モバP「こんにちは赤ちゃん」

2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/15(日) 20:28:16.65 ID:nYHXDEGr0
奏「ねえちひろさん?」

ちひろ「はい、なんでしょう?」

奏「Pさん、今日ちょっと遅くない?」

ちひろ「そうですね、確かに遅いかも...」

礼「珍しいわね、仕事人間のP君が遅れるなんて」

奏「来る途中でなにかあったとか....」

ちひろ「いえ、多分大丈夫だと思い....」


ガチャッ


P「...お疲れ様でーす」

ちひろ「あっ、噂をすればですね!お疲れさ....」

奏「Pさん、その手に抱えてるのって...」

礼「赤ん坊....よね?」
4: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/15(日) 20:36:08.94 ID:nYHXDEGr0
P「あのな、みんな誤解しないでほしい....」

ちひろ「さてと....」ピッピッピ...

P「待って!お巡りさんへの電話はやめて!」

奏「ヒドイじゃないPさん、私とのことは遊びだったの?」

P「だからそうじゃないって!」

礼「P君、いくらなんでも赤ん坊をスカウトしてくるのはお姉さんどうかと思うわ」

P「違いますってば!話を聞いて!」


-----


奏「なーんだ、Pさんのお姉さんの子供だったのね」

P「まったくみんなして早とちりして...」

ちひろ「ゴメンなさい、ちょっと驚いちゃって...」

礼「いきなり赤ん坊抱えて事務所に来るんだもの」
7: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/15(日) 21:26:21.88 ID:j+wmj59DO
色気のハンパないプロダクションだな
8: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/15(日) 21:27:14.23 ID:nYHXDEGr0
P「なにしろいきなりだったんですよ、朝早く訪ねてきたと思ったら....」

姉『ゴメンねP!今日一日でいいからこの子の面倒見て!』

P「っていうから...」

ちひろ「なんともすごいお姉さんですねぇ...」

奏「断らなかったの?」

P「そんな暇もないくらいに一瞬だったんだよ」

礼「でもどうしたのかしらね、お姉さんになにかあったとか....」

P「いえ、それはないと思いますよ、多分急に仕事が入ったとかでしょう」

奏「Pさんのお姉さんって何の仕事してる人?」

P「まあ一応芸能関係の仕事だよ」

礼「アイドルとか?」

P「いやいや、裏方の仕事です」
11: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/15(日) 22:02:01.98 ID:nYHXDEGr0
P「というわけでちひろさん!申し訳ないですけど今日一日だけ...」

ちひろ「まあそういうことなら仕方ないですね、放っておくわけにもいきませんし...」

P「ありがとうございます!」

奏「ふふっ、この子とっても可愛いわね」プニッ

「あ~♪」

奏「あっ、私の指を握ってくれたわ」

P「どうやら奏の事を気に入ったみたいだな」

奏「嬉しい♪やっぱりPさんに似てるのかも」

P「どういうことだよ?」

奏「すぐに私を気に入ってくれるところ♪」

P「なんだそりゃ...」

奏「あら、嫌いなの?」

P「そういう言い方はずるいだろ...」

奏「冗談よ♪」
18: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 12:53:04.06 ID:4ZxBFfjG0
ちひろ「ところでプロデューサーさん、その子のオムツとかそのへんはどうするんですか?」

P「あっ!忘れてた....」

礼「じゃあ私とちひろさんで買ってこようかしら」

P「すみません礼さん、お願いできますか?」

礼「お安い御用よ、行きましょちひろさん」

ちひろ「はーい」


バタン


P「面倒なことになったなぁ...」

奏「Pさん、その子を抱かせてくれない?」

P「ああ、いいぞ」スッ

奏「はい、ありがとう」

「あ~♪」

奏「よしよし」

P「やっぱり奏にはよく懐くなぁ...」
19: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 13:42:23.11 ID:4ZxBFfjG0
奏「この子、男の子なのね」

P「ああ、確か今四カ月だったかな」

奏「Pさんに似てるわね♪」

P「どこがだよ」

奏「うーん、目とか?」

P「そうかな...」

奏「キスしてあげたいけど、赤ん坊にキスするとよくないんだっけ」

P「えっ、そうなのか?」

奏「キスをすると赤ん坊にいろいろな菌が移っちゃうんだって」

P「なるほどな」

奏「そういうことも知っておかなきゃダメよ、子供ができたときに苦労するんだから」

P「まだ当分先の話だよ、きっと」

奏「どうかしら?意外とすぐ近くに相手が近くにいるかもしれないわよ?」

P「へ、へぇ...」

奏「フフッ♪」
21: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 15:27:46.87 ID:4ZxBFfjG0
奏「この子もきっとPさんみたいに素敵になるわね」

P「いや、だから俺じゃなくて姉貴の...」

奏「いいえ、見てればわかるわ」

P「うーん...そんなもんか?」

奏「そうよ、きっとね、それより...」

P「なんだ?」

奏「この子にキスできないかわりに、Pさんにキスしてもいい?」

P「なっ!?」

奏「ダメ?」

P(その目はやめろってのに...)

奏「今なら誰もいないわ、ほら...」ススッ

P(ダメだ...奏にこういう表情をされると...)

P(どうにも...)


「おぎゃー!おぎゃー!」


P・奏「!?」
29: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 18:39:51.33 ID:dL+JMvYt0
P「ど、どうしたんだ?」

奏「オムツとか....」

P「いや、そうじゃないみたいだ」

「おぎゃー!おぎゃー!」

奏「えっと、どうしたら....」オロオロ

P「どこか痛いのか?...って、赤ん坊に言ってもなぁ...」

奏「ほらほら、泣きやんで...」

P「ダメだ、全然泣きやまない...」


ガチャッ


クラリス「お疲れ様でございます」

P「あっ、いい所に!」

奏「クラリスさん、ちょっといい?」

クラリス「あらあら、なんだか可愛らしい子が♪」
30: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 20:06:13.54 ID:dL+JMvYt0
------


P「いやはや、助かったよ...」

クラリス「どうやらお腹が空いていたようですね」

奏「びっくりしたわ、いきなり泣き出したから焦っちゃって...」

クラリス「ふふっ、そういうものですわ」

奏「今どきの粉ミルクはキューブになってるのね...」

クラリス「すみません、買ってきていただいて....」

P「いやいやいいよ、しかしクラリスは赤ん坊の扱いに慣れてるんだな」

クラリス「教会にいたころに何度かお世話をしたこともありますので♪」

奏「なるほど、それで...」

P「しかし、赤ん坊を抱くクラリスは絵になるなぁ」

クラリス「そうでしょうか?」

P「うん、まさに聖母様って感じだ」

クラリス「まぁ...P様ったら...///」
40: 篠原さん人気出ろ 2013/09/16(月) 21:25:27.30 ID:dL+JMvYt0
奏「むぅぅ、Pさん?」

P「なんだ?」

奏「さっきはちょっと慌てちゃったけど、あれは慣れてないからで...」

P「まあそうだろうさ、でも慌てる奏も新鮮だったな」

奏「どういう意味?」

P「年相応で可愛かったってことだよ」

奏「...もう、すぐにそうやって煙に巻くんだから...」

P「すねるなよ、褒めてるんだぞ?」

奏「わかってるわ、ただちょっとおもしろくないだけよ、ねえクラリスさん?」

クラリス「はい、なんでしょう?」

奏「赤ん坊の抱き方、教えてくれない?」

クラリス「ええ、喜んで♪」

P「どうしたんだよ、急に?」

奏「予行練習よ、将来の為に....ね」

P「将来...ってお前...」

奏「なあに?ふふっ♪」
41: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 21:51:20.82 ID:dL+JMvYt0
------


みりあ「かわいいね~♪」

クラリス「みりあさん、手を離さないで下さいね?」

みりあ「うん!大丈夫♪」

「あ~♪」

奏「見て、笑ったわ」

みりあ「ホントだ!よーしよし♪」



ちひろ「すっかりみんな夢中ですね」

P「やはり赤ん坊の魅力には勝てませんよ」

ちひろ「ウチの事務所のアイドルたちも夢中になる可愛さですね」

礼「ゴメンなさい、思いのほか買い物に手間取っちゃったわ...」

P「いえ大丈夫です、わざわざありがとうございます」



きらり「にょわー!きらりにも抱っこさせてほしいにぃ♪」

みりあ「うん、いいよ!」

きらり「ん~!たかいたかーい!」

クラリス「き、きらりさん....あまり無理はなさらずに....」

きらり「あっ!とっても楽しそうだにぃ♪」
42: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 22:30:51.41 ID:dL+JMvYt0
みりあ「プロデューサー、この子も大きくなったらアイドルになるの?」

P「どうかな?姉貴がなんていうかだな」

きらり「きっとPちゃんみたいにカッコよくなるにぃ☆」

みりあ「私も大きくなったらこんなカワイイ赤ちゃんほしいなぁ♪」

奏「だいぶ先の話ね」

みりあ「そんなことないよ!すぐに大きくなるもん!」

礼「でも赤ちゃんを作るにはまずしなきゃいけない事があるわよ」

みりあ「なにそれ?」

礼「なぞなぞよ、男の人と女の人が二人でするもの」

みりあ「男の人と女の人が?うーん、なんだろ....」

P「れ、礼さん!子供相手に...」

礼「答えは恋愛よ、みりあちゃんも素敵な人を見つけてその人と恋に落ちるところから始めないとね」

みりあ「そっかぁ、私も好きな人できるかなぁ?」

礼「きっとできるわ、お姉さんの言う事は当たるんだから」

みりあ「うん!じゃあその人に会えるまで待ってるね!」



礼「ところで、P君は何を想像したのかしら♪」

P「さ、さあ....なんでしょうね....」
45: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 22:54:50.47 ID:dL+JMvYt0
奏「私もいつか結婚して赤ちゃん産むのかしら?」

P「奏なら引く手数多だろう」

奏「どうかな、私って結構男性の理想高めなのよ?」

P「そうなのか?」

奏「そう、毎日おはようとおやすみのキスをしてくれて....」

P「はぁ...」

奏「それから、とっても優しくしてくれて...」

奏「お仕事がちゃんとできたら『えらいぞ奏!』って言いながら頭をなでてくれて...」

奏「そして私がからかうとすぐに真っ赤になる人♪」

P「お前....」

奏「どう思うPさん?」

P「...からかってるのか?」

奏「どうかしらね♪」
47: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 00:40:17.99 ID:ZiaLhAjA0
ちひろ「ところでプロデューサーさん、プロデューサーさんのお姉さんはいつ頃来るんですか?」

P「さっき電話したら今日の仕事は終わったって言ってたんで、そろそろ来ると思いますよ」

礼「P君のお姉さんね...ちょっと興味あるわ」

奏「私もぜひ見ておかないとね」

きらり「きらりもPちゃんのお姉ちゃんみたーい!」

みりあ「私もー!」

P「だから普通の人だよ、普通のカメ...」


コンコン!


「すみませーん!こちらのPに用があって来たんですがー!」

クラリス「いらしたみたいですね♪」

ちひろ「はいはーい、今開けまーす!」


ガチャッ


「失礼しまーす!」
49: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 01:01:30.18 ID:ZiaLhAjA0
P「やっと来たか...」

「うん!ゴメンねP、いきなり頼んじゃって♪」

P「姉貴はいつもそうだよなぁ、パッと来てパッといなくなるし...」

「まあまあ、そう怒らないでよ!で、私のかわいい息子はどこ?」

奏「ここですよ、お義姉さん」

「ありがとうございます、お~よしよし♪」

クラリス「やっぱりP様に似てらっしゃいますね」

礼「でもなんだか豪快な感じ...」

P「うーん、なんていうか嵐のような感じの人っていうか...」

「あっ、自己紹介が遅れましたね!Pの姉です、一応カメラマンをやってます!」

ちひろ「へぇ、カメラマンをなさってるんですか」

「そうです!一応産休中なんですけど、職場から今日はどうしても人が足りないって言われちゃって♪」

P「それでいきなり俺の部屋へ来たのか....」
52: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 02:11:23.35 ID:ZiaLhAjA0
「いやーゴメンね、なにしろ急遽呼ばれちゃってさ」

P「まあいいよ、ウチのアイドルたちもずいぶんと癒されたからな」

きらり「赤ちゃん可愛かったにぃ☆」

みりあ「うんうん!すっごく可愛かった!」

「あらあら、大人気だったんだ」

礼「そうね、一服の清涼剤みたいな感じだったかしら」

クラリス「ええ、その通りです」

奏「私たちもとっても楽しかったですよ」

「へぇ、ちょっと予想外の反応ね...」

P「特に奏にはよく懐いてたな」

「あ~♪」

奏「ふふっ♪」プニプニ

「あっ、その表情いいですね!一枚、撮らせてください!」

奏「...いいんですか?」

「もちろん!さっ、その子を抱っこしてるところを♪」

奏「Pさん...」

P「いいんじゃないか?」
55: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 03:13:20.46 ID:ZiaLhAjA0
奏「...じゃあいっしょに撮らない?」

P「俺とか?」

「いいじゃないP!あんたもいっしょに映りなさいよ!」

P「まあ、別にいいけど...」

「ほらほら、もうちょっと近寄って近寄って!」

奏「ほらPさん♪」

P「お、おい...ちょっとひっつきすぎじゃあ...」

奏「いいじゃない、記念よ」

「うん、いい感じ!もっと笑って!」

奏「Pさん、笑顔よ」

P「いや、こういうのは苦手で...」

「あ~♪」

奏「ふふっ、この子もいっしょに写真を撮れて嬉しいみたいよ」

P「うーん、そうかもしれないな」

「じゃっ、いきますよー!」



パシャッ
56: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 03:31:55.71 ID:ZiaLhAjA0
「はいオッケー♪」

奏「ありがとうございます」

みりあ「あー、いいなー!」

きらり「にょにょわー!きらりたちも写真撮ってほしいにぃ☆」

礼「そうね、せっかくだし....」

クラリス「一人ずつ撮っては頂けないでしょうか?」

「いいですよー!じゃあ一人ずつ順番に...」



P「大人気だな...」

奏「ふふっ、だって可愛いじゃない?」

P「確かにな」

奏「Pさんも子供は好き?」

P「まあ嫌いじゃないな」

奏「そう、よかった」

P「なにがだ?」

奏「だってもし嫌いだったら将来困るじゃない?」

P「またお前はそういう事を...」

奏「クスッ、怒らないで♪」
57: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 03:46:15.03 ID:ZiaLhAjA0
P「あんまりそういう事言うのは感心しないぞ」

奏「だって本当の事だもの」

P「まったくお前は...」


チュッ


奏「本当よ?冗談でここまで言ったりしないわ」

P「っっ!?」

奏「ふふっ、耳まで真っ赤♪」

P「お、お前な~!!」

「P!どうせならみんなで記念に一枚撮りましょうよ!」

礼「P君、ほら奏ちゃんも早くいらっしゃい」

奏「はーい、今行きまーす」ギュッ

P「こ、こら....引っ張るな...」



奏「Pさん、さっきも言ったけど...」

奏「私、嘘は言ってないのよ?」

P「か、奏...」

奏「今度写真を撮るときは...」




奏「二人の赤ちゃんを抱いて...ね♪」




おわり
58: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 03:47:26.25 ID:ZiaLhAjA0
駄文失礼しました~
奏はスルーしてましたけど最近ちょっと気になってます
か、かわええ....
赤ちゃんはやっぱりカワイイですね
ではまた~
60: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 04:22:36.15 ID:TnjI4+wW0
おっつおっつ
65: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/17(火) 17:24:19.32 ID:8ufVG0sjo

良かった



関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク