エレン「溜まってる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 11:54:49 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「なにが?」

エレン「精液」

ミカサ「精液…」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 11:55:58 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「精液がどこに溜まってるの?」

エレン「ちんこ」

ミカサ「おちんちん…」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 11:57:25 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「おちんちんに精液が溜まるとどうなるの?」

エレン「ムラムラする」

ミカサ「ムラムラ?」

エレン「ミカサに触りたくなるし、ミカサに触ってほしくなる」

ミカサ「? はい」ギュッ

エレン「いや握手とかじゃなくて」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 11:59:11 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「わからない……エレンは私にどうしてほしいの?」

エレン「単刀直入に言うと、ミカサに抜いてもらいたい」

ミカサ「わかった。おちんちんを引っこ抜けばいいの」

エレン「待て待て」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 12:01:11 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「まさかおちんちんが着脱可能だとは……まだまだ私の知らないことばかり」ウデマクリ

エレン「待てって!! 殺す気か!!」

ミカサ「? エレンが抜いてほしいと言った」

エレン「誰もちんこ引っこ抜けなんて言ってねえよ!!」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 12:03:39 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「では何を抜けばいいの?」

エレン「精液をだよ」

ミカサ「おちんちんの中の?」

エレン「そう」

ミカサ「おちんちんの中にあるものを取り出すのは難しいと思う……ので、やはり一度取り外して水洗いを」

エレン「いやとりあえずちんこは取り外し可能っていう先入観は捨てろ」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 12:06:12 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「じゃあどうやって抜くの?」

エレン「ミカサがちんこに触ってくれれば出てくる」

ミカサ「私が? おちんちんに? 触るの?」

エレン「ああ」

ミカサ「でもエレン、おちんちんは大事なところだから簡単に触ったりしたらいけないって…」

エレン「さっきまでちんこ引っこ抜こうとしてた奴が言う台詞かよ」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 12:08:42 ID:QvKKgMJ6
エレン「触り方があるんだよ」

ミカサ「触り方…」

エレン「包み込むように優しく、それでいて激しく情熱的に……」

ミカサ「エレン、お医者さんに看てもらった方が……」

エレン「別におかしくなってなんかねえよ」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 12:10:41 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「でもさっきからエレンの言ってることが全く理解できない」

エレン「見せた方が早いか」ポロン

ミカサ「!!!??」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:14:10 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「え、エレン、これはなに!? おちんちんはどこにいったの!?」

エレン「は? これがちんこだろ」

ミカサ「違う…!! エレンのおちんちんはもっと綺麗な肌色で小さくて股間でぷるぷる揺れていて……」

エレン「何年前の話だよ……というかどんだけ鮮明に覚えてるんだよ」

ミカサ「こんなに変な見た目じゃなかった!!」

エレン「悪かったな変で。勃起するとこうなるんだよ」

ミカサ「教科書で見た勃起と違う!! やはりお医者さんに……」

エレン「あんな図解と一緒にすんなよ……」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:15:18 ID:Kx7PP.jg
エレン「これを手で触ったり撫でたり擦ったりするんだよ」

ミカサ「できない」

エレン「え」

ミカサ「できない」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:16:48 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「こんな恐ろしいもの触れない……」

エレン(おかしいな……ミカサはもっと積極的にちんこに触りにくるものだと思ってたんだが……)

ミカサ「私はずっと……エレンにはあの可愛いおちんちんがついているものだとばかり思っていた……なのに……エレンは変わってしまった……」サメザメ

エレン「お、おい泣くなよ……」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:21:08 ID:Kx7PP.jg
エレン「ほ、ほらよく見ろよ! これもこれでちょっとは可愛いんだぞ!」

ミカサ「……」ウルウル

エレン「こんなになってるのもミカサのおかげっつうか……」

ミカサ「私のせいでエレンのおちんちんはこんなことに……」シクシク

エレン「そういうことじゃねえよ! なんというかこう、ミカサに興奮してこうなってんだよ!!」

ミカサ「私に……?」

エレン「ああそうだよ! ミカサがか…可愛いから!! こんなに大きくなっちまったんだよ!!」

ミカサ「!!」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:23:56 ID:Kx7PP.jg
エレン「……」ハアハア

ミカサ「え、エレン、いまなんて……」

エレン「み……ミカサがか、かわいい……から……ちんこが大きくなっちまったってことだよ」テレ

ミカサ「エレン……」キュン
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:26:01 ID:Kx7PP.jg
エレン「だからさ、ミカサにちんこ触ってほしいんだよ」

ミカサ「う…」

エレン「ほら、もうミカサに触ってほしくてほしくて、もうこんなになってる」

ミカサ「ぴくぴくしてる……」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:27:13 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「…………」オソルオソル

チョンッ

エレン「!!」ビクッ

ミカサ「!!」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:29:42 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「すごい、ちょっとつついただけなのに……」

ミカサ「……」サワッ

エレン「あっ」ビクン

ミカサ「ご、ごめんなさい、痛かった?」

エレン「いや……気持ちよくて……」

ミカサ「気持ちいいの? これが?」サワサワ

エレン「あっあっ」ビクビク

ミカサ(面白い……)サワサワ
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:31:23 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「私の手の中でこんなに震えて……かわいい……」

エレン「だろ?」ドヤ

ミカサ「エレンもこれくらい素直だといいのに」

エレン「うるせえ」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:32:50 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「こんなにがんばって大きくなって……えらい」ナデナデ

エレン「お、おい……」

ミカサ「よしよし。あなたは素直でいい子」ナデナデ

エレン「なんでちんこに話しかけてんだよ」

ミカサ「だってエレンより素直に反応するので……」

エレン「本体はオレだろ」ムッ

ミカサ「エレンがちょっと怒ってる……どうしたんだろうねー」ナデナデ

エレン「やめろって!」

ミカサ「でもこの子は喜んでる」ヌルヌル

エレン「この子とか言うな!」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:35:15 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「すごい張りつめていて辛そう……今楽にしてあげるからね」ヌルヌル

エレン「……っ」イライラムラムラ

ミカサ「最初よりも大きく硬くなってる……がんばれ、がんばれ」

エレン「……ぅ……っ」イライラハアハア

ミカサ「……ねえエレン、精液はいつになったら」

エレン「うあっ」ビクンビクン

ミカサ「うわあ」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:37:03 ID:Kx7PP.jg
ミカサ「でた? でた? これ?」ネバネバ

エレン「はあっ……はあ……」

ミカサ「あ、おちんちんがおとなしく……」

エレン「はあ……っ……」

ミカサ「よく頑張ったね、えらいえらい」

エレン「……頑張ったのはオレだろうが。はいもう終わり終わり」サッ

ミカサ「あっ……」ショボン
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:39:14 ID:Kx7PP.jg
数日後


ミカサ「ねえエレン、次はいつおちんちんに会わせてくれる?」

エレン「ちんこに会わせるもなにもねえだろ」

ミカサ「そんなことない。あのふれあいは確かに私とおちんちんの絆を深めた」

エレン「オレとの絆は深まってないのかよ!?」

ミカサ「? エレンはエレンでしょ? 今はエレンのおちんちんの話をしている」

エレン「……」

ミカサ「また会えるといいな……」ポッ

エレン「…………」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:40:25 ID:Kx7PP.jg
エレン「……ミカサがオレのちんこに寝取られた……」

アルミン「どういうこと!!!???」



おわり
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 21:48:23 ID:qP/cfzZg
ミカサの「がんばれ、がんばれ」が読めるとは
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 01:17:47 ID:pbGbh8Oo
おつ
性に疎いミカサ良いぞ
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/02(水) 00:28:38 ID:TBmgEn5o
ミカサかわいいss読むとほっとするな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク