凛「……」加蓮「……」奈緒「……」

1: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:08:59.74 ID:kAVLUHuM0
奈緒(凛と加蓮が、事務所に来てからというものずっと神妙な顔をしている)

奈緒(二人は頻繁に時計を気にしていて、午後2時50分くらいからはソファに座ってスマホを睨んでいる)

奈緒(何をそこまで待っているんだ……? オーディションの結果とか?)

346プロガゴゴ3ジヲオツタエシマス

奈緒「あっ、もう3時か」

凛「……!」バッ

加蓮「……!」バッ

奈緒(素早い動きでスマホを起動した?)

奈緒「……なあ、二人は何をそんなに気にしてたんだ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455631739
2: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:11:02.34 ID:kAVLUHuM0
凛「……来た」フルフル

奈緒「えっ? 何が?」

加蓮「セーフティ解除!」ダダダッ

奈緒「!?」

凛「この瞬間を待っていたんだー!」ダダダッ

奈緒「な、なに!?」

奈緒(ふ、二人がすごい勢いでスマホをタッチし始めた!?)
3: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:13:16.07 ID:kAVLUHuM0
奈緒「り、凛……? 一体何が来たんだ?」

凛「ぐっ……ああああああああああ!」

奈緒「ひゃっ!? き、急に叫ぶなよ! というか、アイドルがあげちゃいけない叫びだったぞ!」

加蓮「凛、過去を振り返る暇はないよ。暗い過去は輝く未来でこそ照らせるのだから」ダダダッ

奈緒「加蓮も何言ってるかわからない……」

凛「くっ……! もってよ……私のスタージュエル……!」

奈緒「……スタージュエル?」
4: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:14:57.33 ID:kAVLUHuM0
奈緒「えーと、ああ、今日ガチャの更新日だったか」スマホキドウ

奈緒「おっ! 私がSSRになってる! そっかぁ……ついにか……へへっ」

奈緒「あっ……ひょっとして、私がガチャに追加されるのを待ってたのか?」

凛「そうだよ。奈緒がSSRになるのをずっと待っていた」ダダダッ

加蓮「私もTPでユニット組みたかったんだから」ダダダッ

奈緒「へ、へえ……ま、まあ私もTPで組みたかったから嬉しい、なんて……」

奈緒「……うん、嬉しいんだけど」

凛「スタージュエルが死ぬ……!? なに……!?」

加蓮「1%の壁なんて、アイドルなら乗り越えられる……!」

奈緒(鬼気迫る表情でガチャ回す姿は正直怖い……)
5: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:16:51.18 ID:kAVLUHuM0
~10分経過~

凛「加蓮、スタージュエルの残りは!」

加蓮「……250!」

凛「一発勝負か……」

奈緒「な、なあそろそろ退いた方が……」

加蓮「ああああああああ!」ポチッ

奈緒「聞いてないし……」

ライラさん『ライラさんですよー』

加蓮「うわああああああ! 引けませええええん!」
6: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:18:30.02 ID:kAVLUHuM0
凛「私、止まる気はないよ……」

奈緒「やめろ凛! もう3回もコンビニでItuneカードを買ってるんだぞ!」

凛「SSR奈緒を引くまで止まるわけには……」

奈緒「落ち着け凛! お前はガチャに呑まれている!」

凛「それがなに! SSR奈緒を引こうとしてるんだ! ちひろさんに魂を売るくらい……!」

奈緒「そんなにガチャを回し続けたら、心が壊れて人間じゃなくなる!」

加蓮「大きい……SSR封筒かな? いや、違う、違うね。SSR封筒はもっとこう、バーって刺繍が入ってるし!」

加蓮「おかしいなぁ……ちひろさん、おーい、出してくださいよ、ねえ……」

奈緒「もう壊れてる奴がいるぞ!?」
7: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:20:00.70 ID:kAVLUHuM0
奈緒「もうやめろ! やめてくれ! これ以上傷ついていく二人を見たくない!」

凛「だけど、SSR奈緒を引かないと……TPが……」

奈緒「TPを組むならNでも出来るだろ!? そこまで傷つく必要なんて無い!」

加蓮「それは……強者の理屈だよ……」

加蓮「私の音ゲースキルじゃ、N奈緒だとライフもスコアも足りない……」

凛「私は、ただSSR衣装で踊る奈緒を見たかった……それなのに……」
8: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:24:35.42 ID:kAVLUHuM0
奈緒「……加蓮、凛」

奈緒「……ありがとう、二人とも。そこまで私を思ってくれて」ダキッ

奈緒「だから、もういいんだ。私をこんなに思ってくれる二人が、私の事で傷つくのは嫌なんだ……」

奈緒「それに恒常追加だから、いつかきっと引ける……その『いつか』が今日じゃなかっただけだよ……」

奈緒「だから……」

凛「……奈緒」

加蓮「……奈緒」
9: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:27:23.64 ID:kAVLUHuM0
凛「……うん、そうだね奈緒」

加蓮「私たちには1/1奈緒がいるんだ……」

奈緒「うん、その言い方はやめて?」

凛「じゃあ、奈緒。SSR衣装着て私たちの前で踊ってくれる?」

奈緒「うん……うん?はぁ!? ど、どうしてそういう話になるんだ!?」

凛「私の心は、SSR衣装を着て踊る奈緒を見ないと癒やされないから……」

凛「そうでもしないと、まだガチャに手が伸びそうになって……」

加蓮「私も……Cuのダンスをする奈緒を見ないと駄目そう……」

奈緒「なんでCu指定なんだよ! Trancing Pulseとかあるだろ!」

加蓮「ああ……さよなら凛……」

凛「加蓮……! 駄目、気をしっかり!」

奈緒「あーもう! わかったよ! やればいいんだろやれば!」




幸子「あのプロデューサーさん……奈緒さんたちは、事務所の一角で何をしてるんですか?」


奈緒「はっだかーになっちゃおうかなー!」カオマッカ

りんかれん「なっちゃえー!」サイリウムブンブン


おわり
10: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/16(火) 23:33:44.79 ID:kAVLUHuM0
ガチャは容量用法を守って楽しく回しましょう。
ここまで読んでくれた方々ありがとうございました。

前作

のあ「ガンプラをつくるわよ」みく「あの」

前世作

美波「少女の悩みを」アーニャ「解決します」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:42:51.93 ID:PTh/ZpWdO
おつ
関係ないけど読みたくなってちょうど前前作読んできたとこだったわ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク