【R18】勇者「御託はいい。俺の質問に答えろ、魔王ッ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:10:47 ID:Y.OksXlM
魔王「我の元までよく辿り着いた。褒めてやろう、勇者」

勇者「御託はいい。俺の質問に答えろ、魔王ッ!!」

魔王「質問だと?」

勇者「オナニーを知っているか?」

魔王「オ、オナ? よく聞こえなかった、もう一度言ってみろ」

勇者「シコシコしたことはあるかと聞いた」

魔王「しこしこ、だと?」

勇者「そう、マスターベーションのことだ」

魔王「ますたー…… すまん、勇者。なんのことだかサッパリだ」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:11:37 ID:Y.OksXlM
勇者「その反応から察するに、魔王はオナニーを知らないんだな」

魔王「それがなんだと言うのだ?」

勇者「哀れな男よ。俺は貴様に同情する!!」

魔王「な、なにッ!?」

勇者「オナニーを知らいないと言う事は、人生の半分――否、六割ちょっと損してるぞ!」

魔王「そうなのか?」

勇者「ああ。それほどまでに素晴らしい行為なんだよ、オナニーはッ!!」

魔王「しかし勇者よ、それを私に解いてなんの意味がある。これから戦うと言うのに……」

勇者「だからだ。ここで俺に倒されればお前はオナニーも知らずにこの世を去る事になる」

勇者「それはあまりにも、あまりにも悲しい。よって、これからお前にオナニーを教える!!」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:12:11 ID:Y.OksXlM
魔王「我にそれを教えるとな?」

勇者「そうだとも」

魔王「フッ、笑止な。誰が敵である貴様に教えを請うものか」

勇者「ならば見て自分のものにするんだな。本来、オナニーとはそういうもの」ボロンッ

魔王「血迷ったか!? 自ら下半身の装備を外すなどと……っ!」

勇者「これがオナニーだ。その目に焼き付けろ!!」シコシコッ

魔王「イ、イチモシを上下に擦っている。そうか、だからシコシコというのかッ!?」

勇者「おおんっ、最高だぜお。気持ちがいい。宿敵の目の前でシコるなんてぇー」シコシコッ

勇者「これ以上の背徳感と危機感はないーーッ!!」シコシコ―

魔王「き、気持ちがよい? 痛くはないのか、勇者!?」

勇者「チソコのことをよく知らないんだな。これくらいが気持ちいいんだよッ!!」シコシコッ
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:13:19 ID:Y.OksXlM
勇者「うおおおおおおおおっ。気持ちいい、気持ちいいぜぇーー」シコシコッ

魔王「ごくっ…… オナニーとはそんなにも夢中になれるものなのかっ!?」

勇者「いく、いくぅ、いくぞォ、魔王ォーー!!」ドピュンッ

魔王「ふ、噴射した!?」ビクッ

勇者「ハア、ハア、ハア……」ビクンッ デロッ

魔王「なんだ、この白いものは。尿とは違う。少し粘り気があるな」ネチョッ

勇者「それは精液だ」

魔王「聞いたことがある。しかし、それは生殖行為に必要な……」

勇者「だから良いんだよ。この背徳感こそ、オナニーの醍醐味だと言っていい」

魔王「それがオナニーだと?」

勇者「そうだ、オナニーとは多くの犠牲の上に成り立つ極の快楽」

魔王「勇者だと言うのに、貴様という奴は……」

勇者「俺から言わせれば魔王だと言うのに知らないとは、と言った感じだが?」

魔王「くぅっ!」ギリッ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:14:08 ID:Y.OksXlM
勇者「さあ、お前もやってみろ。意識がブッ飛ぶほどに気持ちがいいぞ!」

魔王「で、できん」

勇者「なぜできない」

魔王「確かに興味はでた。しかし、この様な場所ではできん。……は、恥ずかしい////」

勇者「ま、それもそうだろう。オナニーとは人目を忍んでするもの」

勇者「しかし、お前は魔王。俺の対の存在――そう、闇の勇者だと言っても良い存在だ」

魔王「闇の勇者だと? 考えた事もなかったが、そうかも知れんな」

勇者「だったら人前でオナニーくらい平然とできなければお話にならない」

勇者「なぜなら、勇者とは勇気ある行動をとる者に与えられる称号だからだ!」

魔王「ん? いや、意味がわからんぞ!?」

勇者「闇の勇者であるお前が、ごく一般的なオナニーなんかしちゃいけないってことだよ!」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:14:48 ID:Y.OksXlM
魔王「むうぅ、納得しかけたが…… やはりそれは可笑しいぞ!」

勇者「理屈じゃないんだよ、オナニーはッ!!」

魔王「そうであっても人前ではできん」

勇者「ええい、面倒。こうなれば腕ずくでも勇者式オナニーの素晴らしさを教えてやるぜ」バッ

魔王「なにをする勇者!?」ビクッ

勇者「まずは普通に肉欲を知ってもらうぞ」ズルンッ

魔王「や、やめろ。あ、あああっーー!!?」ボロン

勇者「流石は魔王。ココもその名に劣らぬ立派なイチモシじゃないかあ!!」ニギッ

魔王「ば、ばか、やめろ。我のアソコを掴むなぁああんっ/////」ビクン
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:15:30 ID:Y.OksXlM
勇者「おいおい、俺は軽く握っただけだぜ? フッ、敏感なんだな」シュシュ

魔王「うあぁっ、勇者ぁあ、なぜぇ上下にぃぃいんっ////」ビクンビクンッ

勇者「怒張してきたな、魔王。よっしゃああああ、ペースをあげるぜぇええ!!」シュコシュコッ

魔王「あ、あ、ああーっ。や、やめろぉおお////」

勇者「チッ、愛撫ではこの程度か。――ならばああッ!!」ペロンッ

魔王「な、なにをするぅん勇者ぁー、し、舌で舐めるなどぉおおおおおおっ////」

勇者「いくぜぇええええええええええ!!!」ガッポガッポ

魔王「くあっ、くあぅぅうん。ゆ、ゆうちゃの口の中にぃ、我のアレがぁああああんっ////」

勇者「最大まで怒張した、これでぇーー!!」ジュブジュブッ

魔王「んあっ、勇者ぁああああ、いってしまぅうううううう////」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:16:15 ID:Y.OksXlM
勇者「ふぅ……」ピタッ

魔王「な、なぜ、なぜそこでやめてしまうのだ!?」ビクンッ

勇者「言ったはずだぜ、魔王。俺はお前にオナニーを教えるとな」

勇者「このまま俺が最後までヤッたらオナニーではなくなっちまう」

魔王「ぐぬぅ、しかし……」ギンギンッ

勇者「さあ、今度は自分の手でシコるんだ!」

魔王「だ、だが……」オドオドッ

勇者「いきたいんだろう? 気持ちよくなりたいんだろう?」

魔王「うぅ、うぅ……」ビクンビクン

勇者「だったらやれよ。俺はここでお前の独り立ちを見守るッ!!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:16:54 ID:Y.OksXlM
魔王「あう、あぅ、うぅ……/////」シコシコッ

勇者「ああ、そうだ。いいぞ、いいぞォ、その調子でシコれッ!!」

魔王「くあっ、あぁ、ああ、ああああ……/////」シコシコッ

勇者「よおし、もっと強く激しくシコってみろ。更に気持ちよくなるはずだぜぇー」

魔王「ふあぅううっ/////」シュコシュコッ

勇者「ハハッ、最高だ。マジでお前は最高の魔王だよ」

勇者「宿敵の目の前だってのに肉欲に溺れ、自らチソコを握ってシコってんだからなああ!」

魔王「言うな、言うな。ゆ、勇者ぁああああっーー/////」シコシコッ

勇者「いいんだよ、誰も欲には勝てない。それがヒトってもんだろうがーー!!」ハハハハッ
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:18:08 ID:Y.OksXlM
魔王「あ、ああっ、いくぅっ、いくぅううううーーっ!!!!」ドビュゥゥゥゥッ

勇者「凄いぞ、凄いぞォー。アッハハア、初オナだけあって凄い量だァー」ニカッ

勇者「んーっ、味も濃くていいぞォー。バッチリじゃないかァー!」ペロリッ

魔王「んはっ、はあ、はぁ……」ガクッ

勇者「で、どうだった。オナニーは?」

魔王「まだ、よくわらからん」ハアハアッ

勇者「けどよ、悪くはなかっただろう?」

魔王「ふむ、そうだな。凄く衝撃的だったぞ。オナニーとやらは……」フゥ

勇者「それはよかった。だが、これで満足して貰っちゃ困るぜ」

魔王「どういうことだ?」

勇者「オナニーはもっと奥が深い行為なんだ。今知ったオナニーは、オナニー道の入り口に過ぎない」

魔王「なに? これはまだ触りだというのか!?」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:19:16 ID:Y.OksXlM
勇者「そうだ。オナニー道を目指す者は常に更なる高み――至高の快楽を求め探究し続けている」

魔王「つまり、もっと気持ちいいシコシコがあると?」

勇者「ああ。しかし、性感はヒトによって違う」

勇者「だから自力で見つけなきゃならない。自分がもっとも感じる自分だけのオナニーを」

魔王「我だけのオナニー……」

勇者「オナニーはヒトの数だけ存在する。まるで夢や希望みたいだろう?」

魔王「素晴らしいな。だが、我はそれを知らずにいる」

勇者「なあに、これから見つければいい」

魔王「見つかるだろうか?」

勇者「見つけるんだ。魔王だって知りたいだろう?」

魔王「し、知りたいっ!」

勇者「んじゃ、見つけにイこうぜ。そして極めるんだ、オナニー道をッ!」

魔王「う、うんっ/////」コクンッ
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:22:56 ID:Y.OksXlM
数ヵ月後
人間の国 王宮、謁見の間――

国王「勇者よ、よくぞ戻った」

勇者「ハッ!!」

国王「で、魔王は? 魔族達はどうなったのだ?」

勇者「まだ生きております。ですが時期に滅ぶでしょう、自らの手によって」

国王「なに? 魔族が滅びの道を辿るだと?」

勇者「はい、奴等は禁断の行為を覚えてしまった」

国王「禁断の行為…… ま、まさかっ!!」

勇者「オナニーです」

国王「なんということだ。もしや、ソナタが教えたのか!?」

勇者「フッ……」ニヤッ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:24:24 ID:Y.OksXlM
勇者「思った通り魔王を含め、魔族達はオナニーを知りませんでした」

勇者「そこで私が彼等に説いたのです、オナニーの素晴らしさを……」

国王「だから魔王は快楽に溺れ、今も夢中でシコり続けていると言うのだな」

勇者「はい。このままいけばテクノ=ブレイクすることは間違いないでしょう」

国王「勇者よ、残念だがそれはない。確かに覚えたては誰もが夢中になる」

国王「しかし、いずれオナニーは生活の一部となり溶け込む。オナニーとはそういう物だ」

勇者「国王の言う通りです。オナニーだけで滅亡させることは不可能に近い」

勇者「ですから、もう一つ手を打ちました」

国王「そ、それは一体!?」

勇者「オナニーをも超える禁忌――、ホモセクロスです」

国王「ホモセクロス!!!!」

勇者「男同士の強烈な一発。一度それを知ってしまえば、もう二度と元の道には戻れない」

勇者「奴等は永遠にオナニーとホモセックルをし続けるでしょう。精子が枯れるその日まで……!」

国王「ホモックルっ!!!!????」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:27:30 ID:Y.OksXlM
勇者「これでお分かり頂けたと思います」

勇者「魔族は子孫を残すことが出来ず、いずれ滅ぶと」

国王「ホモ、ヘイッ! おホモ・ホモ、ヘイ・ヘーイッ!!」カモンックイッ

勇者「おや、国王の様子が?」

大臣「勇者よ、何と言うことを……」

勇者「どういうことです、大臣!?」

大臣「国王は勇者の話を聞き、思い出してしまったのじゃよ。ホモの素晴らしさを」

勇者「ま、まさか!!」

大臣「国王はかつてホモだった」

大臣「じゃが、国王ゆえにホモは許されぬ。ホモのままでは跡継ぎは残せんからの」

勇者「私は、なんということを……」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:30:05 ID:Y.OksXlM
大臣「このまま国王のホモが治らなければ争いが起こるかも知れん」

勇者「後継者のことで国が荒れる可能性があるのですね」

大臣「うむ、そうじゃ」

勇者「くぅっ、私の責任です。私がホモの話をしなければ……」

大臣「悔むのは後じゃ勇者。今は一刻も早く、国王のホモを治す術を捜さねばならん」

勇者「しかし、どうすれば……」

大臣「以前は男の娘を使いノーマルの道へと誘導し、性癖を拡大したのじゃが……」

勇者「まずはそれを試しましょう。今回も上手くいくかもしれません」

大臣「残念じゃが、以前頼った子はもう男の娘じゃないのじゃ。老いとは残酷なものでな」

勇者「ぐぅっ…… では城下町に行き、新たな男の娘を捜してきます」ダッ

大臣「頼むぞ、勇者」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:48:58 ID:Y.OksXlM
城下町――

勇者「しかし、男の娘などそう簡単に見つかるものなのか?」キョロキョロッ

魔王「やっと見つけたぞ、勇者」バッ

勇者「お前は魔王。なぜここに!?」ビクッ

魔王「そのような顔をするな。幾度も肌を重ねあった仲だと言うのに酷いではないか」

勇者「そ、それは……」

魔王「わかっている。あれは我を快楽に溺れさせる為の罠だったのであろう?」

勇者「くぅ」ギリッ

魔王「気にするな。我はその事で勇者を責めるつもりはない。むしろ逆、感謝しているくらいだ」

勇者「感謝だと? 俺の策を知った上で何故そんな台詞が吐ける!?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:49:52 ID:Y.OksXlM
魔王「不思議に思うも無理はない。貴様のせいで我を含め、魔族は皆ホモの道へと落ちた」

魔王「これでは生殖など不可能、絶滅は避けられぬ」

勇者「そうだ、ホモは子を残せない。それなのに、何故……?」

魔王「乗り越えたからだ、その危機を」

勇者「乗り越えただと!?」

魔王「そう。魔族の英知を結集し、男同士でも子を成せるようしたのだ!」

勇者「馬鹿な。そんなこと出来っこない。好い加減なことを言うなッ!!」

魔王「確かに、常識的に考えれば不可能だ。男が子を生むなど」

魔王「だが、それでも我等は諦めなかった。生き延びることも、愛も……!」

勇者「愛、だと?」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:51:10 ID:Y.OksXlM
魔王「子は皆、祝福されて生まれてこなければならん」

勇者「確かにそうだが……」

魔王「そのためには両親の愛は不可欠。子孫繁栄の名の下に、愛のない男女を結びつけ、子を産ませるなど――」

魔王「言語道断、もっての外、下衆の極み。ヒトとしてやってはならん行い」

勇者「だから、男同士でも子を産めるようにしたってのか!?」

魔王「ああ、そうだ。男同士でしか愛せなくなった我等にはこれしかなかったのだ」

勇者「しかし、それは神への冒涜だ。そんなことが許されるものか!」

魔王「愛を認めん神など不要。ゆえに許しを請う必要はない」

勇者「!?」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:52:33 ID:Y.OksXlM
勇者「なんて覚悟だ、恐れ入ったぜ」クソッ

魔王「……」

勇者「チッ…… 結局、俺の策略は失敗に終わったってことかよ」ガクッ

魔王「結果的にはそうなるな」

勇者「さぞ満足だろう、魔王。俺を出し抜き、至高の快楽までも手にしたんだからよ」

魔王「残念だが、まだ道半ばだ」

勇者「そうだったな。まだ人間を根絶やしにするという野望は達成してなかったな」

魔王「いや、そのことではない。人間を滅ぼすなど、もうどうでもよいことなのだ」

勇者「なに?」

魔王「言ったはずだ、勇者。我は貴様に感謝していると」

魔王「貴様が教えてくれたオナニーとホモセクロスのお陰で、我は人生の半分以上を損しなかった」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:53:42 ID:Y.OksXlM
勇者「だから、人間を滅ぼす気が失せたってのか?」

魔王「人間はオナニーやホモセクロスという素晴らしき文化を築ける――」

魔王「そのような者達を滅ぼそうなど、我は間違っていた」

勇者「お笑い草だぜ。それでもお前は恐怖の象徴、魔王なのかよ?」

魔王「フッ、本当だな。我もそう思う。そして、もっとお笑いなのが……」

勇者「?」

魔王「心から貴様を愛してしまったということだろうな」

勇者「な、なんだとぉおおおお!!??」ビクッ

魔王「驚くことではない。我等は幾度となくオナニーやホモセクロスをし合ったのだ」

魔王「むしろ恋に落ちるのは自然。そうは思わないか?」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:55:38 ID:Y.OksXlM
勇者「自然なわけがあるか、俺達は相反する存在なんだぞ?」

魔王「やはり自然だ。相反するということは、惹かれあうのも道理……」

勇者「自分勝手な解釈をするんじゃねーっ!」

魔王「そんなに嫌なのか、我が貴様の愛を欲するのは?」

勇者「そういう次元じゃない。俺は勇者で、お前は魔王で……」

魔王「どうでもよいではないか、そのような肩書など。大切なのは互いの心であろう?」

勇者「しかし……」

魔王「勇者は我が嫌いか?」

勇者「……」

魔王「どうなのだ?」

勇者「き、嫌いじゃない。むしろ好きだ。そうでなきゃ、あんな策を思い付くものか!!」

魔王「やはりな」フフッ

勇者「ば、馬鹿野郎がっ////」テレッ
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:56:53 ID:Y.OksXlM
魔王「無事こうして我等の愛が実ったのだ。早速だが、一発ヤろうではないか!」バッ

勇者「何を言いやがる。こんな場所で出来るか!?」

魔王「この様な場所だからこそするのであろう?」

勇者「あの時はそう言ったが、それはお前を落とす為であって……」オドオドッ

魔王「勇者よ、城下町に住む者達に見せてやろうではないか」

魔王「我等の愛が成せる究極奥義、勇者式ホモセクロスをッ!!!!」

勇者「む、無理だ。出来っこない」

勇者「ここは生まれ故郷、俺が育った町。俺の家族が、友達が、知り合いがいるんだーっ!」

魔王「問答無用!!」バッ ズル

勇者「ひゃうっ!?////」ボロン

魔王「嘘は良くない。勇者のココは戦闘準備完了しているではないか?」フフッ

勇者「み、見るなぁああああ////」ボキーンッ
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:58:16 ID:Y.OksXlM
魔王「では、参るッ!!」パクッ

勇者「く、咥えるなぁああああああぁんっ////」ビビンッ

魔王「どうだ? 貴様に教え込まれた技だぞ!!」ガッポガッポッ

勇者「あっあー、くっそぉおお、気持ちがいいお。こんなの逆らえないぃいいだろっ/////」

子供「あっ! ママー、勇者様だよー」

子の母「あら、本当に勇者様だわ。こっちに戻って来てたのね」

勇者「ハッ!? あれは御隣のオバさんとその娘ちゃんじゃないか!?」ジュプジュップッ

子供「ねーねー、アソコでナニしてるのかなー?」

子の母「なにって…… あ、あれはッ!?」ジッ

勇者「やめろ、俺を凝視するなぁああああああああっん////」ジュブジュブッ

子の母「勇者様が町中でチンパクされてるぅううううううううッ!!!!!!」

勇者「い、いやあああああああああっっ/////」ドビュゥゥゥッ
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:59:19 ID:Y.OksXlM
子供「ちんぱく?」

子の母「そう、フェ○チオ。口でご奉仕することね」

子供「えー、なんでー? なんでそんなことするのー?」

子の母「それはね、そうすると……」

勇者「なんで子供に説明してんだよ!!」オコッ

魔王「この量、かなり溜まっていたのだな。我慢はよくないぞ、勇者」ペロペロッ

勇者「お前も普通に続けんなっ////」ドプッ ビクンビク

魔王「しかし、やはり興奮する。見られるのは最高だ。……我はもう止まらんぞ!!」

勇者「馬鹿、待て。もう無理だってぇ////」ビビンビン!
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:00:22 ID:Y.OksXlM
子供「うーん、よくわかんない」

子の母「まだ早かったみたいね。じゃあ、町のみんなを集めてきなさい」

勇者「はあーッ!?」

子供「みんなをここに呼ぶのー?」

子の母「そうよ。勇者様が淫乱なところ、ママが独り占めするのは良くないでしょ?」

子供「そうだね。勇者様が帰ってきたことをみんなに教えてあげないとね」

勇者「おいいいっ!?」

子供「じゃ、行ってきまーす!」テテテッ
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:01:46 ID:Y.OksXlM
魔王「どうやら、母親の粋な計らいでギャラリーが増えるようだな」ヌギヌギッ

勇者「バッカじゃねーの。下手したら牢獄もんだろうが!!」

魔王「問題ない。勇者を捕まえられる者など世界中を捜しても我しかおらん」

勇者「そういう話じゃない!」

魔王「では、第二回戦と参ろうぞ!!」ボロンッ

勇者「こ、これは!?」

魔王「どうだ、我のイチモシは? 禍々しいモノだろう」

勇者「ああ、見違えたな。思わず息を飲んだぜ」ゴクリッ

魔王「貴様の穴に相応しい棒を目指し、日々特訓を重ねたのだ」

勇者「俺のために……?」

魔王「もし愛が実らず、心が求められなくても、身体だけは求めて貰えるようにと……」

勇者「馬鹿野郎。こういう時は、身体だけでも俺の物にしてやるって言うんだよ!」

魔王「ゆ、勇者……/////」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:02:51 ID:Y.OksXlM
勇者「さあ、こいよ。成長したお前の魔剣で、俺の聖なる盾を貫けッ!!」クイッ

魔王「本当にいいのか? 貴様は乗り気では……」

勇者「うるせい。そんなチソコを見せつけられちゃ、疼いて疼いて――」

勇者「ああーー、もう御託はいらない。ヤろうぜ!!」ビリビリ クパッ

魔王「わかった、もう何も言わん。肉体で語り合おうぞ!!」ズポッ

勇者「ンア、アッーーーー!!」ジユポンッ

魔王「これが、勇者の聖なる盾…… やはり、素晴らしいな」ヘブンッ

勇者「お、おおっ、おぉおん。こ、これが成長した魔剣なのかッ!?」ビクッ

魔王「ぐぅうう。では切り込むぞ、勇者!!」

勇者「おう、深く切り刻んでくれいッ!!」ビクビクッ

魔王「いくぞおおおおおおお!!!!」パパパパパパンッ

勇者「ひゃうおおおおおッッ、たまらねーぜええええ!!!」ジュププ
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:04:37 ID:Y.OksXlM
おっさん「呼ばれてきたが、一体なにが起こっているんだ!?」ビクッ

青年「おいおい、アレって魔王……だよな?」

女「間違いないわ、アレは魔王よ。なのに、なんで?」

商人「まぐわっている。勇者と魔王がまぐわっているッ!」

おばさん「勇者と魔王が一つになってて、勇者が掘られてて……」

子の母「戦っていの。勇者と魔王は互いの存亡をかけてね」

おっさん「な、なんだって!?」ビクッ

青年「だけど、こんな戦いってあるのか!?」

女「勇者と魔王なんだから、きっとこれは私達には理解できない高次元の戦いなのよ」

商人「じゃあ、見守ることしか出来ないのか、俺達は……」

おばさん「歯がゆいわね、勇者が頑張ってるっていうのに……」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:05:57 ID:Y.OksXlM
魔王「ふおおおお、んおおおおッ!!!!」パパンパンパン

勇者「おおおう、あぅあおおおんっ。何て剣だ、もうイギそうだぜェ」ビクビクッ

おっさん「ハッ!?」

青年「どうした、おっさん?」

おっさん「よくわからんが…… 今、勇者は押されているのか?」

商人「そうかも知れんな。あんなに感じているし」

女「凄くマズイってことじゃない!」アセッ

青年「だけど、俺達には何も……」

子の母「応援するの、勇者を応援してッ!!」キリッ

一同「「!?」」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:07:32 ID:Y.OksXlM
おばさん「そうね。今のアタシ達ができることと言ったらそれだけ……」

商人「んじゃ、気張って応援しようぜ!!」

おっさん「勇者、イグな。魔王より先にイクんじゃないぞー!」

女「そうよ、相手より長く快楽を感じてぇー!」

青年「頑張れ、勇者。負けるなーっ!」

勇者「み、みんな…… ぐくうっ、だが……もうっ!」グッチョグッチョ

魔王「これで終わりだ。勇者あああああああああ!!」ドビュウウゥゥゥ

勇者「くあっ、あっ、うああああああああーー!!??」ドプビュビュビュウ

魔王「はあ、はあ……」ピュピュ

勇者「ひゃう、くぬうう……」デロォ
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:08:29 ID:Y.OksXlM
おっさん「で、どっちが勝ったんだ? 正直、よくわからないんだが……」

青年「雰囲気的には勇者の負けぽいけど」

女「まあ、掘られてる方だし印象悪いわよね」

商人「んじゃ、掘り返したら勝ちなのか?」

おばさん「それよ!」

おっさん「なるほど。じゃあ……」

女「立って。もう一度立ち上って、勇者ー!」

青年「立ってくれ、立って掘り返すんだ。勇者ーー!!」

勇者「無茶を言うなよ、俺は本日二回目なんだぜ。しかも内容が濃い二発だ」ヘナッ

おばさん「そ、そんな……」

商人「声援が足りないのかも知れん。組合のみんなを集めて来る!」タッ

女「それだけじゃ足りないかも。町中の人を掻き集めましょう!」

青年「俺、隣町に声かけてくるよ!」ダダッ
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:09:43 ID:Y.OksXlM
魔王「盛大な第三回戦になりそうだな、勇者よ」フフッ

勇者「無理だって、俺はもう……」ヘナヘナ

魔王「勇者よ。我は勇者であるための条件は二つだと思っている」

勇者「なに?」

魔王「一つは貴様が言っていたように、未知に立ち向かう勇気がある者だ」

勇者「二つ目は……?」

魔王「誰かの期待に応えられる者、応えようとする者!」

勇者「ハッ!?」

町のみんな「「勇者ーー! 負けるなー、頑張れー!!」」

隣町のみな「「駆けつけたぞーー、だから負けるんじゃない。頑張れー!!」」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:11:24 ID:Y.OksXlM
勇者「み、みんな……っ!」

魔王「さあ、光の勇者よ。人々の願いを抱きしめ、立ち上るのだ!」

勇者「うっ、うぅっ、うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ガバッ

人々「「やった、勇者が立ったぞ。俺達の声が届いたんだ!!」」

勇者「おおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!」ボキキーン、ビキキッン

魔王「なんという見事なイチモシ。これが勇者の本気――、真の姿だというのか!?」

勇者「いくぞ、魔王。俺の全てを受け止めて見せろーー!!」

魔王「無論だ。しかし、少し待て」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:12:47 ID:Y.OksXlM
勇者「なに!?」

魔王「激しい戦いになりそうだからな。これを飲んでおこうと……」スッ

勇者「なんだ、その薬は?」

魔王「例の秘術だ。これで男でも子を授かれる」

勇者「魔王、お前は……」

魔王「安心しろ、貴様に面倒はかけん」

勇者「お前って奴は本当にわかってないな。子供には愛が不可欠なんだろう?」

魔王「そうだったな。我のわがままに、生まれる子を付き合わせるわけには……」

勇者「馬鹿にするなよ。俺にその覚悟がないとでも思ってんのか!?」

魔王「ゆ、勇者!?////」キュンッ

勇者「さあ、飲めよ。そしてやろうぜ、至高の第三回戦いを!!」

魔王「うん!」ゴクリッ
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:14:06 ID:Y.OksXlM
おっさん「みんな始まるぞ、おそらく最後の戦いが……」

女「準備はいい?」

青年「オッケー、腹の底から声出してやるよ」

商人「呼び込みで鍛えたこの喉で精一杯応援してやるぜ」

おばさん「さあ、みんなで勇者を応援するんだよ!!」

人々「「おおーーッ!!!!」」

勇者「受け止めろ、魔王ォォォオオオオオオオオ!!!!」ズブゥウウウッ

魔王「ア、アッ、アアッーーーーーー。ゆう、ゆうちゃああああああああ」ヌプゥウウ

人々「「頑張れ、頑張れーーーーーーーっ!!!!」」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:15:02 ID:Y.OksXlM
勇者「くはっ、くぅ…… なんて穴だ。何度も味わったはずの穴なのに、いいんっ」パパン

魔王「愛だ。それは愛と言うスパイスが効いているから……んっ!」ジュジュププ

勇者「そ、そうか。愛し合った者だけが行きつく至高の果てというわけか……おおぉん!」

魔王「そうだ、そうだとも。愛が究極の快楽なのだ!!」

勇者「意味がまったくわからないが…… そうだよなっ!!」パパパパパンパン

魔王「ふ、ふぅうむん。そう、考えたって仕方ないのだぁああああん」ジュポジュポポポ

勇者「あ、ああ、ふぅーっ…… くそッ、フィニッシュが近くぅう……!」ブル

魔王「わ、我も……だ」

勇者「イ、イクぞッ!!」グイッ

おっさん「決着がつくぞ。みんな、もう一声だ!!」

人々「「「ガンバレェエエエエエ!!!!」」」オーオー!

勇者「俺の、俺の子を孕め、魔王ォオオオオオオオオオオオオオオ!!!」ドビュヘブン

魔王「産ませて下さいィィイイイイイイイイ!!!」ドププウウウウウ
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:19:12 ID:Y.OksXlM
おっさん「終わったな。――で、どっちが勝ったんだ?」

商人「途中で折れることなく掘り返したんだ。もう勇者の勝ちでいいんじゃ……」

おばさん「そうね。もう勇者の勝ちでいいわよ!」

人々「「勇者の勝ちだそうだ。やったーーーーッ!!」」

魔王「聞こえるか、勇者よ。我等を祝う声が……」

勇者「聞こえるぜ、魔王。しっかし、すげーことになってなー」ハハッ

魔王「ふふっ、素晴らしいことではないか?」

勇者「ああ、超ハッピーだぜ。お前の秘術があれば例の件も解決だしな」

魔王「例の件?」

勇者「後で話すよ。今は余韻に浸ろうぜ!」

魔王「そうだな。フフッ、フハハハハハッ!!」

勇者「アハハハハハッ!!!!!!」

人々「「あはははははは!!!!!!!!」」


おわり
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 07:20:53 ID:Y.OksXlM
ポッと浮かんだので勢いで何となく書きました。
ゆえに酷い所(ケツ穴妊娠とか)が結構ありますが、慈悲の心でスルーしてくれたら嬉しい限りです。

それでは
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 09:20:21 ID:iNEEUQqM
スルーお断りします
そしておつ
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 14:39:04 ID:UqcnIOuo
これは…
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/28(水) 16:25:14 ID:QM/Y5Nc.
最初から最後まで折れないホモスレは貴重(迫真)
よくヤりきったな……乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク