃々「人類にはむぅーりぃー!はい次!ラジオネーム『フゴフゴ』さん!あなたはこのラジオネームでいいんですか!?」

乃々「『芳乃さんこんにちは!ずっと疑問だったんですが油で揚げるのがベーグルで茹でてから焼くのがドーナツらしいです!さっき卯月さんに教わりました!』質問コーナーなのに豆知識披露しないでください!」

乃々「あと逆です!茹でてからオーブンで焼くのがベーグルです!理由なき悪意の根源に騙されてるんですけど!」

芳乃(ツッコミの参考になりますー)ボリボリ

乃々「ラストぉ!ラジオネーム『件名・今日遅くなる』メールじゃねぇんですけど!」

乃々「『そういや料理酒ってまだあったっけ』メールでやってくれませんか!ラジオ関係無いんですけどぉ!」ビリバリ!

芳乃「かしこまりましてー、帰りに買って帰りますー」

乃々「もりくぼも帰りたいんですけど!!」





こうして影で血の滲な努力の甲斐もあり、芳乃はラジオパーソナリティーを見事勤め、多くのリスナーにその声を届けることが出来た。
そして森久保は慣れないツッコミの結果喉を傷め、プロデューサーは卵の賞味期限を切らしてしまい不貞寝した

18: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/06(土) 03:33:03.66 ID:KSav2QZF0
「よしのんラジオだから書くんだろ?」と言われてあ、そうかと気づいたので急遽やっちまった結果がコレですわ…許してください前川が何でもしますから
芳乃ボイスが聞ける鼓膜がめでたく実装されましたねぇ。まぁ、とやかく言うつもりはありませんが一言だけ…。



…あの声で囁かれたら埼玉県民が紳士でもどうなってしまうか分かりません


本気で語るとジャポニカ学習長1冊使い切れそうな文章量になるので自制しておきます。


オツカーレ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 03:45:26.23 ID:nAzmyJiQ0

埼玉県民のお気に召したようで何よりだ
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 11:08:09.08 ID:yjSjq1N/o
芳乃「今日も一日がんばるぞい!」

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク