電「て、提督は、女性のどんなところがキュンとしますか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:45:11 ID:byh9qc6k

提督「はあ? いきなりだな、電」

提督「どうした? 好きな男の子でも出来たのか?」 ニヤニヤ

電「い、いいから、答えて欲しいなのです」

電「た、例えば、笑うと見える八重歯とか」

電「英語交じりの妙な日本語とか」

電「いつも明るい巨乳のおねーさんとか」

電「ちょっと乱暴な言葉遣いの女の子とか」

電「そういうのを答えて欲しいなのです!」

提督「……何かえらく具体的な例えだな」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:46:06 ID:byh9qc6k

提督「女性のキュンと来る所……」

提督「う~ん」

電(早く答えてぇ)

提督「そうだなぁ」

提督「メガネとかいいな」

電「メ、メガネ、なのですか?」

提督「特に霧島や香取」

提督「知的美人って感じで、キュンと来る」

     ミシッ

提督「……ん?」

提督「何か聞こえなかったか?」

電「ほ、他にありませんか!?」

提督「他? う~ん……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:46:46 ID:byh9qc6k

提督「高雄みたいな凜っとした感じがいいな」

提督「なんて言うか、静かな強さを秘めている感じでキュンと来る」

     ミシッ

提督「……また」

電「ほ、他には!?」

提督「え……まだ言わないと駄目か?」

電「き、聞かせて欲しいなのです!!」

提督「う~ん……」

提督「妙高とか羽黒とか」

提督「言葉遣いが丁寧で好感が持てるかな?」

     ミシッ ミシッ ミシシッ

電(は、はわわわっ)
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:47:59 ID:byh9qc6k

提督「さっきから何の音だ?」

電「て、提督!」

提督「ん?」

電「そ、そのっ」

電「い、今のは、あくまで軽い感じなのですけど!」

電「ほ、本気で……その」

電「添い遂げたい、みたいな気持ちになれる女の子って」

電「どんな感じなのです!?」

提督「え!?」///

提督「え、えらい踏み込んできたな……」///

電「べ、別に電でなくてもいいのです!」

電「提督の正直な気持ちを言って欲しいなのです!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:48:54 ID:byh9qc6k

提督「しょ、正直って……」///

提督「う、う~ん……」///

電(こ、これで電に災いが降り注ぐのは防げたのです!)

電(あとは提督にお任せするのです!)

提督「まあ……」

提督「今のところは……」

     ゴクッ

提督「……ずいぶん大量のツバを飲んだな?」

電「い、いいから、早く答えて欲しいなのです!」

提督「そ、そうか……」

提督「じゃ、じゃあ、言うけど……」///
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:49:46 ID:byh9qc6k

提督「今のところは……」

提督「金剛かな」

     !?

電「へ?」

電「こ、金剛さん、なのです?」

提督「うん」

電「でもさっき、言葉遣いとかメガネとか……」

提督「まあなんていうか、ちょっといいなって思う程度なんだよ、それ」

電「はあ……」

提督「でも金剛はさ」

提督「表現は大げさで品もないし、ガサツだけど」

     ミシシッ

電(はわわわっ)
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:51:57 ID:byh9qc6k

提督「俺のことを好きって言葉にしてるのは、あいつだけなんだ」

     !!

電(……意外とまともな答えなのです)

提督「何て言うか……やっぱり自分を好きだって言われると嬉しいし」

提督「長く付き合っていくのなら、そういう娘かなって――」

     ババン!!

金剛「テイトクゥゥゥゥゥッ!」///

     ダダダダダッ! 抱キッ!

提督「うわっぷ!?」

金剛「金剛はっ!金剛はっ!」///

金剛「ずっとテイトク一筋デース!!」///
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:52:39 ID:byh9qc6k

提督「こ、金剛!?」

提督「い、今の話聞いて――」

愛宕「提督! 愛宕も提督が大好きです!」///

提督「!?」

摩耶「お、俺だって提督の事が……す、すすす、好きだぜ!」///

足柄「戦場と勝利以上に提督が好きなの!」///

金剛「シィット!」

金剛「もう結果は出たのデース!」

金剛「テイトクは金剛とソイトゲルのデース!」

提督「いや、ちょ、お前ら」

摩耶「何言ってやがる!」

足柄「さっき提督は『今のところ』って言ってたのよ!」

愛宕「つまり、まだ確定していませーん♪」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:53:28 ID:byh9qc6k

金剛「むきー!」

金剛「テイトクゥ! 金剛に確定するのデース!」

摩耶「俺にだってチャンスはあるよな!?」

足柄「勝利と提督は、足柄のものよ!」

愛宕「私ですよね? 提督♪」

提督「い、電! 助け」

電「……おやすみなさい、なのです」

提督「電―――――――――――!!!」

     パタン

電「ふう……」

電「…………」

電「今日も鎮守府は平和なのです♪」


     終わり
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/30(水) 00:54:51 ID:byh9qc6k
思いつきで書いた。鎮守府の日常ってこんな感じかなー?

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

よく電ちゃんのSSあるけど、提督呼びじゃないことぐらいは流石にしっかりしとこうぜ


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク