【アマガミ】橘純一「そうザマス、絶賛六股中ですよ」梅原「……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 20:21:57.55 ID:hcPed1Vw0
純一「まいったか、こ奴め!」

梅原「いや、まいったかといわれても…」

純一「そして今、追われてる身の上さ、ふっ」

梅原「追われてるのかよ!え、なんか、ヤバい感じ?」

純一「うーん、それがねぇ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479900117
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:05:36.17 ID:qsNdl9gE0
七咲「じゃぁ問題ないじゃないですか」


橘「でもいくらつき合ってるからとはいえそんな簡単にOKだすのはダメだよ」


七咲「先輩だからいいんです…」


橘「七咲…」


七咲「じゃぁ…」スッ


橘「ま、待って!」


七咲「な、なんですか?」ビクッ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:06:14.82 ID:qsNdl9gE0
橘「スカートの下は本当に水着なんだよね…?」


七咲「先輩は変態さんですからね、お願いをたまに聞いてあげるくらいがちょうどいいんです」


橘「答えになってないよ…」


七咲「ですから……下は水着です。本当ですよ?///」


橘「そ、そう。じゃぁ…お願いします」ドキドキ


七咲「はい…///」スッ


橘「七咲、恥ずかしい?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:06:51.38 ID:qsNdl9gE0
七咲「聞かないで///」プルプル


橘「七咲のスカートをめくる仕草はいつみても可愛いなぁ…」


七咲「もう///」


橘「それに競泳水着っていう最高のスパイスが加わって僕の興奮は最高潮だよ」ボロン


七咲「キャァ////な、何出してるんですか!!////」


橘「何って…ナニだよ」スッ


七咲「あっ///ちょ、ちょっと…今日は見せるだけって…んっ////」ビク
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:07:26.66 ID:qsNdl9gE0
橘「七咲は首が弱いんだよね」チュ


七咲「はぅっ///」ビクン


橘「可愛い、クーデレ七咲可愛い」


七咲「はぁっ…はぁっ…ん、くーでれ…?///」


橘「七咲みたいな子を言うんだよ」チュゥゥゥゥ


七咲「んんンっ!!!っはぁ…はぁっ…///」トロン


PLLLLLLLLLLLLL


橘「おっと、電話だ」Pi
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:08:00.44 ID:qsNdl9gE0
梅原「よう大将!調子はどうだい?」


橘「梅原じゃないか、どうしたの?」


梅原「おいおいつれないな~大将。ここは乗ってくるもんだぜ?」


橘「ははっ、ごめんごめん!調子は良いよ!それで僕に何か用事?」


七咲「はぁっ…はぁっ…」ジーッ


橘「?」


七咲「はむっ」


橘「はぅあ!」ビクン
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:08:33.98 ID:qsNdl9gE0
梅原「おいどうした大将!?」


七咲「んっ…ちゅっ…////じゅるッ///」


橘「くっ…!な、なんでもないよ梅原」


梅原「おいおいまさか最近彼女できたからって盛ってんじゃないだろうな~?」


橘「ギクッ!そ、そんなことないよ!」


梅原「ギクッって口に出していう奴初めて見たぜ…ていうか大将てめえ!」


七咲「ぺろ…んっ…先輩のおちんちんビクビクしてて可愛い///」ツンツン
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:09:27.75 ID:qsNdl9gE0
橘「ぼ、僕が学校内でハレンチなことするわけない…くぅ!!!…だろ!?」


梅原「…大将、俺も寛大な心を持っているが大将のプレイにはつき合えないぜ…じゃぁお楽しみな」プツッツーツー


橘「お、おい!切れちゃった…なんだったんだ…?しかも」チラッ


七咲「んっ…んっ…っぷは///」シコシコ


橘「梅原に今度学食おごろう…」


七咲「先輩…私…もう///」


橘「ごめんよ、今はもうそんな気分じゃないんだ」カチャカチャジー↑


七咲「えっ、そ、そんな!私…!」


橘「ほら、帰ろう」


七咲「わ、わかりました…」シュン
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:10:37.57 ID:qsNdl9gE0
----翌日


棚町「はろー!純一!」


橘「おはよう、薫。ってなんでボクの席に座ってるんだよ」


棚町「いいじゃん、細かいこと気にしてる男はモテないよ」


橘「ボクには七咲がいるから大丈夫だよ」エッヘン


棚町「そんなこといってすぐ飽きられちゃうんじゃないの~?」ニヤニヤ


橘「え、縁起でもないこと言うなよ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:13:12.93 ID:qsNdl9gE0
棚町「純一は抜けたとこあるからわからないわよ~?」


橘「そんな…七咲に限って…」


棚町「最近彼女さんに愛してるって言った?」


橘「好きとは昨日言ったけど…」


棚町「甘いわ、女の子はもっと直球で言ってほしいものなの」


橘「わ、わかった。今度会ったら言うよ」


棚町「女の子からも言われるとうれしいでしょ?こんな風に…」ズイッ
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:13:58.64 ID:qsNdl9gE0
橘「えっ、ちょ薫近…」ドキドキ


棚町「純一……」


橘「…ッ!」ゾクゾク


橘(薫をこんな近くで顔見るの初めてで…綺麗な顔…っ…ぁダメだダメだ!抑えろボク!)


棚町「ねぇ…純一は私のことどう思ってるの…?」ギュッ


橘「薫…いくらなんでもふざけすぎだって…」


棚町「あら、私ははいつだって本気よ?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:15:58.81 ID:qsNdl9gE0
橘「か、薫…(ダメだもうこんな可愛い薫に逆らえなあぶないっ!?)」ガタッチュッ


棚町「!?」バッ


梅原「よう大将!今日も一段と悪友コンビ仲良いな!」


棚町「…バカ」


ダッ


橘「か、薫!?どこ行くんだ!授業始まるぞー!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:16:41.84 ID:qsNdl9gE0
梅原「なんだ棚町の奴。大将なんかしたのか?」


橘「なんかしたと言えばしたけど…事故…だし」


梅原「具体的に何した?」


橘「ボクは悪くないよ!」


梅原「だから何やらかしたんだよ大将」


橘「き、キスを…」


梅原「はぁ…大将、事故だからってそれはねぇぜ」


橘「梅原…?」


梅原「一度棚町の気持ちを考えてみるんだな。おっと授業が始まるぜ」


キーンコーンカーンコーン
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:17:27.53 ID:qsNdl9gE0
放課後


橘(結局あれから薫とは話せなかったな…)


七咲「…んぱい!先輩!」


橘「…あ、あぁごめん七咲」


七咲「先輩、今日どこか変ですよ。大丈夫ですか?」


橘「うん、大丈夫だよ!ほら、元気元気!」


七咲「…えぃ!」ギュッ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:18:21.55 ID:qsNdl9gE0
橘「な、七咲!?」


七咲「先輩は元々変でした。だから私も変になっちゃいますねっ」


橘「…ッ!」ギュゥゥゥゥゥ


七咲「キャッ、先輩…苦しいです…」


橘「ご、ごめん!」パッ


七咲「あっ…」


橘「優しく…だね」ギュッ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:18:55.91 ID:qsNdl9gE0
七咲「ぁ…はい///」カァァ


橘家


橘「七咲…」


七咲「先輩…」


チュッ


橘「七咲…七咲…!」


七咲「んっ…せんぱ…ぁ、、い、、ちゅっ…んっ、、ぁ、っ!」ビク


橘「七咲はキス好きだよね」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:19:30.04 ID:qsNdl9gE0
七咲「そ、そんなこと!」カァァ


橘「じゃぁ…やめる?」


七咲「うぅ…先輩は本当にいぢわるです///」


橘「ごめんごめん、冗談だよ」チュッ


七咲「ンっ…、も、もっと…」


橘「うん」チュッ


七咲「んっ、、先輩…大好きです///」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:20:41.90 ID:qsNdl9gE0
橘「ボクも七咲のこと愛してるよ」


七咲「…っ!」カァァァァ


橘「七咲?」


七咲「す、凄くうれしいです…」ドキドキ


橘「そっか」


七咲「先輩…もう…」モゾモゾ


橘「うん、ボクももう抑えられそうにないや…」


サワッ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:21:12.59 ID:qsNdl9gE0
七咲「んっ、、」ビク


橘「ご、ごめん!」パッ


七咲「いや、あの…、いや…じゃない…ですから、、、もっと、触ってください///」カァァ


橘「七咲…わかった。触るよ」サワッ


七咲「んっ…いきなり内腿なんて、せ、先輩はえっちですね…」


橘「七咲の水泳で鍛えられた身体を確かめたいんだ(?)」サワサワ


七咲「そんなこと言っ…!って…内腿は…ぁん、、!」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:21:47.88 ID:qsNdl9gE0
橘「七咲の感じてる顔凄くいい。可愛い」サワサワツー


七咲「あっ、、先輩!」ビクン


橘「制服のままっていいよね」サワリサワリ


七咲「ここでそんなこと言う先輩は変態です。えぇ知ってましたけれども」真顔


橘「真顔で言わないでくれよ!」


七咲「全く…せ、先輩のここも…その…///」


橘「七咲がボクを興奮させるのがいけないんだ」パッツンパッツン


七咲「スゴ…制服のズボンがパンパン…///」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:22:20.22 ID:qsNdl9gE0
橘「七咲も興味深々じゃないか。でもボクはここにも興味あるんだ」ゴソゴソモミッ


七咲「あっ!」ビク


橘「小ぶりながらも手のひらに収まる大きさ。うん、申し分ないよ!」モミモミ


七咲「その褒め方はどうかと…ン」ビク


橘「ん…しょっと。外れた」パチ


七咲「…なんでブラのホックを簡単に外せるんですか?」ジー


橘「七咲への愛ゆえに…かな」


七咲「はぐらかしましたね」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:23:09.10 ID:qsNdl9gE0
橘「そんなこと気にしない!気にしてる七咲は…こうだ!」モミモミツマミッ


七咲「はぅ!!ん!!」ビクン


橘「思ったよりも感度いいみたいだね」コリコリ


七咲「ぁ、先輩!ちく、、び、、私ダメ…みた、、ひゃぅ!!」ビクンビクン


橘「七咲のシャツの中に手を入れながら胸を揉む。ボクは今最高の気分だよ」


七咲「な、何言って、、、っン!ですか、、ぁ、、っ!」ビクン


橘「こっちはどうかな…?」サワリ


七咲「んンン!!!」ビクン


橘「もうパンツごしに濡れてるんだね…、七咲はえっちだなぁ」サスリサスリネトー


七咲「そん、、な!ぁん!先輩がいぢめるか、、らっ!んっ!」ビクン


橘「僕もそろそろ限界だよ」ボロン
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:23:40.12 ID:qsNdl9gE0
七咲「ふぇ…?」


橘「脱がすよ」スルッ


七咲「あっ…は、恥ずかしいです…///」


橘「綺麗だよ、ここ」ピトッ


七咲「んっ」ピクン


橘「ほら、こんなに糸ひいてる」ツー


七咲「み、見せないでください…///」


橘「これなら準備万端だね、入れるよ」ググッ


七咲「はい…」ドキドキ
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:24:13.46 ID:qsNdl9gE0
ーーーーー30分前


ガチャ


美也「たっだいまー!にぃにいるのー?」


美也「ありゃ?にぃに以外の靴…女子?」


美也「彼女かな?」


美也「……………まっさかー!にぃにに彼女なんて作れるわけがないよ!」


美也「でも、そしたらこの靴は?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:24:43.43 ID:qsNdl9gE0
美也「もしかして梨穂子ちゃんかも!」


美也「わーい梨穂子ちゃんだー!」


美也「にぃにの部屋にいるのかな?みゃーを差し置いて二人で遊ぶとは何事だー!」ダダダッ


美也「一気にドアを開けて驚かせてやるもんねー!にししっ♪」


美也「せー『あっ!先輩、、ン、!っあ、激し…すぎます…ぅん、!』!?」


美也「な、何今の!?」


美也「にぃにの部屋から…?」ソーッ耳ピトッ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:25:14.24 ID:qsNdl9gE0

橘『七咲…!七咲ぃ…!』グチュッヌチュッパンッパンッ


七咲『せんぱ、、い、名前で…逢って呼んで…ください、、ぁ!』ビクン


橘『なな…逢!逢っ!!」パンッパンッ


七咲『せんぱっ、、!わた、、しっ!あぁ…っ、すご、ぃ!』ビクビク


美也「あ、逢ちゃん…?なんでにぃにの部屋…じゃなくて…えっ、ええ??!!」バッ


橘『逢!こんなにいやらしい音立てて!』パチュンパチュン


美也「ふえぇ…!?逢ちゃん…え、えっちだよ///」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:25:47.69 ID:qsNdl9gE0
美也「どうしよう…逢ちゃんとどう顔合わせていいかわからないよ…」


七咲『先輩…っ!わた、、しもう!んんン!!』ビクン


美也「…にぃにのばか」ダッ


橘『俺も…!うっ!!!!!』


ドピュルルルルルルルル


七咲『あ、あぁぁぁーーーーーーーーッ!!』ビクンビクン
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:27:29.74 ID:qsNdl9gE0
ーーーーー


橘「家まで送るよ」


七咲「いえ、ここで大丈夫です」


橘「…あれ、美也の靴がある。いつの間に帰ってきたんだ?」


七咲「もしかして私たちの…見ちゃったとか…」


橘「ドアは開いた形跡が無かったしそれはないと思う。さっき帰ってきたんじゃないかな?」


七咲「そうだといいんですけど…」


橘「美也呼んで来ようか?」


七咲「いえ!だ、大丈夫です!もし、見られてたら気まずいので…」


橘「そ、そうだよね…ごめん」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:28:05.58 ID:qsNdl9gE0
七咲「…いえ、では私はこれで。弟たちも心配してますから」


橘「うん、気をつけてね」


七咲「先輩っ!」


橘「なn」チュッ


橘「!?」


七咲「おやすみなさいっ!///」パタパタ


橘「お、おやすみっ!///」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:29:05.99 ID:qsNdl9gE0
とりあえず終わりです。
またなんかあったら続き書きますー。
では!
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 07:52:05.68 ID:4DOeWqmDO

ふぅぅ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク