ベジータ「くそ……カサブタが気になって集中できん」悟空「剥がしちまえよ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:02:15.675 ID:550Yk/oD0
ベジータ「ナニィ!? カカロット貴様……! 今、なんて言いやがった!」

悟空「い? カサブタが気になんだろ? だったらよ、剥がしちまえばいいじゃねえか」

ベジータ「か、カサブタを剥がすだと……!? な、なんて奴だ……! そこまで馬鹿だったとはな……!」

悟空「なんだよ。剥がしたらヤベぇんか?」

ベジータ「痛いだろう!」

悟空「そりゃいてえけどよぉ……カサブタが気になって修行に身が入らねぇんじゃ、しょうがねぇじゃねえか」

ベジータ「ぐぅ……!」

悟空「おしっ! そんじゃ、オラが剥がしてやっからよ。膝、出してくれ」

ベジータ「や、やめろ!!! 貴様のような不器用な奴に任せでもしたら……想像しただけでゾッとするぜ……!」

悟空「なんだよ、こえぇんか?」

ベジータ「怖いに決まっているだろう! カサブタを剥がす行為に恐れを感じないとすれば、それは感情が無い機械ぐらいだ……!」

ベジータ「あいにく、オレは人間だからな……! 見ろ! カサブタを剥がすと聞いただけで、鳥肌が立ちやがる……!」

悟空「そこまで言うなら剥がすのはやめっけどよ……修業はどうすんだ?」

ベジータ「……ええい! 剥がせないのなら、削り取るまでだ!」

ベジータ「盛り上がっている表面部分だけ削ってしまえば、オレがカサブタに気を取られることもなくなる!」

ベジータ「カカロット! 瞬間移動でヤスリを持って来い!!! 今すぐにだ!」

悟空「お、おう」
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:04:33.054 ID:550Yk/oD0
悟空「ほれ、ヤスリ持ってきたぞ」

ベジータ「フンッ、こいつさえあれば、カサブタごとき……!」

スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ

悟空「おいベジータぁ。ちっとも削れてねえぞぉ」

ベジータ「チィ! どれだけ固いんだ、オレのカサブタは……!」

悟空「オラたち強くなりすぎちまったからなぁ。地球のヤスリ程度じゃ、傷なんてつかねぇのかもな」

ベジータ「まさか誇り高きサイヤ人の肉体が、オレ自身に牙をむくことになるとはな……!」

ベジータ「まったく、笑えないぜ……!」

クリリン「おーい、悟空ー」

悟空「おっ? クリリン! どうしたんだよ、なんか用か?」

クリリン「近くをパトロールしてたら、ふたりの気を感じたからな。ちょっと寄ってみたんだ」

クリリン「……? どうしたんだ? ベジータのやつ……深刻な顔して」

悟空「それがよぉ、ベジータが――」

ベジータ「ええい! ダメだ! 役に立たん! おいカカロット! もっと頑丈なヤスリな無いのか!?」

悟空「んなこと言ってもよぉ」

クリリン「ヤスリ?」

ベジータ「……! おいクリリン! お前に頼みがある……!」

クリリン「え? な、なんだよ」
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:07:02.339 ID:550Yk/oD0
クリリン「き、気円斬で……!?」

悟空「カサブタを削るぅ!?」

ベジータ「そうだ……! おい! 早くしろ!」

クリリン「む、無理だよ! 無茶言わないでくれ! 気円斬でカサブタの表面だけ削り取るなんて……!」

クリリン「ま、万が一、コントロールを誤ったら……! や、やっぱり無理だ! できっこない!!!」

ベジータ「オレから気円斬へカサブタを合わせにいく。お前は膝を目がけて気円斬を投げればそれでいい」

クリリン「だ、だけど……! 俺の技がベジータの身体に通用するかどうか……力量がありすぎる……!」

ベジータ「足のエネルギーは他の部位へ移す……。無防備な状態だ、それなら削り取れるはずだろう」

クリリン「で、でも……」

ベジータ「ええい! ごちゃごちゃ言うな! とっとと投げやがれぇ!!!」

クリリン「わ、わかったよ……そこまで言うなら……!」

ベジータ「こい!!!」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:08:59.967 ID:rINsK1nR0
これあかんパターンや
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:09:31.352 ID:550Yk/oD0
ブゥゥゥゥン

クリリン「な、投げるぞ……!? ほ、ホントにいいんだよな……?」

ベジータ「はやくしろ!」

クリリン「わ、わかった……いくぞっ! でやぁっ!!!」

ギャンッ

ベジータ「ここかぁ!」

ザンッ ブシャアアアアアアアアアアアアア

ベジータ「ぐああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!!!」

ベジータ「あ、足がぁぁぁぁぁあああぁぁあ!!!!!!!!!」

悟空「ベジータぁ!!!!!!!!!!」

クリリン「あ、あっ……ああぁ! み、見ろ! 言わんこっちゃない……!」

ベジータ「ぐあああぁぁ……! く、クリリンの野郎……や、やりやがった……!」

ベジータ「か、カサブタどころか……足をまるごと持っていきやがった……! な、なんてやつだ……!!!」

悟空「べ、ベジータ! しっかりしろ! おい! おめえ、足が取れちまったぞ!?」

ベジータ「分かっている! いちいち言うな!!!」

クリリン「わ、悪い……! だけど、お前が合わせるって言ったから……!」

ベジータ「くそったれぇ……こ、こいつはカサブタが剥がれた以上に痛いぜ……! ぐああぁぁ……!」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:12:04.207 ID:550Yk/oD0
悟空「あちゃー……ど、どうすんだ? どうすりゃいいんだ? これ」

クリリン「どうするったって……! そ、そうだ! 仙豆!」

悟空「そっかそっか! 待ってろベジータ! カリン様から貰ってくっからよ!」

ビシュン

ベジータ「ぐぅぅ……!」

クリリン「お、おいベジータ! 止血しないと……! だ、大丈夫か……!」

ベジータ「大丈夫なわけないだろう……! あ、足が取れたんだぞ……! 誰のせいだと思っている!」

クリリン「わ、悪かったって! でも、今考えると、なにも投げることはなかったよな……」

ベジータ「ど、どういうことだ……?」

クリリン「俺が気円斬を掌に乗っけたまま、お前のカサブタに近づければ……もっとうまくいったかな、と思ってさ……」

ベジータ「き、貴様ぁ! 今更そんなことを……! もっと早く言いやがれぇ!!!」

クリリン「だ、だってお前が投げろってうるさいから……!」

ビシュン

悟空「わりい、ベジータ。仙豆、もうねえってよ」

ベジータ「あ、ああ……な、なんてこった……! お、おしまいだ……!」

クリリン「だ、だったらもう病院しかないだろ! ほら! 手術で足をくっつけてもらおう!」
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:14:52.220 ID:550Yk/oD0
ベジータ「だ、だが……地球の医療技術では難しいはずだ……!」

悟空「難しいんか……。ベジータぁ、気ぃ落とすなよ。足が一本だって……舞空術ができんだし、なんとかなるって」

ベジータ「か、勝手にオレの足を殺すな……! まだオレの足は元気で――」

クリリン「お、おい! ベジータの足が……!」

ベジータの足「……」シオシオ

ベジータ「なっ! なんだと……! し、しおれてやがる……! ど、どういうことだ……!?」

悟空「あっ! そっか! ベジータ、おめえ足のエネルギーを抜いちまったから……!」

ベジータ「短時間でシオシオになったってのか……! く、クソッタレー……!!!」

悟空「こうなったら、ベジータの足にまた力を分けてやるしかねえな……!」

クリリン「そ、そんなことできるのか?」

悟空「ああ。前にフリーザに分けてやったことがある」

ベジータ「は、はやくしろカカロット! オレの足が死ぬ前に……間に合わなくなっても知らんぞぉ!」

悟空「おーし! いっちょやってみっかぁ!」

ベジータ「いけぇ!!!! フルパワーだぁ!!!!!」

悟空「はあああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!」

ブアァッ!!!!!!!!

焼かれたベジータの足「」コンガリ

悟空「いけねっ! やりすぎた!!!」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:17:12.933 ID:550Yk/oD0
ベジータ「あ、ああ……! お、オレの……あ、足が……! や、焼かれた……!」

クリリン「ご、悟空! なんてことを……! これじゃ手術どころじゃないぞ……!」

悟空「いやー、わりぃわりぃ。加減がよくわかんなくってよぉ……ま、まるコゲになっちった」

ベジータ「こ、今度こそお終いだぁ……! なんてこった……カサブタが原因でこんなことになるなんて……!」

ベジータ「このベジータの……誇り高き足が……こ、コンガリ焼き上がったのか……!? うぅぅ」

悟空「いっ!? ベ、ベジータ! おめ、泣いてんのか!?」

クリリン「む、無理ないよ……戦いでもなんでもない、こんなアホみたいな状況で……あ、足を無くしたんだからさ」

悟空「おいベジータぁ、泣くなよ~。でぇじょうぶだって」

ベジータ「何が大丈夫なんだ! 足がステーキになったんだぞ……!?」

悟空「でもよ、ドラゴンボールがあんだろ?」

ベジータ「っ!!!」

クリリン「そ、そうか……ハハハ! そうだよ! ドラゴンボールがあるじゃないか!」

ベジータ「ククク……クックック……ハーッハッハッハッハ!!! どうやら、まだ運に見放されたわけじゃないらしい……!」

ベジータ「カカロット! いますぐドラゴンボールを集めてこい!!!」

悟空「おう! クリリン、手伝ってくれっか?」

クリリン「ああ、一応俺にも責任があるからな」

悟空「待ってろよ、ベジータ!」
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:19:51.584 ID:550Yk/oD0
~数時間後~

悟空「おーい! ベジータァ! ドラゴンボール集めてきたぞぉ!」

ベジータ「……」

悟空「べ、ベジータ……? おい! まさか……し、死んじまったんか!?」

クリリン「いや……浅いけど息はある……はやいとこ、神龍に頼もう!」


オオオォォォォォォン

神龍「さあ、願いを言え。どんな願いも三つ叶えてやろう」

クリリン「ベジータの足を元に戻してくれ!」

神龍「焼かれているようだが……焼かれる前に戻すということか。了解した」

ベジータの足「……」

神龍「よし。ひとつめの願いは叶えた」

悟空「い? で、でもよ。まだ取れたままじゃねえか。これじゃ意味ねえぞ」

クリリン「ち、違うんだ神龍。今の願いはそういう意味じゃなくて……元通りにしてほしいんだよ」

神龍「わかった。元に戻そう」

焼かれたベジータの足「……」コンガリ

神龍「ふたつめの願いは叶えた。最後の願いを聞こう」

悟空「いぃ!? ちょ、ちょっとタンマ!!!」
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:20:36.251 ID:iW0ANGhDa
クソワロタWWWWWW
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:20:45.457 ID:WTXzrkbZ0
シェンロンポンコツでワロタ
40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:22:18.008 ID:550Yk/oD0
クリリン「ま、まずいな。俺たちの頼み方が悪かったのか」

悟空「んー、どうすっか」

神龍「どうした? 願いが無いのであれば帰らせてもらうが」

クリリン「と、とにかく、慎重に頼もう」

悟空「神龍! えーっと……つまりさぁ、ベジータの足を元に戻して、身体にくっつけてほしいんだけんど」

神龍「それでは願いはふたつになるが……」

悟空「いっ? えーっと、そっか。たしかに、ふたつかぁ……」

クリリン「じゃ、じゃあ、ベジータの身体を元に戻してくれ! で、どうだ?」

神龍「元に戻す……具体的に、どの程度まで若返らせればいい?」

クリリン「ああ、そうじゃなくて……今日の朝くらいの状態に戻してくれればいいんだ」

神龍「了解した」

ベジータ「……う、うう」

悟空「お! ベジータの足が生えたぞぉ! ハッハー! やったな! クリリン!」

神龍「ではさらばだ」

オオォォォォォォン
49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:24:54.091 ID:550Yk/oD0
悟空「おいベジータ! 起きろって!」

ベジータ「ん? か、カカロット……? 貴様! どうしてオレの部屋に……! な、なんだ? 何故オレは外にいる!?」

悟空「いっ? ベジータぁ、おめぇ何言ってんだぁ?」

クリリン「ひょっとして、記憶が今日の朝まで戻ったのか?」

悟空「記憶が?」

クリリン「ああ。神龍がベジータの身体を朝の状態に戻したわけだし、一緒に記憶も……」

悟空「んー、よく分かんねえけど。ま、足が生えたんだし、良かったな! そんじゃ、修行を再開しようぜ! ベジータ!」

ベジータ「わ、わけがわからん……だいたい、オレは今、修行をする気にはなれん……」

悟空「えぇ~? なんでだよぉ」

ベジータ「カサブタが気になってな……。見ろ、この膝のカサブタ」

悟空「おっ! 神龍のやつ、カサブタまで元通りにしちまったんかぁ!」

ベジータ「神龍? おいカカロット、さっきから何を言ってやがる」

悟空「ん~、だったらよ。もう一回、クリリンの気円斬で試してみっか!」

クリリン「えっ!」

ベジータ「気円斬だと……? どういうことだ、詳しく聞かせろ」
51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:27:56.458 ID:550Yk/oD0
―――

ベジータ「こい! クリリン!」

クリリン「い、いくぞ。そーっと……」

ブゥゥゥゥゥゥン

チッ チチチチッ チリリッ

ベジータ「ククク……ハーッハッハ! いいぞ……! いい具合だ……! カサブタの野郎、削り取られていきやがる!」

悟空「おお、いい調子じゃねえかぁ」

ベジータ「考えたな、クリリン。気円斬を利用してカサブタを処理するとは」

クリリン「ま、まあな」
56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:29:33.710 ID:550Yk/oD0
ベジータ「……? おいカカロット。貴様の足元に転がっている、その汚い物はなんだ」

悟空「いっ? これか?」

ベジータ「コゲているな……チッ、目障りだ。どこかへ捨ててこい」

悟空「いいけどよ……これ、おめえの足だぞ」

ベジータ「ほう、オレの足か。まったく、そんな無様な姿に…………ナニィ!? オレの足だとぉ!?!!?!?!?」

ガタンッ

クリリン「あっ! おい動くなって!!!」

ザンッ

ブシャアアアアアアアアアアアア

ベジータ「ぐあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

ベジータ「あ、足がぁぁあっぁぁぁぁあああぁぁ!!!!!!!!!!!!!」

悟空「ベジータぁ!!!!!!!!!!!!!!1」

クリリン「あ、ああっ……あ、あ、ああ……あ、ああ、ああ……!!!」

ナレーション「この始末。再び神龍を呼べるのは1年後だが……果たして、どうするつもりなのか……!?」

END
58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:30:04.923 ID:M9dbLCSO0
バロスwwwwww
76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 01:42:17.793 ID:bdMKqFLs0
きたねぇ足だ‥
78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 01:47:41.949 ID:w3uBuPIS0
ポンコツしかいねえのかよw

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク