男「…」スパァー 奴隷「ケホッケホッ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 02:53:15.876 ID:UMpU4Ipc0
男「あ、悪い」

奴隷「…」ブンブン

男「それにしても…なんでお前…俺の家にいるの?」

奴隷「あなたのお父さんが私を買ったから…」

男「そうなの…君奴隷なの?」

奴隷「そう」

奴隷「あなたのお父さんにはお世話になったから」

奴隷「今度は私があなたにお世話するの」

男「別にしなくても良いと思うけど」

奴隷「それは、だめ…私がしたいからする」

男「まあ、好きにして」

男「俺は仕事に行くけど…」

男「一人で大丈夫?」

奴隷「…」コクッ

男「そう…じゃあ」
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 02:57:03.441 ID:UMpU4Ipc0
仕事終わり

男「ふぅ…」スパァー

男「やっと終わった」スパァー

男「それにしても、親父がまさかな…あんなのに興味があったとは」スパァー

男「ま、どうでもいいけど…」スパァー

屋敷

男「…」

奴隷「…」zzz

男「お~い…こんな所で寝てたら風邪引くぞ~」

男「…はぁ」ポリポリ

男「…」パサッ

奴隷「…」zzz

奴隷「むにゃむにゃ」zzz

男「…」ナデナデ
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:01:06.474 ID:UMpU4Ipc0
男「飯でも食うか…」

男「…」スタスタ

男「むっ…用意してある…本当にこういう事できるんだな」

男「食うか…」

―食事後―

男「ごちそうさま」

男「風呂入ろ」

―風呂上り―

男「…」ゴクゴク

男「ふぃ~やっぱり風呂上りは牛乳だな」

男「さ、寝るか…」

自室

男「…」zzz
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:03:18.211 ID:UMpU4Ipc0
病院

男「そうですか…」

屋敷

男「…」

男「はぁ…」

奴隷「おかえりなさい」

男「ん?おお、ただいま」

奴隷「どうしたの?」

男「ん?ああ、俺数日の命らしい…」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:06:06.136 ID:UMpU4Ipc0
奴隷「?」

男「俺、あと数日で死ぬってわけね」

奴隷「!!!」

男「まあ、仕方ないか…生活習慣…良いとは言えなかったし」

男「ま、太く短くってわけで」スパァー

奴隷「…」パシッ

男「あ、おい…俺のタバコ」

奴隷「だめ…だめ…死ぬの…だめ」

男「はぁ…」ポリポリ

男「ダメっつってもな…」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:08:20.672 ID:UMpU4Ipc0
男「まあ、仕方ないっちゃ仕方ないんだよ」ポンッ

奴隷「…」

自室

男「…」

男「…ハァ」

男「ぐっ…」

男「本当に俺死ぬのかな…」

男「せっかく…せっかく…家族ができたってのにな」ハハ

男「仕方ない…か…本当はそんなこと全然思ってない癖にな…」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:11:41.858 ID:UMpU4Ipc0
男「…」zzz

幼男「パパー」

男父「ん?なんだい?」

幼男「あの子だれ?」

男父「ああ、あれは…」

幼奴隷「…」ビクビク

男父「お前のお友達だよ…」

幼男「そうなの~」

男父「ああ」

男父「さ、遊んできなさい」

幼男「うん!」

幼男「遊ぼ~」

幼奴隷「…」ビクッ

幼男「どうしたの?」

幼男「ねぇ?名前なんていうの?」

幼奴隷「…奴隷」

幼男「そっか、奴隷ちゃん僕はね男って言うんだ…友達になろ!」ニコッ

幼奴隷「…うん」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:14:43.565 ID:UMpU4Ipc0
男「…そうか、あの時の子か…」

男「ずっと忘れてたな…」

男「親父どうしたんだろ…」

男「勘当されたから…どうでもいいけど」スタスタ

男「…っ!」

男「はぁ…はぁ…はぁ…」

男「ハハ…本当に死が近づいてる感じだな」
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:22:01.807 ID:UMpU4Ipc0
男「…っと」

男「ぐぐ…」

奴隷「…」ガチャッ

男「…」

奴隷「…っ!」

奴隷「だ、大丈夫!!」

男「ん?大丈夫だ…」スクッ

男「…ただ、立ちくらみをちょっとな」

奴隷「嘘…吐かないで」

男「嘘じゃないって~」

奴隷「…」

男「…っ」

男「はぁ…わかったよ…その肩貸してくれないか?」

奴隷「…」コクッ

男「サンキュな…」

男「なあ…」

奴隷「何?」

男「親父…どうしたんだ?」

奴隷「…っ」

男「俺、今どうしてる全然知らなくてさ」

奴隷「お父さんは…」

男「?」

奴隷「お父さんは…死んだ…」

男「…」

男「そうか」

奴隷「…」

男「俺も…もう少しで親父の所に行っちまうのか~いやだなぁ~」ハハ

奴隷「嫌だ…」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:26:26.109 ID:UMpU4Ipc0
男「?」

奴隷「死なないで…もう…嫌だ…大切な人が…死ぬのは…」ポロポロ

男「…っ!?」

男「な、泣くなって」ポンッ

男「大丈夫だよ…別に…死んでも…お前なら俺より大切な奴が見つかるからさ」

男「だから…別に俺が死んでも…問題ないって」

奴隷「そういう問題じゃない…私は…私は…あなたが」

男「大丈夫だよ」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:28:33.882 ID:UMpU4Ipc0
男「…っ!?」ガクッ

奴隷「え?男!?」

男「」

奴隷「男っ!!!?」

奴隷「男ぉぉ!!」
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:32:43.847 ID:UMpU4Ipc0
男「…」

奴隷「男…男…」ポロポロ

男「…ん?」むくっ」

奴隷「男!?」

男「?あれ…ここは…」

奴隷「大丈夫なの?」

男「奴隷…ああ、ちょっと…意識失ってただけだしな」

男「ふぅ…初めての体験だったぜ、意識を失うなんて…」

男「それにしても…いよいよもってまずいって感じだな」ハハハ

奴隷「笑い事じゃない…」

男「…わ、悪い」

奴隷「どうして…男は何も悪いことしてないのに…」

男「悪い生活習慣を送ってたけどな…」

奴隷「…男っ!」ダキッ

男「…っ!」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:34:35.480 ID:UMpU4Ipc0
男「おい…」

奴隷「…」

男「はぁ…」ナデナデ

奴隷「…」

男「奴隷?」

奴隷「…」

男「奴隷っ!?」

奴隷「…」zzz

男「な、何だよ…驚かせやがって」ハハハ

男「…っ!」ウグッ
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:38:04.023 ID:UMpU4Ipc0
奴隷「…!!」

男「…」ハァハァハァ

奴隷「男!?」

男「ん?…奴隷…か…起きたか…」

奴隷「どうしたの!!?」

男「あの後、体調が…悪くなってな…目が…霞む」

男「どこだ、奴隷…」

奴隷「私は…ここ」ポロポロ

男「悪いな…一緒にいてやれなくて」

男「俺が…死んだらさ…お前に俺の財産全部やるから…」

男「それで、好きに生きてくれ…」

男「お前の人生だ…誰かに縛られることは…ないんだよ」

男「だからさ、奴隷なんて辞めて…自由に…生きて…く…れ」

奴隷「違う…っ!私はあなただから!!」

男「」

奴隷「男…?男…!!!」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/08(日) 03:42:11.110 ID:UMpU4Ipc0
奴隷「…」

奴隷「男ぉぉぉぉ!!!」ポロポロ

終わり

男「いやぁ~泣ける映画だったな」

奴隷「そうね」

男「どうしたんだ?奴隷」

奴隷「いえ、ただ…昔に似たようなことが…あったから」

男「へぇ…今は幸せか?」

奴隷「ええ…とっても」

終わり

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク