アーニャ「プロデューサー……心配です……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 10:35:28.96 ID:368scaxYO

美波「アーニャちゃん? ため息なんてついてどうかしたの?」

みく「Pちゃんがどうかしたのかにゃ?」

アーニャ「ダー……実は、最近プロデューサーの様子がおかしくて……」

美波「プロデューサーさんの様子が? みくちゃん何か知ってる?」

みく「ううん。みくが見る限り、いつもとそんなに変わった感じはしないけど」

みく「アーニャちゃん、具体的に何がおかしいのにゃ?」

アーニャ「んー……ディプレ――アー、日本語だとこういう時……そうです!」




アーニャ「最近のプロデューサー、ずっとおちんこでているんです」




美波・みく「ブフーーーーーッッッ!!」


※卑猥は一切ない。いいね。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479951328
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 11:01:21.68 ID:aLtDqoKaO
美波「あ、あ、あ、アーニャちゃん!? いきなり何を言ってるの!?」

みく「と、というかPちゃん!? Pちゃんはいったいどうしちゃったのにゃ!?」

アーニャ「……? 二人ともプロデューサーの事、心配なのは解ります。けど落ち着いてください」

アーニャ「プロデューサーも普通の人です。偶にはおちんこでる時もあります」

みく「普通は切羽詰っても人前でお――そ、そんなもの出したりしないにゃ!?」

美波「え……プロデューサーさんが。その……え……?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 11:54:24.50 ID:aLtDqoKaO
アーニャ「確かにプロデューサーはすごい人です。尊敬します。でもおちんこでる時だってありますよ」

みく「聖母!? アーニャちゃんは聖母なの!? フツーはそんなもん出したら問答無用で警察に突き出すにゃ!?」

美波「み、みくちゃん落ち着いて……えっとその、勘違い! 勘違いしてるのよ、ねっアーニャちゃん」

アーニャ「カーキーエ……なにがですか?」

美波「だ、だってそのプロデューサーさんがその、お、おち……出していた事なんてないじゃない? な、ないわよね?」

みく「た、確かに……というかそんなもの出していたらマジで警察沙汰になってるよね……」

アーニャ「アー、二人の気持ち、わかります。プロデューサー、私達にそういう事隠すの、上手ですから……」

アーニャ「でも間違いないです。プロデューサー、おちんこでています! 間違いなく、おちんこでているんです!」

美波「アーニャちゃん! わかったわ。わかったからとりあえずそんなに力強く連呼しないで! お願いだから!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 12:00:15.67 ID:368scaxYO
アーニャ「んー、さっきからミナミもミクもおかしいです。私の言ってること何か変なことありますか?」

みく「何が変かって言われれば、何もかもが変だにゃ」

美波「えっとそのアーニャちゃん。ほら、その変というか、人前でぉち…こ出すのって恥ずかしいことよね? ね?」

アーニャ「ニェーット! ミナミ! おちんこでるのは恥ずかしいことじゃありません!」

アーニャ「ミナミだっておちんこでる時ありますよね!?」

みく「出るの!!??」

美波「出しません!? というかありません!!!!」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 12:55:46.95 ID:368scaxYO
アーニャ「……それに私だって、おちんこでる時あります」

美波・みく「あるの!!!!????」

美波「ア、アアア、アーニャちゃん!? お、落ち着いて、な、無いわよね? え、無い筈よね?」

アーニャ「……ミナミ。私はそんなに強くありません。おちんこでる時あります。皆そうです」

アーニャ「リーナもこの前、ミクと喧嘩してしまったって、おちんこでていました!」

美波「そうなのっ!?」

みく「巻き込まないで!? こっちを巻き込まないで!!」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 13:30:50.91 ID:368scaxYO
みく「と、とりあえずみんな落ち着くにゃ。え、えーっとPちゃんがアレを出していると仮定して。あくまで仮定として」

みく「アーニャちゃんはどうしたいのにゃ? やっぱり警察?」

アーニャ「私ですか? それはもちろん、プロデューサーに元気になって欲しいです!」

美波「元気になっちゃダメでしょう!!??」

アーニャ「ミ、ミナミはプロデューサーが元気になるのダメなのですか!?」

美波「だ、だってそんなただでさえ出しているのに、そのうえ元気になったりしたらもう犯罪じゃない!?」

みく「いや、出している時点で完全にアウトだからね」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 15:21:33.06 ID:368scaxYO
アーニャ「プリェストゥプリェーニエ!? そんな……日本だとおちんこでたり元気になったりしたら犯罪なのですか?」

美波「そう、そんなのよアーニャちゃん! ようやく解ってくれたのね!」

アーニャ「そんな……ロシアだとおちんこでている人、元気づけるの当然のことだって教わりました」

みく「ロシアの情操教育はいったいどうなっているのにゃ……」

アーニャ「けど、それじゃあ私はいったいどうすれば……(しゅん」

美波「アーニャちゃん……わかったわ。私が何とかしてみる!!」

みく「美波ちゃん!?」

アーニャ「ミナミ!!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 15:44:51.21 ID:43oG+Oa5o
これはダメなパターンだww
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 15:34:35.19 ID:xTMNaLruO
(アカン)
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 15:57:31.44 ID:368scaxYO
モバP(以下P)「ハァー……またガチャで爆死してしまった……」

みく「とりあえずPちゃんのデスクまで様子を見に来たけど……」

美波「今のところは特に変わった様子はなさそうね」

アーニャ「ニェット。二人とも、よく見てください。今のプロデューサー……確実におちんこでています!」

みく・美波「ええっっ!!??」

みく「え、Pちゃんデスクに座っているから、こっちからじゃ死角になっていて見えないけど本当に!?」

アーニャ「間違いないです。あの顔はおちんこでている時の顔です」

美波「ダメっ! 私プロデューサーさんの顔を直視できない!」

みく「みくにはいつも通りPの字になっているようにしか見えないんだけど……」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 16:18:01.85 ID:368scaxYO
アーニャ「ミナミ! お願いです! プロデューサーのこと、慰めて元気にしてあげてください!」

美波「慰める!? 元気にする!!??」

アーニャ「ミナミならできます! 私信じています!」

美波「待ってアーニャちゃん! アーニャちゃんは私の事どんな風に見てるの!? 風評被害! それたぶん風評被害だからね!」

みく「美波ちゃん! 大丈夫にゃ! いざとなったらすぐに110番するから!」

美波「みくちゃんも止めて!?」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 17:03:28.51 ID:368scaxYO
P「うーん、あと10連だけもう一回……いやけどこれ以上は……」

美波「プ、プロデューサーさん! いま少し宜しかったでしょうか!!」

P「う、うわぁっ!? え、美波さん!? ど、どうしたんですかいきなり!?」

美波(プ、プロデューサーさん、いま何か隠した!? ま、まさか本当に!?)

美波(ここからじゃまだ机の下がどうなっているのか見えない……ズ、ズボンは履いているのよね?)

P「美波さん? あのー、どうかしましたか美波さん?」

美波「え!? あ、いえ……ゴホン! プロデューサーさん! その、今日はお尋ねしたいことが!」

P「え、あ、はい。どうかしたんですかそんなに改まって? 何かこちらに不手際でも?」

美波「不手際というか、不埒なというか……えっとそのですね!!」

まゆ「失礼しまーす」

美波「ひゃう!!??」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 17:22:16.98 ID:368scaxYO
P「ん、あれ。まゆちゃん。どうかしましたか?」

まゆ「あ、お話し中でしたか? すみません、ちょっと忘れ物をしちゃって……」

まゆ「それだけ取らせて貰いたいのですけど、少しだけよかったでしょうか?」

P「ええ、構いませんよ。美波さんもちょっと待って頂いて大丈夫ですか?」

美波「え、ええ。も、もちろん大丈夫ですよ」

まゆ「そうですか、それではすみません。少しだけ失礼して(トトトト」

美波「って、まゆちゃん! え、あの、Pさんの机に回り込んで何処に!?」

まゆ「え? あ、すみません。たぶん忘れ物がPさんの机の下に置きっぱなしだと思うので」

美波「え、机の下? あの、でも、Pさんは今その……状態が! その!」

まゆ「……あ、やっぱり今はお邪魔でしたか?」

P「いえいえ、構いませんよ。いつもの事ですしね、ハハハ」

美波「いつもの事なの!?」

まゆ「うふ、では遠慮なく……(ごそごそ)」

美波「あー!? あーッッ!!?? まゆちゃん!? まゆちゃん!!??」
34: ◆VC3/0IaBbQ 2016/11/24(木) 19:57:36.59 ID:Dkxyo5FV0
まゆ「えーっと(ごそごそ)確かこの辺りに(ごそごそ)あ、コレは――キノコですね」

美波(キノコッッ!!??)

P「まゆちゃん。変なとこ弄ったらダメですよ?」

美波(変なとこをイジる!!??)

まゆ「はぁい。今日は我慢しまぁす」

美波(いつもは我慢してないの!!??)

まゆ「あ、やっぱりありました。まゆのスケジュール帖♪ 見つかりましたぁ」

P「机の下を使うのは……まぁ構いませんけど、貴重品の管理はしっかりしましょうね」

まゆ「はぁい。それじゃあお邪魔しました。まゆはこれで失礼しますね」

P「はい、お疲れ様です。それではお待たせしてすみませんでした美波さん」

美波「………………」

P「「……美波さん?」

美波「プ、プロデューサーさん!」

P「え、あ、はい!」
35: ◆VC3/0IaBbQ 2016/11/24(木) 19:58:37.59 ID:Dkxyo5FV0
美波「そ、その、こんなところで、おちんこ出すのは良くないと思います!!」

よくないとおもいます――ないとおもいます――おもいます――(エコー
37: ◆VC3/0IaBbQ 2016/11/24(木) 20:15:42.34 ID:Dkxyo5FV0
P「え……あの、み、美波、さん? 今……え?」

まゆ「Pさぁん♪(ギギギギギ」

P「ひぃっ!!??」

まゆ「まゆ以外の誰かの前で、お……おっ……だ、出したんですかぁ?」

美波「や、やっぱりまゆちゃんの前では出してたんですね!?」

P「誰の前でも出していません! だ、出すわけないでしょうそんなの!?」

まゆ「いえ、まゆはPさんがその気なら……いえ、や、やっぱりダメです!」

まゆ「そ、そういうのはちゃんと手順を踏んでというか、まずは手を繋ぐところから始めないと!」

P「い、いいから落ち着いてください。美波さんも何故いきなりそんな事を……?」

美波「誤魔化さないでください! 私、聞いたんです……プロデューサーさんが最近おちんこ出しっぱなしだって!」
38: ◆VC3/0IaBbQ 2016/11/24(木) 20:32:41.78 ID:Dkxyo5FV0
P「いや、出してませんよ!? あとアイドルなんですから言葉のチョイスを!(ガタッ」

美波「キャー! キャー! プ、プロデューサーさん立たないでください! 見えちゃいます! おちんこ見えちゃいます!!」

P「いや、見えませんよ!? ちゃんと履いてますから、視線逸らさないで下さいよ! まゆちゃんも言ってあげてください!」

まゆ「ま、まゆは何も見ていませんよー(目隠し」

P「なんで普段は結構食いつくのにこういう時に限って!?」

みく「美波ちゃん大丈夫にゃ!? 悲鳴が聞こえたから助けにきたにゃ!(バァン」

アーニャ「プロデューサー! おちんこださないでください!」

P「だから出してませんってば!!」
39: ◆VC3/0IaBbQ 2016/11/24(木) 20:55:17.65 ID:Dkxyo5FV0


その後なんやかんやあって

ちひろ「つまり、そのような事実は無いという事ですか」

P「神に誓って」

みく「お騒がせして申し訳ありませんにゃ」

ちひろ「まったくもう。それにしても……どうしたものでしょう、これ」

美波「私、なんてことを口走って……もう死にたい……(ズーン」

まゆ「あ、あの美波さん。その……まゆ、こういう時なんて言ったらいいか(おろおろ」

アーニャ「アー。ミナミ。ごめんなさいです。私の言い間違いの所為でこんな事になるなんて……」

美波「う、ううん。いいのよアーニャちゃん。私も早とちりしたのが悪かったんだし、気にしなくていいの」

アーニャ「ミナミ……ッッ。ありがとうです。これからはこういう事がないように気を付けます」

アーニャ「その為にも一つ聞いておきたいのですが」

美波「…………うん?」

アーニャ「ディプレーッシャ……えっと、日本語で「お・ち・こ・ん・で・いる」なのは解りました、けど――」





アーニャ「おちんこでてる、とはどういう意味なのですか?」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 20:57:10.84 ID:ORYPWew6O
こういうことさぁ!!(服を脱ぎ捨てる音)
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:06:03.31 ID:Bo+EWDXDO
もしもし警察の方ですか

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク