美穂「私にとってのアイドル」

1: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 22:54:41.13 ID:6pcH84uQ0
※CuteJwelries!001 をアニメ終了後に出すという設定です


美穂「おはようございます!」

P「おはよう、美穂。今日も元気だなぁ」

美穂「えへへっ!最近はお仕事も順調でとっても楽しいですから!」

美穂「お芝居も出来ましたし、CDも出せるなんて......まるで夢みたいです!」

P「CPの卯月ちゃんや、響子ちゃんとの仕事も評判がいいしな」

美穂「ありがとうございます!ところで......今日は何のミーティングなんですか?」

P「ああ、美穂とカバー曲について相談をしようと思ったんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447163680
2: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 22:59:52.49 ID:6pcH84uQ0
美穂「カバー曲......ですか?」

P「ああ。前に5人で収録したユニット曲があっただろ。あのCDにカバー曲を加えて出すことで、アイ

ドルの個性をより理解してもらおうという企画でさ」

P「それぞれのアイドルのイメージに合った曲をカバーして歌ってもらうことにしたんだ」

美穂「いいですね!よりみんなの魅力を知ってもらえそうです!」
3: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:05:08.10 ID:6pcH84uQ0

P「そう言ってもらえると俺も企画したかいがあるよ。ありがとう、美穂」

美穂「いえいえ!プロデューサーさんはいつも私たちのことを考えてくれていますから」

美穂「むしろ、こちらからお礼を言うべきですよ」

P「いやいや、そんなことは......まぁ、このやりとりはキリが無さそうだから、この辺にしておくか」

美穂「ふふっ、そうですね!優しいプロデューサーさんが相手ですからね」

P「なんか美穂には敵わないな。さすが熊本の女ってところかな」

美穂「ええ、熊本の女は強気ですからね。プロデューサーさんにも負けませんよ!」
5: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:09:52.71 ID:6pcH84uQ0

美穂「ところで、どんな曲を歌うんですか?」

P「ああ、個性を押し出すためにも、テーマ性の強い曲を歌ってもらうつもりなんだ」

美穂「テーマ性......ですか?」

P「そうだな、例えば菜々さんには「碧いうさぎ」を歌ってもらうつもりだよ」

美穂「あまり聞いたことのない曲名ですね......」

P「美穂くらいの世代だと聞いたことがないかもな。かつての有名なアイドルが歌った曲で......」

美穂「なるほど!アイドルに強くあこがれていた菜々ちゃんにはぴったり!という訳ですね!」

P(菜々さんくらいの世代のアイドルソングだというのは黙っておこう......)

P「そういうことだな。それで美穂に歌ってもらう曲なんだけど」

P「実は、まだ決まってないんだ」
6: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:14:00.31 ID:6pcH84uQ0


美穂「ええっ!?それじゃあわたしはどうなるんですか?」

P「美穂には自分自身でカバー曲を提案してもらいたいと思ってる」

美穂「わたし自身が......探すんですか?」

P「そう。美穂は養成所からの抜擢でこの部署に来たけど、それまでに積み上げてきた想いがあるんじゃないかと思ってさ」

P「美穂自身が抱いてきたアイドルへの意気込みや信念が伝わる曲を、ぜひ歌ってほしいんだ」

美穂「なるほど……ありがとうございます!」
8: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:19:20.65 ID:6pcH84uQ0

美穂「でも、わたしの想いが伝わる曲でずか......ちょっと、まだ思いつきそうにないですね.......」

P「いやいや、美穂が謝る事じゃないさ。それに、いますぐ決めろという訳じゃないんだ」

P「一週間後くらいに美穂から提案してもらえれば、大丈夫だよ」

美穂「そうなんですか!早とちりしちゃいましたね」

P「それに、CDも出してアイドルとして知名度も上がってきたところだしな」

P「実は美穂自身に、これまでのアイドル活動を振り返ってもらう狙いもあるんだ」

P「そこも含めて、じっくりと考えてみて欲しい」

美穂「わかりました!考えてみます!」
9: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:20:39.16 ID:6pcH84uQ0


―――三日後

美穂「とは言ったものの......なかなか決まらないなぁ。わたしにとってアイドルってなんだろう?」

美穂「夢や憧れ?綺麗な衣装やステージ?だとすると、キラキラしたアイドルソングがいいのかな」

美穂「でも何か、それは私らしくないような気もするなぁ......」

  「......ーん。美穂ちゃーん!」
10: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:22:32.48 ID:6pcH84uQ0

美穂「あっ、卯月ちゃん!おはよう!」

卯月「おはようございます!何か悩んでるようでしたけど、どうしたんですか?」

卯月「何回も呼んだんですけど、気づいてなかったみたいで......」

美穂「そうだったの!?ごめんね!」

卯月「いえいえ!でも、もしよかったら、どうして悩んでいるのか聞かせてもらえませんか?」
11: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:23:41.20 ID:6pcH84uQ0

美穂「実は、カバー曲を決められずに悩んでて......卯月ちゃんはどんな曲にしたの?」

卯月「私ですか?私は「気まぐれロマンティック」にしました!」

美穂「なるほど、とっても卯月ちゃんらしいね!」

卯月「ありがとうございます!」

美穂「でも、どうやってその曲にしよう!って決めたの?」
14: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:26:34.82 ID:6pcH84uQ0


卯月「そうですね......やっぱり、私の魅力が笑顔だって、みんなに言ってもらえることがきっかけでした!」

美穂「笑顔を大事に、っていうこと?」

卯月「そうですね!笑顔と幸せがつながっていく歌詞がとても素敵で」

卯月「私も笑顔と幸せを届けられるアイドルになれたら嬉しいな、って思ってます!」

美穂「卯月ちゃんの笑顔はみんなをとっても幸せにするもんね!」

卯月「ありがとうございます!あとは、歌詞の女の子がすごく私らしいなって思ったんです」
15: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:28:49.02 ID:6pcH84uQ0

美穂「それって、どういうこと?」

卯月「ええっと、私は養成所でレッスンをしていた日々がありましたよね」

卯月「美穂ちゃんとのお仕事も、休んでしまって......」

卯月「その時の私自身って、心の扉が閉じてしまっていたんです」

卯月「でも、凛ちゃんと未央ちゃんに対して素直に気持ちを出せて、またニュージェネレーションズとしてステージに上がることができました」



卯月「それが本当に嬉しかったんです」

卯月「曲の最後に素直な気持ちになって、一歩を踏み出せた曲中の女の子みたいに」
17: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:30:44.74 ID:6pcH84uQ0

美穂「卯月ちゃん......」

卯月「だから私も、笑顔や素直な気持ちは、明日をキラキラ輝せることを伝えたいなって思ったんです!」

卯月「それが私の、今までとこれからにつながると思って......」

美穂「そうだったんだ......なるほどね。すごく卯月ちゃんらしくていいね!」

卯月「ありがとうございます!」


シマムー!レッスン、オクレチャウヨー!
18: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:31:59.58 ID:6pcH84uQ0

卯月「ああっ!すみません!未央ちゃんも呼んでるのでレッスンに行ってきます!」

美穂「とっても参考になったよ!ありがとう!」

卯月「いえいえ~。美穂ちゃんの力になれたならよかったです!」

美穂「そういえば、歌詞の中に出てくる「ダーリン」って誰のこと?彼氏さんとか?」

卯月「いえいえ、彼氏なんていませんよ!それはプ......」

美穂「プ?」

卯月「あっ、そのっ、いえっ、なっ、なんでもないです!それじゃあレッスン行ってきます~!」


シマムーカオアカイヨ、カゼヒイタ?
イエ、ナンデモナイデス!ウヅキガンバリマス!


美穂「あっ、行っちゃった......」
19: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:35:17.60 ID:6pcH84uQ0

美穂「そっか、卯月ちゃんのカバー曲にはアイドルとしての個性や魅力だけじゃなくて」

美穂「これまでの道のりも詰まってたんだ」



美穂「わたしにとってはなんだろう?」

美穂「苦労や不安がありながら養成所でレッスンしてた時の気持ちが、それになるのかな?」
20: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:39:31.60 ID:6pcH84uQ0


―――さらにその三日後

美穂「わたしの今まで......それって我慢強かったこと?下積みのこと?う~ん......」

瑞樹「あら?美穂ちゃんどうしたの?」

美穂「川島さん、こんにちは!実はユニットで出すCDで歌うカバー曲が決まらなくて......」

瑞樹「わかるわ。自分のイメージを伝えるための大事な曲だもの、悩むわよね」

美穂「そうなんです......」
21: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:41:22.09 ID:6pcH84uQ0

美穂「そういえば、川島さんはどうしてアイドルになろうと思ったんですか?」

瑞樹「私?そうね......挑戦したかったから、かしら」

美穂「挑戦、ですか?」

瑞樹「そう!正直、前に勤めていた地方のテレビ局でアナウンサーとして働くほうがよっぽど安定していたもの」

瑞樹「でも、自分の中にある夢を諦めきれなかったのよね」
22: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:42:27.91 ID:6pcH84uQ0

美穂「夢......ですか」

瑞樹「自分が主役じゃない人生なんて面白くない!って思ったの」

瑞樹「それがたとえ茨の道で、若い子たちと互角に張り合わなくてはならない、大変な環境だとわかっていても」

瑞樹「どうしても、気持ちを抑えきれなかったのよね」
23: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:45:34.62 ID:6pcH84uQ0

美穂「後悔や迷いはなかったんですか?」

瑞樹「もちろん、全くなかったわけではないわよ?局アナの仕事も悪くはなかったし」

瑞樹「年とともに将来の夢をあきらめてしまうことは自然なことだもの」

瑞樹「アナウンサー時代の同僚は寿退社をして、女としての幸せをつかんだりもしてるしね」



瑞樹「でもね、私は生きている間は挑戦したい!って思ったの」
25: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:47:36.67 ID:6pcH84uQ0

瑞樹「だって、たった一度の人生だもの!」

瑞樹「いつ夢を見ても良いじゃない。何かを始めるのにタイミングが遅いなんてことは無いと思わない!?」

瑞樹「それを、私がアイドルとして活躍することで証明したいの!」

美穂「......すごいです!とってもかっこよくて、信念があって......すっごく素敵です!」

瑞樹「あら、ありがとう。ちょっと照れちゃうわね」

瑞樹「でも、私は美穂ちゃんも、とってもかっこいいと思ってるわよ?」

美穂「ええっ、私がですか?」
26: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:50:03.57 ID:6pcH84uQ0

瑞樹「そうよ。地元から離れて、アイドルになる夢を叶えるために上京しているじゃない」

瑞樹「しかもデビュー前のレッスンも腐ることなくしっかりやっていた、ってプロデューサー君からも聞いてるわ」

瑞樹「ひたむきな努力って、よほどの強い気持ちが無いと続けられないことよ」

美穂「いえ、そんな......私は養成所でレッスンしてると、アイドルになった気分になれて、それだけで楽しかったですから」

瑞樹「そうなの?でも、それだけじゃ続かないと思うのだけど......何か覚悟みたいなものがあったのかしら」
27: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:51:36.59 ID:6pcH84uQ0

美穂「覚悟......そうですね」

美穂「もしこのまま養成所での日々が続いて、ずっとアイドルになれなかったとしたら」

美穂「その時は、地元に帰らなくちゃいけないとは思ってました」

美穂「そのことを考えると、とても怖くなってしまうこともあって......」

瑞樹「わかるわ~。帰る場所があるのは幸せだけど、同時に、何もできないで地元に帰るのは少し怖いわよね」
28: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:56:06.74 ID:6pcH84uQ0

美穂「そうなんです。だからわたし、アイドルになれるってわかった時はほんとうに嬉しくって......」

美穂「地元で支えてくれた両親や友達の期待にも、ちょっとは応えられるかもって思ったんです」

瑞樹「それが美穂ちゃんにとってのアイドル、かもね」

瑞樹「支えてくれた人の姿を思い浮かべながら、願いを叶えていく夢の舞台.......とっても素敵だと思うわ」

美穂「まだまだ、わたしなんかでいいのかな?って思うときもありますけどね」

瑞樹「それでいいじゃない!だからこそ、よりステージで輝こうって思えるんだもの!」
29: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 23:59:17.14 ID:6pcH84uQ0

美穂「そうですね!じゃあ、わたしにとってアイドルは......」

美穂「夢の舞台で、周りのアイドルやプロデューサーはもちろん」

美穂「多くの人や地元の両親や友達にも支えられて、初めて目指せるもの......です!」

瑞樹「とってもいいじゃない!答えは見つかったみたいね」
30: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/11(水) 00:04:09.79 ID:A3OQGUgR0

美穂「川島さんのおかげです!ありがとうございます!」

瑞樹「どういたしまして。力になれたのならよかったわ」

美穂「でも、今度はこの気持ちに合った曲が思い浮かびません......」

瑞樹「そうねぇ......じゃあ、この曲なんてどうかしら?」
31: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/11(水) 00:04:36.49 ID:A3OQGUgR0





瑞樹「ちょっと古めなんだけど、離れた故郷に向けての歌でね―――― 」
32: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/11(水) 00:07:26.00 ID:A3OQGUgR0


―――翌日

P「さて、一週間経ったけれど、良い曲は見つかったかな?」

美穂「はい!プロデューサーさん!この曲に決めました!」

P「どれどれ......ほう、これは意外だったなぁ。俺じゃまず思いつかない選曲だよ」
33: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/11(水) 00:12:21.24 ID:A3OQGUgR0

美穂「実はかなり悩んだんですけど、卯月ちゃんや川島さんに相談に乗ってもらって、わたし自身の気持ちに気づけたんです」

P「それは、どういう気持ちなんだ?ぜひ教えてほしいな」

美穂「ひとつは、地元で支えてくれていた両親や友達にも、私の輝きを見てもらえるようにがんばろうっていう気持ちです!」

美穂「私がここでアイドルができているのは、支えてくれる人たちがいるからなんだって、伝えたくて」

P「なるほど、すごく美穂らしくて、良いと思う」

美穂「それと......」
34: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/11(水) 00:18:09.51 ID:A3OQGUgR0

P「それと?」

美穂「それともうひとつは」





美穂「私がアイドルとして力いっぱい輝ける日を、この街で迎えられると信じているんです!プロデューサーさんと一緒なら!」
35: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/11(水) 00:20:26.12 ID:A3OQGUgR0
おわり


美穂の「遠く遠く」がいつ聞いても良いから書いてしまった

あと、デレステ川島さんのコミュはとても良いのでみんな聞こう。
47: だっちP 2015/11/11(水) 00:37:33.79 ID:lK8yyr5c0
おつ!
よかったよ、次回作も期待

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 01:36:57.41 ID:pysRvCSGo
乙!
遠く遠くは本当に名曲
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 18:56:10.62 ID:VkUb1XecO
おつおつ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク