藍子「私、笑顔が好きなんです♪」 武内P「!」

2: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 01:59:01.05 ID:5py2TXlE0
藍子「おはようございま~す。あら、未央ちゃんこの写真……」

未央「おっはよーあーちゃん!この間のニュージェネでやったトークイベントの写真だよ~」

藍子「へぇ~……。未央ちゃん、可愛く撮れてますね♪」

未央「いやーそれほどでも……えへへ」

藍子「それに……未央ちゃんも、卯月ちゃんも、凛ちゃんも……」

藍子「それにお客さん達も皆、みーんな笑顔です♪凄いですね、未央ちゃん♪」

未央「そ、そこまで褒められると照れますな~」///

藍子「うふふっ……それにしてもこの写真……撮った人はきっと、笑顔が大好きなんですね」

藍子「どの写真も笑顔がたくさん……というか笑顔しかないですね」

未央「うんまぁそりゃあもう……うん、ほんと笑顔が好きな人だよ」シミジミ

藍子「未央ちゃんのお知り合いの人なんですか?」

未央「うん。あ、ちなみにあーちゃんも会ったことある人だよ?誰か分かる?」

藍子「え~誰だろう?笑顔が好きで、写真…………うーん、分かりません。未央ちゃん、教えてください」

未央「じゃあレッスンまで時間あるし、今から会いに行く?多分今なら居るし」

藍子「えっ?」
3: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:00:09.92 ID:5py2TXlE0
~CPルーム~
武内P「……」カタカタ

未央「おっはよープロデューサー!」ガチャ

藍子「し、失礼しまーす」

武内P「本田さん、と……高森さん?おはようございます」

藍子「は、はい。おはようございます」

未央「という訳であーちゃん!この人がさっきの写真撮った人だよ」

藍子「……えっ、未央ちゃんのプロデューサーさんが?」

武内P「?」

未央「いやーさっきあーちゃんとこの間のイベントの写真の見てたんだ~」

武内P「……ああ、トークイベントの」

未央「そうそう!で、この写真撮った人は誰でしょうってなって、連れてきちゃった☆」

武内P「はぁ……」

藍子「あの、プロデューサーさん。あのお写真、どれも笑顔がよく撮れてて、素敵でした♪」

武内P「あ、ありがとうございます」

藍子「プロデューサーさんは普段もお写真撮ったりするんですか?」

武内P「いえ、普段は……」

未央「あれ、そうなんだ。小さいイベントとかだとよくカメラ持ってるし、普段もそうかと思ったんだけど」

武内P「……私が一人でカメラを持ち歩いていると……その……不審者と……」

未央「あっ」

藍子「?」
4: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:00:44.52 ID:5py2TXlE0
未央「で、でもプロデューサーはカメラ自体は興味あるんだ。いやープロデューサーの私生活のベールが一枚剥がれましたな~これはしぶりんに報告せねば」アセアセ

藍子「よくわからないですけど、プロデューサーさんはカメラに興味はあるけど、一人じゃ撮りに行けないんですか?」

武内P「……要約するとそうなりますね」

藍子「……じゃあ今度、私と写真取りに行きませんか?」

武内P「!?」

未央「おっ、ナイスアイデアだよあーちゃん!プロデューサーに何かあったらあーちゃんが助けてあげれば問題なし!」

武内P「いえ前提条件から問題があります!そもそもアイドルとプロデューサーの私が……」

藍子「プ、プロデューサーさんに何か起こるんですか!?」

未央「まぁまぁ、未央ちゃんにまっかせなさーい☆」
ヤンヤヤンヤ



5: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:01:19.75 ID:5py2TXlE0
~次のオフ~
武内P(結局高森さんと写真を撮りに行く事になりました。千川さんを味方につけるとは……)

武内P(……来てしまったものは仕方ありません。せめて高森さんに迷惑はかけないように心がけましょう)

藍子「あっ、プロデューサーさ~ん!」

武内P「高森さん、おはようございます」

藍子「おはようございます!お待たせしちゃいましたか?」

武内P「いえ、私も今来た所です。本日はよろしくお願いします」

藍子「こちらこそよろしくお願いします♪それじゃ、早速行きましょうか」

武内P「はい」

武内P(しかし……公園をゆっくり散歩するなんていつ以来でしょう……)

藍子「あの花壇、きれいですね~♪」

武内P「ちょっと撮ってみましょう」パシャッ

武内P(自分の為だけの時間……仕事とは別の楽しさ……久しい感覚です……)

藍子「あっそうだ♪この前の事なんですけど~~」

武内P「そんな事が……」

武内P(高森さんとのゆったりとした会話も心が安らぐ……)

武内P「まったく……本田さんらしいです」

藍子「それでそのあと未央ちゃんが……あっ」

武内P「?……おや……」

ニャ?
6: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:01:57.60 ID:5py2TXlE0
藍子「かわいい白猫さん、こんにちは♪」

武内P「この公園に住み着いている猫……でしょうか」

トテトテ

藍子「あ……この子、人懐っこいみたいです♪」

武内P「……そのようですね」

藍子「ほーらよしよし♪ふふっ♪」ナデナデ

ナーオ

武内P(ん……これは……)

武内P「……」パシャッ

藍子「あれ、今プロデューサーさん撮りました?」

武内P「あ、はい、すみません。素敵な笑顔でしたので、つい……」

藍子「あっ別に構いませんよ?仕事で撮られ慣れてますし。それよりほら、プロデューサーさんも猫さん、どうですか?」

武内P「……そうですね、では失礼して……」サワッ

武内P「……この子は本当に人懐っこいですね。私が触っても全然嫌がりません」ナデナデ

ナーオ

藍子「プロデューサーさんも猫、お好きなんですか?」

武内P「ええ、あと犬も好きです。……ですが向こうからは好かれないのか……よく吠えられてしまいます」ナデナデ

藍子「そうなんですか……でもこの子は何も……」

武内P「はい、ですので久々に猫に触れました……フフッ」ナデナデ

藍子「あ……」

藍子「……」パシャッ

武内P「!?た、高森さん?」

藍子「素敵な笑顔、だったので♪これで、おあいこです♪……もしかして、取られるのNGでしたか?」

武内P「いえその、撮られるのに慣れていないだけで……だめという訳では」(照れる音葉)

藍子「……ふふっ、未央ちゃんや皆から聞いてた通り、プロデューサーさんって面白くて、可愛い人なんですね♪」
7: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:02:31.95 ID:5py2TXlE0
武内P「…………高森さん」(首を触る音葉)

藍子「……?……どうかしましたか?」

武内P「どうして今日は、私に付き合って頂けたのですか?私の事は仕事でいくらか顔を合わせた以外は、人伝いにしか知らない私の為に貴重なオフの日を」

藍子「私、笑顔が好きなんです♪」

武内P「!」

藍子「人伝いって言いますけど、プロデューサーさんの事、未央ちゃん達からよく聞いてました。耳にタコさんができるくらい♪プロデューサーさんも笑顔が好き、ですよね?」

武内P「はい。笑顔は私が最も大切にしているものです」

藍子「でもプロデューサーさん、一人じゃ写真が撮れないって言ってた時、辛そうな顔してました。笑顔じゃ無かったですよ」

武内P「あ、いえ、自分は別に」

藍子「それじゃ駄目ですー。きっとCPの皆さんは、プロデューサーさんの笑顔も見たいといつも思ってると思いますよ?」

武内P「そ、そうなのでしょうか?」

藍子「はい♪それに、プロデューサーさんが笑顔になって、それを見た未央ちゃん達が笑顔になって、それを見たファンの人達も笑顔になって……」

藍子「そうやって、笑顔を繋げていく事が出来たら、素敵だと思います♪」

武内P「……」

藍子「だからこうして、一緒にお散歩して、写真を撮って……それでプロデューサーさんを笑顔にできるなら……私からも、笑顔を繋いでいけたらなって……」

武内P「……」

藍子「それに私も元々オフの日はよくこうして過ごしてましたから、こうして誰かと歩くと私も楽しいんです♪…………迷惑、でしたか?」

武内P「いいえ……高森さん、ありがとうございます。私はどうやら笑顔のあり方を見失いかけていたようです」

藍子「うふふ、良かったです♪今のプロデューサーさんなら、きっと皆に笑顔、届けられると思います♪」

武内P「ええ、必ず。それと……何かお礼をさせてもらえませんか?私に笑顔をくれたお礼を」

藍子「いえ、そんな……あ、そうだ♪じゃあ今日の記念に……この子と一緒に……タイマーはこうで……」

武内P「?」
8: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:03:47.12 ID:5py2TXlE0
~後日~

未央「で、プロデューサーとのデートはうまくいったんだ☆」

藍子「で、デートじゃ無いです~。というより、未央ちゃんは知ってるでしょ~?」

未央「いえいえ奥さん、男女が二人で道行かば、それすなわちデートなり……ってのは置いといて、あーちゃんもプロデューサーも楽しめたようでなによりだよ」

藍子「うん♪未央ちゃんが言ってた通り、優しくて、かわいい人でした。次のオフも楽しみです♪」

未央「うんうん……うん?次のオフ?」

藍子「プロデューサーさんがどうしてもお礼したいって言うから、次のオフにプロデューサーさんの車で、遠くにある公園に連れていってもらう事になったんです♪」

藍子「広くて花が綺麗なのが有名で、近くに動物園もあるみたいで、そっちにも寄って……♪」

未央「あっこれは……ごめんよしぶりん☆」

おわり
9: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:06:09.18 ID:5py2TXlE0
おまけ
全然見なくていいです

※キャラ崩壊注意

※彼岸島

※語録で……皆に笑顔を……
10: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:06:39.57 ID:5py2TXlE0
~後日~
未央「という訳でプロデューサーとあーちゃんが撮ってきた写真だよ~☆」

凛「は?」

卯月「えっ……藍子ちゃんとプロデューサーさん、二人で出かけてたんですか……?」

未央「いや最近プロデューサー休み取って無かったらしくてね?色々あってあーちゃんとゆったりオフを満喫してもらったんだー☆」

美波「それってデートじゃ……」

アーニャ「デートした、ですか?私以外の女と……!」

しぶりん「なんてことだ……なんてことだ……!!」

みりあ「ねこちゃんだ!プロデューサーとねこちゃんだ!」(写真を見る音葉)

みく「なんて事にゃ!史上最高の笑顔にゃ!!」

しぶりん「この写真のことかふざけやがって!」

りーな「ハ プロデューサーの笑顔を見るのは何週間ぶりだろう」

蘭子「なんと神々しいのか……(プロデューサー、いい笑顔だ~♪猫ちゃんも可愛い~♪)」

莉嘉「この写真を、お姉ちゃんに送ってみよう☆」

きらり「莉嘉ちゃん、それに何の意味が……美嘉ちゃんもここに呼んだらいいにぃ!」

美嘉「これは……いい写真だな……」

莉嘉「お姉ちゃん!どうしてここに……まさか自力で脱出を……?」

美嘉「すまない……ただみりあちゃんに会いたくて★」

猫と戯れる武内Pと藍子のツーショット「ヌッ」

しぶりん「ひいいいいい!」

アーニャ「ニエエエエエット!」

卯月「嫌あああああああ!」

きらり「にょわあああああ!」

凛「ふーーーーーーん!!」

未央「写真の二人が満面の笑みで!これはあーちゃんがゆるふわ空間を猛烈に発生させてるんだ!」

杏「があああああ があああああ」←すげえでかい寝息

智絵里「ああやはり畏れ多かったんです……私がプロデューサーさんの隣に立とうなんて……」

かな子「失敗です!プロデューサーさんの独占は失敗です!」モグモグ

美嘉「何なの!?何なのこのゆるふわの化け物は!」

美波「考えない。考えない。嫌な事は考えないのよ」

しぶりん「ちきしょー酒持ってこい酒!!こうなったらとことんバカ騒ぎしてやる!」

奈緒「CPが大変なことになってるぞ!大丈夫か!?」

加蓮「CPは皆プロデューサーが大好きなんだ!この写真がカップルみたいだからちくしょう!」

楓「がんばれ皆ァ ふんばれェ」ヤンヤヤンヤ



武内P「……」(首を触る音葉)

藍子「CPの皆さんはいつも楽しそうです♪」
11: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:09:30.75 ID:5py2TXlE0
以上、終わり!閉廷!

という訳で相性いいと思うので武藍流行らせコラ!!





さてさっさとミナミィの方のSS書かなきゃ……
13: ◆i.KlBw5A.g 2016/10/02(日) 02:14:28.19 ID:5py2TXlE0
あっ、渋谷凛さんとしぶりんは別の生物だからあまり深く考えないで下さい。
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 02:18:33.27 ID:ua4oaKYa0

皆!塩は持ったな!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク