伊織「ヤバい……胸が張って死にそうだわ……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:42:18.45 ID:AtgTzld10
美希「でこちゃんどうしたの?」

伊織「なんか痛いのよ、胸がこー……すっごい張ってる感じで……」

美希「レッスンのしすぎで筋肉痛とか?」

伊織「そういう感じじゃないのよ……あいたた……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399095738
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:45:42.52 ID:AtgTzld10
美希「よし、でこちゃん脱ぐの」

伊織「なんでよ!」

美希「ドクターミキが診察してあげるの」

伊織「顔に『お医者さんゴッコやっほー』って書いてあるんだけど……?」

美希「う゛……いやけどほらね?胸痛いなら締め付けるの良くないって思うし」
  
伊織「一理あるわね……」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:46:41.74 ID:AtgTzld10
美希「でしょ? 大丈夫、誰かに見られたときはミキが弁護人なの」

伊織「なにが大丈夫かわかんないけど、脱ぐわ どんどん痛くなってきたし……あた……あいたた……」

美希「痛がりながら半裸になるでこちゃん……味があるのってうわ……」

伊織「ぅわ……なによこれ、おっぱいがぱんぱん……」

美希「乳首もフル勃起してるの」

伊織「どこで覚えたそんな言い回し」

美希「さすったら楽になるかな?」

伊織「あはぁぁん☆」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:49:24.94 ID:AtgTzld10
美希「で、でこちゃん?」

伊織「ちょ……何よ今の声」

美希「ミキが聞きたいの」

伊織「自分でもビックリよ……なんであんなセクシーボイス出ちゃうのよ、んふあぁぁっ……ちょ、美希ぃ」

美希「うむむ…………まるでおっぱいだけあずさになったみたいなの」
  
伊織「真顔で、言いながら……あぁんっ……揉みまくってるんじゃないわよほぁぁぁっ!」

美希「でこちゃん、もしかして気持ち良い?」

伊織「認めたくないけどっ……あっあっあ……超気持ち良いわ……」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:50:14.90 ID:AtgTzld10
美希「じゃあ痛みも紛れるから、ちょうど良いね」

伊織「なにが、あふっ……ちょうど良いのよふぁぁんっ! ちょ、ヤバいヤバい、美希……」

美希「え? ヤバいってどしたの?」

伊織「なんか出る……おっぱいおっぱ……んふぉぉぉぉっっ!!」
  
美希「ひゃん……っ!? って、でこちゃんのおっぱいから……ミルク?」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:51:21.66 ID:AtgTzld10
伊織「なぁ……なんれ、しょんなのでゆのよぉ……」

美希「とりあえず一つわかったの」

伊織「あにがわかったのよぉ」

美希「胸の痛みはミルクの溜まりすぎなの! だから出しちゃえば解決なのっ!♪」

伊織「んおぉぉぉっ!? ってばかぁっ……おっぱい……すうなぁあっあっあひぃぃっ!!」

美希「んく……んぐ……これもでこちゃんの為なの、ミキは頑張って搾乳するのっ」

伊織「本音をぉぉ……おひゃうっ! 言いらさいろぉぉっ……」

美希「ミルクプレイらっきー☆ あと、でこちゃんミルク美味しい★」

伊織「こにょ……ド変態ひぃぃぃんっ!! あーっ!あぁぁぁっ!!らめらめらめっ!強く吸いしゅぎっ!んへぁぁぁぁっ!!!」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:53:01.40 ID:AtgTzld10
30分後

伊織「あーっ……あーっ……あぁぁぁ…………」

美希「むむ、おっぱいの手応えもなくなったし……どうやら全部絞りきったっぽいの」

伊織「あへっ……んへへぇ、んひぃ……」

美希「よかったねでこちゃん、これでもう安心なの……ってわーっ!? 白目むいてぐったりしてるのーっ!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:53:43.58 ID:AtgTzld10
翌日
伊織「あー……死ぬかと思ったっていうか殺されるかと思ったわ」
美希「生還おめでとーなの」

伊織「まぁ治ったから良いけど……なんだったのかしらアレ」

美希「きっと神様のプレゼントなの」

伊織「どんな神様よっ!」

美希「おっぱいの神様とか……あいたた」

伊織「美希?」

美希「あ、あれ……なんかおっぱい……痛くなってきたの」

伊織「ほほぉぉう?」

美希「あ、でこちゃん……その顔怖いの」

伊織「昨日のお返しに手当てしてあ・げ・る 脱げーーっ!!」

美希「わーーーーーーーーっ!?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:55:14.89 ID:AtgTzld10
以上! さっくりショート お目汚し失礼
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 14:55:31.96 ID:p7U6D1R60
ほうほう!
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/03(土) 15:03:22.51 ID:WB48obwvo
早く攻守交代の続きを書くんだ!
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:38:29.24 ID:AtgTzld10
思いついてしまったので 第2部(?)開始

短めにささっと予定
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:36:49.85 ID:AtgTzld10
響「どうした千早、なんかマイナスイオンが出てるぞ」

千早「ま、マイナスイオン?」

響「じゃなくて、えーと……マイナスのオーラかとにかくなんか出てる」

千早「…………あれよ」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:37:19.86 ID:AtgTzld10

美希「んにゃっ……でこちゃっ……んんんっ!!」

伊織「うーわ……ぱんぱん……ビーチボール見たいになってるわ」

美希「やっ、そんな乱暴に揉んだらあふれ……ぅにゃっあ!♪」

伊織「わぁお……昨日の私より激しくない? ほとんど水鉄砲よコレ」

美希「ひゃふっ! ふっ! しゅごっ……これ気持ちいいのぉ……でこちゃんもっとぉぉぉ……」

伊織「にひひっ……いいわよぉ、意識トンで馬鹿になるまで絞り出してあげるんだから♪」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:43:09.84 ID:AtgTzld10
響「事務所でなにやってんだあの二人」

千早「水瀬さんが原因不明のおっぱい病にかかって、治ったと思ったら美希に感染したのよ」

響「そうか……」

千早「優しい目で見ながら肩を叩かないでっ!?」

響「うらやましいん……だよな?」

千早「そうよっ!!」

響「おお……マイナスイオン全開だ」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:59:19.88 ID:AtgTzld10
響「疑問なんだけど、美希は何で感染したんだ?」

千早「水瀬さんのミルクを飲んだらしいわ」

響「なんだ、じゃあ話は簡単だぞ」

千早「え?」

響「おーい、美希ー伊織ー」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:59:46.53 ID:AtgTzld10
美希「にゃはぁ……響らのぉ……えへへぇ……」

伊織「あら、あんたも混ざる?」

響「いや、自分は良いんだけど、千早にちょっとミルク分けてやって欲しいぞ」

千早「ちょっ!我那覇さっ!まっ!!」

伊織「なるほど……ごめんね千早、気が利かなくって……」

千早「哀れみなんていらないわよっ!?」

伊織「いらないの?」

千早「いただきます」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:08:24.15 ID:AtgTzld10
伊織「はーいちーちゃん、おっぱいでちゅよー♪」

千早「そういうオプションはいらないから」

美希「ぅにゃぁ……千早しゃんが……ミキのおっぱいぃ……にゃははぁ!♪」

千早「んぶぅっ!?」

響「あ、千早の頭がホールドされた」

伊織「そして口の中に乳首ねじ込んで……これはある意味レイプね」

美希「千早しゃぁん……のんれのんれぇ♪ ミキのおっぱいたくさんれゆのぉ♪」

千早「ふぶっ!みぎっ……くるひ……っ! んんんぅっ!!」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:12:42.58 ID:AtgTzld10
伊織「ついでだから、早く効き目出るように手伝ってあげるわ」

千早「んぶっ……みなしぇさっ……おっぱひ撫で回ひてっ……あっ……あぁぁぁっ!!」


伊織「あら……? なんか手応えが……」

響「もしかして、もう効いてきたのか?」

伊織「それっぽいわ……この張りは……かなり来てるわね」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:17:49.57 ID:AtgTzld10
美希「ふーっ……ふにゃぁぁ…………響ぃ……っ!♪」

響「ひゃうっ!?」

美希「ミキのおっぱいぃ……もう一個ぉ……のんれぇ♪ のんれ一緒にどぴゅってすゆのぉ♪」

響「むーっ!? 自分は別にいむごぉっ!!」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:23:40.58 ID:AtgTzld10

伊織「さーて、千早はどう? どんな感じかしら?」

千早「熱い……胸が熱いわ……あぁぁ……こんなの初めて……」

伊織「んー……乳首も膨らんで来たし……そろそろね」

千早「あぁぁ……水瀬さん……あんっ!」

伊織「んじゃちょっと刺激してみましょ★ せーの、すいっちおーんっ!♪」

千早「ああぁぁぁぁっっ!!!!!」

伊織「にひひっ♪ 乳首つねられてミルク噴射しちゃうとか、すごいわねー千早」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:24:34.42 ID:AtgTzld10
美希「にゃはぁ……響の口じゅぷじゅぷぅ♪ 乳首でおかしゅのぉ♪ きもちいいのぉ♪」

響「んんっ! んっ! んーっ!! んんぐぅっ!!」

美希「響ぃ……ミキのミルク美味しい? 美味しいよね♪ もっといっぱいのむのぉ♪」

響「ふぶぅぅぅっっ!!!!」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:30:31.16 ID:AtgTzld10
伊織「ほらほら千早、見なさいよ響のおっぱい」

千早「あー……あぁぁ……我那覇さんもぉ、乳首びんびん……うふふぅ……」

伊織「これは効き目に個人差がありすぎるわね、おっぱいバカになっちゃうのは共通みたいだけど」

千早「うふふふふ……おっぱいバカぁ……ちーちゃんおっぱいバカになりゅぅ♪」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:40:28.75 ID:AtgTzld10
響「ぷあっ……はぁっはぁっはぁっ……や、ヤバいぞこれ……頭くらくらしゅるれられ……ぁ」

伊織「あんたはずいぶん回るの早いわねー……」

響「しょんらころらいろっ!自分おっぱいバカららいろっ!」

伊織「かなりバカになって来てるわよ?」

響「ばかららい!おっぱいればかにらりゅわけおっぱ……おっぱおおおおっぱぁ♪」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:41:07.22 ID:AtgTzld10

千早「うふふふふふぅぅぅ……がなはしゃぁん♪」

響「ちひゃやぁ♪ おめれとー♪ おっぱいどぴゅどぴゅぅ♪」

千早「ありらとぉ♪ うふぅ……がははしゃんー♪」

響「ちひゃぁ♪ ちきゅびがこしゅれて、きぼちいいいろぉ♪ ちくびちきゅびぃ♪」

千早「ちーちゃんもちくびいいおぉ♪ ちくびきっすぅ ちゅっちゅすゆー♪」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:42:48.72 ID:AtgTzld10
伊織「これはまた大惨事ねー……」

美希「ふにゃはぁ……でこちゃーんー♪」

伊織「はいはい♪ あんたのおっぱいはちゃんと面倒見て上げるわよ」

美希「ぅにゃあぁぁん♪」

伊織「なんか……野生化してるような……副作用かしら」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:46:15.87 ID:AtgTzld10
千早「あーっ! あっあっあぁぁぁっ!! ちくびぃちゅっちゅしてどぴゅどぴゅみるくぅ♪ らめっ! もうらめっ……!」

響「じびゅんもぉぉっ! あぇっ……きもちよしゅぎっ……ちきゅびからのーみそもれちゃっれるぞぉぉ♪」

千早「がにゃはしゃっ……がにゃ、がにゃぁぁ!♪」

響「ちひゃっ! ちひゃっ! ふぁぁ! ああぁぁぁっ!♪」


ちはひび「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:46:44.49 ID:AtgTzld10
伊織「ぅわ、ミルク噴水」

美希「にゃふっ! ふみゃっ……にゃぅぅぅん♪」

伊織「こらこら、顔をなめ回さないの 今絞り出して上げる……からっ!」

美希「ぅみゃぁぁぁぁぁんっ!♪」

伊織「あんたも噴水並みに出したわねー……どうなってるのよこれ」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:53:07.32 ID:AtgTzld10

律子「と、言う事があったそうですが」

小鳥「なぜ律子さんがご存じですか」

律子「ミルクまみれの事務所の掃除をしたからです」

小鳥「お疲れ様です」

律子「で……小鳥さん?」

小鳥「私は無実よっ!」

律子「高かったんじゃないですか? あんな母乳が出るようになる上にラリっちゃう薬」

小鳥「いえそれが、同好の士から安く回して貰って」

律子「やっぱりかーっ!!」

小鳥「ししししまったぁっ!?」

律子「歯ぁ食いしばれーーっ!!!!!」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 16:55:18.97 ID:AtgTzld10
以上!! 今回はここで完結

なんか思いついたら別スレ辺りでやります また後日

レス感謝です しーゆー

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク