美優「楓さんに弱みを握られました……」

1: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:00:54.45 ID:oaf0gih40
美優(今日は、レッスンの予定だったけど、トレーナーさんの都合で延期……)

美優(そのまま帰るのも勿体無いし、事務所に誰かいないかしら)

ココヲ…アアソコハ……

美優(ルームから声がする……。アーニャちゃんと美波ちゃんね)

美優(本当の姉妹みたいに仲が良くて微笑ましいわね)フフッ

アーニャ『ミナミ。ここ、どうですか? イケそうですか?』

ミナミ『ア、アーニャちゃん!? そんな乱暴にしたら!』

美優「……ん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466514054
2: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:02:23.33 ID:oaf0gih40
アーニャ『ここもイケそうですね』

美波『だめぇ! 壊れちゃうよ!』イロッポイコエ

アーニャ『ミナミ、そんなに怖がらなくても、いいですよ』

美波『で、でも……』

アーニャ『やさしくすれば大丈夫、です』


美優(……あの二人って、そういう関係)

美優(いやいや! 確かにちょっと距離近いなとか、見ててドキッとする時あるけど!)

美優(そ、それにまだ確認したわけではないし!)

美優(……でも本当にそういうことしていたらどうしよう?)
3: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:04:00.50 ID:oaf0gih40
美優(……ないない! 例えそういう関係でも美波ちゃんはTPOを弁えてますし!)

美優(事務所でそんなこと……してないですよね?)

美優(……ここで確認しないとずっと悶々したまま)

美優(けど、そういうことをしていたら、私はどうすれば……)

美優(いっそ、何も聞かなかったことにして帰ってしまうほうが……)

楓「美優さん?」カタポン

美優「ひゃっあだっ!」ドアゲキトツ

アーニャ『ッ!?』

美波『きゃっ!?』

ガシャア
4: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:06:16.79 ID:oaf0gih40
楓「美優さん? なんでそんなに驚いて……」

美優「か、楓さん? い、今は中に入るのは――」

ガチャ

美波「美優さん……? どうしたんですか?」

アーニャ「ミユ、鼻赤くなってます」

美優「あ、あの、ええと……ふ、二人は何をしていて……」

美優(ってああああなんでそのまま言っちゃったんですか私!?)

美優(これで答えづらそうにされたら気まずすぎる……!)

アーニャ「……? ジェンガ、してましたよ?」

美優「……ジェンガ」
5: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:07:47.13 ID:oaf0gih40
美波「はい、レッスンまでまだ時間があったので」

アーニャ「ドキドキして楽しい、ですね」

美優「……美波ちゃん、どうして艶っぽい声を」

美波「ええ!? 私そんな声出してました!?」

楓「美波ちゃんはナチュラルセクシーですからね。座ってるだけでも雰囲気があるもの」

アーニャ「ダー。ミナミ、セクスィです」

美波「は、恥ずかしい……」

美優(大丈夫美波ちゃん……私のほうがもっと恥ずかしいこと考えていたから……)
6: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:08:53.84 ID:oaf0gih40
楓「……美優さんは、どうしてしばらくドアの前に立っていたんですか?」

美優「そ、それは……何か忘れ物があった気がして、それを思い出そうと必死で……」

美優「つい、それに集中して立ち止まってしまって……」

楓「ふーん……」

美優(ううっ……じっと見つめないでください……)

楓「確かに、よくありますね」

美優「で、ですよね」ホッ

楓「美波ちゃん、まだ時間あるなら私たちもジェンガに混ぜてくれませんか?」

美波「もちろん、構いませんよ」

美優「……あれ、私たちって私もですか?」

楓「もちろんです。嫌ですか?」

美優「いえ、そんなことはありません。私で良ければ」
7: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:10:33.59 ID:oaf0gih40
美波「じゃあ、組み直しますね」カチャカチャ

アーニャ「人が多いほうが面白い、ですからね」

楓「では、美優さんからどうぞ」

美優「は、はい」

美優(そっーと、優しく……)

楓「あぁ……駄目です美優さん……そんな強引に……」イロッポイコエ

美優「!!!」ガチャ
9: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:12:41.93 ID:oaf0gih40
アーニャ「カエデ、どうしました?」

楓「美波ちゃんの真似です。深い意味はありません」

美波「私、そんな声だしてたのかなぁ……」

楓「ところで、美優さん。今夜一杯行きませんか?」ニコッ

美優(……! 気がついている! この人は、私が部屋に入らずにいた本当の理由に気がついている!)

美優(これは、Yesと言わないと、川島さんたちと飲んだ時にめちゃくちゃイジられるやつ……!)

美優「の、飲み過ぎないでくださいね……」

楓「ええ、限界を超えないように、厳戒態勢で臨みます」ニコッ

美優「……誰にも言わないでください」コゴエ

楓「はいっ」コゴエ

美優(……楓さんに弱みを握られてしまいました)
10: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:14:08.51 ID:oaf0gih40
~後日、衣装室~

美優「楓さんったら、飲み過ぎないで言ったのに、結局私の部屋に泊まっていくんですから……」

美優「……」スマホトリダシ

美優(……本当に幸せそうに寝ていますね。そんなに楽しかったんでしょうか)フフッ

ルキトレ「あの……」

美優「は、はい!? なんですか!?」

ルキトレ「衣装の確認が終わったら、声をかけてください。隣の部屋にいますので」」

美優「あ、はい! わかりました!」

ルキトレ「お願いしますねー」

美優「……今のが楓さんじゃなくてよかった」
11: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:16:38.76 ID:oaf0gih40
美優「さて、衣装の確認を……あっ」

美優「この間美波ちゃん達が着ていた……ヴァルキュリアの衣装」

美優(……女神か。私も『癒やしの女神』と呼ばれたこともありましたっけ)

美優(なら、私もヴァルキュリアになってもおかしくないかも?)

美優「……衣装の帽子を被るくらいなら、いいですよね」

美優(姿見でチェック……悪くはない、でしょうか)

美優「けど、美波ちゃんちゃん達に混ざるには年齢がキツイ……?」

????「わからないわ」

美優「……なにか、幻聴が」
13: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:18:05.70 ID:oaf0gih40
美優「あっ、けど先輩役なら出来るかも……」

美優「どういう名乗りならそれっぽく……蘭子ちゃんみたいな……?」

美優「……」コホン

美優「先代ヴァルキュリア『ドライ・シッフ』を超えられないようでは……真の邪悪に打ち勝つことは出来ない……」キリッ

楓「その力、『グロース・ツァウン』の前に示しなさい……」キリッ

美優「…………」

楓「おはようございます、ドライ・シッフさん」
15: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:20:38.23 ID:oaf0gih40
美優「なななななんで楓さんが!?」

楓「なんでと言われても、私も衣装の確認をしに来たんです」

楓「そうしたら、美優さん――いえ、ドライ・シッフさんが楽しげなことをしていたので混ざってみました」

美優「わざわざ言い直さなくていいですから!」

楓「けど、とっさにドイツ語が出てくるなんて、実は美優さんって」

美優「違いますから! 大学でドイツ語を習っていただけですから!」

楓「蘭子ちゃんと飛烏ちゃんのユニットに入れてもらいますか?」

美優「違うんです……これはほんの出来心だったんです……」

楓「ところで、おいしいバーを見つけたんですが、今夜どうでしょうか?」

美優「……お付き合いさせていただきます」

楓「ふふっ、楽しみに待っていますね」

美優「この件はどうかご内密に……」

楓「はい、もちろんです」

美優(……また楓さんに弱みを握られました)
16: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:23:11.85 ID:oaf0gih40
~その夜~

楓「空はなんで暗いんですかい? ふふっ……」フラフラ

美優「それはもう夜だからです……ああ楓さん、しっかり歩いてください」

楓「大丈夫です、うぉーくぅ~と気合を入れてますから」

美優「絶対大丈夫じゃないですよ……ほら、肩貸しますから」

楓「ん、ありがとうございます……」

美優「またこんなに飲んで……何時でも泊めれるわけじゃありませんよ?」

楓「でも、今日は?」

美優「……泊めれますけど」

楓「じゃあ、楽しみですね」
17: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:28:19.27 ID:oaf0gih40
美優「楽しみ?」

楓「ええ。酔いを覚ましながら、寝るまで美優さんとお喋りするのが、私好きなんです」

楓「美優さんは、どうですか?」

美優「私は……好き、です。楽しい時間だと思います」

楓「良かった……けど、飲みに誘うために別の弱みを見つけないといけませんね……」

美優「い、いいです……これ以上弱みなんて握らせません……」

美優「それに、飲みに行くなら何時でも……たまになら付き合います」

楓「言い直さなくても良かったんですよ?」

美優「さすがに毎日は付き合えません……」

楓「それは残念です」
18: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:29:52.91 ID:oaf0gih40
美優(……たまには、私から仕掛けてみましょうか)

美優「か、楓さんがこれ以上弱みを握る必要なんてないですよ」

美優「ずっと前から、私は楓さんに大きな弱みを握られてるんですから」

楓「はて……なんのことでしょう?」

美優「それは……」

楓「それは?」

美優「惚れた弱み……です」

楓「……」ピタッ
19: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:33:26.73 ID:oaf0gih40
美優「……な、なんて」

楓「……」

美優「楓、さん……?」

美優(さっきよりも顔が赤い、ような……)

楓「……不覚です」

美優「えっ?」

楓「美優さんに、弱みを握られてしまいました」カオマッカ

美優「……年上を甘く見るからです」

楓「あの、私タクシーで」

美優「泊まっていくんですよね?」ガシッ

楓「……美優さんの意地悪」

美優「だって、楓さんの弱みを握っちゃったんですから。簡単には帰しません」

美優「夜はまだまだですから」

楓「……」
20: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:34:40.11 ID:oaf0gih40
~次の日~

楓「フンフンフフーン、たかがきー」

幸子「楓さん、上機嫌ですね」

幸子「何かいいことあったんですか?」

楓「聞きたい? 聞きたいですか?」

幸子「そうですね、気になりま」

美優「かかかえでさん! 今夜にまたバーなんてどうでしょうか!?」

楓「あら、素敵ですね」

美優「で、ではその予定を詰めるためにもこちらで話しましょう!」グイグイ

幸子「……美優さん、あんなに積極的に飲みに行く人でしたっけ」
21: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:36:37.80 ID:oaf0gih40
美優「あ、あの昨日のことは……」

楓「はい。寝ぼけた美優さんが私の布団で眠っていたことですね」

美優「しっー! お、お願いですから誰にも言わないでください……」

楓「もちろんです。私の心のメモリーと、スマホのメモリーにだけ留めておきます」

美優「スマホの方は消してください! いつの間に撮っていたんですか!?」

楓「あ、プロデューサーさん。美優さんのとっておきの写真があるんですが見ますか?」

美優「わーわー! なんでもありませんプロデューサーさん!」

美優(うう……どうやっても楓さんに弱みを握られるんですね……)


おわり
22: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:39:57.93 ID:oaf0gih40
デレステに楓さんストーリーコミュが来るのは、美優さんのCV発表してからだって信じてる
ここまで読んでくださった方々ありがとうございました。
23: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:41:37.39 ID:oaf0gih40
最近の過去作

幸子「もっと可愛がってもらえるようになる香水?」


凛「……」加蓮「……」奈緒「……」


のあ「ガンプラをつくるわよ」みく「あの」


美波「少女の悩みを」アーニャ「解決します」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 22:48:37.37 ID:3pM2+pPmo
乙!
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 19:43:12.83 ID:1uiPPLTQo
おつ
最高かよ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク