比叡「司令が最近私を避けてます」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 18:36:00.57 ID:pIBWRCrd0
比叡「という事なんですお姉さま」

金剛「…………………………」

比叡「お姉さま?」

金剛「え、えーっと……比叡?」

比叡「はい!なんでしょうかお姉さま!」

金剛「ワタシから見て特にさけられているようには見えないデース」

比叡「そんなことはありません!」バァン

金剛「ひっ!?」

比叡「そう、あれはついさっきの事でした」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482312960
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 18:40:26.72 ID:pIBWRCrd0
~執務室にて~

比叡「司令ー、司令ー!」

提督「ん?どうした比叡」

提督「…………」

比叡「大変なんです!あ、つい今さっき出撃から帰投したのですが……」ボロッ

比叡「なんと私!MVPだったんですよ!えっへん!」

比叡「えっへへへ、というわけでMVPのご褒美をくだs」

提督「と、とりあえず着替えてこい……話はそれからだ」

比叡「ひぇぇぇぇ……」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 18:46:38.85 ID:pIBWRCrd0
比叡「という訳なんですお姉さま」

金剛「……いや、そりゃあ年頃の乙女が中破した姿のまま執務室に来たらそうするネ……」

比叡「いえ、でもですよお姉さま」

比叡「司令とはほら、長年一緒にやってきて……私、秘書艦も務めてるじゃないですか」

金剛「羨ましいネ……」

比叡「お姉さまの為ならいつでもこの立場を譲る覚悟ですが!!」

金剛「いや、遠慮しとくデース……」

金剛(一回頼んでみたら断られたとは言えないデース)

比叡「そうですか?気が変わったらいつでもお申し付けくださいね!」キラキラ

比叡「で、ほかにも司令にさけられてるって感じてるところがあって」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 18:54:14.98 ID:pIBWRCrd0
~食堂にて~

比叡「司令ー!!司令ー!!」ブンブン

提督(相変わらず元気だなぁあいつは)

比叡「司令もお昼ですか?折角なので一緒にどうでしょう」

提督「ん、金剛達はどうした?」

比叡「あ、お姉さまたちなら午後のお茶会の準備をしていてですね」

提督「ふむふむ、お前手伝……なんでもない」

比叡「?」

提督「こほん!ま、まあとにかく一人で食うのも寂しいからな、ご一緒させていただいても?」

比叡「もっちろんです!さあさあ私の隣へどうぞ!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 18:57:14.13 ID:pIBWRCrd0
比叡「司令は……ふむ、サバの味噌煮定食ですか」

提督「ああ、最近はほら、食の欧米化が進んできているだろう?」

提督「俺はそんな流れに全力で抵抗しつつ、日本の古来からあるこのサバの味噌煮を」

比叡「ただ司令が好きなだけですよね」

提督「うん、良く分ったな」

比叡「これでも秘書艦ですからね」

提督「そうだったな」

提督「でも昨日書類にお茶こぼしたよな」

比叡「ひええ……」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:01:32.12 ID:pIBWRCrd0
提督「で、比叡は……」

提督「ってお前もサバ味噌定食じゃないか」

比叡「えへへ……」

比叡「メニュー見ながら何食べようかなー……って考えてたら、そういえば司令サバ味噌好きだったなぁ、と」

比叡「ふと思いましてですね」

提督「その流れで、ってわけか」

比叡「いやはやお恥ずかしいです」

比叡「司令に秘書艦にしていただく前はお肉ばっかり食べてたんですけどねぇ……」

提督「ああ、良く知ってる、来たばっかりの頃のお前は確かに肉ばかり」

比叡「あれ、そんな早い時期から私の事見ててくれたんですか?」

提督「………………金剛から聞いたんだ」

比叡(なんかお耳が赤い)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:05:54.65 ID:pIBWRCrd0
比叡「ま、とりあえずいただきまーす、っと」

提督「いただきます」

比叡「ん……んぐ、もぐもぐ……」

提督「味噌煮はな、まず箸で身を取って一口」パクッ

提督「でな、口の中の風味が消える前に白米を頬張ってな」モグモグ

提督「白米と味噌煮の絶妙な甘さと、舌の上でとろけて絡み合うあの瞬間が」

比叡「ほっぺにごはんつぶついてますよ」ヒョイパク

提督「…………………………」

提督「ひええええええ///!」ダッ

比叡「あっ、ちょっとどちらへ……」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:09:21.20 ID:pIBWRCrd0
比叡「というわけなんですお姉さま」

金剛「……なんでテートクは急に逃げ出したんデース?」

比叡「さあ、お腹でも痛かったんじゃないでしょうか」

金剛「そんな急にお腹痛くなるものデース……?」

比叡「あの慌てぶりは恐らく……急な腹痛が……」

榛名「お姉さま方?お二人で何を」

比叡「あ、榛名」

金剛「お帰りデース、今お茶入れマスネ、座ってくだサーイ!」

榛名「あ、ありがとうございます」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:12:28.08 ID:pIBWRCrd0
比叡「霧島はどうしたの?」

榛名「あ、霧島なら明石さんに呼ばれて工廠にいるみたいです」

金剛「Hey!ダージリンとオレンジペコとアッサムどっちがいいデース!?」

榛名「えっと、ダージリンでお願いします」

金剛「了解デース!サンドウィッチはパンよりも中のキュウリの方が美味しいデース!」

比叡「挟まれた方がいい味出すんですね」

榛名(お姉さま方は何を言っているのでしょう
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:16:23.46 ID:pIBWRCrd0
金剛「さて、さっきの話の続きをはじめまショー……」

比叡「あ、このスコーンおいしい…あとこのケーキも、あ、サンドウィッチ!」

榛名「ふふっ、比叡お姉さま、慌てて食べるとのどに詰まらせちゃいますよ?」

金剛「ひーえーい……自分から始めた話なのに食べてる場合じゃないデース……」

比叡「はっ!そうでした!榛名にも私の悩みを聞いてもらわないと!」

榛名「お姉さま?ほっぺにきゅうりが……」ヒョイパクッ

比叡「ん、にゃ、ありがと榛名」

榛名「いえいえ、役得です」

金剛(若干おいてけぼり食らってる感があるネ)
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:18:56.91 ID:pIBWRCrd0
比叡「えっと、では」

比叡「この間もですね……二人でお買い物行ったときに」

榛名「!」ガタッ

金剛「!」ガタッ

比叡「ひえ……ど、どうしましたお二人とも」

榛名「いえ……」

金剛「と、とりあえず続けるネ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:25:33.77 ID:pIBWRCrd0
~デパートでお買い物~

提督「えっと、暁の新しい帽子に如月のMVP祝いの髪飾りに」

提督「あと……朝霜の新しい法被と、明石からはモンキーレンチ……」

提督「モンキーレンチってなんだ?」

比叡「怪盗の三世じゃないですか?」

提督「それはパンチな」

比叡「さすが司令、ナイス突っ込み」

比叡「あれですよ、なんかこう銀色の栓抜きみたいなやつ」

提督「……結構でかいデパートだしどこかにあるだろ」

比叡「はい!ささっと探して買って帰りましょう!」

提督「あ、お、俺は遅い方がいいんだが……」

比叡「何か言いましたか?」

提督「なんでもない」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:30:20.56 ID:pIBWRCrd0
比叡「わぁ……このワンピース可愛いですねぇ……」

提督「お前もこういう服着るのか?」

比叡「まあそりゃあ、いつも艦娘の制服でいるわけじゃないですし、私服も何着か持ってますよ?」

提督「そうだよなぁ……女の子だもんなぁ」

提督「……で、なんで今日は制服なの?」

比叡「そりゃあお仕事の一環だと思ってるからですよ」

提督「……そうか」

比叡「これいいなぁ……今度お姉さまと買いにこようかなぁ、あ、こっちのもなかなか」

提督「店員さん、あのワンピースなんですけど……」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:35:01.35 ID:pIBWRCrd0
比叡「ふぁー!!!つっかれたぁ!」

比叡「日が陰ってきたー!」

提督「こんなとこで時報言わなくていいぞ」

比叡「てへっ」

比叡「じゃあほら、買うものかったし帰りましょう?結構疲れちゃいました」

提督「そうだな、今日は付き合ってくれてありがとな、比叡」

比叡「いえいえ、これも秘書艦の務め」

提督「……………………」

提督「こほん……こ、これ、今日のお礼だ」スッ

比叡「ん?私にもですか?どれどれ……」

比叡「あ、これさっきのワンピース……」

提督「お、お前もほら、いつも頑張ってくれてるだろ?だから」

比叡「ありがとうございます!司令っ!」ニコーッ

提督「」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:37:12.57 ID:pIBWRCrd0
比叡「それでですね、帰り道で一言も喋ってくれなくなっちゃって」

比叡「私何か悪い事したかなぁ……」

金剛「ummmmm……」

榛名「……」

金剛「またお腹痛かったんじゃないデース?」

比叡「はっ!まさかそれかも……!!!」

榛名「た、多分違……」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:44:04.86 ID:pIBWRCrd0
比叡「じ、じゃあ今までの司令の冷たい態度は腹痛から来るもの!?」

金剛「その可能性が高いネ……」

榛名「あのう……絶対に違うと思うんです……」

比叡「はっ!そういえばこの前も!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:47:08.06 ID:pIBWRCrd0
~執務室にて~

比叡「はいこれ、追加の書類です」ドサッ

提督「…………うなぁ~!」

比叡「猫みたいな声あげないの、これ終わらないとお昼にも行けませんよ?」

提督「だってよぅ……あと数時間でこの書類を捌けって言われてもさぁ……」

比叡「とりあえずお茶いれて来ますから、少しでも進めておくこと!いいですね!」

比叡「お茶いれて来たら私もお手伝いしますから」

提督「んぉー……頼むぅ……」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:50:40.21 ID:pIBWRCrd0
比叡「はい、お茶です、さぼらないように渋めに入れました」

提督「うぐっ……目は覚めるけど苦手なんだよなぁ、渋いのは」

比叡「泣き言いわなーい、で、私はどこから担当すれば?」

提督「じゃあそこに積んである紙の山の上の方から」

比叡「はいはい、あ、椅子もちゃんと持ってきたので」コトッ

提督「………………隣でやるの?」

比叡「何か不都合が?幸いこの机おっきいから二人でも」

比叡「それに隣に司令がいた方が分からない時聞くの楽でしょう?」

提督「……う、むぅ……」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:54:07.27 ID:pIBWRCrd0
比叡「んん……ん……んー……ふぅ」

比叡「んー……あ、えっと、ふふっ」カリカリ

提督「あ、あー……比叡?」

比叡「なんです?」

提督「……なんでもないんだ」

比叡「はい?」

提督「て、手が止まってるぞ、ほら比叡」

比叡「司令の手なんかさっきから動いてないですけど」

提督「こ、これはあれだ、難しい書類だから読み込まないといけないんだ」バッ

提督「ほ、ほー、ふむ、あーなるほどなぁー!!」

比叡「どれどれ」トナリニヒョコッ

提督「……………………」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:55:31.76 ID:pIBWRCrd0
提督「…………」

比叡「あれ、司令?ぼーっとしてどうしました?」

比叡「熱でもあるんじゃ……」オデコピトッ

提督「………………」

提督「ひえええええええ!!!」ダッ

比叡「ひええ……」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 19:57:37.27 ID:pIBWRCrd0
比叡「あの時も司令はおそらく急な腹痛に苛まれ……」

金剛「テートクはお腹弱かったんデスネ」

比叡「むぅ……秘書なのに知らなかったとは、この比叡一生の不覚……!」

金剛「今度お腹にいい食べ物差し入れるネ」

比叡「そうしましょうお姉さま」

榛名「えっと……いやだからあの……」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:04:19.77 ID:pIBWRCrd0
榛名「提督はもしかして、比叡お姉さまといると緊張してしまうのでは?」

比叡「ひえええ!?秘書艦なのに!?」

金剛「ひえええ!?なんで緊張するデース!?」

榛名「それはおそらく……提督は比叡お姉さまに……」

榛名「こ」

霧島「ただいま戻りましたお姉さま方ー」

比叡「あ、おかえりきりちゃん」

金剛「お帰りデースキリコ」

霧島「しばくぞ」

「「ひえええええ」」

榛名「……」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:10:43.93 ID:pIBWRCrd0
霧島「…………ふむふむ」

霧島「大体の事情は分かりました、その上での私の計算によると……」

霧島「司令は比叡お姉さまにライバル心を抱いていると見ました!」

比叡「ひえええええええ!!!!」

金剛「でぇぇぇぇぇぇす!!!!」

榛名「えぇ……」

霧島「ふふ、私の計算に狂いはありません、三途の川の川幅も計算可能です」

比叡「さすがきりちゃん!さすきり!」

霧島「きりちゃんではありません」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:20:13.79 ID:pIBWRCrd0
比叡「ライバル心か……なるほど」

比叡「つまり私が近づくと黙ったりするのは……」

比叡「ライバルにスキを見せたくないため……」

榛名(好きを見せたくないためなのでは)

金剛「ライバル……秘書艦でありながらライバルとは」

金剛「比叡もかなり壮絶な人生を歩んでいるネ……」

霧島「比叡お姉さまもスキを見せないように、いつ喉元に食いつかれるか分かったものじゃありませんよ」

榛名「あの、榛名は……」

榛名「提督が比叡お姉さまに恋している説を提唱します!!」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:24:19.12 ID:pIBWRCrd0
比叡「ひえ……ないない」

金剛「ナイナイ……」

霧島「私の計算が間違っていると?」

榛名「あの、お姉さま方は難しく考え過ぎなんですよ」

榛名「提督がお姉さまに近寄られて固まるのは……お姉さまが好きだからで」

榛名「すぐ逃げるのは恥ずかしいから……」

榛名「そうかんがえると辻褄が合いませんか?何より比叡お姉さまがお話になられている提督はその」

榛名「明らかに比叡お姉さまに好意を寄せているような……」

比叡「ええ……」

比叡(ええ……そ、そんなことあるわけ……)
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:30:14.56 ID:pIBWRCrd0
提督「その通りだぞ榛名っ!」バァン

比叡「ひえええええ!?」

金剛「テートクぅ!!!」トツゲキ

霧島「ノックもせずにレディの部屋に入るのは失礼だと思うのですが」

提督「あ、ごめんなさいきりちゃん」

霧島「ぶち殺すぞ」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:33:07.82 ID:pIBWRCrd0
提督「……というわけだ比叡」

提督「最初に好きと伝えられなかったのは情けないが……」

提督「……大体は榛名の言う通り、お前が好きすぎていつも調子を狂わされて」

比叡「ひええ……///」

比叡(や、やだなんか照れる……)

金剛「」

霧島「金剛お姉さまが白目を剥いて気絶してる……」

榛名「」

霧島「自分で言った榛名も呆然としてる……!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:39:19.70 ID:pIBWRCrd0
提督「……お前を秘書艦にしたのはお前が好きになったから」

提督「いつも明るく元気なお前に目を奪われて、いつしかお前を目で追うようになって」

提督「肉ばっか食って大丈夫なのか、とか、秘書になってからは毎日毎日ドキドキさせられっぱなしで」

提督「俺を信頼してくれてるが故の距離の近さなんだ……とか、でもお前が近づいて来たときにふといい匂いがするとか」

提督「服を買った後のあの笑顔で更に惚れただとか……ああもう!とにかくお前の全部が好きになったんだ!!」

比叡「……あ、いやあの……こ、困ります……///」

霧島(顔真っ赤じゃないですか)

提督「……ずーっと秘書やってもらってさ、お前の錬度もこれ以上上がらないくらいまでになった」

提督「……長くこの時を待ったんだ、比叡」

提督「俺と……結婚してくれ……!!」スッ

霧島「おおっとー!ここで司令が指輪を」

提督「ちょっとだまっててきりちゃん」

霧島「あ、はい」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:52:31.68 ID:pIBWRCrd0
比叡「あぅ……その……き、急にそういわれてもですね」

比叡「嬉し……いの、かな、私はほっぺたあつくて何も考えられなくて」

比叡「わ、私は金剛型の中で一番女の子らしくないですし……で、デリカシーも」

比叡「それに、司令のその気持ちは……もしかしたら一過性の物なのかもしれないし」

提督「そんなことは……!」

比叡「……それに、私の一番好きな方はお姉さまですから、司令のお気持ちには答えられません」

提督「……そ、うか……」

比叡「…………それでも」

提督「……?」

比叡「……なんでもありません」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:57:01.28 ID:pIBWRCrd0
比叡(私がもし、司令の事を本気で好きになるまで待ってくれるのなら)

提督「……わ、悪かったな、急にこんな話をもってきて」

比叡(もしその時に司令の周りに女の子がいなくて)

提督「……だ、だけど、秘書を下ろすつもりはないからな!会話は無くてもいいから、仕事はお前がいないと」

比叡(お姉さまより司令の事が好きになっていたのなら)

比叡「なんてね、ふふ、了解ですよ、司令、明日からもよろしくお願いしますね」

提督「……お、おう」

比叡(多分明日から、司令の事意識しちゃうんだろうな)

比叡「ふふ、気合!入れて!行きます!」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 20:57:37.15 ID:pIBWRCrd0
読んでくださってありがとうございました
依頼出してきます
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 21:47:18.06 ID:3i0BgfaLo
よかった
おつです
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 23:04:50.65 ID:6+0dB6TSo
比叡ちゃん可愛い
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 10:09:02.83 ID:3O43JXpA0
金剛姉妹で一番早く最高練度になったのは比叡
理由はまさにこれ
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/22(木) 11:03:49.18 ID:Dq/F/vEbo
きりちゃん呼び、可愛いww

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

オレンジペコは茶葉の等級な
銘柄じゃないから
やっぱり金剛はエセ英国人じゃないか可愛いから許すけど


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク