モバP「無垢なる魔王の隷になりたい」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 23:40:26.41 ID:5ovZolB80

みりあ「みてみてー! 蘭子ちゃんみたい?」

蘭子「フフフ……小さき悪魔が纏う黒衣の誘惑よ……! (みちあちゃんとってもかわいいね!)」

みりあ「えへへ、褒められちゃった」

蘭子「我も魔王の宴に相応しき真の姿をこのグリモワールに…… (私も新しいライブの衣装考えて描いてみたんです!)」

みりあ「わぁ! 魔王の蘭子ちゃんすごーい!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367332826
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 23:47:11.07 ID:5ovZolB80
みりあ「じゃあ私は小悪魔だから! プロデューサーにいたずらしようかなーっ♪」

蘭子「あっ……」

みりあ「がおーっ!」

蘭子(あんなにくっついて……小悪魔すごい……)

みりあ「ほらほら次は蘭子ちゃんだよ! 魔王さまはどんないたずらするのーっ?」

蘭子「ふぇっ!?」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 23:57:38.09 ID:5ovZolB80

みりあ「はやくはやくー♪」

蘭子「ま……魔王をも凌駕する無邪気という名の魔力よ! (わ……私にはムリー!)」

みりあ「ら、蘭子ちゃん!?」

蘭子「ふぇえええ!」

みりあ「に、逃げちゃったー!?」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 00:08:36.94 ID:h6LP77Fk0
蘭子「ふぅ……ふぅ……」

蘭子(……逃げてきちゃった)

蘭子(ホントはもっと一緒にプロデューサーと……)

蘭子「……」

蘭子「一先ず魔力の補給と休息を…… (とりあえずお茶でも飲もーっと)」

蘭子「……はぁ」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 00:24:38.64 ID:h6LP77Fk0
蘭子(それにしても)

蘭子(みりあちゃんって積極的……)

蘭子(いいなあ……)

蘭子(腕とか組んだりして)

蘭子(手とか繋いじゃったりして)

蘭子(指とか絡めちゃったりして)

蘭子(デートとかしちゃうのかな……)

蘭子(…………)
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 00:33:00.20 ID:h6LP77Fk0
みりあ「あー! こんなトコに居たっ!」

蘭子「む、無邪気な小悪魔 (あ、みりあちゃん……)」

みりあ「もー、いきなりどっか行っちゃうからびっくりしたよー」

蘭子「無礼は詫びよう (ごめんね?)」

みりあ「まったく、お話がまだ終わってなかったんだから」

蘭子「対話の陽炎! (お話って?)」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 00:42:51.99 ID:h6LP77Fk0
みりあ「えっとね。蘭子ちゃん最近、頑張ってるでしょ?」

蘭子「これも『瞳』持つ者の定め! (もちろんですよ!)」

みりあ「だからプロデューサーがね、ご褒美くれるんだってー♪」

蘭子「っ!?」

みりあ「たしか、デートに連れてってくれるらしいよ!」

蘭子「ま、真か!? (ほ、ほんとっ!?)」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 00:57:50.13 ID:h6LP77Fk0
みりあ「うん、ちゃんと約束してくれたよ?」

蘭子「や、やったぁー!! (欣喜雀躍の猛り!)」

みりあ「わわ、びっくりしたっ!?」

蘭子「あっ……」

蘭子「こ、こほん!」

みりあ「にゅふふ……」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:05:05.40 ID:h6LP77Fk0
蘭子「し、して! 我に信託を捧げよ! (そ、それで!? もっと詳しくお願いします!)」

みりあ「蘭子ちゃんが嬉しそうで良かったー!」

蘭子「か、かか、からかうでない! 我が眷属! (茶化さないでくださいー!)」

みりあ「えへ、蘭子ちゃん面白いね!」

蘭子「うう……!」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:10:21.23 ID:h6LP77Fk0
みりあ「それでね? プロデューサーが、今からデート行こうって言ってたんだけど……」

蘭子「神の福音! (すぐ準備します!)」

みりあ「あ、蘭子ちゃん急がなくても大丈夫だよ?」

蘭子「刻は宝なり! (時間が勿体無いです!)」

みりあ「走るとこけちゃうよー?」

蘭子「魔王の装束は全てを従えん! (服はこのままで良いよね!)」

みりあ「先に外で待ってるからねー!」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:16:57.64 ID:h6LP77Fk0
蘭子(えっと、出たらどうしよう……)

蘭子(なんて言えばいいのかな……)

蘭子(デート宜しくお願いします!)

蘭子「ありふれし言の葉! (フツーすぎる!)」

蘭子(お待たせ、だーりん♪)

蘭子「生き煉獄!? (恥ずかしすぎる!?)」

みりあ「蘭子ちゃんだいじょうぶー……?」

蘭子「と、時は満ちた! (い、今行きます!)」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:26:57.93 ID:h6LP77Fk0
蘭子「えと……」

蘭子「ま、待たせたな我がと……も?」

みりあ「もー遅いよ蘭子ちゃーん!」

蘭子「あ、え、ああ……」

みりあ「どうしたの?」

蘭子「と、友と小悪魔の戯れ…… (なんでみりあちゃんとプロデューサーが腕組んで待ってるんですか……?)」

みりあ「だって、みりあもデートするし……?」

蘭子「楽園への誘い!? (私とプロデューサーの二人きりじゃないんですか!?)」

みりあ「みりあもご褒美くれるって! ねっ、プロデューサー?」

蘭子「がーんっ」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:33:57.37 ID:h6LP77Fk0
蘭子「がーんがーん……」

みりあ「ほら、二人とも早くいこーっ♪」

蘭子(……むっ)

蘭子「……小悪魔よ! たった今からPは我が隷となる! (みりあちゃん! 今からプロデューサーさんは私の恋人ですから!)」

みりあ「へっ?」

蘭子「故に魂の更なる結合が必要となる! (だから腕組んで、手繋ぎますね!)」

みりあ「えぇーっ!?」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:41:05.30 ID:h6LP77Fk0
蘭子「さあ我が友……いや、運命の配偶者P! (ほらプロデューサーさんデートですから、デート……!)」

みりあ「ダメー!」

蘭子「こ、小悪魔の反逆!? (みりあちゃんがPさんの反対側の腕を!?)」

みりあ「蘭子ちゃんだけずるい! みりあもするっ!」

蘭子「非情の空蝉! (真似とかいけません!)」

みりあ「おおー! プロデューサーあったかーいっ♪」

蘭子「あ、ホントだあったかい……!」


みりあ「ほわー……」

蘭子「ほわー……」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:51:27.60 ID:h6LP77Fk0
みりあ「……」

蘭子「ほわー……」

みりあ「……おーい。蘭子ちゃん?」

蘭子「ふはー……」

みりあ「蘭子ちゃーん?」

蘭子「……ふわっ!?」

みりあ「嬉しいのは分かるけど……そろそろ出発しよう?」

蘭子「ざ、ざざざ戯言をっ!? (う、ううう嬉しいとかそんなんじゃっ!?)」

みりあ「またまたーっ♪」

蘭子「無邪気な小悪魔ー! (みりあちゃんのいじわるー!)」

みりあ「あー、魔王様が逃げたー! 追いかけよ、プロデューサー!」

蘭子「ふえぇぇん!」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 01:59:21.40 ID:h6LP77Fk0
───後日。



『傷ついた悪姫───』

『我が名はブリュンヒルデ───』

『あなたの名は───?』

『───』



みりあ「……こうして、姫と王子は無事結ばれたのでした。おしまいっ」

仁奈「おおー……」

雪美「王子様……素敵……」

舞「良いお話でしたぁ……ぐすっ」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 02:07:17.51 ID:h6LP77Fk0
みりあ「良いよねこれ……みりあもさっき読んですっごく感動したんだー♪」

舞「でも、どうして絵本がこんなところに?」

雪美「……サンタさん?」

仁奈「仁奈は知ってるでごぜーます。サンタさんは冬にしかこねーでいやがります!」

みりあ「えへへ、これは蘭子ちゃんのだよー♪」

舞「あ、蘭子さんのだったんですか」

仁奈「蘭子おねーさんはお絵本を描くでごぜーますか?」

みりあ「ううん、これは次のライブの衣装なんだって!」

雪美「衣装、姫……私も」


蘭子「煩わしい太陽と追憶の中に封印されし禁断の魔道書! (おはようございます! 昨日スケッチブック忘れて帰っちゃった!)」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 02:17:47.41 ID:h6LP77Fk0
蘭子「む、果てし無き過去との歪み……? (あれ、おかしいな……ここに置いてたはずなのに……)」

舞「あ、蘭子さんだ」

みりあ「おはようございまーす!」

蘭子「麗しき妖精たちよ、我が魔道書の在り処への導け! (あ、皆おはよー。私のスケッチブック知らないかな?)」

仁奈「蘭子おねーさん、これの続きが読みてーでごぜーます!」

雪美「姫、蘭子。王子、P。どうみても……説明が必要」

みりあ「あのねあのね、蘭子ちゃん! 蘭子ちゃんの絵本すっごく面白かったよ!」

蘭子「……えっ」


蘭子「えっ」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 02:51:26.40 ID:QQ+ztt56o
おっつおっつ
魔王蘭子で良い感じに再燃してきたな
このままふえておくれ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク