八幡「腹話術する女子って可愛い」結衣「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:41:14.96 ID:r8ftAyXN0
ある日の放課後。奉仕部部室。




八幡「うぃーす」ガラガラガラ

結衣「あ、ヒッキー」

八幡「・・・・・・ん?雪ノ下はどうした?」

結衣「ゆきのんは今日お家の事情でお休みだって」

八幡「ほーん・・・・・・」

結衣「・・・・・・」

八幡「・・・・・・さいなら」

結衣「待ったぁーっ!」ガシッ




※はちゆいです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484833274
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:41:56.13 ID:r8ftAyXN0
八幡「っ、なんだよ。離せ」

結衣「帰っちゃダメ!ゆきのんが居なくても奉仕部の活動はやるんだから!」

八幡「ふん、部長さん直々の命令ならいざ知らず。俺と同じ平部員の言うこと聞く気にはならねぇな」

結衣「じゃあ大丈夫だね!私今部長だもん!」

八幡「・・・なんだと?」

結衣「じゃんっ!」バッ


『from:雪ノ下

 由比ヶ浜さん、今日は・・・・・・

 ・・・・・・から、奉仕部には行けないの。代わりに部長。お願いするわね』


結衣「というわけで!今私は部長!です!」

八幡(雪ノ下の奴め・・・がらにもなくお茶目なこと言いやがって)

結衣「だからヒッキーも帰っちゃダメ!解った!?」

八幡(しかも由比ヶ浜も真に受けて張り切ってやがる・・・)
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:42:41.50 ID:r8ftAyXN0
八幡「ったく、解ったよ。じゃあな由比ヶ浜。もう帰るわ」ザッ

結衣「うんうん、解ればよろし・・・解ってない!何で帰るの!」

八幡(部長だろうが何だろうが関係ない。とどのつまりは由比ヶ浜なのだから)ザッ

結衣「ゆきのんと平塚先生と小町ちゃんと陽乃さんに言いつけるよ!」

八幡「オーバーキル過ぎるだろ!」クルッ

結衣「うんうん、解ればよろしい」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:43:21.06 ID:r8ftAyXN0
八幡(結局参加することになってしまった・・・)

結衣「よーし。いっぱい活動してゆきのんに褒めてもらうぞー!」

八幡「はいはい」

結衣「・・・・・・」

八幡「・・・・・・」

結衣「することがない!」

八幡「(今更)そこに気が付くとは・・・やはり馬鹿か」



結衣「どーしよう!このままじゃゆきのんに怒られちゃう!」

八幡「怒られるってことはないだろ。あいつが居ても何もせず下校時刻になるなんてざらだったしな」

結衣「だけど・・・さっかくゆきのんにお願いされたんだし・・・」

八幡「つってもな・・・」

結衣「・・・・・・」

八幡(わざわざ働くなんて馬鹿らしいが・・・)

八幡「・・・パソコンのお悩みメールとか、溜まってるんじゃないか」

結衣「・・・!そうだね!それ見てみよっか!」パァッ

八幡(なんだかんだ俺もこいつに甘いよなぁ・・・良くない傾向だ)

結衣「・・・ヒッキー、これどうやって見るの?」

八幡「・・・やってやるよ」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:44:00.28 ID:r8ftAyXN0
結衣「16件!大量だよヒッキー!」

八幡「材木座材木座材木座・・・暇だなあいつも」

結衣「なんか、森座に見えてきた・・・」

八幡「ま、これはこれで楽でいい」カチカチ

結衣「あ!一件だけ普通のだ!恋愛絡みの奴!」




『めぐ☆めぐ

 男の子はどういう女の子にときめくのか教えて欲しいです!』




八幡「めぐり先輩・・・?誰だ、誰が相手だ」

結衣「うーん。副会長さんじゃない?」

八幡「んん・・・もうすぐ卒業だしな。まだ3年に登校義務が有る内に・・・って所か」

八幡(しかし意外だな。めぐり先輩みたいな人は在学中は誰とも付き合わず、多くの男子の初恋を
奪い去る物だとばかり思っていた。そして同窓会で結婚指輪を見せつけて皆の淡い希望を打ち砕くまでがワンセット)

八幡「へぇ・・・副会長ねぇ・・・」

結衣「・・・・・・で、どうなの?」

八幡「・・・あん?」

結衣「ヒ、ヒッキーはどういう女の子にときめくの?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:44:27.22 ID:r8ftAyXN0
八幡「・・・は?」

結衣「め、めぐり先輩に魚の取り方教えてあげなきゃ!だから、ね?」

八幡「んなもん、お前が教えてやりゃあ良いだろ。得意だろ、お前」

結衣「得意じゃないし!」

八幡「つっても俺はいつも少数派だからな・・・副会長の好みと合致するかどうか・・・」

八幡(と言いつつも何か合う気がする。なんか同じ匂いがするからな・・・)

結衣「そ、それでもいいから!教えて!」

八幡「・・・・・・そうだな・・・」

結衣「・・・」

八幡「腹話術する女子って可愛い」

結衣「!?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:45:11.43 ID:r8ftAyXN0
結衣「腹話術・・・?」

八幡「ああ、この前のディスティニーランドのお前とか・・・・・・あ」

結衣「ふ、ふぅん・・・?」

八幡「いや、そのだな」

結衣「ちょっと待ってね」ガソゴソ

八幡(・・・?なんだいきなり鞄漁って・・・もしかしてぬいぐるみかなんか探してんのか?)

結衣「・・・これでいいや」スッ

八幡(筆箱しか見つからなかったようだ)

筆箱(結衣)「こんにちは!ヒッキーくん!ぼく筆箱!」

八幡「・・・」

筆箱「ヒッキーくん!僕と友達になって?」

八幡「・・・」

筆箱「ねぇ、友達になってよー」ポスポス

八幡「・・・」

筆箱「結衣おねぇさーん。ヒッキーくんが無視するよー」

結衣「もー、ヒッキー。無視しないであげてよー」

八幡(妙に凝ってんな)

八幡「いや、別に、無視とか・・・」

筆箱「じゃあ友達になって?」

八幡「わかったからもう・・・」

筆箱「わーい!」

結衣「よかったねー。筆箱くん」ポスポス

八幡(可愛いいい・・・・・・っ!)グッ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:46:46.28 ID:r8ftAyXN0
結衣「ふーん・・・」ニヤニヤ

八幡「・・・・・・」

結衣「へぇー・・・」ニヤニヤ

八幡「・・・なんだよ」

結衣「べっつにー?」

八幡「・・・・・・」

結衣「・・・・・・」ニヤッ

八幡「・・・お前も言え」ボソッ

結衣「え?」

八幡「不公平だろ!異性のどういう行動、仕草にときめくのかお前も言え!」

結衣「え、えぇー!?いや、でもさ」

八幡「言え」

結衣「うぅ・・・解った・・・」

八幡「・・・」

結衣「・・・熱計る時・・・」

八幡「熱計る時?」

結衣「おでこ・・・合わせるやつ・・・とか・・・」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:47:34.29 ID:r8ftAyXN0
八幡「ふーん」

結衣「・・・・・・」

八幡「・・・・・・」

結衣「ヒ、ヒッキーもしてよ・・・」

八幡「あ?」

結衣「わ、私腹話術したじゃん!ヒッキーも私が言ったやつして!」

八幡「・・・やだよ」

結衣「ズ、ズルいよ!不公平!」

八幡「知るか。あれはお前が勝手にやっただけだろ」

結衣「ゆきのんと平塚先生と小町ちゃんと陽乃さんとさいちゃんに言いつけるよ!」

八幡「・・・厄介な事覚えやがって・・・」

結衣「は、早く!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:48:05.37 ID:r8ftAyXN0
八幡「・・・」ザッ

結衣「!」

八幡「・・・髪、触るぞ」

結衣「ひゃ、ひゃい」

八幡「・・・」スッ

結衣(前髪かきあげられるだけでドキドキするぅ・・・!ヒッキーの手、おっきぃ・・・)

八幡(・・・・・・ままよ)コツッ

結衣「んっ」

結衣(ひああああああ顔ちかいいいい)

八幡(無心・・・無心・・・)

八幡「・・・」パッ

結衣「あっ・・・」

八幡「・・・これで、いいだろ」

結衣「あ、うん・・・ありがとぉ・・・」

八幡(あー、危なかった。よく耐えた俺)

結衣(もっと・・・・・・)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:48:55.52 ID:r8ftAyXN0
結衣「ね、ヒッキー」

八幡「あ?」

結衣「不公平じゃない?」

八幡「・・・何言ってんだよ。さっきちゃんと・・・」

結衣「あの、そうじゃなくてね?そのヒッキーの方が大変だったんじゃないかなーって」

八幡「まぁ・・・腹話術とじゃ釣り合わない感は有る」

結衣「でしょ?だから、他に私にして欲しいことない?」

八幡(して欲しい事・・・?)

結衣「なんでもいいよ?」

八幡(なんでも・・・!?)

八幡(・・・・・・いや当然エロい事は論外として)

八幡(由比ヶ浜にして欲しい事?そりゃあ有るさ有るに決まってる)

八幡(口の中見せてもらうとか)

八幡(しかし、駄目だ。ここは引かなきゃいけない場面だ)

八幡(何を惜しむ必要がある。たかが由比ヶ浜の口の中)

八幡「口の中見せてくれ」

八幡(言っちゃった)
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:49:37.52 ID:r8ftAyXN0
結衣「へ!?く、口の中!?」

八幡「なんでもいいつったよな?」

八幡(引けんわこりゃもう)

八幡「歯医者に見せるみたいに。あーって」

結衣「ちょ、ちょっと待って」

八幡(頼む。断ってくれ)

結衣「口・・・ゆすぐから・・・」

八幡(マジかよ)




結衣「・・・ん、あー・・・」

八幡「・・・」ジッ

結衣「・・・」

八幡(えっろ)

結衣「・・・ひ」

八幡「まだ」

結衣「・・・ふぁい」

八幡(だらしなく開いた唇・・・ピンクの舌・・・てらてら光る歯・・・少し溜まったよだれ・・・)

八幡(えっろ)

結衣(すっごい見てる・・・恥ずかしい・・・)

結衣「んっ!」パクッ

八幡「ん」

結衣「お、おしまい!おしまいおしまい!」

八幡「あ、あぁ・・・悪かった」

結衣「い、いや、するって言ったの、私だし・・・」

八幡「お、おう・・・」

結衣「・・・・・・」

八幡「・・・・・・」

結衣「じゃあ、次私の番ね」

八幡(こうなると思ってたよ俺は)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:50:23.68 ID:r8ftAyXN0
結衣「えっと、後ろから恋人繋ぎして欲しい。です」

八幡「・・・後ろから?」

結衣「その・・・」

八幡(由比ヶ浜が立ち上がり、俺に背を向けると、両手を肩まで上げた)

結衣「こう・・・このまま両手を握って欲しい・・・です」

八幡「・・・おう」

結衣「お、お願いします」

八幡(なるべく、遠くから・・・)キュッ

結衣「んっ」ビクッ

八幡「・・・・・・」

結衣「・・・なんでそんな遠いの」

八幡「・・・いいだろ別に」

結衣「やだ。もっと後ろにピッタリくっついて」

八幡「だ」

結衣「言いつけるよ」

八幡「・・・解ったよ!」グイッ

結衣「わっ」ストン

八幡「・・・これで、いいか」

結衣「う・・・うん」ドキドキドキドキドキドキ

結衣(背中もたれかかってる手ぇ繋いでる守られてる襲われれちゃう安心する逃げられない
うわあああ、ああああ)

八幡「・・・終わり!」グッ

結衣「わわっ、と」

八幡「・・・・・・」

結衣「・・・・・・じゃあ、次ヒッキーの番ね」

八幡(ですよねぇ)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:51:17.93 ID:r8ftAyXN0
八幡「俺の手を・・・頬で温めて欲しい」

結衣「ほっぺた?」

八幡「・・・まずは、俺の手のひらを握ってくれ。両手で」

結衣「うん」キュッ

結衣(ヒッキーの手・・・)

八幡「そのまま、お前の頬まで持って行ってくれ。頬に俺の手を、添えるように」

結衣「・・・ん」ピトッ

結衣「んん・・・」スリ

結衣「・・・どう、かな」

八幡「・・・暖かい」

八幡(雪見だいふくなのに暖かいとはこれいかに)

八幡(しかし柔らかいなぁ・・・ずっと撫でまわしていたい)ナデ

結衣「んっ!?」ビクッ

八幡「っ、すまん。つい・・・」

結衣「う、ううん。い、嫌じゃないよ・・・」

八幡「お、おう・・・」

結衣「じゃ、次、私ね?」

八幡「じゃあ、一旦手を・・・」

結衣「もっとほっぺた、撫でて?」

八幡「・・・解った」ナデ

結衣「んっ・・・」スリスリ

八幡「・・・・・・」ナデ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:51:59.81 ID:r8ftAyXN0
結衣「・・・」スッ

八幡「・・・おい。なんで近付く」ナデ

結衣「いや?」

八幡「・・・嫌じゃ、ないが」ナデ

結衣「ふふっ・・・・・・ねぇ、ヒッキー?」

八幡「・・・なんだよ」ナデ

結衣「なんかこうしてると、キスする前みたいだね?」

八幡「なっ、おまっ」

結衣「・・・ねぇ、ヒッキー・・・連続でお願いしても、いい?」ドキドキ

八幡「・・・なんだよ」



結衣「このまま、私に・・・・・・」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:52:48.36 ID:r8ftAyXN0
めぐり「あのー・・・私のメール読んだー?」ガラッ

八幡「あっ」

結衣「あっ」

めぐり「わあああーっ!!!!!」

八幡「あ、いや、先輩、これは」

めぐり「あ、いや、私そんな、あう、あ、し、失礼しましたっ!」スパンッ

結衣「・・・・・・」

八幡「・・・・・・」

結衣「・・・とりあえず、めぐり先輩にメール返しとくね」カチカチ

八幡「・・・おう」

結衣「・・・それで、さ」

八幡「・・・・・・」

結衣「続き・・・どうする?」




                          終わり
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:53:22.66 ID:r8ftAyXN0
おまけ




めぐり「はぁ・・・びっくりした。まさかあの二人があんな仲だったなんて・・・まさかでもないか」

めぐり「・・・ということは私のメールへの返信も実用的な物になるはず!」

めぐり「来た!」ピロリン



『from:奉仕部

 男の子は腹話術をする女の子にときめくらしいです(`・ω・´)』



めぐり「!?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:54:08.97 ID:r8ftAyXN0
次の日



めぐり「ふ、副会長くん!」

副会長「あ、城廻さん。どうしたの?」

めぐり「その、副会長くんと友達になりたいって娘が居るんだけど・・・今時間いいかな」

副会長「・・・うん。大丈夫だよ」

副会長(僕と友達・・・物好きな人だな。もしかして何かの罰ゲームとか?だとしたらあんまり城廻さんを
巻き込んで欲しくないんだけどな)

くま美(めぐり)「こんにちは!副会長くん!私くまのくま美!」バァーン

副会長「!!!?!?!?」

くま美「ねぇ副会長くん。私と友達になって?」ポスポス

副会長「・・・・・・・・・・・・」

副会長「!?」

くま美「友達になってくれたら毎日甘噛みしてあげる!」カプ

副会長(何が起きているのかよく解らないけどとりあえず城廻さん可愛いすごく可愛い)

めぐり「・・・無視しないでー・・・」ポスゥ

副会長( か わ い い )




                           終われ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/19(木) 22:54:55.24 ID:r8ftAyXN0
最初はいろはすで同じ事書こうと思ってました。

でも夢に出てきた女の子の事好きになっちゃうってよくありますよね。

だからゆいゆいなんですね。

読んでくれてありがとうございました。
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 00:31:33.09 ID:r599HpBNO
ガハマさんが夢に出てきたんか
乙!
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 03:11:11.85 ID:vd+vsh/Fo
いろはすバージョンも見たい

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク