潮田渚「5億年ボタン?」潮田渚「5億年ボタン?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:28:11.360 ID:IbzHmZava
カルマ「ねー渚君。一瞬で100万稼げるバイトあるんだけどさー」

渚「う、また僕にコスプレさせてボンボンのユウジ君に貢がせようってんじゃ・・・」

カルマ「違うよ。これ、タコのエロ本コレクションの中に入ってたんだけどさ。何かボタン押すだけで100万入るんだって」

渚「いくらなんでもそんな上手い話はないよ」

カルマ「本当だって。おーい、寺坂」

寺坂「あん?んだよ」
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:28:40.604 ID:IbzHmZava
カルマ「これちょっと押して」

寺坂「あ?どうせテメーのことだ、押したら電流走るとかそんなんだろ」

カルマ「ビビってんの?いいから押せって」

寺坂「チッ、誰がビビるかってんだよ。オラ!」

ポチ。ヌルっと100万円が箱から登場

カルマ「お、すっげ。ほんとに出た」

寺坂「お、おいなんだよこのカネ!」

カルマ「なんかタコの秘蔵品でさ。押すだけで100万だって。もっと押す?」

寺坂「マジかよ!連打すっぞオラオラオラオラオラ!」

ヌルヌルヌルヌルヌルと1000万円!

寺坂「SUGEEEE!!!」
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:29:10.527 ID:gbj97SXs0
脳内再生余裕
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:29:31.561 ID:IbzHmZava
寺坂「うひょー!今日は俺の奢りで飯食いに行くぞー!!」

渚「・・・え、あれ本物のお金なの?」

カルマ「そうだよ。ちゃんと寺坂が働いた金だよ。時給0.00000023円くらいだけど」

渚「え?」

カルマ「押したら5億年過ごすんだって。何もないとこで」

渚「5億年って・・・100年もしたら死んじゃうよ」

カルマ「いやそれが絶対に死なないんだ。空腹とかないし。でも睡眠もない世界でさ。5億年たったら記憶も体も元通り」

渚「でもそれって・・・かなり恐ろしい気がするんだけど」

カルマ「だよねー。寺坂も勇気あるねえ」

渚「いやカルマ君、寺坂君に一切説明してなかったよね・・・」

カルマ「そうだっけ?俺馬鹿だから物忘れ激しくてさー。で、渚くんも押しとく?」

渚「絶対に押さない」

カルマ「そう?ところで渚君、こないだコスプレしたこの写真だけど」

渚「あ!まだ持ってるの!焼き増ししないって言ってたのに!回収させ・・・あ」

カルマ「ありゃ」

ポチ
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:30:32.999 ID:IbzHmZava
ヒュン

<1日目>

渚「え、なにこの何もない空間・・・。僕もしかして押しちゃった?」

渚「どうしよう、5億年って。とりあえず状況確認をしないと。まずはこの空間の把握だ」


<3日目>

渚「・・・何もない。出口とかなさそうだし、果てもなさそうだ」

渚「本当にお腹減らないし疲れないんだ。僕の持ち物はえっと、訓練用の銃とナイフか」

渚「はあ、クラスの皆、どうしてるんだろう。殺せんせーとか助けに来てくれないかな。元々これって殺せんせーの持ち物なんだし」

渚「うん、きっと先生が助けに来てくれるさ!その時に僕だけ訓練を疎かにするわけにもいかないし、特訓だ!」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:31:10.008 ID:IbzHmZava
<30日目>

渚「はぁ、はぁ、ここに来た当初よりは暗殺スキルが上がってきたかな」

渚「考えてみたら、睡眠、休憩、補給の時間がない訳だし。1日が2倍くらい使えるよね」

渚「このペースなら殺せんせーの暗殺もできるかな。まあその前に助けてもらわないといけないんだけどね」

渚「殺せんせーの暗殺期限まであと1ヵ月か。早く来ないと殺せないよせんせー」

<60日目>

渚「・・・待って。暗殺期限って明日じゃん」

渚「中村さん達と対立したままだったなあ。先生を助ける方法ってないのかな」

渚「ここでこんなことしてる場合じゃないのに!」

<62日目>

渚「・・・何も起きない」

渚「ということは、みんなせんせーを暗殺したのかな。地球は救われたのかな」

渚「殺せんせー・・・」
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:32:02.706 ID:IbzHmZava
<365日後>

渚「っていうか、殺せんせー死んだら誰もここに助けにこれないじゃん!」

渚「カルマ君!見てるんでしょー!もうそろそろ出してよー!悪ノリが過ぎるよー!」

渚「うう、なんで僕がこんな目に・・・」

<5年後>

渚「なんか・・・シャレになってない気がしてきた」

渚「っていうか、僕もう高校卒業してる年だよ。大学生だよ」

渚「みんな卒業したのかな。それとももしかして地球は爆発して誰も助けにこれないのかな」

渚「そもそもここは地球なのかなってのもあるけど」

<10年後>

渚「・・・ねえ、ちょっとカルマ君」

渚「冗談でもさあ、笑えないって・・・そろそろ出してくれないと、いくら僕でも怒るよ?」

<20年後>

渚「カルマ・・・カルマ・・・」

<50年後>

渚「殺す・・・カルマだけは殺す・・・」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:32:41.606 ID:IbzHmZava
<100年後>

渚「いやカルマ君は悪くないよ、あの時のは事故じゃん」

渚「ボタンも仕舞おうとしてたしさ、コスプレ写真であわてた僕がいけなかったんだ・・・」

渚「殺せんせー・・・助けて・・・」


<300年後>

渚「なにもしないと・・・発狂しそうだ」

渚「持ち物のナイフと銃は・・・200年くらい前に飽きちゃってたかな」

渚「訓練でもしよう」

渚「いつか、誰かを殺す日が来るかもしれないし」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:33:42.703 ID:IbzHmZava
<2000年後>

カルマ「でさーこないだの渚くんのメイド服が」

渚「あーカルマ君!それは言わない約束!」

寺坂「!?メイド!?」

竹林「落ち着き給え同士よ。あくまで渚君の話だ」

寺坂「あ、ああ、だが・・・最近それもありかなって」

竹林「!?」

寺坂「いや、こないだお前に借りた本にフタナリってあったろ、つまりはその、あれだ」

渚「ちょー!!???そこ何怪しい話してんの!?」

カルマ「寺坂ー、渚君のメイド写真買わない?1枚1000円でさ」

寺坂「ば、だ、誰がそんな・・・800円くらいにしろよ」

渚「もーみんないい加減にして!」

カルマ「ははは、ごめんごめん冗だ・・・え?」

次の瞬間、カルマの右手首が音もなく飛んだ
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:34:33.519 ID:IbzHmZava
カルマ「?」

それを認識する頃には、カルマの首もまた手首と同じように切り落とされている

寺坂、竹林がそれに気付く暇もない。彼らもまた、喉ものをナイフで切られていた

中村「!?え、渚く・・・」

中村の声は銃声でかき消された。心臓と脳天のピンポイントスナイプ

クラスの人間が自体を把握する前に、渚の銃とナイフはクラス全員を絶命させていた

渚「はあ、やっぱり・・・」

渚「もうクラスメイト相手じゃ練習にもならないかあ」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:35:21.054 ID:IbzHmZava
この2000年で、渚は脳内シミュレーションを繰り返していた

極限まで高めた集中力でのそれは、すでに現実世界となんら遜色ないレベルまで高められていた

渚「こないだの烏間先生+死神の2VS1はそこそこ面白かったけど」

渚「死神はこっちが全スキル上になっちゃったから大したことなかったし」

渚「烏間先生は多彩だけど、それでももう練習には力不足かな」

渚「ビッチ先生との房中術も10年ちょっとで僕のほうが上になっちゃたし」

殺せんせー「ヌルフフフ、でもまだ先生は殺せてませんねえ」

渚「うん。やっぱさ、マッハ20ってのは結構キツイよ」

殺せんせー「君ほどの才能を持ってしても殺せない。なぜだかわかりますか?」

渚「やっぱり能力差かな。そりゃ初動だけなら600キロ程度だから捉えられるけどさ、全力出されたらさすがにまだ無理」

殺せんせー「その回答では50点ですねえ。まだまだ先生を殺るには値しない」

渚「まあいいよ。時間だけはたっぷりあるんだし。それに現実に戻ったら殺すよ」

殺せんせー「楽しみにしていますよ。この5億年課外授業で君が出す答えを」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:35:56.232 ID:IbzHmZava
<10000年後>

渚「そもそも肉体差がありすぎる」

渚「だから肉体を改造する。といっても、鍛える程度じゃだめだ」

渚「もっとこう、抜本的な改革が必要。理想はせんせーと同じ触手だけど、あれは無理だ」

渚「せめて研究内容の一端でも分かればなんとかなるけど、研究情報は僕の中ではゼロ。研究も実験も設備もなにもできない中で触手の作成は厳しい」

渚「だから方向性を変える。人間の限界を超える。腕なんてもっとこう回るし、足なんてこう折り畳めて」

渚「まずはそういう相手を創ろう。そこから僕がそいつと練習して徐々に近づけば良い」

???「で、それが俺ってわけ?」

渚「うん。そう。名無しってのも分かりにくいから、君はX(サイ)と名付けるよ」

X「ふーん。まあいいけど」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:36:22.017 ID:IbzHmZava
<20000年後>

渚「こうやって、こうかな」

X「へーやればできるじゃん。これで全身ほぼ俺と同じことできるし」

渚「でも流石に大変だったかな。10000年くらいかかったし。ていうかこの能力あれば死神の変装もカスみたいなもんだね」

X「渚が元いた世界の奴ね。変装のために顔の皮を剥ぐとか非効率的だよ」

渚「そうそう。この力があれば殺せんせーも・・・」

X「いやー無理だね。俺何度か挑んだけどさあ、この体なら結構いろんな戦術で追いつめられるけど、決定打を放つにはまだ足りない」

渚「やっぱりそうか・・・20000年でも追いつけないなんて、とんでもない先生だよ
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:37:08.131 ID:IbzHmZava
<50000年後>

X「っていうか渚も、なんであの教師にこだわるの?」

渚「え、だって目標としては最上級だしね」

X「ふーん。俺最近考えるんだけどさ、あの教師倒したあとはどうする?」

渚「どうするって・・・」

X「そしたら渚的に俺はもう用なしだろ?まあ既に戦闘能力も渚の方が上だから、今も既に用なしっぽいけど」

渚「そんなことないよ」

X「まあいいけどさ。でもそうすると、渚的に用なしになった俺って存在は何だんだろうなって思ってさ」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:37:46.643 ID:IbzHmZava
X「で、俺も最近、渚みたいにシミュレーションしてんだ。色んなことを。でも考えれば考えるほど、自分ってのがわからなくなる」

X「この世界は一体なんなのか、自分の正体ってのは何なのか」

渚「君は僕の作った存在だよ」

X「何で?俺は自分で考えて行動できるよ?じゃあ渚と俺って何が違う?渚だって誰かの想像の産物かもしれないだろ?」

X「俺は渚に創られた。でも、その証拠はない。渚が消えろって言えば消えるけど、それが俺が渚が作った存在って証明になる?」

渚「ならないかな?普通に考えて」

X「じゃあ渚の暗殺でさ、ある人間を暗殺できて、世界中からのその人間の痕跡を全て消したらどうなる?そいつに関わった人間の記憶も全部消せてさ、最後には渚の記憶からもそいつを消す」

渚「それは・・・」

X「そういう暗殺能力があったら、でも実現可能なら、渚が俺を消すことと暗殺、どう違う?」

渚「神様にしかできない暗殺方法だね」

X「かもね。まあいいさ、俺はもう行くよ」

渚「え?」

X「もう俺が渚に教えられることもないし。存在理由もなくなった」

X「だから、自分が何者なのか、新しい解を探しにいくよ」

渚「そっか」

X「じゃあね。またどこかで会えたら」

渚「うん」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:38:12.716 ID:IbzHmZava
<5000000年後>

渚「Xと別れてからずっと考えていた」

渚「せんせーの存在って?僕の存在って?なぜ僕はここにいる?」

渚「もう僕に殺せない存在なんてない。でも・・・」

殺せんせー「まだ先生は殺せてませんよ」

渚「なんでなんだろう。マッハ程度なら今の僕にも出せるし、戦術もずっと鍛えてきたのに」

渚「ずっと考えているのに、答えから遠ざかる一方だ」

渚「ねえ、先生って何者なの?」

殺せんせー「先生は超生物ですよ」

渚「いや、そうじゃなくて、元々は人間でしょ。経験も今や僕のほうが圧倒的に多いし、今の僕なら殺せるはずなのに」

殺せんせー「渚君、君は答えから遠ざかる一方だと言いました。その認識は正しい。君はここにきた時より弱くなっている」

渚「・・・」

殺せんせー「渚君、君は果てしない時間の中で、迷子になっているんです。この途方もない時間では当然のこと」

殺せんせー「でも一つだけ忘れないでください。なぜ君は先生を殺したいのかを」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:38:49.682 ID:IbzHmZava
<30000000年後>

渚「自分が女の子みたいということも遥か昔の悩みだった」

渚「もう自分という存在が何なのか。たかだか10数年しか生きていない自分の存在」

渚「それがここに来て果てしない時間を過ごして、自分という存在がどんどん摩耗して小さくなっていく感じがした」

渚「過ごした時間と相対的に感じるから、かつての自分が小さく見えるのかな」

渚「今や地球で僕に敵う存在はいない」

渚「突拍子もない存在。たとえば魔界から来たような設定のトンデモな存在はまあ例外で勝てないけど」

渚「でも間違いなく人類最強だ」

渚「でも、それが何だんだろう」

渚「どうして僕は、先生を殺したかったんだろう」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:39:45.519 ID:IbzHmZava
<100000000年後>

殺せんせー「先生のことをが憎いですか?」

渚「1000000年目くらいの時は憎かったかな正直。なんで殺せないんだろうって」

殺せんせー「先生のことは嫌いになっても、暗殺は嫌いにならないでください」

渚「はは、そのセリフ、遥か昔に聞いた気がするよ」

渚「ここにきて、いろいろ考えた」

渚「何か真理みたいなのを閃いた時もあった気がするし、人類をはるかに超越した知識も身に着けた気がした」

渚「でも、何かが違う」

渚「だって、新しいインプットがないから」

渚「一時期僕は、せんせーと同じ触手を作ろうとしたけど、あきらめた」

渚「実験もできないし、設備もない。だから試験もできない。シミュレーションしようにも、元となる情報がないんだ」

渚「元となる情報、僕はそれは、10数年生きてきた時の知識だけ」

渚「そこからいろいろ考えても、新しい何かを生み出した気になっているだけだ」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:40:43.673 ID:IbzHmZava
<200000000年後>

渚「殺せんせー、僕に言ったよね。僕は来た時より弱くなってるって」

渚「あの教室にいたときは、すごい速さで成長できたって思う」

渚「それは、みんながいたからなんだ」

渚「新しい人とのふれあい、経験、それらが僕という存在を作っていった」

渚「だから、潮田渚という存在は、生まれてからの10数年、その中でもあの教室で過ごした時間が大きかった。ここで過ごした膨大な時間よりも」

渚「僕という存在は、一人でできていくものじゃないんだ」

殺せんせー「その通りです渚君」

殺せんせー「さて、ここを出るまでに、まだ時間はたっぷりあります」

殺せんせー「君に課題をだします。ここを出るまでに、先生を殺してください」

渚「わかってるよ、元々そのつもりだった」

殺せんせーの暗殺期限まで、あと300000000年
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:41:45.317 ID:IbzHmZava
<500000000年後>

渚「で、わかってたけど」

カルマ「うん」

寺坂「ありえねえだろ、あのタコ」

殺せんせー「ヌルフフフ、結局、殺せませんでしたねえ」

渚「この殺せんせーの弱点辞典も第20000巻まで作ったのに」

茅野「そんだけ弱点ある先生もどうかと思うけど・・・」

渚「でも、僕は楽しかったよ」

渚「ここにきて、自分だけ成長したとおもってたけど、違った」

渚「戦闘能力はやっぱりカルマ君の方が上だったし」

渚「ビッチ先生は空気振動だけで男を逝かせられるほどになったし」

渚「千葉君と速水さんは指弾だけの狙撃で1000キロ先の標的も倒せるし」

渚「でも、やっぱり先生は倒せなかった」

殺せんせー「これでは現実に戻っても先生を倒すなんて夢のまた夢ですよ」

渚「どうかな?」

渚「みんなと一緒だっだけど、でも僕は一人だった」

渚「だから、今度は本当の皆と一緒に殺しに行くよ、せんせー」

殺せんせー「ヌルフフフ、楽しみですねえ。では課外授業はここまでです。みなさん忘れ物せずまっすぐ帰宅してください」

殺せんせー「ではまた明日!」

渚「またね、先生!」

ヒュン


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク