FC2ブログ

ベルトルト「好きなんだ」 ユミル「ななんだ急に私にはクリスタが」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:00:50 ID:VD.Ln4eU

ベルトルト「ライナーの事が」

ユミル「…は?」 




注目記事





2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:02:38 ID:VD.Ln4eU



ユミル「ちょっと良くわからないんだけど」



ベルトルト「だから、好きなんだ」



ユミル「誰を」



ベルトルト「ライナー」



ユミル「何でそれを私に言うんだよ!」



ベルトルト「え?だってユミルもおんなじでしょ?」



ユミル「私はあんなゴリラ野郎好きじゃねえよ!」



ベルトルト「違うよ、クリスタと!だからどうやったら付き合えるのか教えてもらおうと」



ユミル「はああああああ!?」 




3 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:05:43 ID:VD.Ln4eU



ユミル「私とクリスタの関係をてめーの汚ねえ妄想で汚すな気色悪い!」



ベルトルト「え、違うの」



ユミル「当たり前だろ!頭沸いてんじゃねえの!」



ベルトルト「…」



ユミル「…」イライラ 




4 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:12:00 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「…今のなし、忘れて」



ユミル(いや、まてよ…?ホモをくっつける?これはこれで面白そうじゃないのか?)



ユミル「ちょーっとまて」グイッ



ベルトルト「わっ」



ユミル「いいぜ、付き合ってやるよ」



ベルトルト「ええ!?いいって!」



ユミル「おいおいこの私が、童貞クソホモ野郎が幸せになれるように手取り足取り教えてやるって言ってるのにまさか断るとは言わないよなあ?」



ベルトルト「えっ、うう…!」 




5 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:15:35 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「でも」バタン!



クリスタ「やめてユミル!いくらカップルになったからっていきなりそんな…エッチなことするのは良くないよ!!」



ユミル「」



ベルトルト「」 




6 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:17:11 ID:VD.Ln4eU



ユミル「くくくくりすたどどこから聞いてててt」



クリスタ「盗み聞きなんかしてごめん…でもよかった!ユミルにも好きな人が出来たんだね!そんなに密着して…」グスッ



ユミル「ちちが…っくりすたあああああ」



ベルトルト(自業自得だよ、こんな体勢にして)



ユミル(ふざけんなこのど腐れホモ!)



ライナー「いやー、ベルトルトもよかったな、普段人と接しないから心配してたんだが、彼女が出来たんなら安心だ」



ベルトルト「」



ユミル「ざまあ」 




7 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:23:58 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「ライナー違うんだこれには色々とわけgyぁいjd」



ライナー「すまんな邪魔して」



ユミル「クリス…」



クリスタ「末永く幸せにね!」パタン



ベルトルト「あ…ああ…」ブルブル



ユミル「てめえええええええええええふざけんなよちくしょおおおおおお!!!」 




8 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:28:06 ID:VD.Ln4eU



ユミル「このまんまベルトルさんを殴っててもしかたない…とりあえず誤解を解くことが先決だ…他の奴らに知れ渡る前にやらねえと…」



ベルトルト「うんそうだね」ボロッ



ユミル「おーいクリス」



ジャン「ひゅーお熱いね、二人で寝技の練習かあ?」



ユミル「!?」



エレン「お前ら付き合ってんだって!?すげえな!」



ベルトルト「もう広まってるうううう」 




9 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:28:37 ID:VD.Ln4eU



アルミン「おめでとう」



マルコ「おめでとう」



ミカサ「おめでとう」



アニ「おめでとう」



ミーナ「おめでとう」



ユミル「死のう」



ベルトルト「あああ僕の快適な空気ライフが…」 



 




11 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:38:05 ID:VD.Ln4eU



ユミル「おいどうすんだよ…ふざけんなマジで」



ベルトルト「ライナアアアア…」グスン



ユミル「こうなったら誤解を解く方法は一つ…お前の恋を成就させるしかねえ」



ベルトルト「恋って?」



ユミル「お前とあのホモ顔をくっつけるってことだよ!」



ベルトルト「ホモなのはライナーじゃなくて僕だよ」



ユミル「うるせえええええそんなん知ってるわぼけなす!!!」 




12 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:41:08 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「ごめん…」シュン



ユミル「そもそもベルトルさんはどうなりたいわけ?」



ベルトルト「えーっと…ずっと一緒にいたい…かな」



ユミル「はあ?今だってずっと一緒にいんだろうが。そうじゃなくてキスとかセックスとかしたいのかってことだよ」



ベルトルト「ええ!?」 




13 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:46:33 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「いや、正直考えたこともなかった…」



ユミル「や、でも好きってことはそういう事したいって事だろ?」



ベルトルト「ううーん?」



ユミル「あーいいから。お前はしたいんだよ」



ベルトルト「でも…」



ユミル「したいって言え」



ベルトルト「え?いや、あの…」 




14 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:51:10 ID:VD.Ln4eU



ユミル「言わないと協力しねえ」



ベルトルト「ええ!?」



ユミル「はーやーく」



ベルトルト「うう…せ…セック…たいです…///」カアアァ



ユミル「は?聞こえねーな」



ベルトルト「だ、だから、セックス」



ユミル「あーあー聞こえねー!ベルトルさんの声がちっさくて聞こえねーなー!!!」



ベルトルト「僕は!セックスが!したいです!!!!!」ガタッ! 




15 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:55:53 ID:VD.Ln4eU





周り「」シーン



ユミル「はっ」



ベルトルト「あ」サアアァァァ



ライナー「ええっと…お前ら、そういうのは、二人でいるときに…な?」



クリスタ「ラブラブだね二人とも…///」



ベルトルト「…」ワナワナ



ユミル(しまったああああああ!いじるのが楽しくてつい…!) 




16 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 22:58:35 ID:VD.Ln4eU





ベルトルト「…」ズーン



ユミル「…」ズーン



ベルトルト「…部屋戻る」ガタ



ユミル「…おう」 




17 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:08:07 ID:VD.Ln4eU



クリスタ「ユーミルっ」



ユミル「おう…」



クリスタ「いいの?追いかけなくて?」



ユミル「別に、部屋に戻っただけだし…」



クリスタ「もー照れなくてもいいのに!」



ユミル「そーですね…」



ユミル(もうだめだ…どうすれば誤解が解けるんだ…) 




18 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:13:34 ID:VD.Ln4eU





クリスタ「でも、ちょっとさびしくなっちゃうなーユミルをベルトルトに取られちゃったら」



ユミル(可愛い…はっ!)



ユミル「クリスタありがとう!突破口が見つかったぜ!ちょっくら行ってくる!」ガタッ



クリスタ「うん?行ってらっしゃい」



クリスタ(もう、ユミルったら素直じゃないんだから) 




19 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:24:18 ID:VD.Ln4eU



ユミル「おーい!!ベルトルさん!!!」ドンドンドン



ジャン「おーいベルトルト!愛しの彼女が呼んでるぞー!」ゲラゲラ



ベルトルト「ああ…はい…」ガチャ



ユミル「よお!ちょっと来い!」グイッ



ベルトルト「え!?わ、わかったから引っ張んないでよ!」



ジャン「…」



ジャン(いいな…俺もいつかミカサと…)ホワンホワンホワン 




20 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:30:28 ID:VD.Ln4eU





ミカサ「ジャン、起きて」



エレン「いやー二人ともラブラブだなー!俺が入る隙もないなー!」



ジャン「朝からやめろよミカサ、周りに迷惑だろうが///」



ミカサ「周りなんか関係ない。私たちは家族になるんだから」



アルミン「ひゅー!お熱い限りだね!」



ジャン「ふふふふへへへ」



コニー「うわ一人で笑ってるジャンきめえ」 








22 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:34:11 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「どこまで行くんだよユミル」



ユミル「…よし、ここまでくれば誰もいないだろ」



ベルトルト「だ、だから急に」



ユミル「ライナーを振り向かせる方法を思いついた」



ベルトルト「なに!?」 




23 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:35:01 ID:VD.Ln4eU



ユミル「あんたら二人は普段から一緒にいるだろ?」



ベルトルト「う、うん」



ユミル「だからお互い距離が近すぎて相手の事を意識できてないんだ。丁度エレンとミカサみたいにな」



ベルトルト「え、僕は意識してるけど」



ユミル「てめえは例外だホモ野郎!」



ベルトルト「ひどい」 




24 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:37:51 ID:VD.Ln4eU



ユミル「だからな、しばらくあいつと距離を取るんだよ!」



ベルトルト「ええ!?」



ユミル「いつも一緒にいたやつがいなくなるとなりゃあの鈍感そうなでかぶつでもちょっとは意識せざるを得ないだろ」



ベルトルト「ううーん、でも僕友達少ないし、一人でいたらライナーはこっち来ると思うよ」



ユミル「だーかーら、この状況を上手く利用するんだよ」



ユミル「今私らは周りから付き合ってると勘違いされてる」



ユミル「それに上手く乗るんだ」 




25 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:46:14 ID:VD.Ln4eU



ベルトルト「えっ、つ、つまり」



ユミル「ライナーの前で思いっきりいちゃついてやるんだよ」



ユミル「あいつ、私にお前を取られたと思ってモヤモヤするはずだ」



ユミル「そこを狙って告白だ!絶対成功するだろ!」



ベルトルト「そ、そうかな」 




26 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:47:01 ID:VD.Ln4eU





ユミル「ああ!そうしたら晴れてお前らは付き合い始め、私たちの誤解も解ける!」



ベルトルト「いちゃついてるところを見せたら余計に勘違いされると思うんだけど…」



ユミル「はーーー?じゃあ別の案出してみろよおい」グリグリグリ



ベルトルト「痛い痛い!わ、わかったよ」



ユミル「よっし、そうとなりゃさっそく実行に移すぞ!」グイッ



ベルトルト(ユミルに相談したのは失敗だった)グスン 




27 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:49:46 ID:VD.Ln4eU



――兵站行進――



ユミル「ねーベルトルさーん、この荷物重ーい」



ベルトルト「そ、そう」



ユミル「は?」ゴスッ



ベルトルト「うげっ」



ユミル(ここは優しいところをアピールするために荷物持ってあげる場面だろーが!なめてんのか)



ベルトルト(ええ知らないよそんなの)



ユミル(ほらアレ見ろよ!)クイッ 




28 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:51:21 ID:VD.Ln4eU



ライナー「貸せアルミン!」グイッ



アルミン「ライナー!いいよ自分で持てる」



ベルトルト(あーライナーかっこいいなあ)



ユミル(呆けてないでお前もやれ!)



ベルトルト(ええ、やだよ重いし)



ユミル「死ね」ガッ!ガゴッ!



ベルトルト「痛い痛い!わかったから止めて!」



アルミン「はは…仲良さそうだね二人」



ライナー「…」 




29 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:55:35 ID:VD.Ln4eU



――馬術――



クリスタ「…っふ!ん、よしよし、いい子ね…」ナデナデ



ユミル「ああークリスタ天使」涎ダラー



ベルトルト「それでクリスタ好きじゃないとかウソだろ…」



ユミル「はああああん????」



ベルトルト「ごめんなさい」 




30 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:58:01 ID:VD.Ln4eU



ユミル「私とクリスタはそういう愛とかの次元を飛び越えた仲なんだ!」



ユミル「アンタみたいに汚い肉欲にまみれた目でクリスタを見たことは一度も無い!」



ベルトルト「いや別に僕もクリスタをそういう目で見たことはないけど」



ユミル「はあああああ!?あの天使を目の前にして起たないとか不能なんじゃねえの!?」バチコーン



ベルトルト「理不尽!」



クリスタ「ふふ、ユミル楽しそう」 




31 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/04(火) 23:59:05 ID:VD.Ln4eU



――技巧術――



ユミル「ちっなんだよこのパーツ…」



ベルトルト「それはここ。その後こっちをここにやって」カチャカチャ



ユミル「はー…立体起動なんざ組み立てられるようになって何の得があんだ」



ベルトルト「ユミルって思った通り不器用なんだね」カチャカチャ



ユミル「殺すぞ」 




32 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:00:15 ID:LPbJUgkc



――数日後――



ベルトルト「…思ったんだけどさ」



ユミル「ああ」



ベルトルト「僕ら全然いちゃついて無くないか…?」



ユミル「残念ながら全くおんなじことを思ってたようだ」



ベルトルト「どうするんだよこのままじゃライナーに誤解されたまんまじゃないか!」



ユミル「だあああああさっきからライナーライナーライナーうるせえんだよ!ガキか!!!」 




33 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:04:04 ID:LPbJUgkc



ユミル「うじうじしてても仕方ねえ!いいか!次の立体起動では全力でいちゃつくぞ!」



ベルトルト「ええ!危ないよ!下手したら死ぬって!」



ユミル「私にいい考えがある。まあ楽しみにしてな」



ベルトルト「不安しかない」



ユミル「なんか言ったか」



ベルトルト「いいえ何も」 




34 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:13:37 ID:LPbJUgkc



――立体起動――



ベルトルト(やっとユミルから解放された…)



ライナー「よ、なんだかんだ楽しそうにやってるな、ユミルと」



ベルトルト「え、うーん、そうかな」



ライナー「はたから見るとそう見えるぞ?」



ベルトルト「ははは…」



ライナー「おかげでなかなかお前と話せないからな、ちょっとさびしいくらいだ」



ベルトルト「!」 




35 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:16:53 ID:LPbJUgkc



ベルトルト(こ、これは、フラグか?フラグなんだな!?)



ベルトルト(僕は戦うよユミル!そしてこの戦いに…勝ってみせる…っ!)



ベルトルト「あ、あのさライナー、実は…」



ライナー「!?お、おいあいつバランス崩したぞ!」



ベルトルト「え?」 




36 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:18:17 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「ゆ、ユミル!?」



ベルトルト(ま、まさか作戦って…!)



ユミル(そう!バランスを崩した私をあんたが颯爽と助けてそのまま姫抱きでいちゃらぶ!)ヒュー



ユミル(名づけて危機一髪!?うっかりヒロイン作戦だ!)ヒュー



ベルトルト(君ほんとはバカだろおおおおおお!!!) 




37 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:19:12 ID:LPbJUgkc



ライナー「くそっ、早くいか」



ベルトルト「ああーもう!」パシュ!ピューン!



ライナー「お」



ユミル「きゃーたすけてー(棒」ヒュー



ベルトルト「ユミルっ!」ガシッ



ベルトルト「って重っ!」グラッ



ユミル「え?おいバカ落ちてる!!!」



ベルトルト「わああああああああ」



ユミル「ぎゃあああああああ」ドシーン 




38 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:20:24 ID:LPbJUgkc





ユミル「痛ってえ…」



ベルトルト「うう…痛い…」



ユミル「なんでちゃんと受け止めないんだよ!」



ベルトルト「ユミルこそなんでパッと見細いくせにそんな重いんだ!」



ユミル「はあああ!?女子に向かって重いとはな…ぎゃっ!」グイッ



ベルトルト「えぐっ!え?」



ユミル「り、立体起動が…絡まってる…」



ベルトルト「ええええええええ!?」 








40 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:23:44 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「じゃ、じゃあ誰かが来るまでこのまんま!?」



ユミル「うへえ…」



ベルトルト「う、うわあああああライナアアアアアア!!!」



ユミル「うっせえ耳元ででかい声出してんじゃねえ!」ゴンッ



ベルトルト「ぶっ!うう…」ダラー



ユミル「女子と密着してるからって鼻血出すなよ」



ベルトルト「君が今思いっきり頭突きしたからだろ!?」 




41 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:30:14 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「ぐすっ」



ユミル「めそめそすんな」



ベルトルト「僕はライナーと一緒にいたかっただけなのに…」



ユミル「…なあ、ずっと思ってたんだけどさ」



ユミル「ベルトルさんはほんとにライナーと付き合いたいのか」



ベルトルト「え」 




42 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:35:33 ID:LPbJUgkc



ユミル「いや、あんたがライナーを好きなのは嫌っていうほどわかったんだけどさ」



ユミル「なんていうか、好きならあるだろ?嫌らしい眼で見たりとか」



ベルトルト「そ、そうなのかな」



ユミル「でもあんたはそういうの一切ない」



ベルトルト「うん…」



ユミル「思うんだけど、それ、勘違いじゃねえの?」



ベルトルト「えっ」 




43 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:37:30 ID:LPbJUgkc



ユミル「いや、ほらずっと一緒にいるから、親愛と性愛をはき違えただけなんじゃないの」



ベルトルト「ううーん」



ユミル「私はさ、クリスタの事好きだ」



ユミル「あいつの事守ってやりたいし、ずっと一緒にいたいと思ってる」



ユミル「でもクリスタにいやらしい事をしたいって思ったこと一度も無いし、むしろそんな目でクリスタを見始めたら自分で自分を軽蔑するとも思う」



ユミル「ベルトルさんがライナーに言う好きは、私がクリスタに言う好きと同じなんじゃねえの?」



ベルトルト「正直…わからない」 




44 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:39:27 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「ライナーの事は大事だし、好きだし」



ベルトルト「でもキスとかっていうのは…なんか違うっていうか…」



ベルトルト「とにかく一緒にいれれば、それでいいんだ…」



ユミル(あー…すげー泣きそうな顔してんなー)



ユミル「ベルトルさん、人見知りしすぎなんだよ」



ベルトルト「え?」 




45 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:40:12 ID:LPbJUgkc



ユミル「ライナーとしか仲良くないからそうなるんだろ。偶にはほかのやつらと話してみなって」



ユミル「それか試しにその辺の女子と付き合ってみるとか。あんた見た目も性格も悪くはないんだから、一人ぐらいすぐ捕まえられるだろ」



ベルトルト「え、えっと、それって、」



ユミル「あん?」



ベルトルト「僕の事褒めてくれてる…?」ドキドキ



ユミル「ああ?なんでそーなんだよ、客観的な話をしてるだけだ」 




46 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:42:13 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「そ、そっか」



ベルトルト(でも、もし付き合うんだったら…って僕は何考えてるんだ)



ベルトルト(ユミルは成り行きで付き合ってくれてるだけなんだから…!)



ユミル「おーい、急にだまってどうした」



ベルトルト「…はっ!」



ユミル「うん?」 




47 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:43:01 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「ユミルからちょっといい匂いが…!」



ユミル「死ねクソホモ野郎!!!!」ゲシッゲシッ



ベルトルト「痛い!つぶれるから止めて!」



ユミル「つぶれろ!!!」



ライナー「おーい二人とも、大丈夫か!」



ベルトルト「ラアアアアイナアアアアアアアアアア!!!!!」ブワッ 




48 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:45:01 ID:LPbJUgkc



ライナー「一向に戻ってこないからどうしてるかと思ったら…」



ベルトルト「か、絡まっちゃって…」



ユミル「いやー助かったわ。下手したら訓練終わるまでああだったかも」



ベルトルト「怖い事言うのやめてよ…」



ユミル「はあ?ご褒美の間違いだろ」グリグリ 




49 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:45:57 ID:LPbJUgkc



ライナー「ほら、さっさと戻るぞ、教官がお怒りだ」



ユミル「はいはい」



ベルトルト「ああ」



ベルトルト(ユミルの体、柔らかった…)



ベルトルト「…」 




50 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:46:43 ID:LPbJUgkc



――数日後――



ユミル「よっしそろそろいいだろ!」



ベルトルト「とうとう告白するんだね…!」



ユミル「ああ、ライナーも最近では私とあんたが話してるとこをそうとう意識している!」



ユミル「やるなら今!この機会を逃す手はないっ!」



ベルトルト「…あ、ああ!じゃあ行ってくる!」ダッ 




51 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:48:12 ID:LPbJUgkc



ユミル「…行った、な」



ユミル「あー柄にもない事しちゃったなあ」



ユミル(もっと早く違うって笑い飛ばしてもよかっただろうに)



ユミル(なーにしてるんだろうな私は)



ユミル(…まあ、恋人ごっこも悪くはなかったか) 




52 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:49:21 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「ユミル!」



ユミル「お、ずいぶん早いな、告白は…」



ベルトルト「してない」



ユミル「は?!しに行けよ!今日までの努力を無駄にする気か!」



ベルトルト「い、いや…」



ユミル「それとも今更怖気づいた?」 




53 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:50:40 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「す、好きなんだ」



ユミル「…予行演習なら」



ベルトルト「ユミルの事」



ユミル「…は?」 




54 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:51:44 ID:LPbJUgkc



ユミル「は、ははははは、何言ってんだよ!お前はライナーが」



ベルトルト「こないだからずっと考えてたんだ!僕のライナーへの気持ちは、何なんだろうって」



ユミル「…」



ベルトルト「多分君の言うとおり、この気持ちは親友として、なんだと気付いた」



ユミル「…そうか」 




55 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:52:22 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「それで…僕はライナーとも一緒にいたいけど、ユミルとも一緒にいたい」



ベルトルト「君と手を繫いだり、キスしたり、せ、せ…っく○も、したい!」カアァァァ///



ユミル「は…」



ベルトルト「これは、勘違いなんかじゃない、と思う」



ユミル「はー」



ベルトルト「」ビクッ 




56 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 00:57:46 ID:LPbJUgkc



ユミル「だから、ベルトルさんは他を知らなすぎるんだって」



ユミル「今回たまたま仲良くなったのっが私ってだけで、別に他の奴でもよかったんだろ?」



ベルトルト「さ、最初はそうだったけど…」



ユミル「だろ?」



ベルトルト「でも今は、君じゃなきゃダメなんだ」ギュッ



ベルトルト「好きです」



ユミル「…!」カアアァァァ/// 




57 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:00:28 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「…だめ、かな」



ユミル「…ふっ、ははははははは!」



ベルトルト「えっ」



ユミル「ははは、そんな、そんな真面目な顔されると…ぶははははははっ!!!!」



ベルトルト「ひどい」シュン 




58 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:03:05 ID:LPbJUgkc



ユミル「いいよ」



ベルトルト「!」



ユミル「…あー、私も焼きが回ったかなー!」ポリポリ



ベルトルト「ほ、ほんとに!」ガシッ



ユミル「うっせー何度も言わせんなよこのホモ!」ベチン



ベルトルト「もうホモじゃないよ」



ユミル「し、死ね!」ガスッ!ガスッ! 




59 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:03:48 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「…しょ、食堂もどろっか」



ユミル「…先戻ってろ」



ベルトルト「ええ、何で」



ユミル「恥ずかしいからに決まってんだろうが!さっさと行けよ!」



ベルトルト「いいじゃない、一緒に戻ろうよ」グイッ



ユミル「は、ちょ、やめろ!」 




60 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:05:03 ID:LPbJUgkc



ジャン「おーおー相変わらず熱いねお二人さあん」



ベルトルト「まあね」



ユミル「は…っ!」カアアァァァ///



ベルトルト「ライナーここいい?」



ライナー「ん?おう」



ユミル「…」ソワソワ



クリスタ「ユミル?なんか落ち着かなそうだけど大丈夫?」



ユミル「あ、ああ!ははは!全然大丈夫だ!」 




61 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:06:43 ID:LPbJUgkc



ベルトルト「実は、報告があるんだ」



ライナー「おお、奇遇だな、俺もあるぞ」



ベルトルト「実は僕たち正式に付き合うことになった」



ユミル「…」プイッ



ライナー「…え、前からだろ?」



ベルトルト「うーん、実は違ったんだけど…まあ色々あってね」



ライナー「そうか」 




62 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:07:35 ID:LPbJUgkc





ベルトルト「それで、ライナーの方は?」



ライナー「ああ、実はな…」



クリスタ「私たち付き合うことになったの」



ユミル「はああああああああああああ!!!!????」ガタン!



ベルトルト「そっか!おめでとう!」 




63 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:08:37 ID:LPbJUgkc



ユミル「ちょっと待てクリスタ!こんな奴のどこがいいんだよ!ただのゴリラだろ!!!!」



クリスタ「ユミルのこと心配だったから、ライナーに色々ベルトルトのこと聞いてたんだ。そしたら仲良くなってね」



ライナー「お前ら二人が一緒にいるからなんとなく俺たちも一緒にいることが増えてな」



クリスタ「それで昨日、ライナーから告白されて…えへへ」テレッ



ユミル「く、くりすたあ…」ブワッ 




64 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:09:12 ID:LPbJUgkc





ライナー(お前のおかげで前から好きだったクリスタと仲良くなれた)



ベルトルト(よかったねライナー)



ユミル「お前ら二人でホモやってろよ!私はクリスタと結婚する!」



ベルトルト「自分はクリスタをそういう目で見てないってじゃないってさんざん言ってたじゃない」



クリスタ「もーユミル照れちゃって」



ライナー「お前はいい加減俺をホモ扱いするのやめろ…」



ユミル「私はこんなん絶対認めねえからなああああ!!!!」









おわり 








66 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 01:11:33 ID:sXmlV9X.

乙。面白かった

ベルユミ好きだから俺得だったわ 



 





70 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/05(水) 06:41:55 ID:xho73Jr6

ベルユミとライクリは間違いなく家族ぐるみの付き合いになりそう


元スレ:ベルトルト「好きなんだ」 ユミル「ななんだ急に私にはクリスタが」
http://jbbs.livedoor.jp/internet/14562/storage/1370350850.html
 

注目記事!




関連記事
 

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

素晴らしい

竜星

とあき


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS