クラスメイト「これ受け取ってください!」蘭子「堕天せし禁断の書物か?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 18:12:52.05 ID:x4eaaqnz0
放課後
体育館裏


蘭子「クックックッ…主か?我を渇望せし旅人は?(あの、私を呼び出したのって…クラスメイト君?)」

クラスメイト「う、うん…たぶんそうだと思う…」

蘭子「何用だ?我は永久の戦場へと馳せ参じなければならぬのだ(えーと…どうしたの?私、お仕事あるからはやめに向かわなきゃいけないんだけど…)」

クラスメイト「えっと…これを!!」スッ


蘭子「む?(え?)」

クラスメイト「返事は…いつでもいいから!」ダッ


蘭子「…風になるか、旅人よ(クラスメイト君…いっちゃった…)」

蘭子「これは…堕天せし禁断の書物か?(これって…手紙?)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383383571
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 18:21:21.95 ID:x4eaaqnz0

ーーーーー…


蘭子「輪廻の記憶は恒久に綴られる…(っていうことがあったんです)


卯月「えー!未央ちゃんこれってどう考えても…」

未央「クラスメイトの男子から呼び出されてからの手紙…答えは1つしかないよね!」

蘭子「乙女達よ!解かされぬ戯曲の物語を紐解いたか?(え、二人ともわかったんですか!?)」

卯月「当たり前だよー!いやー…私も何回か貰ったことあるけどやっぱり嬉しいよね!」

未央「まぁこたえるわけにはいかないけどねー、アイドルだしね!アタシたち!」


卯月、未央『ズバりこれは…!』


凛「脅迫状だね、間違いないよ」

蘭子「我を愚弄するというのか!(脅迫状!!?)」

卯月、未央『いや違うでしょ!?』



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 18:31:36.51 ID:x4eaaqnz0
凛「きっと蘭子の弱味を握るために呼び出したんだろうね…気をつけなきゃダメだよ?男なんてプロデューサー以外獣なんだよ」

蘭子「我が友は唯一の可能性…故に、な(プロデューサーさんは紳士ですもんね…やっぱり男の人って怖いなぁ…)」


卯月「故に、な…じゃないよ蘭子ちゃん!!!」

蘭子「??」ハテナ?

未央「ていうか多分一番獣なのはプロデューサーだよ凛!!」

凛「そんなことないよ、プロデューサーは優しいし紳士だよ」



モバP「うぉぉぉぉ!!!まゆの残り湯!!!おいしい!!まゆの残り湯マジで聖水!!!!はっ…待てよ?温泉に入ってるってことは汗が出てるはず…汗と尿はほぼ同成分と聞いたことが……つまりこれは…!

ま ゆ の お 小 水 !!!!」


未央「まごうことなき変態だよ!!!」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 18:40:17.39 ID:x4eaaqnz0
凛「じゃあ脅迫状じゃないならなんなのさ?」

蘭子「封印を解くとき神殺しの刃が聖体に癒える事なき傷を…?(まさか開けたらボカーンですか…?)」ガクブル

卯月「爆発しないよ!?」


未央「だからこれはどう考えたって…」


裕子「私の助けが必要なようですね!!」バーンッ!!!

未央「そんなことはないけど!!?

凛「そうだ…裕子だったらこの蘭子の手紙がなんなのかわかるんじゃない?」

蘭子「選ばれし能力を持ちし乙女よ!!(そうですね…エスパーゆっこさんなら超能力でわかりますよね!)」

卯月「なんで二人とも私達は無視するスタンスなのかな未央ちゃん」

未央「クールって皆あんな感じなのかな…」フッ

卯月(未央ちゃん顔に疲れが…!)




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 18:46:03.69 ID:x4eaaqnz0
裕子「手紙?これですか?」ヒョイッ

凛「うん、それがなんなのか超能力でわからない?」

蘭子「期待しているぞ(おねがいします!)」


裕子「はい!このエスパーゆっこにお任せを!すこし待ってくださいね……むむむむっ!見えた!」ピキィーーンッ!

裕子「これは果たし状ですね!」ドーンッ!


蘭子「神に仇なすと?(果たし状でか!?)」

凛「なるほど…つまり蘭子はアイドルで知名度が高いから邪魔、だから暴力で解決するってことだね」

未央「なんでそんな物騒な発想にしかたどり着かないの!?」

卯月(ゆっこちゃんの超能力…やっぱり嘘なのかな…?)
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 18:53:57.45 ID:x4eaaqnz0
凛「果たし状となると武装が必要だね…蘭子、これ私が愛用してるスタンガンだから使って」スッ

蘭子「虚偽なる裁きの雷か…(スタンガン…心強いです!)」バチバチィッ!!

裕子「あ、私もこれを!」スッ

『釘バット』

未央「なんでそんなもの持ってるの!!?」

裕子「サイキック釘バットですよ未央先輩!」

卯月「なんでも頭にサイキックつけてたらいいってわけじゃないからね!!?」

裕子「サイキック釘バットで殴ると相手は絶対に死なないけど死ぬより辛い目にあうから…大事に使ってください蘭子先輩!」

蘭子「選ばれし能力を持ちし乙女よ…女神の慈悲を(ゆっこちゃん…ありがとう)」グスッ



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:14:20.99 ID:x4eaaqnz0
未央「だーかーらー!脅迫状でも果たし状でもないって!」

裕子「えー…じゃあなんなんでしょうか?」

蘭子「選ばれし乙女が見た偶像が偽りだと?(ゆっこちゃんの超能力が外れてるってことですか?)」

凛「…まさか、盗撮…!!?」

卯月「はいもう凛ちゃんはちょっと黙ってようねー」クチフサギ

凛『むー!むー!』ジタバタ


未央「脅迫状でも果たし状でも盗撮でもない!クラスの男の子が女の子を呼び出して手紙を渡したならそれは当然ーーー」


文香「恋文…でしょうか…?」

未央「先に言われた!?」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:22:33.09 ID:x4eaaqnz0
文香「あ…すいません本田さん……つい口に出てしまって……」

未央「いやいいんですけどね…文香さんいつからそこに?」

文香「……?ずっとソファーで本を読んでましたが……?」

未央(全く喋らないから気づかなかった)


裕子「恋文…ラブレターですか!いいですね!」

蘭子「……そ、そんな…わ、わたしがラブレターなんてもらえるわけ…////」

裕子「蘭子先輩が普通に話した!!!?まさか…テレパシー能力の開花…!!?」

卯月「蘭子ちゃんは照れたりすると素が出るんだよー」

文香(キャラ……だったんでしょうか…?)


凛「なるほどラブレターか…全く気づかなかったよ」

未央「普通に真っ先に出てくるでしょ…学校いってたらたまに貰わない?」

卯月(あれ?そういえば凛ちゃんが学校にいってるところ見たことないような…)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:33:17.96 ID:x4eaaqnz0
モバP「ラブレターだと!!?」┣¨┣¨┣¨┣¨トドッ!!!

蘭子「我が友っ!?(プロデューサーさん!?)」

モバP「うちの事務所は恋愛禁止だ!!ラブレターなんてとんでもない!!」

未央「恋愛禁止なんてはじめて聞いたんだけど…」

モバP「俺が今決めたんだ!!アイドルは全員俺の物だろ普通!!?」

卯月「プロデューサーさん…」

裕子「さらっとゲスいですね」

文香「……プロデューサーさんになら…いいんですね」

未央「いや…プロデューサー狙うのなんて凛かまゆくらいでしょ…」


モバP「ラブレターなんて…こんなものなど!!」ピッ!

蘭子「あ…!」

文香(ラブレターを奪って……)

モバP「こうして!!!」ポイッ

凛「パンツのなかに入れて」

モバP「こうだぁぁぁぁぁ!!!」ドゴーンッ!!!

未央「パンツの中から爆発音が!!?」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:39:55.31 ID:x4eaaqnz0
卯月「それはいくらなんでもひどいですよプロデューサーさん!!」

モバP「嫌だい嫌だい!!蘭子は誰にも渡さないやい!!!」ジタバタジタバタ

凛「でっかい図体して暴れないでよ…」


ウォー!!モウチクショー!!!

ウワァ!!プロデューサーガゼンラニナッタ!!

ユッコチャン、サイキックパワーデナントカシテ!
サイアクバクハツサセテイイカラ!!

イインデスカ!!?


蘭子「………」

文香「神崎さん……」

蘭子「…知識の番人よ(文香さん…)」

文香「私は……恋愛経験は…ありませんが……」

文香「その男の子が……勇気をふりしぼって…神崎さんに思いを伝えようとしたのは……わかります」

文香「神崎さんは人気アイドルで……普通なら…伝える前に諦めると思いますから…」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:47:05.11 ID:x4eaaqnz0

文香「手紙は…こうなってしまいましたけど……神崎さんの思いをしっかりと伝えてあげるのが……いいと思います」

蘭子「我が魂の…叫びを?(私の思いを…伝える…)」

文香「まぁ神崎さんは……あの人が…気になってるみたいですけどね……」チラッ


サイキックパワーナンカキクモンカヨー!

ハヤク!!プロデューサーヲバクハツサセテ!

ムムムッ…エーイ!!

ドゴォォォォォォォォォンッ!!!

モバP「ギャァァァァァァァァァァァァァ!!!!」




蘭子「な…!?我が内なる渇望を覗いたか!?(えぇ!!?なんで知って…?///)」

文香「…これでも……お姉さんですから」ニコッ
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:54:17.78 ID:x4eaaqnz0
翌日
放課後
体育館裏


蘭子(私の気持ちを…しっかりと伝える…)

蘭子(私は…プロデューサーさんが好き…それに、アイドルのお仕事が大好き)

蘭子(だから…そう伝えてあげなきゃ…!)


クラスメイト「あ…神崎さん!」

蘭子「はいっ!!」裏声

クラスメイト「アハハハ…手紙読んでくれたのかな?神崎さんから呼び出してくれるなんて…」

蘭子「あの…その…」

クラスメイト「ん?」

蘭子「我は……私は…アイドルだから…ごめんなさい」ペコッ

蘭子「クラスメイト君の気持ちは…嬉しいけど…」

蘭子「今の私は…アイドルとして生きていきたいから…」

クラスメイト「そっか…残念だなぁ」

蘭子「ごめんなさい…」

クラスメイト「でも、僕もこれからずっと応援するから!頑張ってね!」

蘭子「…ククク、喜ぶがいい!主の願いは叶えられる!!(うん!ずっとファンでいてね!)」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 19:59:03.07 ID:x4eaaqnz0

クラスメイト「でも…手紙は読んでくれたんだよね?」

蘭子「…黒白の証明は誰にもわからぬものだと(えーと…それはその…)」

クラスメイト「それで呼び出してくれるってことは…いいんだよね?」

蘭子「…世界の理を理解できぬと?(え?えっと…なにが、かな?)」

クラスメイト「書いてあったでしょ?【ダメだったらメアドを書いておくのでメールください。付き合うのは無理でも脇をなめていいなら呼び出してください】って」

蘭子「え」













蘭子「え?」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 20:02:59.83 ID:x4eaaqnz0
クラスメイト「じゃあさっそく遠慮なく…」ジュルルル

蘭子「いやちょあの!!じ、実は手紙は読めてなくてそれであのその…!!」

クラスメイト「グヘヘヘヘ…いまさらそんなもんで止まるかよ!!!オラァ!!脇だせ!!!しゃぶりつくてやるよぉぉ!!」

蘭子「だ、誰かぁぁぁぁぁ!!」


ズギューーンッ!!


蘭子「…へ?」

クラスメイト「ぐおぉ…!!この攻撃は…サイコガン…!?まさか!!?」



コブラ「可憐な少女にオイタしようなんていただけないねぇ」

クラスメイト「コ…コブラ!!!」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 20:11:02.11 ID:x4eaaqnz0
蘭子「え、え、え、…ドッキリ?」


クラスメイト「くそが!!俺はただ蘭子ちゃんの脇をペロペロしたいだけだ!!」

コブラ「そんなに口寂しいなら家でママにおしゃぶりでも出してもらうんだなぁ、ヘヘヘッ」

クラスメイト「ほざけぇ!!」グォォォッ!!

コブラ「ヒューッ…まさかサイコガンをくらっても動ける奴がいるとはね」

コブラ「だがもういなくなった!!」


ズギューーンッ!!
ズギューーンッ!!


クラスメイト「ぐぉぉぉぉ…」ガクッ


『街をつつむ Midnight fog

孤独な Silhouette 動き出せば

それは まぎれもなく ヤツさ』


蘭子「何故我に救いを差し伸べたのだ?(どうして私を助けて…?)」

コブラ「ヘヘヘッ、空から下を見てたらキラッと宝石が輝いてたもんだったからな」

コブラ「俺は宝石には目がないもんでね」


コブラ「おっと、そろそろ時間だ!じゃあなお嬢ちゃん、これからも頑張んなよ」








26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 20:13:50.26 ID:x4eaaqnz0

蘭子「あ、…ありがとう!コブラさーん!!」




『 コブラ Leaving me blue


コブラ  Missing you true


コブラ  Only few memories after you



背中にまといつく翳りは

オトコという名のものがたり

許されるはずもない Peace
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 20:15:31.47 ID:x4eaaqnz0


『背中にまといつく翳りは


オトコという名のものがたり


許されるはずもない Peace and Love』



終わり
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 20:21:07.94 ID:x4eaaqnz0
最後間違えたのが悔しい

幼い頃の俺は片腕を筒を突っ込んでよくコブラごっこをして遊んでいました
それを昨日の夜にふと思い出して段ボールでサイコガンを作り、 深夜の公園で一人コブラごっこに興じていたら職質されたのでイライラして書きました、後悔はしてないです

それではまた

過去作
モバP「島村卯月の飼い方」 シリーズ

まゆ「プラトニック・ラブ」シリーズ

のあ「眠れないの」シリーズ


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 20:22:12.26 ID:H9pDXai2o
>>28
あんたかよ、乙
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/02(土) 21:24:23.62 ID:DLftOnC20
またお前かww
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/02(土) 22:29:40.49 ID:szau4t+Ro
後半でもしやと思ったがやはりだった

関連スレ:

この書き手のSS


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

Pさんって誰だよ!


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク