P「まゆ!包丁を持って何やってんだ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 23:42:01.26 ID:EBnVqoSA0
まゆ「プロデューサーさんがいけないんですよォ?皆にばっかかまけて、まゆをちっとも
見てくれないんだから……。」

P「……その包丁で何をする気だ?」

まゆ「決まってるじゃないですかぁ。まゆとプロデューサーさんを永遠につなげるための……」

P「……ああ、もういい!こっちこい!!」

まゆ「え?ちょ、あ、あの、プロデューサーさん!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466433720
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 23:45:29.60 ID:EBnVqoSA0
・・・



まゆ「プロデューサーさんったらそんな強引に……言ってくれたらまゆはなんでも……。」

P「お前正気か?」

まゆ「まゆはいつだって正気ですよぉ?それもプロデューサーさんを思うことは本物だから……。」

P「正気の沙汰とは思えんね。そんな包丁一本でやる気か?」

まゆ「プロデューサーさんと一緒になれるなら、まゆはなんだってやりますよぉ?」

P「……はぁ……!!」

まゆ(え?ため息つかれた……?)

P「ちょっと待ってろ。」

まゆ「?」

P「そんな包丁なんて……これを使いな!!」

まゆ「こ、これは……!?」


P「スパス12だ!!」

まゆ「」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 23:46:29.06 ID:EBnVqoSA0
まゆ「えっと……これは……ショットガン?」

P「そうだ。」

まゆ「……これを、どうしろと?」

P「撃つんだよ!他になにがある?」

まゆ「え!?だだだ、だって、ショットガンって……!!」

P「たしかにまあ、包丁持ちだすのはわかる。素手で戦うよりはましだからな。」

まゆ「素手で戦う……?プロデューサー、一体なにを……?」

P「だがな!そんなんでは勝つどころか、太刀打ちできるわけないだろ!!常識的に考えて!!」

まゆ「勝つ!?太刀打ち!?ええ……?(何を常識的に考えて!?)」

P「悪いけど、今はこれしか用意できない。」

まゆ「い、いや、十分すぎるような気が……私はプロデューサーさんと一緒になるので……」

P「時間がない。ちょっと急いでスタンバってくれ。」

まゆ「な、なにをスタンバるんですか……?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 23:47:52.58 ID:ssaAPYOs0
展開が斜め上を突き抜けてる…
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 23:51:51.54 ID:EBnVqoSA0
凛「プロデューサー、どうしたの……あれ?まゆじゃん。」

まゆ「凛ちゃん?それに……ニュージェネのみんな?」

未央「ひょっとして追加要員?」

P「……あんまりいたずらに人を巻き込みたくないんだがな。」

凛「ふ~ん……。」

卯月「まゆちゃんも参加するんですか?」

P「何を考えてか、包丁一本持ってきやがった。それしか持ってない。」

まゆ「何を考えてって……プロデューサーの事を思ってるって、さっき言ったんだけど……。」

凛「包丁一本!?無謀だよ!!!」

まゆ「凛ちゃんまで!?」

未央「まゆちゃん、冗談は顔だけにしてよ!!」

まゆ「私そんなキャラになったつもりは……!!!」

卯月「死んじゃいますよ……まゆちゃんが!!」

まゆ「私が死活問題!?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 00:07:31.46 ID:1aVkUmor0
P「凛、もうそろそろ来るはずだ。そっちの準備は?」

凛「HK21。いつでもいけるよ。」

P「軽機関銃だな。残弾に気を配れ。未央は?」

未央「コルト・コマンドー!!グレラン付き!!」

P「よし、取りまわしやすさを活かすんだ。……卯月。」

卯月「マスタングとサリー、どっちも闘えます!!」

P「自爆に気をつけろ。……皆いけるようだな。よし、戦術は今言った作戦通り、"籠り"でいく。」

未央「事務所狭いもんねぇ。」

凛「変に動き回るより、疲れないんだからいいんじゃない?」

まゆ「……一体何が始まるんですかぁ!?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 00:15:32.04 ID:1aVkUmor0
P「……来たぞ!!総員戦闘配置!!!」

凛「!!!!」

未央「っしゃ!!」

卯月「行きます!!」

P「……まゆは俺の援護をしろ。スパスでもふっ飛ばすぐらいいけるはずだ。」

まゆ「え……え?」

凛「来た!!プロデューサー!!」


バリン!!!バリバリバリン!!!!



ゾンビ「ANGYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!」



まゆ「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!?」

P「撃てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」ズダダダダダダダダ!!!

凛「うおおおおおおおおおおおおおお!!!」ドガガガガガガガガガ!!!

未央「おりゃおりゃああああああああ!!!!!」ダダダダダダダダ!!!

卯月「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」ズドンズドンズドンズドン!!!

まゆ「もう一回、ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 00:44:09.37 ID:1aVkUmor0
P「まゆ、なにやってんだ!!早く撃て!!こいつらを殺しにここに来たんだろ!!!」

まゆ「いや、だから私はプロデューサーさんと一緒になるために……!!」

P「ええい、下がってろ!!前に出るとやられるぞ!!」

凛「アンデッドども、ここはあんたらの来る場所じゃない!!!」ドガガガガガガガガガ!!!

未央「お前はもう死んでいる!!!」ダダダダダダダダ!!!

まゆ「……なにこの光景?みんながみんな銃乱射してる……。ここ、アイドル事務所ですよね?」

卯月「島村卯月、がんばりまぁぁぁぁぁす!!!!」ズドンズドンズドンズドン!!!

まゆ「卯月ちゃんに至っては、ピストル弾のはずなのに、グレネードみたいに爆発してる……。」

凛「……くそっ!!ゾンビたちが列を乱し始めた!!!横に広がっていく!!」

P「凛、俺にやらせろ。うらああああああああ!!!!」


BANG!! BANG!!BANG!!BABABABABABABABANG!!


P「デザートイーグル二丁射ちだ!!!!!」

まゆ「あ、このプロデューサーさんはかっこいい。」

P「横に広がってるときは乱れ射ちに限る。」

凛「さすがだね。プロデューサー。」

P「あっちから来るゾンビたちの方は列が整ってる。そっちを任せるぞ。」

凛「了解、あんな雑魚で死なないでよ。」

P「へっ!生意気言うんじゃねぇ。」

ゾンビ「NOGYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!」

P「デザートイーグルのお次は、こいつでどうだ!?」


ドドドドドドドドドドドドドド!!!!


P「RPKをくらえぇぇぇぇぇぇ!!!!」

ゾンビ「くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 01:12:34.32 ID:1aVkUmor0
まゆ「……そうだ、このトンデモ風景に圧倒されて一瞬意識ぶっ飛んでたけど……。」

つ スパス12

まゆ「よくよく考えれば、武器がショットガンになっただけで、やることは何も変わらない……!」


スチャッ!


まゆ「……プロデューサーさん。」

P「なんだ?やっと戦う気になったか?」銃乱射中

まゆ「プロデューサーさん、私はプロデューサーさんさえ手に入ればそれでいいんです……!!」

ゾンビ「GAWUUUUUU!!!!」

まゆ「でも、プロデューサーさんは私と一緒にいてくれない……。それどころか他のみんなのところに
行ってばかり……。」

ゾンビ「GAWUUUUUU!!!!」

まゆ「どうして……どうしてなの!?こんなにあなたの事を思っているのに!!」

ゾンビ「GAWUUUUUU……?」

まゆ「だから……!!どうしてもプロデューサーさんが一緒になれないなら……」

ゾンビ「……。」

まゆ「あなたを殺してでも、その隣にいて見せます!!そうです……あなたを殺せば、一緒に、ずっと一緒に……!!」

ゾンビ「……あの、俺の話聞いてる?」

まゆ「あ~もう!うるさい!!!」


ドォォォォォン!!!!!


ゾンビ「」

まゆ「はぁ……はぁ……勢いで撃っちゃった……。」

P「なんだよまゆ!?もっとはっきり言いやがれ!!ただでさえ耳遠いのに、銃声で聞こえないんだ!!」

まゆ「……いえ、なんでもないです。(泣)」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 12:21:54.92 ID:1aVkUmor0
翌日。



P「スタドリ1本。」

ちひろ「へい毎度。」

P「やれやれ、こうも体動かすと、スタドリが必需品になる。」

ちひろ「お疲れみたいですね。プロデューサーさん。」

P「お疲れも何も、事務所がこうだからこんなことになってるんでしょうに。」

ちひろ「事務所がなにか?」

P「ここ、夜になるとなぜかゾンビが大量発生するんですよ。」

ちひろ「……プロデューサーさん。働き過ぎじゃありません?」

P「ほんとなんですって。おかげで大量のゾンビ相手に銃をぶっ放さなきゃいけないんですから。」

ちひろ「いや、もう末期症状やないですか。」

P「移転しましょうよこの事務所。夜になってこうもバンバンゾンビが出てこられたらたまったもんじゃない。」

ちひろ「だったら、そんなお化けが出てくるような時間まで残業しなきゃいんですよ。」

P「誰も好きであんな時間まで残業なんてしてませんよ。ここ最近の仕事量がアホみたいに多いんだから。
あ~不景気はヤダヤダ。」

ちひろ「プロデューサーさんったら、皆のために働くのはいいですけど、無理しすぎですよ。」

P「別に俺はそんな……。」

ちひろ「無理しすぎるから、そんなゾンビとか空想話を思いついて言い訳にしなくちゃならなくなるんですよ?」

ニュージェネ「「「おはようございまーす。」」」

ちひろ「あ、皆来ましたよ?」



未央「いや~プロデューサー。昨日は激しかったね。」



ちひろ「」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 12:23:30.44 ID:1aVkUmor0
P「そうかな?まだあれでもマシな方だと思うぞ?」

未央「やせ我慢しちゃって~。体によくありませんぞ?」

P「やせ我慢って……それはそうと、未央はなかなかやり方がうまくなってきたな。」

凛「プロデューサー。私にあそこまでさせといてほったらかし?」

P「お前乱しまくってたじゃねぇか。昨日は調子悪かったんじゃね?」

凛「うん……”あそこで穴に突っ込んで”くれなかったら、ダメだったかも……。」

ちひろ「!?」

P「……だがお前も悪くなかったぞ。」

凛「//////。」

卯月「昨日はお楽しみでしたね!」

P「それもそうかな。だいぶとイケたほうだし。」

ちひろ「!?!?!?!?!?!?!?」

卯月「また、プロデューサーさんとやりたいかも。」

P「バカ言え。最初にお前らが偶然に巻き込まれたんだろうが。これだってやばいことなんだ。」

凛「でも、それからはずっとやってるよね。」

P「タイミングを覚えて意図的に乱入してきやがって。もうお前らと組むつもりないからな。」

ニュージェネ「「「えー?」」」

P「まあ、また偶然なったらよろしく。」

ニュージェネ「「「はーい!」」」

P「全く、調子のいいやつらだ。ねぇ、ちひろさん。」

ちひろ「……プロデューサー。早苗さんを交えてちょっと話が……。」

早苗「事案があると聞いて。」手錠ひっさげ

P「」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 12:25:37.74 ID:1aVkUmor0
早苗「卯月ちゃん17歳。」

P「……はい。」

早苗「でも凛ちゃん未央ちゃんは15歳。」

P「……はい。」

早苗「そんでもって、昨日は激しかった?お楽しみでした?穴に突っ込む?」

P「それは、ゾンビと戦って……」

早苗「アウトですよね。」

P「……アウトですね。」

早苗「……久々にわたしのニューナンブが火を噴きたがってるわね。」

P「え!?」

早苗「私だってもとはサツなんだから。それぐらい持ってるわよ。」

P「……早苗さんまで正気ですか!?」

早苗「な、なに!?」

P「ニューナンブごときで太刀打ちできるわけないでしょう!!すぐ終わりますよ!
まだまゆの包丁がマシですよ!!」

早苗「……ガチで言ってるそれ?」

P「せめて西部警察とかで出てきたライアットガンぐらい持ってきて……なあ、みんな!」

凛「ニューナンブはちょっとwww」ブフーッ!

未央「ニューナンブはないわ―wwww」ブフーッ!

卯月「がんばれないですぅ~wwwww」ブフーッ!

P「ほれ、みろ!」

カシャン!

P「」

早苗「別のところで取り調べしよっか♪」

P「さ、早苗さん、そっちは警察署の方向じゃないんじゃ……」ズルズル

早苗「私の家ならみっちり取り調べできるからねぇ。」

P「た、たすけてくれ!何か不満があるようだ!!」ズルズル

早苗「私のニューナンブなめんじゃねぇぞゴルァァァァァァァ!!!!」

P「やだやだ!まだ地獄に行きたくない!!やだぁぁ~ん!!!!」



まゆ「……おはようございます。」ゲッソリ

ちひろ「まゆちゃん!?どうしたのそんなにやつれて!?」

まゆ「……プロデューサーさんと一晩過ごしてまして……。」

ちひろ「……そちらも昨晩はお楽しみで?」



まゆ「……もう、イヤ。」




GAME OVER

24ラウンド生き残った。
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 12:30:55.07 ID:1aVkUmor0
終わりです。

とりあえず銃をぶっ放すアイドル達を書きたかった。
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 14:56:09.86 ID:+AGTE0UbO
モバおつ

モバゾンビとかどんだげカオスなんだよwww
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 15:10:26.17 ID:fLaTnc1RO
初心者もいるのに24ラウンドいけたなら上出来だな
再プレイ期待

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク